みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 21人
プロフィール
mtc
mtc

2022年06月29日

最近オーバルの開業の頃から関わった方への質問をいただきます

都城で何かするのであれば頑張ってほしいと思ってますがコメントは控えてます






破産された会社の共同返済負担するべき多額の残高は想定外でしたが、協同組合で立ち上げた事業なだけに先ずはオーバル内全建物の国への返済総額が完済しなければ土地の権利は自由化されない覚悟というものが自分にはありその危機管理や緊張感や責任感の背景には随分な責任格差はあっただろうと個人的には推測してます

オーバルスタート当初からその店舗のあった土地は都城市に権利ある土地の上に建設する事を決めたので最終的に経営が厳しかった場合建物の負債のみが協同組合に共同責任負担として残るという覚悟もありました

破産の報告を受けた瞬間からオヤジはとにかく今後の返済負担の可能性に対して動いていたし、自分もとにかく返済残金を完済してもらえる企業を必死に模索しました

今振り返れば、その着火のスピードが現在の返済完了カウントダウンにも繋がっていて、あのままズルズルと悪循環の経営が保留されたとしたら結局のところ共同返済負担でまだまだ10年以上苦しめられたかもしれないと頭を切り換えてます

オーバル今後のプランニングは返済額の大きな当社の返済が完了した時点で当社の土地の上に存在している共有部分の照明やモニュメントの撤去等を補修事業として行ない新しい時代の集合店舗の形へと転換させる事を自分が次の代表に就任した時代には考えてます

そうした現実的背景からいっても今後に何かしら絡む可能性は皆無な事でまちなかの事、姫城地区まちづくり活性化内での事、当然中町内での事も何かしらの意見も不要な事です

そもそも自分が分岐点でテナント事業に転換させたように転機に大きな発想力があれば残念な結果にはなってないと思うし個人的に大きな痼と言えばプロバスケ活動の際に突然理事に就任する経緯など人間性は悪くないと思ってますがちょっと首を傾げるような行為を突然平気でする面は距離感としてかなり意識してます

2人で酒を交わす希望はありませんが集団であれば構わないのでそうした機会が都城での研修期間内にもしかしたらあるかもでしょう

人生は1度だけ人間の可能性は無限なんで必死な営業力や行動力な面を期待してみてみたいものです

自分がスポーツの売場を閉じ代表だった会社を解散する際に自分に対して情けないとか、厳しい言葉を投げた同級や知り合い等沢山記憶してますが、人は
変わらなければならない時にその覚悟があるか否かで分岐点は転機になります

オーバル内の店舗を途中離脱された方々も土地の権利がある方はオーバル事務局から毎月借地料はずっと振り込まれていて、オーバル事業が継続される限り借地料は振り込まれます

返済が完了すれば土地の売却も規制がとかれます

完済後土地の権利、使用の課題に関しては色々あるでしょうが、当社の場合様々な可能性を視野にいれてはいます

道半ば退店、閉店された方々もおられましたがそれほどの痼は無く結果的にはその準備力が残念な結果になったのでしょうね

個人的にはそのプレッシャーからひとつの命が消滅した無念のみが痼です

痼とはなかなか消えないもので、できるならば2度と会いたくない人間とは偶然の結果だとしても再会を避けたいものです

何らかのハッキリとした利点があれば話は別ですが・・・笑

藤間議長でした

  

Posted by mtc at 14:09Comments(0)

2022年06月22日

判断基準

日曜のオーバルマルシェは天候不良が予想された為中止になりました



マルシェの主導担当ではないので判断基準は分かりませんが現実は全く雨天でなかったので残念な感想です

オーバルマルシェの場合現在ボランティアサポート的な立場なので特に意見は発信しませんが、自分が先々にオーバル広場を活用して開催したいイベント計画は明確にあるので姫城地区でのイベント活動やスポーツの指導、地域活動等他のエリアで多忙な現在は本業の社長でも無いのでボランティアサポートレベルで十分だと勝手に判別してます

自分はイベント企画やその活動は本職に近い分野なので判断基準は専門でもありますが実施決定や中止の判断基準は簡単な事ではありません

ノルディックウォーキングのイベントの場合参加人数の定員次第では室内イベントに切り換えられる場所をちゃんと設定して企画してきましたし、中止の判断はできるだけ当日早朝の判断を心がけてます

今回の事前判断代弁するとすれば、オーバルの場合雨天状況に弱い会場エリアである事は今に始まった話ではないので雨予報イコール中止という判断は出品者への準備リスクを考慮した場合致し方ないとも思います

雨天の場合でもオーバルコンサートを開催してきた初期の頃、テーブルを設置して生ビールが飲めるようにしたり、
保健所の許可申請が厳しくなった今では信じられない話でもありますが、試飲にいただいた新製品の缶ビールをオーバルご来場のお客様に配布していた際にいらないと受け取らない方々も多くて、その理由を尋ねると飲酒運転になるでしょうと言われました

家に帰って飲めばいいじゃないですか?とアドバイスしないと無料の試飲缶を受け取ってもらないなんて、平和で秩序整然とした時代を生きてきたもんだと最近思います

オーバルの返済完了と自社の代表等々様々な引き継ぎの段取りは数年後に迫ってますがその判断基準は大切な分岐点になるのでより慎重に事を進めていきたいものです

開催が決まった盆地まつりにおかげ祭り、姫城地区の島津灯ろう祭りに対し酒席や温泉、交流の場等で色んな意見を耳にしますがそうした判断基準は背景に十分に熟考された上での決定が存在するので外部でイベント自体にあまり関係ない人間の戯言を黙って聞いておけない性分ではあります



別に参加しなきゃいいじゃん、
あなたが準備してリスクはって覚悟を決めて取り組むわけじゃないんでしょ

自分ができない事を陰で批判するのは
気に入らないなぁ

そう意見すると、大概のひがみ根性の輩は沈黙します

判断基準を個人では決められない方々
ホント残念ながら結構ウヨウヨおられる現状です

藤間議長でした

ぶっちゃけ、黙ってエキストラしておいて下さいよ 笑笑笑  

Posted by mtc at 10:26Comments(0)

2022年06月18日

受諾

マイクラブの性能や自分の現在の能力的には宮日大会のような厳しいセッテイングコースの場合ここあたりが限界のようです、



70台のスコアが出せていた時代もありましたが、1ホールか2ホール落し穴的ミスが重なるホールがあって最近はその衰えを受け入れるようになりました
ただ3年ぶりに参加する試合感覚は新鮮で65歳迄体調をちゃんとケアして宮日とシニア大会にはチャレンジしたいと思ってます
特に今年はビジネスやイベント業務も有難い事に沢山重複して忙しい日々を過ごさせていただけてますが、商売や活動のドン底を経験している自分には
今の環境に感謝しかありません

自分の会社とスポーツ商売の売場の閉鎖を通達された約年前まだまだオーバルの返済は相当にあってオーバル内の店舗それぞれも大変で、個人的に夢をかけていたプロバスケ事業も暗雲が立ちこめ始めていて頃に離婚という想定外の事態やら人間関係の怖さやら何が何だか坂道を転がり続ける感覚は経験者にしかわからないと思います

物事や経緯の全てを受諾した頃に舞い込んできた保証人となっていた返済負担の話は人生を諦めかねない分岐点でもありましたが、自分はその最大最悪の危機にプライドや自負を全て棄てる事ができました

文章で表現するのは簡単な事ですが、
状況、状態でその判断と覚悟ができるか否か可能性の分岐点のようには体感していて受諾というキーワードは大きい事なんです

受諾という大きな分岐点を経験した事で自分のプランニングや転換期の判断力や力は大きく変貌を遂げ現在に至ります

様々な運営面の過程でもスポーツの指導や自らのプレイにおいてもだったり
事の運び方や発言や意見の内容もかなり的確でよくそんな細かいところまで気付いていて指摘や準備できているものだと思われている自覚があります

この人に任せておけば安心だと認識していただける信用度は様々な分野において大切な要素であり、それが例え自己満であったとしても活動燃料としては十分な補充になります

自分はボランティアオンリーの思想は皆無なので必ず費用対効果的な展開話をしてますが、そうした基本的な背景が現在の立ち位置において確立しつつある現状に不安はありません

現在制作中の事業計画書を9月迄に提出する予定ですがそこまでの段取り作りから全ての過程を自らが仕切る事ができる役目にはやりがいしかありません

もしその事業案が承認された場合地域事業としては過去に前例の無い事だし
真似をする地域も必ず登場して受諾から始まる大きなムーブメントとなる事でしょう

何より人がこれまでやらなかった事を成し遂げる快感とは最高の喜びと成る事でしょうね

藤間議長でした

ここ数年で例の無い多忙な日常の中で様々な事が達成できた1年になったとしたら2022年は生涯忘れられない1年になる事でしょう  

Posted by mtc at 10:04Comments(0)

2022年06月14日

人生観

これまで宇宙飛行を3度も体験されている野口聡一さんの新聞記事をたまたま見ました

宇宙の環境の世界では常に死を感じる時間を過ごす内容の記事でした




地球の地上の世界の中でも島国日本で生活する平和ボケの日本人がウクライナとロシアの戦争に意見するTV番組にはアイソつかしてるけど、最近突然ニュースで報告される過労による突然死や自殺のニュースにふれるたびに自分は人生観を変えてくれたスイスを思い出します

これまでビジネスや人間関係等において追い込まれたり、裏切り行為に近い経験は沢山したので、精神力が弱かったり反骨力の無い能力であればそこから逃避したい想いはよくわかります

でも逃避したい想いを反骨精神で拭い
マッターホルンで体験した風景を思い出しこんなちっぽけな田舎での様々に背中を向けてどうなると現実を直視してきました

だから自分の考え方として逃避する人を認可する事はないし、自殺した人を可哀想だとも思いません

人生観の考え方において狭い了見の中でしか視野がなかった人生が運命だったのだろうと話題にする事もなく割りきれてしまいます

プロバスケから離れた際に銀行負債の保証人という事で自分含め数名がその負債額を処理した経緯がありました

都城の母智丘というゴルフ場やレインボーというゴルフ場も一度破綻した経緯があり会員権を購入した金額は自分の元には戻ってません

フェニックスのゴルフ場しかりお金に関しては沢山の損失を経験してきてますが人生観においてお金に関しては失敗と成功は隣あわせである経験値は経験値の無い方と比較した際にかなり大きな事だとは思ってます

自分や当社が都城での関り合いにおいて色んな団体活動のgroupや組織に属さない背景はそうした過去の経緯が背景にありますが、現在自分が公民館館長の背景から姫城地区内の活動のみに組織に属しているのは企業の利害関係とは無縁な活動だからでもあります

人生観とは人生の過程での経験値の背景からもそれぞれに異なると思うので人生の分岐点に影響を与えるような誘いやアドバイス等は自分は好みません

人間関係の対話の中で実は一番苦痛で苦手な事が相談というキーワードで、
人は親密で信頼関係が高まるほどにそうした依頼を投げかけてきます

宇宙を経験した人間ほどの器量も包容力もなく小粒な性質の人間に様々を期待されても困っちゃうだけの話です

自分という人間は自らが企画立案した事に関しては最後まで責任をもって取り組む覚悟で頑張りますが、サポート的な役目であったり活動チームの一員の立場であった場合は多分50%から60%ほどの力量でしか動かないので、相手が勝手に想像していた期待値から外れガッカリさせてしまうのでしょう

その背景には自らの企画ならば費用対効果もコントロールできる部分と依存された事であれば費用対効果の意識の格差が必ず背景に表れます

これまでに関わった人達はその費用対効果の分岐点に残念ながら気づけませんでした

自分の人生観において即金型のビジネスと短気、中期、長期に分類したビジネスに費用対効果を熟考してプランニングを進めているなんて誰も想像できない事でしょうね 笑

藤間議長でした

年齢問わず、人生観を明確にプランニングする起点をはたして人はそれぞれにいつ、どこで気づく事でしょう

その時期によって格差が生まれると自分は思ってます

  

Posted by mtc at 10:55Comments(0)

2022年06月08日

行事

都城夏の風物盆地まつりが開催に向けて動き出した報告がありました




商工会議所から中町祇園山車活動についての問い合わせもいただきました

中町公民館館長として祇園山車の実行委員長もさせていただきましたが中町の祇園山車の活動は3年前に休止が決まり最後の活動の実行委員長が決定後、自分からの幾つかの提言が保留のまま現在に至ります

いづれにせよ現状中町が動き出す可能性は無さそうなのでもし盆地まつりが開催された場合何かしらの出店活動もしないだろうし部外者として祭りを見学する事になります

ただ毎回の現実ですが、オーバル周辺には若者がたむろしたり、自転車置場と化したり、とにかくゴミ清掃が大変であの片付けが久しぶりにあるんだ、、って感覚です

まつりの実行委員長の裁量で現場対策の後処理が随分違う経験をしてきているので、今年誰が務められるのか、知りませんがその方の株が上がる管理能力を期待したいところです

表面対策だけは誰にでもできる事だと自分は思ってます

話題は中町の祇園山車の今後に関してですが、自分は今後も巡業は厳しくても山車は保存して残しておきたいと考えてます

その理由はあくまで個人的背景ではありますが自分が姫城地区のまちづくり協議会の事務局長という立場に就いてなければ無の対策であってその役目にあるからこそに提案できる事業が存在します

その提言後既に1年が経過していてその過程で数回検討会の打診を継続してます

自分のたち位置としてやるだけの対策の提言を済ましてますが、盆地まつりの3年ぶりの開催が動き出した事で関係者の重かった腰も動き出すかもしれませんね

これまで6年間公民館事業に関わってきて中町と上町の機運の違いは明らかに感じてはいますが、賛否に関しては財力の面とか加入世帯数の現実とか様々な背景があるので自分の中でちゃんと整理して自分のできる事に向き合い懸命に取り組んできました

自分は67歳の任期までは公民館館長を継続できる事を地区の皆様に伝達してますがその過程で自分よりも年上の方が総会にて役員改選に立候補された場合自ら辞する可能性は高くあります

それは自分が中町にとって不利になるような活動は今後も絶対しない自負もあるし、その背景にお金が絡んだりする背景があれば尚更にもう関わり合いは御免です

個人的には数年後会社の代表に就任してオーバルの返済も完了していれば65歳からの老後の人生はかなり明るい未来が待つと思って現状頑張ってるんで
余計な人間関係とかややこしい事案は無関係に様々なやりたい事を楽しみたいものです

8年後の65歳までまだバスケ指導を継続できていたら奇跡だけど来月10年周期で2順目となる都城開催の九州高専大会を経験する事になって月日の長さを改めて思います

成果と言えば九州大会3位が2回、全国大会出場という大きな目標は高い壁に跳ね返えされ続けてますが、7割の学生諸君が5年間部活を継続してくれて卒業している成果には学生諸君との向き合い方の手腕として自分を誉めてあげたいと思ってます

外部の人間として立場を考慮した安定的な距離感は結構意識的に取り組んでこなければ不可能な関係性でもありました

今年から非常勤講師として雇用される立場に変わった事で関係性や対応力に何らかの変化は発生するでしょうが、
信念が変わるわけではないので、これまで以上に学生諸君と向き合える喜びを感じて取り組んでいきたいものです

藤間議長でした

高専大会迄約1ヶ月、盆地まつり迄は
2ヶ月、ゴルフのシニア大会迄は3ヶ月

10月以降もやること満載の多忙な半年間となる事でしょう

  

Posted by mtc at 09:48Comments(0)

2022年06月05日

6月イベント

6月も行政配布物の作業でスタートしました、




そしてオーバル会議、毎月1度の理事会後に朝礼と清掃活動を20年以上継続してきてます

今月は来月に都城開催が決まっている高専大会の様々な準備諸作業や宮日予選会の為のゴルフ練習を本格的に始動したり、デジタル講習会、ノルディックウォーキングの体験会をスタートさせたりと多忙な1ヶ月となりそうです

梅雨時期にゴルフや屋外イベントが全て実行できたら奇跡ですなぁ・・・笑

まだまだ安心できないコロナの影響化ではありますが地道にコツコツと日々頑張って取り組んでいれば成果や売上は必ずついてくる事を実感してます

それにしてもなかなか減らない都城地区のコロナ感染者数ですが、人口的なコロナ感染の地域密集度を考えた場合都城は全国的にも上位に位置するのでは、と最近思います

考え方でもありますが、感染が拡大するという事は免疫力を保持した人間が増えるという事でもあって数ヶ月先の日本の感染状況を考えた場合都城はかなり優位な地区になるのではないのかな・・・笑

何はともあれ、姫城地区まちづくり協議会事業で企画立案している現在の自分の活動範囲としても重要なデジタル講習会とノルディックウォーキングの体験会が今年度も年間予算化されて事業が推進できる事は大きなヤル気と喜びです

先ずデジタル講習会に関しては年に6回から7回の開催を目標に日程を定めてますが、今年度内に参加メンバーの半数以上がスマホ操作のレベルやアプリの活用等ラインからの様々な情報伝達と共有化ができるように進歩させたいと考えてます




姫城地区それぞれの地区にオフィシャルのラインが構築されて都城市と連携が進む事を理想としてますが、姫城地区と活動として実はユーチューブで様々を発信してゆく活動が事業化される事を考えてます

タブレットが子供達に配布されデジタル授業がモデル事業化されている南小と姫城中、デジタルサポートが学校として商業高とのスクラムと自らのネットワークを活かした高専との連携等々、現在の自分ならではの背景を活かした
展開をプランニングしてます

ノルディックウォーキング事業に関しては協会活動として今年度からインストラクターの育成事業を本格化する事が決まっているので、新しいインストラクターの面々の活動をサポートする為にも都城の場合自分の自公連関わりの強みを活かして姫城地区から姫城地区以外のエリアへと体験会の販促活動を拡販してゆく為にJRを活用したイベント企画とノルディック複合地区以外からの参加者を促進させる事でノルディックウォーキング体験会の認知度を都城エリアで高めていきたいと考えてます




今年度内に2つの大きなイベントの柱が形成されれば自分の中で野望を抱いているあるエリアでのイベントの実現とが現実化してゆく事でしょう

自らの売場再開含め67歳迄に確立させておきたい活動の7本柱は成立に向けて確実に動き出してます


藤間議長でした

バスケ、ゴルフ、ノルディック、デジタル、、不動産リノベーション、まだまだ公開してない残り2つの柱が山と空です


わかるかなぁ、わからねぇだろうなぁ
  

Posted by mtc at 11:53Comments(0)

2022年05月28日

決意

木曜は第24回目となるオーバル総会、今年も関わる事業全ての総会11件が無事に終了しました




振り返ればオーバルが始まった24年前に総会を初めて経験しましたが、これだけ多くの事に主軸として関わる立場になるなんて考えてもいませんでした

数年後は更に多くの事に関わる立場になりそうな予感もしますが、67歳迄と決めている分岐点迄は全ての事業に誠心誠意に取り組んで参ります

68歳からの約10年は様々な立場を離れ集中して成し遂げたい野望達成に向けて努力したいと思ってます

78歳迄ある程度健康体で動ければ残りの人生には悔いは残さない事でしょう

その野望については多分藤間議長日記の議長的な役目から離れる意味でも最後の記録になると思ってますが、数年後に公開する事になると思います

身近に酒を交わしたり男女問わず親交がある面々には軽いジャブ程度にその野望の話をしたりもしますが、それは可能性があれば手伝ってもらいたい思いもあるからであって何事でも1人で達成に向けて努力してもそれだけの労力と疲労や問題を発生させるだけだと分かっているからです

野望達成の為にはチームの結成は絶対条件だという決意があります

ここ数年で変わった事といえば、オーバルの関係者で夜の歓楽街に向かうメンバーはほぼ消滅してしまった事とか

総会後の会食後の二次会的な情報交遊の場や機会は無くても事業は進められるという事実でもあります

この傾向はオーバルのみならず様々な会食においてもこの先定番的になる可能性を感じるので夜の歓楽街にてスナックや接待系のお店が何軒残れるのか・・・、相当な危険ゾーンに突入しているように感じてます

オーバル総会会食後も10号線を渡ったのは自分1人

入店したスナックもお客は2人、12時前に店を出てもう1軒と探索してみましたが知り合いの店は閉店しててほぼ全滅

客待ち側が諦めモードならば夜の牟田町自体が現状の不動産契約基準の家賃体系であればもう既に消滅に向かっているのかもしれませんね

オーバルがある東中町側の月のテナント契約金額と夜の街の契約金額の格差は自分には最大の疑問で東中町側で夜の営業を始める人がいない事も不思議な話です

オーバル返済完了後に自分が当社2階の空きスペースを活用して隠れ家バルを始める野望もありますが飲食店そのものの可能性と消費者の現実を考えた場合
ビジネス的にあまり有効な手段では無いとも思えてます

決意とは裏腹に厳しい現実的環境の背景の中でオーバルは空きスペースを長期に作る事なく取り組んできた運営力が今年の10月返済完了への大きな分岐点に達成します

組合を退会される店舗、破産された店舗もありましたがここまで頑張ってきた協同組合集合体の商業施設は全国的にも少ないと思ってます

都城では当社の名前は知っていてもまだまだオーバルの存在を知らない人達も多くいそうですが、この段階になれば
知名度なんてどうでもいいこと 笑

中心市街地のちょっと心地よい空間で充分です

藤間議長でした  

Posted by mtc at 15:30Comments(0)

2022年05月25日

新しい仲間達

オーバルに隣接するチャレンジャーショップの春からの仲間達が決まり残留店舗を含め営業をスタートさせてます

今回の新しいお店は大人のチーズ饅頭を販売する店舗チーズマン

従来のチーズ饅頭とはちょっと違う食感を楽しめます


そしてしオーガニック商品の量り売り専門店のビーコンエコストア






都城の場合まちなかにこうした形態のお店が少ないので、街にこうした食文化が根づいてほしいと心底願います

そして3店舗目の新しい仲間はフェブラリーセブン、店舗名の由来はわかりませんが、韓国系のアパレルのお店で、韓国へのアパレル買付ツアー等も企画すると将来的に面白いビジネスプランが生まれそうな楽しみな店舗です




今年度も4つのスペースが埋まりスタートしたチャレンジショップですが、過去の経緯から中々商売の厳しい都城の現実も考えさせられてます

なんじゃかんじゃと話題の多い都城ではありますが当社が売場を消滅させたように対面商売のお店が成功するには投資の継続が必要で、結果的に価格の面で競争相手の登場次第ではいずれは分岐点が必ずやってきます



自分はオーバル返済完了後の先々に売場を復活させたい目標をもってはいますが、あくまでもそれは居場所を作っておきたいだけで採算性はテナント収入と借地料が固定として安定している事が条件に思案する事でしょう

当社内のテナント面々含めオーバルという商業空間にはオーバル返済完了後に広場を活用した新しい仲間達が続々と増えてゆく事でしょう

そして未だ公開する事はできない自分の考えている野望が実現した時に新しい仲間達との融合やこれ迄の人脈全てがつながると思います

せうした身近な未来を想像するとワクワクが止まりませんなぁ~

藤間議長でした




チャレンジショップの新しいお店の仲間達には紆余曲折は当然にあるでしょうが頑張ってほしいと願ってます  

Posted by mtc at 11:36Comments(0)

2022年05月23日

落度

中心市街地が話題になるとやってくる
おのぼりさん

通り抜けできるわけないじゃん 苦笑




最近は続々と新しいお店の開業も続いてます

オーバルやプロバスケ、飲食店等々プロジェクトの立ち上げからスタートの瞬間迄沢山関わってきた経験があります

こうした感覚は過程を経験した者の特典だとは思いますが、ハッキリと助言できる事はスタートする事よりもスタートした後に売上を維持したり確保して安定させる事の方が数十倍も大変だという事です

スタートを向かえた時に夢や野望を持って頑張ろう、という気持ちは単なる理想であって何事も理想通りに事が運ぶ事の方が難儀な現実があります

スタートして数ヶ月はちゃんとした告知や販促があればロケットスタートが実現するでしょうが、試練の分岐点は必ず数ヶ月後に突然やってきます

どれだけ長く継続しているお店でもその分岐点を必ず経験してると思うので突然来客が減ったり売上が落ち込んだりすると、何らかの落度の可能性に不安が過る事でしょう

その落度という部分が見える物であれば早く対処ができるので楽なのでしょうが見えないだけにとにかく厄介な面だと思います

プロバスケ時代は代表筆頭にスタッフ面々がツイッターや2チャンの投稿や話題を注視していて振り回されていたしし、飲食店の際はラーメンの提供にこだわり自分には理解が出来ない温泉ブレイン側との関係性の折衝に大変に見えてました

オーバル内でとにかく売上のみならず厄介な事が次から次へと発生して今振り返ると自分の対処力は相当なレベルのスキルがあると今では確信してます

そのスキルは現在継続できている様々な役目において活かされていて、×になった環境の場合自分の意見が共有されなかっただけの話なので自分の中での痼は全くありません

自分のプランが採用されていた場合、全く違う形態や方向性に変わってたとは確信して思いますが・・・消滅してしまったプロバスケの場合は完全に代表やスタッフの落度だと自分は思ってます


もし今宮崎にプロバスケチームが残っていたとしたらどんな環境に変わっていた事でしょうねぇ~

ビジネスの世界でもスポーツの世界でも落度は発生するものですが、要はその後の課題に如何に向き合い改善できるかが分岐点だと思います

最近ゴルフラウンド後にラウンド中のジャッジを反省するようになったスコアカード




落度を補うには細やかな努力が必要だと自覚してます

藤間議長でした

今年はゴルフにおいて大きな成果を出したいものです  

Posted by mtc at 14:01Comments(0)

2022年05月14日

成立

今週は初テラスタディナーや交流会等外食の多い1週間でした・・・





監査や書面総会準備等々自分が外せない予定全てがコロナに感染する事無く終わり、とりあえず安堵です

そして姫城地区まちづくり協議会内でのイベント提案事業全ての開催予算が確定、成立しましたが地域活性化事業案が正式に認可される為にはここからが本当の勝負なんで頑張ります

今年度のノルディックウォーキング事業は姫城地区以外からの参加者も可能となりJRを活用した新しい企画を推進して参ります

新年度のバスケ指導も本格的に再開となりアグリサポート含め多忙な日々は本当に有難い事だと思ってます

まちなか対象ユーザーはマルシェイベント含め顧客は完全に女性とファミリー
牟田側は営業方針や方向性を変えていかないとかなりヤバイと最近思いますなぁ~

話題は変わりますが場所提供の段取りをして参加させていただいた都城西駅界隈のゆずり葉通りの交流会の席でオーバル内でお荷物状態になっているストリートピアノを都城西駅構内に移設する提案をさせていただいたところ前向きなお話が成立となりました

オーバル周辺の近況の場合近隣に高層のマンションが建設されたり幾つかのアパート等が立ち並ぶ環境に変わりストリートピアノでの演奏環境が音害を与えてしまう可能性が高まり許可無しでの演奏を禁じ封印された状態になってます





せっかくペイントしたストリートピアノなので何とか活用方法を模索してましたが移設に関する費用も解決しての理想的な環境への移設という事で都城西駅構内であれば最高の移設先になり多いに活用される事でしょう

関わる事を進展させて地域に貢献してゆく為には成立してゆく過程がスゴく重要で自分は確実に1つ1つ積み上げてゆくタイプですが、その順序を暖かく見守っていただける方々の背景がある事は本当に安心して頑張れる安定剤でもあります

会社員的な経験もありますが、上司であるべき方の存在や支援という背景は組織やグループ活動において大切なキーワードで自分もそうしたリーダーや代表でありたいと常に思ってます

個人的に関係性が×になった面々とはそのリーダーシップ的な面で意識やヤル気を共有できなかったので残念でしたが自分の中に憎しみや怨みが残っているわけではなくプラスになり得ない関係性において交流や意見交換等々不要な時間や情報、人間関係的なサポートも費用対効果に皆無である、と自分で判断しているだけです

二度と成立しない人間関係は現実的にあり得る事でしょう

藤間議長でした

再開があり得たら相当な費用対効果がハッキリと見えない限り奇跡でしょう
笑笑笑
  

Posted by mtc at 09:37Comments(0)

2022年05月08日

アグリ

アグリ
GW晴天日はアグリサポートでした



振り返れば6年前のオーバルイベントでの生産者支援イベントが原点回帰的な興味のきっかけでしたなぁ・・・

晩酌はK先輩オススメの食べ方でホクホク
週末迄はゆったりまったりなスケジュールだけど・・・



昨年から本格的に始めたアグリサポートは60歳以降の自分の生き方の為に大切な勉強を毎回させていただいていてに多忙なスケジュールの中で参加させていただいてますが、アグリサポートがスケジュールの中に組み込まれたおかげであっという間に過ぎて行く季節を感じてます

現在の年齢や立場になると筋肉痛や想定外の身体の酷使を指示されたり依頼されたりする機会はほぼほぼ皆無なので自己判断によるアグリサポート翌日の疲労はいい意味で命を実感できる瞬間だと思ってます

人には色んな考え方があると思いますが自給自足の可能性をひめたフィールドが継承される事は決まっていて自分の中ではまちなかの活性化的な役割や責任よりも実は10年後楽しみに思案している事なんです

中町にある実家を引き継いで生涯過ごす事はあまり考えてなくて、中町周辺の住宅街は高齢者が多く10年後に空き家になる物件も増えると思うので新たな不動産的事業の拡大も視野にいれてるし実家はシェアハウスのリノベ物件的な実例として活用できたらとも考えてます

都城ではオーバルが消滅しない限り現在の生活空間の住所登録を変更しない考え方ですが、中町の住人として公民館活動にどこまで関わるかは今後の事態や環境の変化によっても左右される事でしょう

アグリは都城のある場所を第2の人生の生き甲斐の空間拠点とする為の手段の1つではありますが、生活して販売を目論んでいるわけではなく、生産や管理が大変な事はわかっているので時代に反比例な事はやりません

ある大きな野望を達成する為には仲間が必要なのでアグリの自給自足という分野はその集合体の存在意義のツールになると考えてます

アグリの背景にある自分の野心を藤間議長日記ブログ内で公開する日とオーバル完済迄の期間が被るとは思いませんが、日記ブログが完了しても新たなツールで何かしらは発信する事でしょうね

藤間議長でした

最近はランキングよりもブログ容量との兼合い投稿調整なんで一度投稿した日記を削除したり画像を削除したりちょっと嫌気がさしてます・・・苦笑

  

Posted by mtc at 10:26Comments(0)

2022年05月04日

5月近況

オーバルアンテナ美容の壁の色のみが替わり質問をいただきますがオーバル返済の完済に向け規制の自由や夜の広場照明消灯等オーバルの返済完了形態へのカウントダウンが始まっているという事で数年後に自分が様々を引き継いだ分岐点を境に大規模な転換事業のスタートとなる事でしょう




5月に入り高専からは正式な採用通知書をいただきました




指導員講師となった事で今年度は自分が引率責任者として練習試合に他校に出向ける機会が増やせます

高専の学校スケジュールの場合通常の高校行事の年間スケジュールと連動してないので参加出来ないU-18の大会は年間通して多いと思いますが高校総体の不参加は関わりを始めて初の事で現在のメンバーは個人技術レベルが高い学生達が多かっただけに残念な事です

秋のウインターカップの予選に参加できる事と開催される事を切に願います

いよいよ宮日予選会も今月から始まりますが今年はゴルフ大会に参加しても
関係各位から批判は無い雰囲気なんで楽しみたいと思います

クラブを今回ほぼ全部都城ブランドに変えたけど成果はどうかなぁ 笑笑笑





ゴルフの調子は3月末再開後少しずつスコアをあげて最近は80台でラウンドはしてますがまだまだボンミスがあったり
大事なところでいいショットが出来なかったり、リカバリーが改善されてない部分等々反省の日々が続いてます

宮日予選会の場合はトムワトソンコースが安くラウンドできるのでいい練習になるし、9月のシニア大会に向けて緊張感を思い出す為に参加してます

やっぱ試合に3-4年ぶりに参加するので
感覚的な面やセルフコントロール的な部分等々リセットできる成果に向けて頑張りたいと思います

今月来月は収入的な背景も厳しい月に入るのでバイト時間も確保する必要もあってバスケ指導再開に残り4つの準備から関わる総会にゴルフ練習に大会となるとGW後相当にハードな日々になる事はわかってます

とにかく色々関わる事が多いと大変だわ・・・

藤間議長でした

7月から計画通りに夜の飲食店のヘルプ作業が始まれば更に忙しくなりますなぁ~、笑笑笑

多忙でギブ・アンド・テークがある背景であればそれは本当に有難い事です
  

Posted by mtc at 16:12Comments(0)

2022年05月03日

ガンタレ

俺がぶちギレて怒りながら駆け寄ったら逃げ足の早いガンタレスケボーども

今度オーバル周辺で見かけたら取っ捕まえて説教だけじゃ気がすまん

こんな奴等が増えるだけなら都城のスケボーパーク構想も大反対で止めるし姫城地区川の駅のスケボー場の利用サービスも中止させる

こうしたモラルの欠如の根源はスケボー推進者や販売店の責任だと思う

人への迷惑を教えない、モラルを学べない、怒らない注意できない大人も増えてて困ったもんだけど、都城のXスポーツの承認や認定なんて相当に先の話で東京オリンピックの影響は地方では単なる悪影響でしかない

自分も昔々スケートボードをパーツ売りしていて普及に頑張っていた経緯もあるけれど注意を破る輩がいて結局販売している事に批判が集まって販売をやめた事があります

時は流れても現実的問題が変わらないならそのスポーツの普及や認可は絶対にあり得ない事でしょう

基本的に歩道や公園でのスケボー行為は罰金罰則が決まっていてそうした行為を目撃したら警察に連絡するのが一番ですが、自分ならそうした行為の証拠画像を撮ってスケボー野郎の自宅をつきとめて警察に通報します、更に基本的にモラルが欠如している本質なので人がやられたら嫌な事を理解できる様にある事をして徹底的に反省するような事をやってあげます


自分には嫁も子供もいない孤独な環境で何かしらの反撃への不安は皆無なので徹底的に相手を攻められる利点だけが存在するので敵に回すと厄介な存在だと思います

とにかくガンタレスケボーどもを排除しないとせっかく東京オリンピックでブームがきているXゲームのイメージが悪化して地方でも開催が可能だと思っているXゲーム系のイベント開催も賛同をもらえなくなってしまいます

ガンタレでモラルを知らない馬鹿な野郎達にはそんな背景を打破する活動等理解できないだろうから、先の目標達成の為とにかく徹底的に制裁を下す必要があります

当然そうした行為を見逃している親や
生活環境に迄足を踏込み野郎の生活空間の中での非難を伝達加速させます

やってしまった事への後悔を身にしみてわからせなければ解決はありません

怒らせていけない男を怒らせてしまったんでもう後悔先に絶たずですなぁ

藤間議長でした

怒鳴られて必死で逃げるレベルなら最初からするなよ  

Posted by mtc at 15:31Comments(0)

2022年04月30日

テラスタ

昨日はテラスタのオープニングセレモニーに中町を代表して参加しました






自分は現在公民館活動とまちづくり活性化事業のみに関わってますが現在のビジネス背景はほぼ企業人の面々とは絡んでいない現実を身にしみて感じさせられる場でもありました 笑

周囲を見渡すと結構お偉い役職の方々はプロバスケ時代にもお世話になったり顔見知りだし知ってますが、明らかに自分よりも下の世代だと思える面々に知り合いが増えてない現実でもあります、
もし名刺を交換する機会などがあれば相手は自分がやってきた事や現在の立ち位置等々、かなり経歴と実績は知っていると思うし知合いになるメリットを感じる可能性は高いと思いますが自分の中でオーバル返済完了後の理想的な平穏無事な生活環境の確立しかない面が強くある限りは特に人脈を拡大したい野望はありません

ただ久しぶりに企業人が集まる会食の席や会合に近い雰囲気を感じる事ができて野心バリバリでとにかく人脈形成やオーバル返済の為に必死だった時代の匂いを思い出せる場となりました

このままコロナ感染の時代も止める事から向き合う対応の時代に変わる事が予想され経済活動や交流も少しずつ対策を講じた形で再開する傾向が高まればオーバル返済完了後も10年はテナント事業も安定な事でしょう

自分が65歳を越え70前後に向かう頃
テラスタは開業10年を迎えるでしょうが、その頃上町にはホテルルートイン、高層マンションも計画通りに建築されれば2つの新しいマンションが建っている事でしょう

その頃までバスケ指導は流石に継続してないとは思いますが、健康で何らかの事業か活動に資金提供をしている自分は想像できます

自分がサポートするとしたらきっと高専卒業の面々への応援だとは思います


現在自分が推進できる範囲でデジタル講習会等姫城地区まちづくり協議会で様々なデジタル化への取りくみを始めてますが、先にある目標や野望は壮大でいづれは姫城地区まちづくり協議会活性化事業の枠を飛び出してゆくプランニングが脳内に形成されていて必ずや自分の武器である高専との繋がりに結びつけたいと思ってます

特に衰退してゆく可能性が高いと踏む現在の魅力ある物件の立ち並んだ夜の繁華街エリアの今後の可能性に関してですが・・・笑

そして、中町と牟田町の境界線の先に位置する中町公民館の最大の活用方法はその野望の大きなテーマとしてます

藤間議長でした

姫城地区まちづくり協議会の支援イベントとして中町10号線にはテラスタフラッグを掲げてます


  

Posted by mtc at 12:20Comments(0)

2022年04月28日

予想外

2人でビール6杯、焼酎2合、沢山食べて予想外のこの価格
厳しい時代に素晴らしい営業努力のお店を発掘しました


最近はひとり焼肉や七輪焼きのお店も全国的に増えていて都城以外でもそうしたサービスの店に行った事はありますが都城での七輪焼きのサービスと価格を知ってしまうと都城以外の同じ系統の飲食店に行きたいとは正直思えません

とにかく新鮮さとリーズナブルである事が基本だと思っているので都城の場合そのレベルは相当な高さです

今回の新店舗はそのレベルを越えたサービスと価格で5月中の七輪晩酌の店は暫くほぼここに決定です 笑

もうすぐ5月に突入しますが最近都城には期待しているお店の開店ラッシュが続いていて、中町にもいよいよあの通りに新しいお店が開店します




都城の中町にあるこの通りが夜の繁華街との導線になると自分は考えていて
新たな協議会を発足した場合の通り名も既に決めてますが、自分が本気で動きだすか、否かは周囲の皆さんの覚悟とやる気次第にもなります

自分の生活空間の基本範囲はオーバルのある東中町側なんで、7月あたりからのあるお店の出店の動向にもよりますが自分の中での費用対効果やギブ・アンド・テークの精神にヒットするかは分岐点となる事でしょう

とにかく単なるボランティア活動の結果となり企画アイデアやプランニングや行動力に人脈等々都合よく周囲に利用される事だけは避けたいと考えてます

なかなか大きな減少傾向に転じないコロナ感染者の昨今ですが知合いの中にも感染体験者が増えてきていて予想外に数年後には感染体験者と非体験者の数が逆転するのかもしれませんね

自分もその内軽症状だとは思いますが感染を経験するんだろうなぁ、とも思ってます

いよいよ明日開業を迎えるテラスタのオープニングイベントに中町自治公民館館長として参加させていただく予定ですが、天気予報は残念ながら雨

いい意味で今日みたいに予報が外れる事を期待したいと思います

藤間議長でした

予想外な事って結構話題になるものです 笑  

Posted by mtc at 06:56Comments(0)

2022年04月22日

内覧会

本日姫城地区まちづくり協議会令和4年度第1弾のイベントとして中町新複合施設テラスタ周辺の開業前の清掃活動の後、テラスタ内覧会に皆さん参加していただきました




撮影も全て許可されたのでテラスタマーケット内もこんな感じです




最上階の特別スイートルールは圧巻で
自分が泊まる事は無いと思いますが、自分の生活空間のベランダ部分を上から眺める経験は初だったので面白い経験になりました







一般の部屋もなかなか都城では体験できない洗練された部屋で朝食付きのプランであれば結構推進されそうな予感がしました




朝食も一般開放されるそうでビッフェスタイルで1500円

ランチダイムとディナータイムも営業されるそうですが、参加していただいた皆さんのお声


は・・・

泊まってみたい
ここで食べたい等々
色んなご意見をいただいた中で鉄板焼のカウンターでの食事交流会の要望が多く今年度中に実現あるかもです 笑




今回のプランニングの大きな目標は内覧会だけでなくテラスタの告知イベントでもあるんで、清掃と街路樹の枝葉の伐採完了後にフラッグを掲げます

藤間議長でした



  

Posted by mtc at 14:10Comments(0)

2022年04月21日

前代未聞

オーバルに許可も取らず勝手に出店された前代未聞の非常識行為がありました

この方勝手にオーバルのHP内で許可もなく宣伝アピールはするは、驚愕のやりたい放題で現代にありがちの自己チュ発想の強い族なのでしょう

今回の前代未聞の行為をきっかけに自分の中では驚きと怒りを越えたあるプランが浮かびつつあります




当社のテナント店の主導の可能性有りとも思われるので頭ごなしに行為を否定して責めたり叩き潰すような事はしませんが、社会的なルールと協調性に加えた規律を指導させていただかない限りその先の関係性はありません

先ずはテナントオーナーと対話を取計いましたが反省と今後の行為次第によってはテナント店との今後の契約に迄影響が及ぶかもしれません

オーバルは開業して23年、大変な苦労を重ねながら継続してきた商業店舗であり自分達にとって空間は宝です

新参者の勝手な発想で10号線入口側の雰囲気をブチ壊されてはたまりません

自分が想いを込めて建てた家の前で勝手に変な屋台が許可も取らずお店を出したら普通は警察沙汰になる話なんで
その辺の一般常識がわからない族と対話をする事自体数万歩譲った対応だと思ってますが、こうした場所やイベントに正式に許可も取らず、近隣を利用する便乗野郎達がウヨウヨいる時代のようでイベントを企画する側もかなり苛立たしい事でしょう

社会の協調性的なルールのズレはそうした族達にとって不都合が抜け道であって今回のオーバルの事例の場合規約的な部分の不手際にも課題があって理事全体の周知と意識の再確認の上ではこれから先の時代の為にいい機会になったと考えようとは思ってます

個人的な感情に関しては許容範囲を相当に越えていた事例なだけにその面々にビジネスサポート的な背景に対して
自らが率先して動く事は現時点の状況から暫くは無いと思いますが、こないだ理事会の席ではっと思った事はオーバルの理事の過半数が子育てを経験してない面々だという事

自分も来年以降中町の民生員の課題が解決する迄の期間できるだけ姫城地区の子供達のサポートをする役目に可能な限り参加したいと思ってますが、プロバスケ時代以降久しぶりとなるちびっこ達との触合いが楽しみでもあります

マルシェに参加した店舗にもその関係者の子供達にも今回の件は責任はありませんが、前代未聞の事案だったとしてもシコリを残さない様に脳内整理の努力をしたいとは思ってます

藤間議長でした

今後都合に応じた族は様々なバージョンで登場しそうな予感はするので都城まちづくり会社とも連携をとってその管理や対策に注視していきたいと考えてます  

Posted by mtc at 21:17Comments(0)

2022年04月15日

リセットは三文の徳

毎年ゴルフに関してはリセットさせる為に1年で一番寒い2月と花粉の多い3月ゴルフクラブをほとんど握らない休息期間を作ってます

久しぶりにクラブを握って練習を再開したりラウンドをした時に自分の昨年セッティングしてきたクラブに対して新鮮な感覚があって6月迄に調子をあげてゆく為に新しいクラブを買ったり、グリップを替えたり、シャフトの素材やバランスを思案したり色んな事に独特な感覚で調整を行います

今年のゴルフ再開初ラウンドは3月の31日で、腰も身体のバランスも調子が良くてドライバーはとにかく飛びました

アイアンの距離も伸びていた影響から全く距離感が合わずクラブの選択ミスやアプローチのミスからスコアメイクはメチャクチャで一緒にラウンドした面々も驚いた102 笑

数年ぶりの大叩きとなった再開ラウンドになりましたがお蔭様に色んな課題がハッキリと分かったので、2回目のラウンドで課題を更に判断したクラブのセッティングで92、その後新しいクラブと軌道を確かめる夜の練習を取り入れ昨日のラウンドでは81というスコアを再開3回目のラウンドで記録できました




自分はこれまでゴルフ以外にも分岐点での判断力としてリセットを選択してきてますが、リセットにより得ている教訓は勇気と決断力という強い意志が背景になければ行動できない証があります

リセットを強行して反省した事もありますが、その分頭を切り替え補てんする能力や策を懸命に考えるのでリセットを断行した方が利があると思ってます

三文の徳(得 ?) という言葉がありますが早起きは三文の徳だと使われるように行動における効率の良さが表現されてます

まさに自分の場合リセットが三文の徳だと思っていて一度決めたら迷いなく断行できる事は自負してもいい長所だと思います

藤間議長でした

今月、雨の影響が無ければゴルフラウンドは後2回

どんなスコアメイクができるのか・・・
楽しみです 笑
  

Posted by mtc at 10:25Comments(0)

2022年04月12日

78

日曜に中町公民館総会が無事に完了して中町公民館敷地内の鳥居の塗り替えもやっと叶いました



来年の総会の役員改選にて役目が継続となった場合3年後にはいよいよ60歳を向かえます

今日は姫城地区自公連の総会で3役留任も決まり関連する役目の継続も決まる事でしょう

数年後には現在の合資会社の代表となり、オーバルの理事長職に就き、現在オーバルで担っているある権利を公民館で引継ぎ、まちなかや姫城地区内においては次のステップの役目に進んでいるとは思ってます

その頃はスポーツの組合にも復帰していてスポーツ関連のビジネスも再開してるだろうし、スポーツ関連のみでないある理想郷の売場を復活させているやもしれません

自分としてはこれ迄の人生は7転び8起きの展開でしたが理想の老後生活の実現の為にこ数年はより大切で貴重な期間だと思ってます

そして、現在可能性のお話をいただいている背景からも理想の展開になれば、困難な課題なんて容易な目標になるとも考えてます

理想の形はあくまで自分の理想郷なので先々の全てを現段階で公開しても先の見えないレベルの面々には上の空の話なんで軽はずみな事は宣言等しませんが理想というものはそのエリアのトップが替わろうとも国内全ての市町村が基本的都市計画プランに沿って予算化されていて全ての事案を先にツナゲル事が可能な人間にしかプランニングできないものだとは思います

都城市でも広報誌で毎年この時期に新年度の予算事業の報告がされていますが、ほとんどは順列の下に振り分けが決まっている事業がほとんどです

これから先は感染症服用薬の市販されワクチン接種もインフルエンザ同様の希望者へ有料の接種環境に変わっていく事でしょう

まちなかの変化と言えばテラスタが開業した効果の分岐点となりそうな時期で要望が大きかったスーパー的サービスの売場の必要性が明確に数字でも示される事でしょう

そして上町には新しいホテルルートインが完成しているし、新しい高層マンションの建設も始まり中町から西駅迄のエリアと中町から都城駅前迄のエリアに加えて、イオン周辺から早鈴、妻ヶ丘エリア迄の都市計画にも大きな変化や進展が起こっている事でしょう

自分は50代前に7転び8起きの沢山の経験をした事から78という数字を自らのゲン担ぎ数字にしてますが、それぞれに必ずやってくるセカンドライフへの分岐点を決断していてサラリーマンや公務員であれば定年後の考えておくべき第2の人生の収入の背景や生活環境の確保の不安を沢山の役目を従事する事でクリアしてるので未来のハッキリした理想や目標を口外できるのだと思います

残された人生が現在の親父の年齢の87歳を考えた歳に78歳から87歳を寿命と考えると20年から30年だと思ってますが10年後以降の都城の状況に関してはまだまだ何も想像できません

ただ65歳以降の残された人生に7転び8起き的な波瀾万丈な事案は不要だと考えていて出来れば安泰で有意義な時間をゆっくり楽しむ老後生活が理想です

50代以前の分岐点に覚悟を決めた78プロジェクトは確実に推進できていると思ってます

藤間議長でした

マスターズをアジア人初に制した松山英樹のゴルフボールの番号が78である事はゴルフファンなら有名な話ですが
78をゲン担ぎに決めたのは俺が先です 笑

ゴルフボールはほぼロストボールなので新品に別注印字等はしませんが大会に出場する時は7番か8番のボールを出来るだけ使ってます 笑笑
  

Posted by mtc at 14:55Comments(0)

2022年04月08日

新年度近況

商談の待ち時間に数ヶ月ぶりに
シュートしてみたら・・・
肩痛すぎてビックリ
チャレンジショップのリングないボードでたまにはシュート練習しよう 笑




このままの状況なら来週から再開となる高専バスケの指導ですが、今年度から外部コーチではなく非常勤講師という肩書になり顧問と同様の様々な対応が1人で可能になり練習試合に引率して出向く事ができます

まだまだ身体が動いて走れる限りはバスケ指導を頑張って参ります




まちなか広場では週末から朝市が始まり翌週にはマルシェも再開します

新複合施設テラスタのオープニングイベントも決まり、中町では開業前にテラスタのフラッグを掲げる清掃イベントとテラスタ内覧会も企画しました



いよいよ色んな事がコロナ感染症対策の元に再開する流れとなってます

コロナ感染者が減らない状況から売上が厳しいと嘆き声が聞こえてくる夜の街の現状ですが、自分が不思議に思う事は何の為の団体や協議会なのだろう、という事
協力金や支援金の貰い方の話ばかりで消費者目線の様々なサービス向上を完全に忘れてるようです

自分も完全に生活習慣が変わってしまって外食に出掛けないわけではないですが基本プロ野球の試合が無い日とか、ゴルフの上がり位しか出掛けたいと思わなくなっちゃいました

ただ1週間や10日おきの外出となるとその分時間を充分に楽しみたいと思うのでお店を数件回るような事はしませんが1つの店で満喫する感覚は増えてるし一晩の出費も相当に減ってます

近隣住民の自分の感覚がそうなんだからもう随分10号線を越えてない人達も中町には沢山おられるので身近な顧客を取り入られないサービス環境の回答は既に出ているような気もしますが

中町の場合10号線を挟んだ左右の状況はこれから数年間自分が動きださなければどうなってゆく事でしょうね

自分にとっての生活空間と資産価値が存在してるのはオーバル側なんで中町会館がある夜の繁華街側には公民館館長という立場がなければ状況がどう悪化しようが全く関係ない話になるのですが、都城に戻って以降長きにお世話になってきた歓楽街エリアなので指を加えて衰退してゆく様をただ静観しておくのも気になるものです

近況としては牟田の場合店舗によって売上に格差があるようですがこのような時代の場合ビジネスホテルが沢山ある栄町の方が消費者は多いように感じます

コロナ期以前オーバル側で沢山開催されていたマルシェ系の回遊イベントでも夜の繁華街側に好転的な影響は無かったので29日開業する新複合施設テラスタの影響がどのようなものとなるのか、自分には想像できませんが宿泊者や就業者が増えれば何らかの経済効果はある事でしょう

開業後の動向や要望を踏まえて自分独自のプロジェクトを始める心構えだけは維持しておこうと思います

藤間議長でした

都城まちなかの近況に関しては随時日記に記録投稿して参ります

  

Posted by mtc at 10:50Comments(0)