みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
mtc

2017年05月23日

衝撃的光景



昨日は都城市内にある、歴史的に古いゴルフ場でゴルフコンペだった

自分達のコンペラウンドメンバーではなかったけれどコース内でボールが当たる事故があったようで救急車で搬送されていた

ボールやクラブが当たる事故はこのコースの場合昔から珍しい事では無いけれど、当たった側より当てた側の方が事態は深刻なので、ゴルフの際に自分はそれなりに神経を常に使う

今朝市役所近くの朝焼けに輝く木々をみてると
昨日ラウンド中に見かけた衝撃的な光景を思い出す

ボールが当たったなんて事故は自分には新鮮な衝撃なんて無い話題で、そりゃ・・・衝撃的な光景だった

その衝撃的な光景とは、何とコース内の枯れた部分に色づけをしていた

色合いに対して全くボールが走らないグリーンに驚いていた自分の感覚はその光景を見た後一瞬で解決した

多分想像ではあるけれど、グリーンにも色づけしている可能性は否定できない

そうでなければ順目に見える芝にパターを打って止まったりしない

自分の未熟さもわかってるけれど、そんな傾斜や芝目のラインで走らないグリーンはお金を払ってラウンドする楽しさを感じない

コースはトリッキーなだけに本当に勿体ない

このコース最近は若い人を連れて一緒にラウンドするとお得にラウンドできる特割券を発行していて話題にもなっていてお客さんは増えている

ゴルフの難しさとかマナーや危ない部分のコース内の改善を含め、歴史があるだけに本質を規準に取り組んでほしいと強く思った

藤間議長でした

歴史的な老舗ゴルフ場なんだし、沢山お客さんをいれたらいいっていう問題だけではなく、精算も曖昧に終わった旧メンバーだからこそにラウンドする度々に想う事がある

  

Posted by mtc at 07:59Comments(0)

2017年05月20日

初体験



中町公民館館長に先月就任以来、総会の季節という事もあり、今年は沢山の総会に出席しました

これまで出席した総会の中で一番大規模な総会となった都城市全体の自公連総会

市役所行政の責任者の方々も数多く出席されていて、公民館館長の役目は行政と直結している事を実感しました

自分ぐらいの年齢で、このような総会に出席してこのような雰囲気を体感できるという事は市役所の担当者や関係者でない限り知りえない事でもあり、貴重な経験をいち早くさせてもらってます

個人的な考え方ですが、外国渡航の経験値等々、何事も様々な経験値は他より早い方が有利な経験はこれまでも沢山あるので、この現状を幸運な事だと捉え取り組んでいきたいと思います

何の得んがか、まちづくり協議会において健康福祉部会の副責任者に初年度から就任する等、ノルディックウォーキングインストラクターの指導資格やスポーツ指導ライセンスを活用できる機会を自分の判断で今後もどんどんご提案できそうで、
なんとなく期待も膨らみます

コツコツ、真面目に県内全体の視点で底辺から頭を下げ続けつないできた事が、地元において随分遠回りになりましたが、自分の立場的責任者の側からご提案をおとす事が容易にできるようになりそうです、

これまで色んな不条理な事を経験してきたので、
何か自らに巡ってくる有利な運命が凄く強運だし不思議に感じます

1つのきっかけで流れが好転してゆく現実も初体験な流れでもあります

藤間議長でした

好機を活かすも逃すも自分次第

理想的な65歳の自分の状況の目標に向けて初体験な様々を取り組んでいきたいと思います

  

Posted by mtc at 10:45Comments(0)

2017年05月18日

プランニング



間もなくオーバル内の当施設の新テナント様の新しい売場が完成して新規オープンを向かえる

これにより、自分がオーバルスタートから描いてきたテナント施設への転換に向けた残るスペースの完了まで大きな工場を有する計画は2つのスペースとなった

オーバルをスタートする時からそんな図面を頭の中にプランニングしていたなんて多分信じてくれる人は少ないだろうけど、様々な場合や状況を想定していたと言えば、当時の覚悟の違いがわからない事もないだろう

正直オーバルがスタートする際に超優良企業だと国の補助金審査組織からもお墨付きを得ていた当店しか、飲食業務への新規チャレンジは不可能だったし、当時都城には少なかったイタリア料理店のオーバル内での存在の有無は商業施設イメージの伝達には大きく貢献した事だろう

結果的にオーバルへの投資は現状テナント施設への転換を向かえたわけでプランニング的には最悪のシナリオだと結論付けられても全く言い訳は無いけれど、雇用のプレッシャーを早い段階に消滅させ固定経費の光熱費削減にいち早く取り組んだ決断力は評価されてもいいのでは、と思ってる

初年度から苦しめられ、なぜか俺が責められた雨漏りの事態も間もなく改良作業のプランニングを進めているし、10号線側プランニングも10年後に向けてイメージの改良をスタートさせている

今振り返れば、とりあえずのプランニングはあってもその場しのぎの対応ではなく、1つの具体的な図面をスタート当初に自分が描いていた事が自らを救ってくれている

離婚があったり、安定収入が無く貧困だったり、
負債を抱えたり、裏切を経験したりもしたけれど

1つのプランニングだけはブレなかった対応力と煙草をやめられたほどの精神力の強さが、これから先の将来設計をまだまだ描ける状況を残せている

気を緩める事なく、これからの重要な15年間を繋いでいきたい

藤間議長でした

プランニングは誰でも描けるけれど、信念を信じてこだわり続ける事は容易ではない
  

Posted by mtc at 10:39Comments(0)

2017年05月16日

トビラ




人生初夢から覚めて会いたいと思う夢を見た

20代の頃に一番結婚する可能性があった7年ほど付き合ったある女性との夢だった

彼女とは自分も周囲も必ず結婚するだろうと思われていたぐらい全ての相性も最高だった

しかし、ただ1つ、俺が最後のトビラに戸惑っていた原因があった

その理由を公開したり、第三者に話す事も一生涯無いと思うけど、彼女は理解不能な別れの理由を忘れてはいない事だろう

結果的背景を言えば、結婚を決めた女性の際にその前の彼女と別れた背景を大きく解消する部分があって、結婚の決断に時間はかからなかった

愛情が消え離婚となった原因の根本は第三者の行動と思想が問題なので、自分が結婚に関して最優先に考える部分が理由ではない

この第三者に出来る事ならば、二度と会いたくないし、関わりたくない理由が大きい

結婚生活の継続か第三者との関係継続選択による離婚か、その部分の問いに元嫁は第三者との関係を選択したのが一番の原因なので、お互いによる強い討論も無く、長いような短いような第三者へのケジメによって終焉した結婚生活での愉しい記憶なんてどこかに完全に消滅してしまった

つくづく思うけど、トビラの開きかたによって運命はきっと変わってゆく

そんな事を確証している

藤間議長でした





  

Posted by mtc at 14:11Comments(0)

2017年05月11日

イマサラ





まちなか大丸跡地の工事も随分と進んでいるGW明け

今週末にはBリーグ初年度のチャンピオンシップもスタートする

御約束な有難い事にGW中も、オーバルにご来店いただき当店が無くなってるのでノルディックウォーキング指導中もわざわざご来店いただいたお客さまにお問い合わせをいただいた

大型スポーツチェーン店が出店する前はGW期間中あれだけわかりにくくても1000万ほどの売上を計上していた売場なので、その高い支持だった背景を実感する

正直仕入にこだわりを続けて、売場を継続すれば
それなりの売上高はあって今でも続けられたとは思っているけれど、消費者が速攻で大型チェーン店に流れ、極端な担当者による全く経常利益につながらない可能性を感じてきたこの地域性ならではの外商形態を含めた営業スタイルは解散しない限りリセットできない想いが当時は強かった

自分の判断にイマサラぶれてるわけではないけれど、オーバルに関わってゆく以上、当店の当時の品揃えを求めてご来店いただく層は県外には相当におられるだろうし、久しぶりに地元に帰ってきて、オーバルはあっても当店を含めスタート時の老舗が無くなっている事には胸が痛い

ただ、裏をかえせばオーバルに合わせてチャレンジした地方には勿体ないほどの鮮度の商品が陳列されたスポーツの売場は県外に出てもそうは無い事に気付かれた事だろうし、外を知らない消費者と向き合い安売り掛け売り等、やり方を変えられないままでいたよりは、自分の中でははっきりとケジメはついている

イマサラその自負のゴタクは必要ない話だけど

せっかくわざわざご来店いただいたお客さまと直接接する可能性のあるこの時期はセンチメンタルな気分になる 苦笑(^^;

完全なる趣味に近い副業として、そんなスポーツ系のセレクトショップをノルディックウォーキング関連をベースにいつか復活させたいとは思っているので、

ノグスポ復活の日を自分は目標にはしている

藤間議長でした

  

Posted by mtc at 09:15Comments(0)

2017年05月05日

禁煙



タバコをやめて今年5月で12年目に突入します

あの頃、この時期は一般社会人バスケットの県民大会に燃えていて、その代表を選抜する毎週の代表候補の練習に燃えてました

ある練習日の帰り道車中で何かを捨てなければ、
このメンバーのバスケレベルについてゆけない限界を感じた夜に自分はタバコを絶ちました

結構なヘビースモーカーだったので、それは、それは、それは、一言で説明等出来ない苦難の日々

一度でもたまには吸ってもいいか・・・、なんて思いでタバコを口にすれば止められない事は自分の性格的にわかっている事なので、何百回一本のタバコを吸う夢をみた事でしょう

今でも夢の中の自分はたまにタバコを口にします

それほど禁煙とは大変な事

様々な規制が増える現実や経済的理由を考えると禁煙に挑戦している方も増えてる事でしょうが、

本当にタバコを絶つ事は大変です

藤間議長でした




  

Posted by mtc at 12:44Comments(0)

2017年04月29日

GW突入

ランパス最終日





GWに突入した4月末の土曜日

今月は中町の公民館館長に就任した事でかなりのハードスケが加速

ブログもほとんど投稿できない1ヶ月となりました

この作業のペースに馴れる迄は、しばらく日記を書く作業が追いつかない事でしょう

これまでも、様々な状況が変化して、生活環境に大きな変化が起こっても継続してきた藤間議長日記の存在は自分の中でのバイブルでもあるので、

誰が何と言おうが
どんな意見を言われようが

自分の真実への発信ツールである以上

自らの生命線でもあります

敵はどんなところにいて、何を狙い、何を考えているのか、不透明な時代に、これまでこれだけの残念な現実を経験した以上、自分の中で明確に判断できないものには基本クエスチョンからはいります

様々な背景はともあれ


新しい事はへの期待と不安はやりがいでもあり、新鮮な感覚は常に刺激的なものです


自分の出来る事を目標を持って取り組んで参ります

藤間議長でした
  

Posted by mtc at 13:16Comments(0)

2017年04月16日

久しぶりの想い



アテネOlympicが開催された2004年

ちょうど40を向かえる年は激動の分岐期だった

翌年からオーバルの返済もスタートする前で、

自分は大きな決断に踏み切った

売場解散に向けてスタートをきった時期を忘れる事はこれから先もないと思うし、その決断はあの時から12年以上経過して、長い間色んな事を辛抱して我慢してきたからこそに、間違いでなかったと確信する為に頑張ってきた

沢山の裏切られた事も、残念な人間関係も、悔しい現実も、失った信用も、全てはリセットされないにせよ、オーバルの最低返済責任レベルからの開放が実現する事は自分の中では大きな意味がある

オーバルスタートからこの18年の俺の想いや感情を理解してくれる存在は都城にはいないと思ってるし、ずっと長い間孤独を感じてきたこの故郷に 愛着心を捧げる感情移入はない

ただ先祖や守っていかなければならない責任を無くす事はないのでこれから7年先2025年以降、自らがどこにどこでなんのどんな立場の事をやっているのかはわからないけれど、とりあえず飛び回りながら、なんとなく地元の責任ある最低レベルの事はやっているようには思う

7年後はまもなく60で、同級生は次々と還暦を向かえる

多分ないと思うけど、再婚なんてしてたら本当に現状ではあり得ない事だ 笑

本格的に都城のバスケットに様々に関わり始めた
のも39からなんで、あれから12年ひとまわり、早いものだ

46歳シニアバスケの分岐点にスタートをきった高専バスケのバスケ指導も今年6年目を向かえ、目標値だった5年を経過してD級のライセンスも取得した

自らがここまで熱く熱心にバスケに関わるようになるなんて正直都城で夜間リーグに参加するようになった頃には想像もしなかった

今でも基本的にはバスケより野球やゴルフの方がプレーする分には正直なとこ好きだ・・・

ただ分岐点時代のあのアテネオリンピックと世界バスケの観戦の体験は自分の中のバスケの感覚的なものの概念を一瞬で破壊された

あの頃からバスケに対する感覚や役割の考え方が大きく変わったように思っている

解散を決意した背景もそのバスケの現実、世界観に影響されたのかもしれない

色んな事を予想していたわけではないけど、自分が想像した不安は次々と的中して、ワンシーズンでも逃げ遅れていれば、全国同業の老舗が毎年毎年破産・倒産された同じ道を歩んでいた可能性は高い

人は変化をしなければならない時期、一定の期間でも構わないから自分を捨ててでも我慢して変身しなければならない時がある

それはカッコ悪い事でもダサい事でもないし、
貫く意地は勝手だけれど、終わってしまえば、ただの諦めの悪い人だったねで終わる

そんな残念なヤツも数々にみてきた・・・

俺は孤独な分、信念がかなり強いので目標達成まで多分しぶとくやってゆけると思うけど

関わる可能性を持つ人間関係関してだけは、より
慎重にやってゆく事だろう

久しぶりの藤間議長でした


  

Posted by mtc at 13:37Comments(0)

2017年03月20日

興ざめ



選抜高校野球を観ていて、知らなかったルール

コールドゲームが無いのか・・・?

初出場が21世紀枠なのかもしれないけれど

21対0はヒドイ

放送が全国放送のNHKなのでさらに最悪な事態だと思う

個人的にもっと残念に感じた事が、この一方的な点数差で負けて、相手の校歌を聞きながら笑えてる事

参加する事に意義があるとか

思い出づくりとかもあるのかもしれないけれど

負けて悔しい思いははっきりとした形で伝承された方がよいと俺は個人的に感じた

自分達の未熟な部分が悔しくて泣くのならば、イライラはするけどまだ理解できるものだ

高校野球甲子園においても、ハッキリとしたコールドゲームのルールを定めるべきだし、選抜に関しては選抜されるチームの選定委員会に、このような結果になった場合の罰則だって必要だ

21対0はあまりにも興ざめする内容で、自分が、もし卒業生であれば学校名をしばらく他言できないかもしれない

コールドゲームは力の差を短時間で決する素晴らしいルールなので、国際試合WBCにも採用されているのに、何故、甲子園は採用されてないのか、
疑問でたまらない

そもそも高校野球ビジネスが日本のスポーツビジネス界を微妙におかしくしてると自分はずっと思っているので、こういう試合を見てると、参加高校の寄付金集めの大会にみえてきてさらに冷める

地元でもその野球ビジネスの現実と脅威を数回思い知らされたので、ミズノへの疑問符はそもそもそこから始まっている

正直者、ナチュラルな考え方の人間は排除されるゾッとする現実がそこにはある

興ざめする、高校野球ビジネスの世界である


藤間議長でした


  

Posted by mtc at 14:43Comments(0)

2017年03月16日

スキルアップ

[photo:1]
[photo:2]

バスケの指導を開始して今年丸5年を向かえる

スタート当初まさかこんなに長く関わるなんて
想像もしてなかっただけに、考え中なんて不思議なものだ

もし、指導を継続してなかったら、今までと変わらない発想力のままでスポーツ用品販売の外商営業をやっていたかもしれない

指導への関わり、チームがベスト8に進出する等
地域で強くなる現実に比例して、従来のチーム納品の取引は無くなっていく現実的な不可思議

対戦相手になるチーム、ライバルチームの指導者から商品を買う事はおかしいという意見が現実的に人間関係の浅さにおいては存在する地域

ひがみ根性の強い地域なので、わからないではない背景に自分はほとんどの現実を受け入れて今に到る

今さら、大概の寂しい現実を許容範囲として受け入れるようになった

ただ考え方次第では、おかげ様という感謝の感覚もあって、完全なる負の連鎖のビジネスからの自然な脱却を開始するきっかけにはなった

意地張って継続していたら破産の道を選択する事になっていたかもしれない

自らのスキルアップを決意してコーチングライセンスのレベルアップに挑戦する事を決めた2016

バスケットに関して、10年継続に向けたこれからの新しい5年

目指す事を決めた新しい夢や目標へのチャレンジ

もっともっと勉強せねばです

藤間議長でした


  

Posted by mtc at 11:28Comments(0)

2017年03月16日

スキルアップ






バスケの指導を開始して今年丸5年を向かえる

スタート当初まさかこんなに長く関わるなんて
想像もしてなかっただけに、考え中なんて不思議なものだ

もし、指導を継続してなかったら、今までと変わらない発想力のままでスポーツ用品販売の外商営業をやっていたかもしれない

指導への関わり、チームがベスト8に進出する等
地域で強くなる現実に比例して、従来のチーム納品の取引は無くなっていく現実的な不可思議

対戦相手になるチーム、ライバルチームの指導者から商品を買う事はおかしいという意見が現実的に人間関係の浅さにおいては存在する地域

ひがみ根性の強い地域なので、わからないではない背景に自分はほとんどの現実を受け入れて今に到る

今さら、大概の寂しい現実を許容範囲として受け入れるようになった

ただ考え方次第では、おかげ様という感謝の感覚もあって、完全なる負の連鎖のビジネスからの自然な脱却を開始するきっかけにはなった

意地張って継続していたら破産の道を選択する事になっていたかもしれない

自らのスキルアップを決意してコーチングライセンスのレベルアップに挑戦する事を決めた2016

バスケットに関して、10年継続に向けたこれからの新しい5年

目指す事を決めた新しい夢や目標へのチャレンジ

もっともっと勉強せねばです

藤間議長でした


  

Posted by mtc at 11:28Comments(0)

2017年03月07日

いよいよ、WBC






いよいよ、WBCの日本代表侍ジャパンの初戦の日となりました

ほとんどのスポーツの日本代表チームのネーミングの何とかジャパンの火付け役となった侍ジャパン

現状子供たちへの影響力にサッカーの人気に完全に押されてしまっている野球なので、WBCの成果は野球関係者、スポーツ業界関係者にとっては
これから先のスポーツ用品販売ビジネスに結構大きな影響があるかもしれません

スポーツ業界の分かりやすい個人的には残念に感じてきた現実に野球ありきの背景があって底辺の小売業は野球ビジネスか学納ビジネスかで売上を形成してきた現状がありました

現在地域でも大型スポーツチェーン店大全盛の時代に小売状況は変貌してますが、卸売業が大型スポーツチェーン店に在庫サポートを協力する背景には自社野球ブランド販売の為の理由もあります

そう、野球の人気がもしWBCでの残念な結果によって低迷への分岐点となればスポーツ小売、販売業界の崩壊の一歩となる可能性は否定できません

特にミズノは自社ブランドの影響力として、野球は最後の生命線

強気な体制を維持する為には、関係者は祈るような想いである事でしょう

いわゆる高校野球ビジネスが生命線だという事なので、底辺の競技者の影響や減少は直接的に数年後の売上影響に結びつきます

こないだ久しぶりにあったスポーツメーカーの高校野球の担当者の方が、侍ジャパンの選手達の調子の悪さや不安材料に・・・

首からチャラチャラ金属的なアクセサリーを付けて野球やってる場合じゃない、影響力があるんだからどうせ打てないなら、あのチャラチャラ感だけはどうかしてほしいと嘆いておられて自分は全く異なる矛先の発想に大笑いしてしまいました

あんたも、肩こりヒドイからと言ってファイテンネックレスしてんじゃん

流行りの中心をリード出来ない側、思いつかないレベル側の発想力が業界の競争力をただのデフレ競争へと進行させている業界なので、現状のようなユニクロにポジションを奪われているスポーツアパレルの状況にあまり先は無いと考え、自分はやり方を転換した成果も事実な事

異なる発想力に同調しない業界トップ集団に何らかの転換期が訪れない限り変わる事はないと自分は思っているので一緒にドボンは御免だと常に考えてきただけ

そういう意味ではサッカーも含めて今月は業界にとって大きな意味を持つ1ヶ月となりそうです

藤間議長でした

そういうお祭りスポーツの売上競争からは撤退した立場なので

かなり冷静に楽しめそうです
・・・笑

  

Posted by mtc at 08:51Comments(0)

2017年02月19日

2月19日の記事



現状オーバルの周辺は空きテナントスペースが増えている

そんな中でもオーバル内のテナントスペースは春迄の入店がほぼ決まっているテナントスペースが多く、これらは全て不動産業者にばかりに頼らない自己活動努力の成果でもある

地方の物件所有者は現実的に高齢者も多く不動産業者に依頼するしかない事も現状なので、最近資格を取得すれば人脈を活用してそれなりの仲介ビジネスもかなり有りだなぁ・・・なんて個人的には思っている

数年前保険の仕事を考えて研修や勉強をしたので、次の取得しておくべき一手は不動産研修だとは結構真剣に考えている

長い間スポーツの知識ばかり詰めこんできたけど、正直スポーツの知識なんて、ほとんど実社会において、あまりお金を直接的に発生させない

自分はインストラクターの資格取得やバスケット指導の資格の背景からスポーツの知識を参加者や様々な機会において実戦で活用できるけど、そのような背景がないならば、スポーツの知識なんて活用できるチャンスなんてほとんど無い

スポーツ小売りを営む人がそのようなイベント開催や直接的関連性を持ったり、そういう背景を作る事なく依頼された商品を右から左へ売買の仲介を行う仲介のような立場でビジネスを成立させてきたスポーツ小売り界の残念な先の見えない現実も感じる

不動産の仲介と大きく異なる点はその利益率と資格制度の背景でもあり、誰でも簡単にスタートする事がFCでも可能なスポーツ小売り界に未来の希望はかなり薄く俺には見えていた

自分は築いてきたイベント実績と人脈があるので自分しかできないスポーツ事業を何らかの形で継続してゆくと思うけど、ほぼスポーツ卸売業やスポーツメーカーに強く頼る必要が無い形態を基本考えている

メーカーや卸売業に対して残念な現実的問題や背景に直面してきたので、その国内現状の対応力の情けなさはスポーツビジネスを今後も継続するにおいて忘れることは無いと思う

業界に抜本的な根源を変える改革者がいつか登場する事だけは祈り願いたい

藤間議長でした

アンダーアーマーの変わってゆく戦略には、本当に期待外れで残念無念である  

Posted by mtc at 08:32Comments(0)

2017年02月14日

これからの街中




オーバルの旧トミヤ後に先週告知ポスターが貼られました

この告知ポスターには、この建物が今後どのように活用されていくのか記してあります

運営はオーバルではないので時期はまだわかりませんが、街中での新しい試みがスタートする事は愉しみな想いです

記載されている認知症予防に関しては自分が取り組んでいるノルディックウォーキングは発祥のフィンランドではノルディックウォーキングによる認知症予防の研究が随分進んでいるのですが、日本の現状は認知症予防への効果には時間のかかるリハビリ系のポールウォーキングの方が簡単であること
指導もノルディックウォーキングよりは楽で指導者も簡単に資格がとれる背景から
日本のスポーツ界のちょっと悪い部分の影響が自分には感じます

ただスポーツの場合、成果だけは裏切らないのでポールによる運動か自然に浸透すれば、いずれは本物試行のノルディックウォーキングが指導方法も含めて注目されると思ってます

今はとにかく自分の指導スキルをどんどんあげて沢山のイベント経験をプラスにする事で沢山の可能性か広がってゆくと思います

藤間議長でした

これからの街中はシニアタウンへと進化してゆくかもしれませんね

一番人口密度が多い層への提案なので、新しい地方都市の現実的な発想なのかもしれません

若い人、若い家族は大型スーパーやチェーン店、郊外マルシェが大好き世代で、世代間ギャップは
さすがにウマラナイでしょう・・・

地方のスポーツ店がチェーン店に飲み込まれ消えてゆく現状に、スポーツ小売店の生き残りとしてもそう思います

  

Posted by mtc at 14:36Comments(0)

2017年02月07日

スペシャリスト




松山英樹が昨日PGAツアーのメジャーに匹敵する年間最大ギャラリーを動員するフェニックスオープンの連覇を達成した

昔ゴルフ専門店の売場を運営していた時代に、もしいつかマスターズ等のメジャー大会で日本人ゴルファーが勝つ時代がきた時、田舎のスポーツ売場はどうなってる事だろう・・・なんて一人で妄想しながら仕入れ飛び回り、休日にはゴルフ練習にゴルフラウンドを楽しんでいる時代があった

ひがみ的な思想ではなく、現在のスポーツ業界の単独専門店が激減した背景にはなるべくしての結果であり流れだと納得できる自分がいる

専門店として考えるレベルにも段階が色々あるのであまり極端な意見を発信すれば非難とも捉えられ炎上もありえるので意見はやめておく・・・笑


専門店の減少=要望の変化=情報吸収、活用の多様化が結びついていて、指導側も消費者側も価格操作が容易くなり従来の経営思想、営業思想の専門小売りでは只の商品宅配の営業活動が現実的で
専門的知識が営業マンに必要か、否かという残念な状況になっていても不思議ではない

経営者の発想からすれば変わりはいくらでもいるバイトで賄える状態となる

自分はそんな時代を見据えて、素人レベルの価格競争を撤退する道を選択したある意味スポーツ業界の未来がみえているスペシャリストでもある✨

松山英樹がたまたまではなく真の世界のスーパースターとしてメジャーに実力で勝つ時代がやってきた時にスポーツ業界を長くリード牽引してきたゴルフ界から日本のスポーツ業界は変貌してゆく

あくまでも個人的主観ではあるが、完全に時代に遅れをとったミズノに振り回されたスポーツ業界が改めてリセットされる時代がきてほしいものだ、

新しいスペシャリストは様々な方向性で既に成長を続けている

藤間議長でした

我々ノルディックウォーキング協会の活動発信によるインストラクターの育成は、そんな将来のスポーツ専門店運営者のスペシャリス
トを育成する活動につながっているかもしれない



  

Posted by mtc at 11:18Comments(0)

2017年02月06日

戦々恐々



都城市民には関係ない話だけど、

日曜日の選挙結果によって、本気で壁が動いた

この選挙結果によって都議会のドンとの直接対決の構図を明確にした小池知事の圧勝である

別に都議会のドンに直接的悪い印象の無い人は日本全国に多いと思うけど、先入観とか影響力が先行する日本社会、裏で一生懸命やってきたつもりの大先生も大変だ

当然肉親、家族、親戚、兄弟もおられる話なのでマスコミの一方的にも感じとれる報道には日本の怖さを思う

ただこの結果は政治的背景を考えた場合、自民党の本部は戦々恐々となった可能性も高く、小池知事の東京都改革にはかなりの追風である

今夜も報道系メディアはとちらか寄りの意見を平気で述べる

聞いてると完全に反トランプ思想に苦笑してしまう

藤間議長でした

アメリカ国民の意見が今後大きくすりかわっていったらどう対応するのだろう

スマホに変えての初日記

まだまだ打ち込みが大変だ

それにしても、都城に初出店のコメダ珈琲店

戦々恐々の競争相手はどこになるんだろう
  

Posted by mtc at 22:34Comments(0)

2017年01月25日

ウイスパー

正直なところモンゴル横綱が弱くなったのを感じるのが現実の大相撲だけど、日本人横綱の誕生は国民の悲願で、沢山の元気を与えてもらって結論、感動感動の大相撲初場所でした


稀勢の里よりも個人的には豪栄道が大好きなので、豪栄道にはこの流れを意識して春場所に優勝して2人目の日本人横綱を目指してほしい思いです


個人的観測ですが、稀勢の里のここまでの道のりの中で様々な大一番での精神力的な事をマスコミ含め外部から言われてきたので自分との戦い含めウイスパーとの格闘も相当な事だったろうなぁ…と推測します


このウイスパー的な存在感の奴、社会の場合結構身近に存在していて、悪気がないだけに厄介者で、黙っといてくれればいいものを、個人的には好ましい存在とは到底思えない目障りなウイスパーいます(笑)


それが誰なのかは、想像もつかない意外な人物でもあったりもします


そのウイスパーをそれなりに意識して確認作業を活用する場合もありますが、自分が気づかない部分に意見を介入されている場合結果的に事態が遠回りさせられる状況になったりして迷惑といえば迷惑な存在だと思う事も実は多いです


当人と自分は、知らぬが仏という間柄にはこれから先も変化のない事ではありますが…


藤間議長でした


それにしてもこの椋鳥、群れで行動しないで移動もせず、いつもオーバル周辺にいて、ウイスパーにように人に言葉を投げ掛ける存在してます


ここまで近づいてもとにかく全然逃げないんです、 (^_-)
  

Posted by mtc at 09:02Comments(0)

2017年01月17日

忘却

人には自分にとって都合の悪い事を忘れられる能力がある (笑)


これまでの色んな経験から俺はそう思うようにしている


期待したり、その場その瞬間の発言を真に受けていると録音とか録画等を記録していない限り証明する背景が当然ないので、結果的に期待していた側が被害を被る


まぁ、トップ会談で約束して、契約までして、日本はお金まで払ったのに簡単に裏切り行為に発展している日韓のあの像の話題にもしかり忘却まではいかない迄も、感情的問題がこじれてしまうと本当にややこしいものだ


そもそもお金で解決しようとする姿勢も含め、どんな態度で対応しようが、歴史は変わらないし、どんな事故や犯罪でも被害者側の感情はそうとうなもので、日本人が北朝鮮を受け入れられない背景に拉致問題への対応は許せない国民が多いのと同様にも思う


謝ったからとか責任をお金に変えても許されるものでないものはない


自分にはそれよりも日本が韓国に譲歩して協力体制を強化しようとする政府の考え方の主旨がよくわからない


日韓関係の強化がそんなに経済効果を大きくするとはあまり考えられないですが…(苦笑)


自分が個人的に一番忘れてほしくない事がまちなかの事業の1つにあって、この通線の道路工事が今年やっとスタートするのですが、この道路工事が橋の拡張・補修工事も含めると約2年かかるそうで、2018年に完成するそうです


オーバルがスタートした1999年から約19年、オーバルの計画当初、この通線が都城の主要な導線に変わると断言した当時の行政・プランニングの設計事務所関係者等々はこの現実を既に忘れたい記憶として忘却している事でしょう


この時代の区画整理に携わった関係者・専門家は既に別の仕事をされていたり、引退されているかもしれないほどに月日が経過しました


自分の脳にはオーバルの過程同様にこの通線の完成と結論放置状態のいくつかの地権者の場所が忘れられない現実として刻まれていて、オーバルの支払いがこの先数年後に完済した後、この地をもし離れたりしても死ぬまで忘れられない記憶として残る事でしょう


この約20年で宮崎県知事も都城市長も数名が交代となりました


トップが変わっても変わらなかった計画にはそれなりの背景と理由があるのでしょうね


藤間議長でした


それにしても忘却してはならない豊洲の大問題


これまでの調査報告の実態も含めて、知事が変わらないでオリンピック事業も含め色んな事業が様々な問題を隠したままで進められていたとしたら、次の世代に迄残したツケは命で償われても取り返せない大問題ですよね
  

Posted by mtc at 13:25Comments(0)

2017年01月13日

地中海

内戦の続いたシリア第二の都市アレッポ


世界遺産にも登録されている旧市街からはアサド政府軍とイスラム国も台頭する背景となった反体制派への空爆によって色彩が消滅した街に変わってしまった情報を新聞を通じて見た


シリア、ヨルダン等の中東からアフリカ大陸、ヨーロッパ大陸を囲む地中海へと続く光景を新婚旅行の時フランスのモナコから初めて見ました


モナコで感じた岸辺の雰囲気や風や臭いはアジアや島国日本ではちょっと体験した経験のない感覚で、ヨーロッパ側からのイメージとアフリカやシリア等側からの感覚は全然違うのかもしれないけれど、可能であれば生きている間に地中海を一周してみたいとその時思った自分がいました


ロンドンにとりあえず向かう背景には実はその目標を達成する為のネットワーク作りもあっての事


最近EUからの脱退をイギリスが表明した事で将来のビジネス渡航滞在都市をロンドンからフランスかポルトガルに変更しようとも思ってますが、言語の利便性と数回の渡航で理解している街並みの形態を考えた場合の理想的な場所がイギリスだったので、言葉によるコミュニケーションを重視した場合には行った事はないけど、ポルトガル語が理解しやすいポルトガルの方が住みやすいかもしれません

地中海一周の夢を初めて暴露しましたが、イギリスからポルトガルに場所変更となれば、ちょっとそもそもの起点をヨーロッパにこだわる必要もないかも、…等と考えるようにも最近なりました


場所をロンドン中心部ではなくエンジェルにしようとしてたのも、食生活の面を考えての事でアジアンフードのお店やアジアからの渡航者、美術系の学生が比較的多いエリアと知ったからでした


そう最近、異性と言えば外国系の美術系の方にスゴくひかれます


都城や宮崎の田舎で、そんな異性に出逢う確率は多分ゼロだと思ってましたが、たまにさっそうと自転車に乗ってる風景を見掛けるんです


オヤジの一方的な片想いなんですが… (笑)


セカンドライフの個人的理想はそんなアートに詳しい異性に美術を教えてもらいながら色んな風景を記憶に残していきたい


贅沢な夢でしょう (笑)


藤間議長でした


それぐらい壮大な夢を持ってるからこそに自分の為に様々な我慢を受け入れて頑張れるんです
  

Posted by mtc at 10:54Comments(0)

2017年01月10日

豹変

自分は人が自分の本音において豹変する様を、色々な状況で見てきました


それは肉親、兄弟、夫婦、友人、仲間の関係であろうが当たり前に発生する人間の本質でもあって、自らも直面した際にかなり動揺した経験は忘れられません


だからこそに自分は人の本音が一体どこにあるのか、本音と建前の部分を無意識に意識的に感じるようにもなってます


当然豹変の背景には様々な本音の背景がありますが、自らの意見を主張する様にはかなり慎重さを重視する考え方になった事はそれなりの年輪を刻んだのかなぁ…とも思います


人生なるようにしかならない体験をここ10年で経験する事ができたので人間的対応力の目線から考えると色んな事が変わって当たり前だとも思えます


それにしても昨日バスケットのオールジャパンを制した千葉ジェッツ


この成果がどれだけスゴイ事なのか、日本バスケットの情報素人にはわからない事でしょうが、とにかく想定外どころではない結果と言えます


宮崎県内の高校バスケレベルでわかりやすく言えば、現在ベスト8、ベスト16クラスの高校常連高校が優勝常連高校延岡学園に勝利するような結果で、とにかくbjリーグからプロチームに参入した地域性の高いチームの全日本の頂点達成は、これから先のバスケット界の未来にとっても各地域にプロバスケットチームの可能性を伝達されたまさに豹変はあり得るという成果となりました


宮崎は宮崎シャイニングサンズという県内初のプロバスケットチームが経営維持出来なかった事で、県内バスケット協会の中には様々な考え方がある事を自分も現在指導者としての情報からも知りますが、あれだけのバスケ王国で人口もいる福岡だって何度も何度もバスケットチームの成立、消滅がありました


プロチームが維持出来なかった大半の理由は当然運営社長の力量にありますが、あれぐらいの力量でもバックアップメンバーの力によって3年間継続できたとも考えるべきで、公務員レベルのマイナスからの発想力では、そもそもスタートさえも叶わなかった事だけは県内バスケ関係者も認識すべきだと個人的には思ってます


自分達が実現しなかったから支援しない発想力がスタート当初に、県内バスケット関係者の中に存在していた事を自分は記憶に忘れる事なく伝承していく事でしょう


宮崎県のバスケット環境の将来の為にもそれが誰であるかも、必ず伝承する必要性があって、状況、自らの都合によって豹変する人間を信用してはならない、そんな人がそれなりの立場やポジションに位置していてはならないと俺は考えます、


社会には都合上という虫のいい回避手段があって、まさに豹変する行為によって転換が発生します


自らが豹変してしまう人間にならないように意識せねばと最近考えます


藤間議長でした


そう、自らの意識とか覚悟の度合いも豹変の背景にはあるんですよね (¬_¬)
  

Posted by mtc at 08:28Comments(0)