みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
mtc
mtc

2010年02月28日

解散

写真はツタンカーメンである、

20年程前に自店のイメージイラストに取り入れた

学校関係のパンフレットを作成する会社でコネ作りも考えてバイトしていた時に製作会社のプランナーからの提案で、あえて学校名を大きく出さないパンフレットを作成してはどうだろう・・・との企画を採用されて作成に大きく関わった事がある、バイトといっても大学1年からの3年目に入る就業で、役割は現在でいう契約社員的な感じだが実績が認められ決定権を持つポジションを与えられていた

何か問題が発生したら当然直属の上司である幹部社員がとるシステムであったが迷惑は絶対にかけてはいけないと結構頑張っていた、
大学3年から卒業までの期間はゼミ以外大学には行かなかった、バイトの役割の責任感がかなりあった、

親には申し訳ないが自分にとってその時代の経験は現在の自分の根底となっている、


そのパンフレット企画は福岡の天神のど真ん中にあった専門学校のもので、当時進学のライバル関係は短大と専門学校であった、


学ぶべき学校のカリキュラムを主とした正規のパンフレットとキャンパスライフをテーマにした別冊パンフに学校名を入れない企画が採用された、


別冊パンフ名をフェミニンと命名した、当時役割を任されてから各国の辞典や情報誌を暇があれば見たり読んだり、この企画にかけていた、ピックアップする学生も2週間程かけて自分が選んだ、撮影のイメージにあわせて撮影場所も自分が交渉して回った、スタイリスト、メーク、撮影の経験はアシスタントカメラマンの経験がいきた、大仕事であったが企画は大好評で業界的に話題になり別冊パンフレットは各学校に採用される事となった、


地元に帰り4年目にお店のイメージチェンジに着手した、自分の感性を理解するスタッフを育て、イメージも売上もうなぎ登りであった、利益は全て社員に還元してきた事は現在でも自分の誇りである、


時代が変わり、スタッフも減り、売上も下がったが自分はいつでも前を向いている、過去は過去と割り切れている。


金曜日プロバスケ準備委員会が解散となった、準備委員会から4名は運営会社に関わる事となり、後援会を各支部に発足する流れが決定した、運営会社に関わろうが関わるまいが宮崎に新しい流れを作りたい思いで初めた活動である、支援活動は当然やらせていただくが、その分何かあれば厳しい意見も言わせていただこうと考えている


昨晩、プロバスケによって自分がやりたい事、考えている事を信頼するある男に話した、

さすがに理解は早かった!
彼なりの我々に対する不満やアドバイスも聞く事が出来た

おもしろくなりそうだ!

藤間議長でした!
  

Posted by mtc at 09:48Comments(0)

2010年02月26日

本田圭佑

誰だって初めから上手い奴などいない、

プロスポーツの世界では特に対応力が重要な要素である、ポジションにもよるがパスをする能力だけでは世界では監督はなかなか認めてくれない、フォアードであれば決定力だけでは駄目なのである、パスをもらう能力もレギュラーを確実なものとするには求められるのである、かつて中田英寿がセリエAで昇格チームとはいえいきなりレギュラーを取った凄さを日本人は分からなかった、現在でもその対応力の凄さに気付いている人は少ないのかもしれない・・・、この対応力にはなかなかマニュアルは無く生まれつき備わった能力なのかもしれない

本田圭佑というサッカープレイヤーがいる。

生意気なコメントも平気にする、

追い込まれたサッカー日本代表チームに向けてのコメントの中で彼は岡田監督に向けてコメントを出した、
俺を呼べ・・・と

なかなか言えないセリフである、しかしこの強気こそ海外においての世界レベルの対応力なのかもしれない
俺しかいないと自分にプレッシャーをかけてあえて自分を追い込む事で志しを高く持つ

日本人はこのようなタイプのプレイヤーに慣れていないが世界と戦う為にはきれいごとばかり言っていては勝てない、中田英寿が特別だとか、イチローが特別だとかではなく本田圭佑のような選手が育つ環境を日本は考えていく必要を感じてならない、それはスポーツにおいての世界環境に向けた取り組みが日本で議論される時代になる事が必要だ

今回の冬期オリンピックにおいて日本は金メダルが取れていない、世界レベルの進化についていけていない負けている事を日本人はまずは認識せねばならない、
浅田選手が負けを認めた。このままではいけないという事を強く感じたコメントであった、

今後も国民がスポーツに期待するのであれば、日本は国家レベルでスポーツの改革を進めていかないとなかなか世界トップレベルには追いつかないと思う藤間議長でした!

悔いを残さず頑張って!

だけではなく・・・

絶対負けない、結果が出ないと継続できないという覚悟を育てる指導力や精神的強化を育てる背景作りは急務なのかもしれない
写真は本田圭佑選手である今回次回の日本代表戦に召集された、中村俊輔選手との共存の中で中村選手が彼の精神力を認め彼を活かす戦術をとれば進化した日本代表を見る事が出来るかもしれないと期待する!


今回の本田圭佑に注目してください
  

Posted by mtc at 15:23Comments(0)

2010年02月25日

どっち?

昨日の女子フィギュアのキムヨナ選手の演技は最高だった
浅田選手の演技の後だっただけに圧巻であった

選手達は他の選手の結果よりも自分がこのオリンピックで自分をどう表現するのかを後悔しないように集中して常に考えていると解説でも言われていた、

凄い選手達だなぁ・・・としみじみ感じた

4年に一度しかないオリンピックの一発勝負への思いと信念が画面を通して伝わってくる、毎日スポーツの素晴らしさを実感させていただいている、

しかし、我々大衆は結果も様々な背景も予想も気になるところが本音である

明日の昼はお客さんくるかなぁ? (笑)

今日のスポーツ新聞の記事によると過去4大会で初日のショートプログラムでトップだった選手は金メダルを逃していると書かれてあった、前回の荒川選手はショートプログラム3位からの大逆転勝利であった、

一発勝負の怖さは何が起こるか分からないところにある、安藤美姫選手にもまだまだ勝機はある、彼女には最後のオリンピックにしたいというかけた思いを感じてならない、残念ながら挑戦した連続3回転が加算されなかったが、大舞台で頂点を狙いにいったチャレンジスピリットは何か奇跡を予感させられる、常に4回転へのチャレンジを言われてきた彼女なりの大舞台での大きな決断のチャレンジであったと思う、

一方浅田選手には負けたくない、負けず嫌いな部分が随所に感じられる、4年前にオリンピックに出場出来なかった悔しさが彼女の金メダルへの思いを更に強く支えている、金メダルしか見えていない思いがびしびしと伝わってくる、

みなさんはどのように思われますか?

個人的には安藤選手に金メダルを取ってほしいと思っていますが・・・どっちも頑張れ!

藤間議長でした!

そうそう、キムヨナも頑張れ
  

Posted by mtc at 14:54Comments(0)

2010年02月24日

ガスコイン

驚いた情報を聞いた!

サッカーイングランド代表チームのスーパースターであったFwポールガスコインがホームレスになったらしい

自分がイングランドチームの熱狂的サポーターになったきっかけがEURO1996の快進撃であった、盛り上がりが凄まじかった事は忘れられない、当時のチームの中心でサポーターのハートをがっちり掴んでいたプレイヤーがガスコインであった

ガスコインは中国のプロチームで活躍をしていたまでは知っていた、

情報によると現地サッカー協会もガスコインの支援に動き出しそうな記事もでていた、


イングランドの為にもなんとか英雄に立ち直ってほしいし現役時代の自信を取り戻してほしいと思う・・・

写真は中国プロチームで活躍している頃のガスコインです!


藤間議長でした!
  

Posted by mtc at 16:53Comments(0)

2010年02月22日

続亜揶2

昨日の綾のイベントで、
ガラス工芸で世界的にも有名な黒木国昭様にノルディックウォーキングのお話をさせていただきました、


綾の酒泉の杜のオープン当初ガラス工芸体験をして黒木さんの作品を目の当たりにした経験を忘れた事はありません、


綾の町民の方々に自然に溶け込み、綾の為にみやざきの為に自分が何が出来るのかお話を聞かせていただきました。


2年程前に母校の日向学院の盛大な同窓会が開催された際にお土産に黒木さんの作品をいただきました、黒木さんの事を知らない友人から、不要ならば・・・と交渉して周り10個程持ち帰りました(笑)


昨日イベントの中でじゃんけん大会があり黒木さんの作品をノルディックウォーキングインストラクターのメンバーがGETしました、

写真はその商品の作品ですが、ケースにサインをしていただいただけでなく作品のそこに後日サインを入れ込んでいただける事になりました、いやらしい話かもしれませんがそうしていただく事により作品の価値は物凄くはねあがるのです。

仲間は凄い宝物をいただいた記念の日となりました、

今回のイベントが第二回、第三回と継続される事を願います!


藤間議長でした
  

Posted by mtc at 11:20Comments(0)

2010年02月21日

亜揶

今日は綾にてノルディックウォーキングのイベントを開催しています、


イベント開始前に周辺をちょっと探索・・・


何か様々な体験会をやっているようです


何?


前売制?


なかなかない面白い提案型のイベントである


My箸、Myお碗、持参らしい

これだと食材に無駄がでないのですばらしい。


イベントより食事が美味しそうで気になって仕方ない藤間議長でした!


綾城にて綾の駅名が昔は、亜揶だった事を知りました
  

Posted by mtc at 11:31Comments(0)

2010年02月20日

上原浩治

大リーグのキャンプインが続々とスタートしている、自分が今年一番注目している日本人プレイヤーがオリオールズに入団した元ジャイアンツのエース上原投手である、その上原投手がキャンプ開始いきなり首脳陣より抑えへの転向を通達された、WBC初代日本代表チーム初優勝の原動力となったイメージより星野ジャパンにおいての抑えのピッチングの印象がアメリカの中に強いのだろうか?


いずれにせよ上原投手は先発にこだわって大リーグに渡っている、この首脳陣の要望を受け入れるのか、判断に注目している、個人的には抑えの方が上原投手にはあっていると思うし、日本と違って抑え投手の使い方の考え方はアメリカの方が随分進んでいる事は間違いない、彼が現能力でチームの主力選手の仲間入りをしてチームがワールドチャンピオンを目指すには首脳陣の判断は正しいと思う。
上原投手は高校時代から投手ではなく、投手として抜擢されたのは大学生になってからである、日本においては最近高校時代の肩や肘の使用度数が投手寿命低迷に大きく関わっていると問題に挙げられた話題もあった、そのような問題点からすると投手寿命はまだまだ長いと考えてもよいのである、抑えならかなり長く投げられるし大リーグには早くから抑えに転向し息が長く、チームの守護神として活躍している選手達が沢山いるのである、


上原選手にとって大きな分岐点である、大リーグにてスーパープレイヤーとして認められるには結果が全てである


写真は上原選手のジャイアンツ時代のレアなフィギュアである、イチロー関連物松井秀喜関連物の貴重なアイテムはオークションにて現在高値で入札されている大リーグの歴史に大きな名を残す第三の選手は誰なのか???

上原選手に期待している藤間議長でした!

  

Posted by mtc at 16:20Comments(0)

2010年02月19日

凄い

又勝った!

石川遼選手は海外ツアーの第3戦世界マッチプレー選手権に現在出場している、

マッチプレーはストロークプレイの4日間競技とは異なり対戦相手と1対1で争う精神的にも選手によって向き不向きのある競技になる

世界ランキング的に選手名は無名でも、マッチプレーを得意とする世界レベルの選手達が出場している大会なのである


通常初出場であれば、ほとんどの選手のタイプがわからず接戦で負けても仕方がない、池田選手の敗退は正にあり得る結果なのであるイージーなミスやプレッシャーを相手にかける攻めが甘いとなかなか世界では勝てない


ところが石川遼選手のプレーは正に圧巻である、昨日は1回戦の放送が衛星放送であった、


スゴすぎる、
平均350ヤードドライバーを飛ばすらしい
ハハハハハ・・・スゴすぎて笑っちゃう(笑)(笑)(笑)

昨日の2回戦を逆転勝ちで制して、遂に3回戦である対戦相手はタイの選手らしい、ここを勝つと上位との対戦となる、インタビューも普通に英語で答えている

オリンピックも注目だが、日本の18歳のスーパースターの活躍にも注目の週末である。


藤間議長でした!
  

Posted by mtc at 10:09Comments(0)

2010年02月18日

カッコ良かった

國母くんカッコ良かった!

色々とあっただけに結果で答を出したかった事だろう

言葉使いとか、格好とか、確かに改善した方が大人として必要な事は当然ですがマスコミの過剰なあら探し的な手法には個人的には選手に同情する気持ちもあります、全く持って代表選手に敬意を表しているように思えません、メディア局も新聞、雑誌も報道する前にみずから注意や指摘をする意思は絶対になかったと思えます、日本の失っている寂しい社会環境をストレートに感じてなりませんでした
今後マスコミ側も取材対応の考え方を選手側とも議論すべきであると思います、話題になればよいだけではだだ策略認めて終わっている感を感じてなりませんでした、


いづれにせよ、國母くんによってスノーボードの競技が時間をとって放送された事は競技がカッコ良すぎて日本の若者にかなりの刺激を与えたのではないでしょうか、自分もスノーボードをやっていただけにここ数年で競技のレベルアップのスピードの早さに驚いています、日本で生まれた競技がどんどん手の届かないところへ行っています、


ヒーローの誕生が必要です
九州でもただのブームで終わった感のあるスノーボードをもっともっと盛り上げる必要はあるよなぁ・・・と感じました


それにしても今回のアメリカチームのウェアはどの競技もカッコ良いなぁ・・・と日本のメーカーがちょっと情けないと思っている藤間議長でした!
  

Posted by mtc at 20:18Comments(0)

2010年02月17日

予想

岡田監督継続の予想が的中した、岡田監督はこの継続によって背景的にかなり強引な選手の選別を開始する事は間違いない
小野選手を代表に呼ぶ可能性も出てきた、目標に対して判断力を遂行するタイプの監督なのでサプライズな決定が5月までに必ずいくつかあると予想している、
バンクーバーオリンピックも盛り上がってきた、注目のフィギュアスケートも初まった、スピードスケートの高木選手、男子フィギュアの高橋選手はメダルを取ると予想している

そして・・・

注目の女子フィギュアは、浅田選手か安藤選手と言いたいところだがキムヨナ選手の金メダルを予想している、


スポーツ競技の予想を生活の中に明らかに取り入れてオッズを公開しているイギリスの予想に注目してほしい、


日本ではギャンブルをスポーツに持ち込み事は教育的に必ず問題にされるような事であるが、イギリスにおいてはスポーツを観る側もそれを裁きコントロールする側も観客の厳しい目のある環境に予想を取り入れる考え方によって成立させられている、ギャンブルも考え方によっては上手く活用出来るのであるが・・・


現金が動くと色々と問題があるので、コカ・コーラの添付しているサイトのようなやり方もある、


bjリーグではゲーム予想ビジネスにおいてすでに新しい取り組を始めている、感心するぐらい進んだプロスポーツリーグである、我々がついていけるのか?


その方が不安だ!(笑)


ハードな火曜日明けの水曜日、筋肉痛の藤間議長でした、早い花粉の到来にご注意予想です!
BEGIN:VBKM
VERSION:1.0
TITLE;CHARSET=SHIFT_JIS:Coca-Cola Park(コカ・コ
URL:http://c.cocacola.co.jp/i/?hn=ccp01&gaid=no1266384765&ad=
X-DOCOMO-BOX:IMODE
BEGIN:ENV
X-IRMC-URL;ENCODING=QUOTED-PRINTABLE:=
[InternetShortcut] =
URL=http://c.cocacola.co.jp/i/?hn=3Dccp01&gaid=3Dno1266384765&ad=3D
END:ENV
END:VBKM
  

Posted by mtc at 16:09Comments(0)

2010年02月16日

返信

知り合いから中山美穂の話面白かったです・・・との突然の激励のお言葉!


まさか、身近な方に読まれているとはつゆ知らずに書きたい放題、ランキングをチェックしてみてまたまたビックリ!


メインブログより上位へ、

書き込み始めたのは1月から、続くところまで書いてみようと気軽な感じで初めたこのブログなのですが、

まぁ、結果オーライでよしとしよう。


中山美穂のファンを止めて今誰のファンなのですか?と聞かれたので・・・


写真は候補の女性達です、

何系?


火曜日はゴルフ&温泉&バスケット、結構ハードスケジュールの藤間議長でした  

Posted by mtc at 07:59Comments(0)

2010年02月15日

岡田監督へ

ひどく情けない日本代表の試合であった、テレビに向かって声を張り上げストレス解消になった方も沢山おられる事だろう、(笑)


観客が多かっただけに、選手達も申し訳ない結果を悔やんでいる事であろう、

岡田監督の進退問題も出ると思いますが、能力の限界であれば選手選択の部分の考え方をもっと早く議論する必要があったと思います

チームの現在のキャプテンは中沢選手であるが、自分は彼がキャプテンである事を疑問に思っています、


彼の持つオーラは、現代サッカーのキャプテン像とは少し違うような気がする、キャプテンはフィールドの監督である、前回大会の日本代表のキャプテンは宮本選手であったが、どうみても中田選手がフィールドのキャプテンであった、
ディフェンダーの柱がキャプテンをするのが過去より日本代表が作ってきた流れであった、それが悪いとは言わないが、ワールドカップベスト4などと信じられない目標を掲げるにしてはやっている事が過去のやり方とたいして変わっていないと思えてならない


試合にお客さんが来ない、ユニフォームレプリカが売れないのは、何回も何回も同じ事を繰り返す決定力の無い試合をしているからだと普通は思うが、自分はスポーツ店をしている上に、アディダスとの強いパイプのおかげで様々な裏事情を知っている、日本のサッカー協会は過去のサッカーが日本においてほとんど注目されていない時代からアディダスと契約しドイツからサッカーの普及手段を学び支援を受けている、日本のスポーツメーカーはサッカーという競技に見向きもしていない時代からである、日本のメーカーであるミズノは野球協会とのパイプが強いがミズノは野球の日本国内普及の為の支援で手一杯であった、アシックスは合併会社の為当時存在していない、サッカーは龍馬伝的に言うと日本において開国を起こした競技なのである、協会や指導者がドイツ的組織的サッカーを望む背景は仕方のない事なのであり、求めるキャプテン像もまさしく同じなのである。

日本協会はドイツとの関わりもあって前回のドイツワールドカップにはかなり期待をかけていたしお金もかなりかけていた、内々では最低でもベスト8を期待していたのである、又それを期待してもよいチームでもあった


残念な結果となったが、結果が出なくても資金的な問題は運営においては急務である、日本サッカー協会が4年前アディダスと莫大な金額での長期間のサプライヤー契約を結んだ事をどれだけの方がご存知だろうか
業界的にはナイキやミズノなどのかなりのアプローチの話題がありサプライヤーメーカーが変わると想像されていた


しかし、変革はなかった、協会のキャプテンが変わったのみでサッカーの本質に変革はない事はその当時からわかっている事である、試合をすればレベルが上がるのか?、デザインを変えれば商品が売れるのか?、代表に関わる方の判断に厳しい意見を川淵旧キャプテンが述べている、おそらく歯がゆくてしょうがないのであろう、スポーツ店である自分も歯がゆくてしょうがない、自分達で気付いて欲しい判断力である、


とりあえず今回はなど・・・滅相もない話である、
岡田監督の年棒は一億二千万と聞いている、世界のサッカーの監督の年棒水準では普通であるが、我々のbjリーグ参入運営予算と同額を一年間にいただかれている事となる、オシム監督の悲劇から再スタートした日本代表の当て馬な最悪な役割として悪役を演じきる考え方は絶対に止めていただきたいと思う、過去に韓国のヒディング監督が危機的状況から代表監督を引き受けワールドカップにおいてミラクルを起こした、時間をかけても合わないものは合わないと考える方が普通である、岡田監督の解任は協会の金銭的事情から見ても僕は絶対にないと思う、
過去に岡田監督は代表から三浦カズを外す決断が出来た人である、ある意味判断力と決断力が強い方である鬼となって現日本代表の再編を強行して欲しいと願う

キャプテンとなれるべき男をまずは見定め代表のフィールドを任せるべきである

逆に岡田監督しか出来ないと思っている藤間議長でした!

  

Posted by mtc at 12:38Comments(0)

2010年02月14日

チョコの日

今日はバレンタインDayだ
この年代になるといただく個数も毎年安定している

今年は嫁さんからもらう分に変化があるかもしれない
数日前に東京丸の内や有楽町にある有名チョコレート専門店のサイトを見たいと言ってきたので、サイトを開いた、二人でこれが美味しそうだ、ああーじゃこーじゃ論じたのだが、すごく高かった、


果たして買ったのか?
判断が気になる、


結論自分はチョコレートケーキは好きだがチョコ自体には特にこだわりはない、いただいたチョコはその日少しいただく程度だ、毎年数日後食べようかなぁ・・・と冷蔵庫を探すがチョコを探しあてた事は無い


そんな自分が先日大阪で、偶然出くわした美味しさに感動したチョコレートがあった、ただ単に小林麻緒のブログにも紹介されたのビラポップに足が止まった、安いしネーミングも面白かったのでおみやげに衝動買いで6個買った、帰って嫁さんと食って、どこで買ったのと聞かれても場所は定かではない、又買って来てと言われても多分無事に行けるか分からない???

呼吸チョコ
商品名で検索してみようと検索してみたところ・・・以外にヒット!


結構話題の商品じゃないですか、興味のある方は是非食べてみる価値ありですよ

さぁ、今日は韓国戦です、竜馬伝はビデオして日本代表しっかりチェックしようと思います

久々1日二回の書き込みの藤間議長でした!


写真は画像を探して追加情報でアップします  

Posted by mtc at 18:05Comments(0)

2010年02月14日

希望の星

自分がジャイアンツファンである事は以前にも書いた

ジャイアンツの新人選手の長野選手に自分はかなり期待している、昨年入団した太田選手もよいが、長野選手はジャイアンツファンとしてこんな選手を待っていたと言える光を持つ選手である、センスを放つ華麗な守備と長打力もあるバッティング、おそらく結果を出すのに時間はかからないと予想している、外野の一角は長野選手がレギュラーを取ると思う

高橋由伸が今シーズンに復活をかけているが外野手としては現在のジャイアンツのレギュラー争いでは厳しいであろう、ラミレスは絶対に外せない、センターにはレフトの守備もカバーする松本や鈴木も候補としている以上必然的にライトの守備争いという事になる、

しかし原監督のプランニングには敬意を表する、人気も含めドン底だったらジャイアンツの低迷期と言える時期からみごとに脱した感がある、成長が楽しみな若手選手や安定したベテラン選手、後は絶対的なエースが育てば言う事は無い、
しかしそうなると・・・
かえって強すぎて面白くないかもしれないが(笑)


問題を起こすまで二岡選手がジャイアンツにとっての人気、実力共に若手の象徴であった、それ以前が仁志選手であった、二人の選手とも残念ながら現在ジャイアンツに在籍していない、

坂本選手の成長がその辺のジャイアンツファンのモヤモヤを吹き飛ばしてくれている


ワクワクさせてくれる希望の星は沢山あった方がそりゃいい!


長野選手や坂本選手や山口選手、そして越智選手、松本選手、等々皆々ジャイアンツの希望の星である


ジャイアンツ\(^O^)/


写真は宝物の二岡選手のレプリカユニフォームです!

藤間議長でした!
  

Posted by mtc at 12:43Comments(0)

2010年02月13日

スノボー

冬期オリンピックが開幕した、

毎回オリンピックを観るとスキー場に行きたくなって確か前回も今ぐらいの時期に天山まで嫁さんと行った記憶がある

嫁さんはスキーで自分はショートスキーかスノボーである、

スノボーで飛ぶと膝への負担はスゴい、スノボーをやっていた頃にバスケ中、筋肉断裂を経験した、膝はその頃すごく痛かった、マラソンをやっていた時に膝の炎症を一回やっているので治療の難しさはわかっている、膝の負傷はスポーツマンにとって生命線と言っても過言ではない


治療をお願いしている先生に断裂で済んでよかったよアキレス腱ならバスケットは続けられなかったかも・・・と言われた

以来スノボーのボードは、写真のような状態です、


オークションにての処分に踏み切れない藤間議長でした!
  

Posted by mtc at 19:34Comments(0)

2010年02月12日

西都

都城夜間リーグでも一緒にバスケットをしていた、ある高校の先生が昨日お店に来られた


今日はどこかのチームが練習している日ですか?


自分はとりあえずシニアの練習ですが・・・珍しいね

今日は都合で嫁さんと子供がいないらしく、特にする事がないのでとの事であった、シニアの練習に参加されてもよいですよ


それもよいですね!


後、お話しておきたい事があるのですが・・・


何???


じゃあ、せっかくだから飯でもいかが?


そうですね、という事で練習は欠席して食事に行く事になりました


結婚される前はたまに飲んでいましたが、二人で飲むのは久しぶりです


たわいもない話をしながら本題へ、ところで話って何

実は、学校やめて西都に行くとの事・・・


マジ・・・なんで・・・?

理由はちょっと書き込めませんが、その決断力に拍手です、確かにそんな人生もある、


西都と言えば、社会人の県リーグの試合が多い場所でリーグに属していた頃はホントよく行きました、高速が開通していない頃は大変でしたが高速開通ですごく便利になりました


試合が多かったのが市営体育館や三納体育館、最近は技術専門学校の体育館が多いようです


改めてよく考えると西都や高鍋には高速が開通する前からよくいっています、


なんか縁があるのかもしれません、


そうそう高鍋の黒木酒造さんとは遠い親戚なのです、

西都にあるクラブチームが名門西都クラブです、知り合いの選手も数名いらっしゃいますし、シニアのチームもあります、西都の協会の理事長のS様には先月にお会いしてご挨拶をさせていただきました、会話の中で非常に興味のあるお話もいただき、今後様々なご縁があると思いました


なんか、西都に行く機会が増えそうな予感がしている藤間議長です。


そういえば宮崎で高速料金が無料になる区間が清武から西都だった記憶があります、という事は都城から西都まで950円・・・という事なのでしょうか?


写真がアップ出来るか微妙ですが、これまた何かのご縁がある黒木姉妹です  

Posted by mtc at 19:45Comments(0)

2010年02月11日

原点

横綱朝青龍の功労金がいくらだどうだ・・・とまるで批判的な声を促すような報道をするテレビや新聞


朝青龍のことホントに許せないのであろうな〓・・・と思ってしまう、もし記事を流したり、放送する権力を個人的な感情で操作的な言い回しで流していたとしたら大問題である、罰は法律や裁判にて裁かれるべき国でありメディアやマスコミは裁判官ではない事を聴衆は忘れてはいけない


暴力は基本的にいけないのであるが、義務教育内で叩かれて痛みを知る世代としては現代の手法にはやはり色々と考えさせられてしまう事もある


例えば、強い奴は強いのであるが、生意気な奴は相手は絶対に手を出せないとわかっている場合にかなり調子にのる、弱い奴ほどよく吠えるとはよく言ったものだ、朝青龍は普段からその知り合いにかなり鬱憤がたまっていたのではないのだろうか?


話がそれそうなので、本分を戻すと、横綱レベルの力士さんを場所内で触ったことがある、小錦関であったが凄く固いのである・・・見た目からは想像できない固さであった、取り組みに集中するとどんどん硬くなるらしい、ぶつかったら一発で恐るべき衝撃だと思う

力士同士はその衝撃で頭からぶつかりあうのである、

お相撲さんは凄い人だという事が根本的にわかっていない一般人が多いのが現実である、


昔は宮崎の田舎にも巡業など来ていたらしい、


海外志向や海外巡業が増え国内巡業が減った、貴ノ花親方が変革したい事はそのような原点から相撲への興味への取り組みに近いものなのではないのであろうか

原点を忘れない取り組みは凄く大事な事である事を様々な部分において見直す時期に今来ていると自分は思えてならない


プロ選手はいくら凄い素質を持つ選手でも、どんなスポーツでも基本には忠実である、地域的総合スポーツクラブ総出事業という言葉が時折聞かれるようになってきた、自分も参加型のスポーツの普及を広げていく為にプロスポーツチームを宮崎に作る活動に参加してきた、商品を買う手段は様々ある時代にどう向き合いどのようにスポーツに関わっていくのか宮崎のスポーツ環境の未来を信じて今は原点を忘れる事なく変革への挑戦をしている。


2003年に引退後の小錦関に六本木ヒルズのオープニングパーティーにてお会いして、又身体を触らせていただいたがかなり軟らかかった、聞くと引退したらどんどん痩せるし筋肉も急激に落ちると言われていた。


そのパーティーはアディダスに招待されたのであるが撮影厳禁であった。


石黒賢さんや中山忍さん、島田陽子さんなど立食であったが何故か同じテーブルで会話をしている自分が客観的に見て凄く不思議であった・・・


そのパーティーの後スポーツ店の仲間としみじみと居酒屋で凄いパーティーだったね〓と飲み直した一般人の藤間議長でした!
  

Posted by mtc at 11:45Comments(0)

2010年02月10日

知事のブログ

アメーバブログの東国原知事のブログを昔から愛読している


愛読している人や芸能人のブログはいくつかあるが、知事のブログはなかなか面白いのでもし興味があればオススメする、

ただし、コメントは出来ないブログとなっている。


最近の知事のブログの話題で島根県との神話系イベントコラボの話や秋田県との交流の状況が書き込まれていた、


島根県と秋田県と言えば、今回我々と時を同じくbjリーグに参入する県である、

ブログには我々のプロバスケチームの話題が登場した事は無いが、あまりにもタイミングのよい二つの県の話題は何かバスケの交流的な話題が行政レベルであったとしてもおかしくは無い

自分達は宮崎を盛りあげることを中心に色々な事を考えているので、他県との交流にプロバスケがなにかしら関わっているのであれば大変嬉しい事だと思うのみである・・・


なにかしら少々話題に触れても別に問題は無いのでは・・・?とは個人的には思っている。


知事の都城で開催されている、いわゆる支援パーティーには僕らメンバーは自腹を切って数年参加させていただいている、前回は何故か一番前に座らされた


横のテーブルには都城市長の長峰さん等都城で著名な方々、同テーブルには岩橋元市長が同席されていた、席は端の目立たないところでいいのにと正直思ったがステージは特等席であった

各テーブル席を回られるのだが時間が無くなり市長のテーブル席で時間切れとなった、


毎回思うが皆が写メやデジカメで撮りすぎである、話をしたいのか、写真を撮りたいのかといったら明らかに写真状態で内心あきれる

もう少し思いを伝えたり、なかなか聞けない事を直接聞けばいいのにと思う!


もし次回お会いする機会があれば、何故プロバスケの話題にブログでふれないのかどうしても聞いてみたい藤間議長でした!


写真はステージの様子です

マーボウも毎回頑張っています、カラオケでもホント歌上手すぎなんです!!!
  

Posted by mtc at 13:26Comments(0)

2010年02月09日

ローズボール

昨日スーパーボウルが開催された、アメフトはアメリカで一番人気があるプロスポーツと言われている


日本でも30年ほど前に、人気に火が付き欠けかけた記憶がある、


ファミコンのアメフトゲームは結構はまっていた。


アメリカのサッカーワールドカップを観戦に行った時にLOSにてローズボールスタジアムで観戦した、当時ローズボールと言えばアメフトのスーパーボウルが開催されるスタジアムとして有名で、収容人数が90000人以上のスタジアムは圧巻であった


それだけの観客を収容しているとは思えないほど観戦しやすく、出入りもスムーズだった印象が強い


さすがにアメリカだと思った。


アメリカの中では自分はサンフランシスコが一番好きであるが、LOSはフリーマーケットの盛んなところで確かローズボールは発祥の場所ではなかっただろうかフリマ−関係の知り合いの多い藤間議長でした!


写真はFIFAの本部に展示されているワールドカップトロフィーです
  

Posted by mtc at 17:32Comments(1)

2010年02月08日

実話

中山美穂主演で話題の映画サヨナラいつかが大ヒットを記録しているらしい、


嫁さんも初め信じていなかったが自分は中山美穂と会ったことがあるし、会話もした事がある


お会いしたのは、彼女が毎度おさわがせしますというテレビドラマに出演していた頃の16か17才頃の話だ、

自分はその頃大学生で22才だった、広告代理店のこね作りも目的でカメラマンのアシスタントのバイトをしていた、福岡に芥屋という海岸があり、そこでの撮影であった、当時の彼女のイメージはテレビドラマの影響もあり言葉使いも悪く、じゃじゃ馬なイメージが強かった、写真撮影中は当然喋る事などない、彼女の印象は物静かで、すごく初々しくじゃじゃ馬の影などはどこにも感じなかった、この娘ホントにまだ高校生か???と思った、


正直一目惚れした。


なんとか喋る機会があればと思っているとマネージャーさんから喉が乾いたのでコーラを買ってきてほしいとの指示が・・・当然パシリはアシスタントの自分である、当時はコンビニなどどこにもある訳は無く、自販機を探さないといけなかった、役目は分かっていたので撮影現場に入る前に大体自販機の場所は常にチェックしていた、当時の芥屋を知る方ならお分かりと思うがどこに自販機が・・・???という場所である、

自分は指示をされて正味10分以内に買って帰ってきた

その行為が会話できる機会につながったのである。


撮影は2日間であった、


2日目も同じように撮影現場は変わったがジュースの催促があった、同じように短時間でジュースを買って戻るとマネージャーさんから直接美穂ちゃんに渡してと言われた、何か聞きたい事があるみたいと耳打ちされた???


ジュースを渡すと、先ずお礼を言われた、どこの大学かなど軽い会話を交わした後、どこでジュースを買ってきたの?と聞かれた


内訳を話すと驚いた後に、ケラケラと笑った、ムチャクチャ可愛いかった。
撮影が再開されるまでの短い時間であったが結構会話は盛り上がった、カメラマンのアシスタントでカメラマンからサインがでると、最高の表情を引き出す為にモデルの方に話しかける役割もあり、女の子が興味のある話題には当時かなり熟練していた


もしも、当時に携帯があったら、凄い事になっていたと思う(笑)(笑)(笑)


嫁さんは結婚式の時にカメラマンからこの話が本当だった事を聞いた


カメラマンのアシスタントをしていたがカメラマンに写真を撮らせて下さいと言った事は一度もない、アシスタントの仕事は面白かったがカメラにはあまり興味はなかった、自分の目標は広告代理店への就職一筋であった、


訳あって宮崎に帰ることになり都城に住んでもう22年になる、58歳までしか都城にいるつもりは無い


当時の中山美穂との会話の中で将来どこに住んでみたいと聞いた、

彼女はハワイと答えた、


自分はロンドンと答えた。

実は、中山美穂が結婚した相手に幻滅してファンをやめた藤間議長でした!


写真は当時の中山美穂です
  

Posted by mtc at 12:47Comments(0)