みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
mtc
mtc

2010年10月31日

最下位脱出

宮崎シャイ二ングサンズが最下位を脱出した(喜)


今週末の島根スサノオマジックとの対戦成績いかんではプレイオフ進出圏内に順位が上昇する


島根も今週大阪エベッサに連敗していた

日本代表石崎巧は確かに安定感のある素晴らしい選手であるが、点の取り合いになった試合展開になった時宮崎シャイ二ングサンズのスピードと得点力は島根をかなり苦しめるとみている

すさたまくんには悪いが、サンズの現在の調子からすれば2連勝はあり得るのではないだろうか・・・、


但し今回のような全員バスケが出来た上での条件予想である


今週は是非遠征メンバーを10人で臨んでほしい藤間議長でした・・・、全員バスケを展開して連勝を期待してます


今日の総合選手権の試合会場で都城の試合のチケットはいつから発売と結構聞かれたので話題性はかなり高まってきている実感はある

上位ランキング同士の都城リベンジマッチとなってほしいものである


藤間議長でした。


bjリーグのオフィシャルブックの問い合わせが多いので店内での販売を開始したいと思います!
  

Posted by mtc at 19:52Comments(1)

2010年10月31日

宮崎ナンバーワン

今日宮崎県バスケットチームのナンバーワンを決める総合選手権の決勝トーナメントが都城で開催され早水文化センター体育館に観戦に行った


従来は宮崎の総合体育館か県体育館で開催されていたので今年はラッキーであった


高校のインターハイ県予選の試合と高校の一年生大会この時期の総合選手権は毎年欠かさず観戦に行っている


宮崎シャイ二ングサンズの試合経過を片手に見ていたが今回の決勝戦延岡学園対小林の試合に引き込まれた

高校生チーム同士の対決となったが双方譲らず一進一退の攻防となった・・・、最終的には小林高校がリードを守り切れず逆転負けとなったが、あまりにも素晴らしい試合に会場は総立ちとなった、久しぶりに高校生らしいガチンコの試合をみせてもらって感謝の気持ちである


様々な指導者の方々、バスケ関係者の方々ともサンズ開幕後久しぶりにお会いした方もおられ、次回の宮崎や都城の試合のPRもしてきた、関係者の皆さまからは想定している助言をお約束通りいただいたが、昨日の試合の組み立てや試合結果に対してはいい試合だったね、と沢山の方から握手を求められた


今日も勝つとスゴイけどネと言われたが自分の考えではタイシロウのペース配分とスタミナ次第とお答えした


タイシロウは素晴らしいオールラウンドプレイヤーであるが毎試合彼にかかる負担はかなり大きいサンズの現状である


宮崎のバスケットをもっと盛り上げ、子供達にバスケットの魅力を伝えていくカルチャー的興行の開催の為ならばシーズンオフでも、シーズン中でも時間的調整がつけばサンズもどんどん協力する意識はある、・・・と進言させていただいた

藤間議長でした・・・!


延岡学園高校・小林高校バスケット部の選手の皆さんありがとうございました。
  

Posted by mtc at 17:08Comments(0)

2010年10月31日

ボジョレー・ヌーボー

ボジョレー・ヌーボーの新酒の第一便が日本に到着した、解禁は来月の中旬になるらしい、


今年も宮崎の若草通り、四季通りでダンロップフェニックストーナメントに合わせてボジョレー・ヌーボーを街中で飲むイベントが開催される事となっている、

昨年もそうであったが何故か、毎年参加している自分がいる事が不思議な感じである


2年前は何故か売店を出していた・・・、経緯は忘れたが不思議な事である


今年は行く理由もないはずだ・・・と思っていたが何故かチケットを持っている

若草通りにあるアンダーバーのオーナーが以前のバスケ仲間で、嫁さんと待ち合わせで飲んでいる時に話題が出たので協力で買った、

今年も11月19日は宮崎で飲んでいるのだろうか?(笑)

不思議な縁のボジョレー・ヌーボーである


藤間議長でした、


ボジョレー・ヌーボーを買って飲んだことはそういえば無い(笑)(笑)(笑)
  

Posted by mtc at 11:17Comments(0)

2010年10月30日

Good Job

素晴らしいチームバスケット同士の接戦であった、


秋田は若い力と秋田と言えばの往年の選手が活躍した・・・


宮崎は遠征メンバー全員でファールトラブルに負けることなく頑張った


それにしても秋田の18歳の彼は凄かった、かなり負けず嫌いな性格はテレビを通してビンビン伝わった、


プロ選手向けの性格である将来楽しみな選手の1人としてかなりの印象を残した

今日の遠山HCの采配は随所に光っていた、今日の接戦の勝利は大きい、


今日の藤間議長的MVPは遠山HCである


GooD Job であった


明日も貪欲に連勝を狙っていこう


藤間議長でした・・・、


相手のなんとかヘンリーという選手も凄かったが我らがジャッキ−も凄かった。

ビデオが出来なかったことが悔しいです(悲)
  

Posted by mtc at 22:29Comments(0)

2010年10月30日

サッカー専門店事情

今日もあった現実のスポーツ店のサッカー売場が抱える問題である、


市内MT高のサッカー部の高校生にサッカースパイクのサイズがあるか問われた、

申し訳ないが在庫が切れており、注文になる事を告げると、最近特に増えた問題の発言を発した


サイズ合わせて気に入らない場合買わなくてもよいですか?


それじゃ、他のスパイクでサイズを合わせて注文しますか?


しばらく考え・・・、サイズがあっても買うか分からないので・・・、多分何を言っているのか意味が伝わらないと思いますがこれはサッカースパイクを販売している店舗の現実である、

サッカー専門店でサイズだけ合わせて安いサッカーサイトの通販で買う傾向に全国的に歯止めがきかないのである


何故そのような傾向が始まったのか理解不明であるがサッカーの場合外資系ブランドの台頭がサッカー専門店の事業を圧迫し店舗の数を減らし現在に至っている背景は考えられている理由である


当店は2年前に最新モデルのサッカースパイクの展開を追って在庫する事を中断した、お買い得く価格のスパイクと日本の伝統的なモデルを主力とした売場に変換する為である


サッカー縮小を打ち出した事でサッカー専門の外商スタッフより辞表が出た、いたしかたない現実につき受理する事を決断した・・・

今後当店ならではのサッカービジネスを進めていく為には限界点に達しており、ここでどうしてもリセットが必要であった・・・

会社の代表の覚悟に理解を示さないスタッフとは組めない、1人になってもやり直す開き直りがあった、


サッカービジネスの新プランは既に出来上がっているがスタートするタイミングに関しては慎重に進めたいと考えている


サッカー競技者がスパイクを買うのに店舗で買おうと通販で買おうと欲しい商品を安く買いたいのは当然である、これはサッカー競技者に限られた話ではない


小売業はその感覚から絶対に目を背けてはならない。

安く販売する事は簡単な作業で販売のプロでなくバイトにでも可能である、いくら人間関係とは言っても安くしてくれるだけの関係は否めないのである


生き残る為には取り扱いのスポーツメーカー品は安売りしたとしても利幅を確保可能な自店取り扱いのみのオリジナルアイテムの構築が必要なのである


ユニクロが戦略的にでオリジナリティを勝ち取った時代でもある


いつの時代も新しいチャンスの道は開かれているのである・・・


固まった守られている意識は成長力を止めてしまう、誰しもが安定が理想的ではあるが、左右を見て消費者に競争相手の販売手法の方が魅力的だというサインを見逃し続けることが経営者にとって一番危険な事なのである


サッカーのユニフォームは安く作る!、サッカーストッキングまでメーカーロゴに合わせなければならないのであればオリジナルのストッキングを提案する、
提案にご賛同いただくチームは日々増えている・・・

藤間議長でした、


マーキングは個人名まで価格に含まれる魅力的なオリジナリティ商品である(笑)
  

Posted by mtc at 17:25Comments(0)

2010年10月30日

BSフジ

BSフジはケーブルテレビで見れないの?


ケーブル???


ケーブルでも衛星契約すれば多分BS系はほとんど見れるのでは・・・と思うが、

今日夕方宮崎シャイ二ングサン対秋田ノーザンハピネッツの中継放送がある情報を知られたようで、お問い合わせがいくつかあった、

なぜ当店に問い合わせされるのかは定かではないが、当店に限った事ではないにせよ、様々な問い合わせは増えている・・・、バスケとかスポーツ関連と言えばとりあえず当店に聞いておけ・・・という光栄な話である


これも商売の一貫で情報のサービスであろうが、無い物ねだりの問い合わせはさすがに勘弁してほしいと思う時がある・・・、


今回のBSフジテレビの件等は当店で契約サービス出来る事ではないだけに参る、

地デジ対応のテレビに替えたばかりなのに何故見れないのか・・・と言われても回答にマジに困る、


テレビ放送についての問い合わせは直接ケーブルテレビか、NHKにお聞き下さいませ・・・(願)


衛星契約は基本契約料金が発生致しますのでご注意ください、・・・とアドバイスすると、大抵お金がかかるのならもういい・・・と電話をがしゃっ・・・と切られる


当店としては親切にアドバイスしたつもりなのであるが、不愉快な気持ちにさせられる悲しい話である、


スタッフと来年地デジがスタートしたらゴルフの中継が見れないとかテレビが映らないとか問い合わせが超増えるぜ、と話ている藤間議長でした(笑)


ホント疎い方なら大パニックであろう・・・


地デジパニックは絶対に起きる(笑)(笑)(笑)
  

Posted by mtc at 13:07Comments(0)

2010年10月30日

宇宙人おる?

人間に化けた宇宙人が既に地球にいる・・・と思っている方の%はどれくらいおられるのか・・・


先週のドォーモの番組内であった話題である


なんと23%・・・、あくまでも福岡でのパーセントであるが、異常に高い確率の方々が宇宙人が地球に来ていると信じている(笑)


マジか?、


根拠は・・・、!


無いのか・・・、多分無い福岡ってそんなところかも

知り合いに大川隆法の書物はほとんど読んでいると持論を展開する奴もいて坂本竜馬が現代にいたらとか、目の前で雲を消すと訳のわからんパフォーマンスを始める奴もいた、


卑弥呼は久留米の女バイ、と独演する医学部の知り合いもおる


まぁ、発想は自由な国なんで意見は自由だと思いますが・・・、


そういえば、大濠公園にはお化けが出ると言われていて、福岡にいた当時彼女が国立福岡病院で看護学校に通っていて研修後の夜勤の終わりを深夜に待っている時に本物の火の玉を見たことがある、


火の玉は薄青く自分の車の周りを一周して公園の茂みの彼方へ消えていった、


彼女に話すとこの時間に病院の屋上から公園を見下ろすと青白い光がポツポツと見えることは珍しい話では無いと言っていた・・・、

見に行かない・・・と何度も言われたが行ったことはなかった


正直ついてこられたら嫌であった(笑)


話は戻るが心霊現象と宇宙人は別話である


宇宙人が人間に化けて地球にいるなんて個人的には絶対に考えられない藤間議長でした、

正に映画メインブラックの話である・・・


あり得ない(笑)(笑)(笑)、
  

Posted by mtc at 02:39Comments(0)

2010年10月29日

大道\(^O^) /

ジャイアンツの大道選手が引退を表面した・・・


大道選手に感謝の万歳です

本当にお疲れさまでした、

大道選手は数少ないダイエーホークスからの生え抜きの選手で王監督の育てた球界屈指の左キラーのバッターである


原ジャイアンツの代打の切り札として数多くの印象的な活躍を残した


個性的な構えでバットを短く持ってボールに食らい付き失投を仕留める、職人芸に常に感動をいただいた事は忘れない


引退後はどうされるのでしょうか!


ジャイアンツの打撃コーチとして就任してほしいが、二軍監督に引退した中日の川合選手がジャイアンツに戻ってくるのですぐに就任はないのかもしれない


食らい付く執念のバッティング精神はヤングジャイアンツに是非とも継承していただきたいものである、


今晩はどうしてもカキフライが食いたかった藤間議長でした


今日のカキフライはいつもと味が違ったので聞くと盛岡産だとの事・・・雨風さんご馳走さんでした(笑)
  

Posted by mtc at 22:50Comments(0)

2010年10月29日

駐車場トラブル

オーバルパティオの駐車場はトラブル続きである、


元々駐車場管理体制の甘さが導入案を受け入れたメンバーの皆さんにある、


自分は機械の導入案に大反対側の人間であった、オーバル理事各位は駐車場の機械の取り扱いに苦手意識をお持ちのようで自分が何かトラブルが起これば対処してきていつのまにか駐車場のトラブルがあれば自分に伝達がくるような状況になってしまっている


正直本意ではないが誰かがやらねば自分がやらざるをえない状況である


そんな問題の駐車場の機械に最近トラブルが相次いでいる


駐車場入口の駐車券をとってもゲートが開かないトラブルである、トラブルが起こると当店の電話番号が連絡先として書いてあるので自分が入口まで対応する為に毎回走っている、


正直ストレスも溜まるし、仕事が寸断されるので接客中等は状況に対して怒りの方がこみあげる、理事や事務局に意見を言っても修理資金についての話題になって解決策は不透明となる、

今日は昼間5〜10分おきに3回呼ばれて走った・・・、

さすがにキレた・・・、


ゲートを開放して業者を呼ぶことを単独で判断させていただいた、!


もし文句が出れば今後の対応はその方にやっていただきたいと思う


それぐらい限界である(怒)

- - - 2ジカン ケイカ - - -


業者の方が今日の内に来ていただけるとの事で助かった


- - - サギョウ チュウ - - -


作業が終了して直った、様々な要因がわかった、ある意味賢すぎる機械なのである


明日走らされる事が無いことを祈る藤間議長でした!

一度ゲートをあげると後々の台数調整が大変である事をオーバル関係者の皆さんには知っておいていただきたい思いである
  

Posted by mtc at 17:02Comments(2)

2010年10月29日

雨漏りの思い出

接近していた大型の台風は九州をそれるようである、

台風一過の宮崎であるが、今年は一度も台風は上陸していない

しかし、災害は多い、台風は進路を予測して対策も成しえるがゲリラ豪雨や竜巻突風などは対策が間に合わずに被害が拡大している


オーバルパティオに1999年開業した当店の店舗は1年目から雨漏りを始めた、雨漏りに対し建設会社とはかなり対策を話し合い、様々な処置をしたが結論いち時しのぎで様々な箇所で年を重ねるたびに雨漏りがひどくなり大雨や台風が上陸する度大変であった・・・

雨漏りに関しては様々な勉強をしたが、なかなか奥の深い建設の背景を知ることが出来た、今後何かしら施工に関わる際に使う素材から建物の形状・構造まで隅々までチェックをする事は間違いない、自分は建築家や内装・照明等の専門家にはまずは疑問から関係に入ることであろう


専門家だからといって何でも100%信用して任せてはいけないと学習させていただいた考え方で怒りを飲み込んできた、同時にちゃんと勉強しておかないと手抜きされる元となる可能性は大いにあるのである、自己責任と言われてしまえばそれまでなのである


現代のデフレの怖さはそのような部分にも多々存在する、利益をあげたいのは誰しもそうで、ばれにくい部分の削除が会社の利益の為のような風潮となり見逃されがちとなってしまうのである


当店は本年度コツコツと積み上げた利益で雨漏りの全面改修を行った、高度化資金の返済額はホントに大変で毎年10月は複雑な心境である、実際このような問題や返済の見通しがはっきり・くっきり見えれば宮崎シャイ二ングサンズの運営会社に出資金を投資する事は正直考えていない訳ではなかった、参入が決定後、役割の話を色々いただいたが出資もせず、ここまで関わってきてメンバーには大変申し訳ない思いで会議の場に足が向かなくなった事は意志の背景としてあった


メンバーから声掛けをいただき会議にも出来るだけ参加し自分は現在オフィシャルスポンサーという立場で活動に関わっている、微力ではあるがチームの為に可能な限りの支援は惜しまない覚悟で活動している


数年後増資、もしくは別事業を拡張する際に力になれる準備をしている意識で頑張っている藤間議長でした

台風が近づくと雨漏りがひどかった日々を思い出す、費用はかかったが当店には現在テナントが5店スペースを使用されている、今後2-3店のテナントに売場を活用していただく計画がある、安心してテナント事業の話を進める為に雨漏りの全面改修は当店の最優先課題であったのである・・・

スポーツ店の将来は少子化の多大な影響を受け変革をせざるのえない状況に待ったなしである、地元に根強く生存する為にはインターネットで全国に商品を通販する事に力を入れることではないと当店は思っている

オリジナルアイテムならば検討材料としてあるが、メーカー品であれば価格競争に巻き込まれるだけである

しっかりとした経営改革に則って事業は推進していくべきだと基本方針に考える藤間議長でした。


雨漏りがしなくなればなったで少し淋しいおかしな感覚もある(笑)


添付している一枚の写メは当店内の壁沿いの雨漏り対策の写メである、いつ雨漏りするか未だ不安で取りのぞけないままでいる
  

Posted by mtc at 13:22Comments(0)

2010年10月28日

ぶらタモリより

NHKの大好きな番組ぶらタモリが復活している、

出来るだけ欠かさず見ているが、今晩のアンコール放送上野編はちょっと見逃せない


世界の都市の中を探索して歩いたり、回遊を促す民放には無いNHKならではの独特なゆたっ・・・とした展開は酒のつまみ的番組としては自分には最高である、

毎年東京に行くのは年末か、2月なのでそろそろ今回ぶらりと歩く場所の情報収集を始めなくてはならないぶらタモリは結構参考にさせてもらっている


昨年東京に行った際に上野はかなり探索したので、次回の為にも今晩の番組はかなり参考になると思う(笑)

自分は東京の観光スポットにはほとんど興味がない、

渋谷でも、青山でも、あらゆる目的を決めた場所の周辺や近隣をとにかく歩く、毎回東京に行くたびに回遊エリアをひろげているのが中野と有楽町であるが、毎回新しい発見があることが何よりも楽しい(笑)


ぶらぶらは基本1人でないとつまらない・・・、探索しながらいろんな事を考えながら歩き回る、凄く疲れるが魅力的なお店や道を発見した達成感が自己満を満たすのである


1人遊びが大好きな藤間議長でした(笑)(笑)(笑)!


そんな自分の時間が持ちたい40代のオヤジは多いと思う
  

Posted by mtc at 14:32Comments(0)

2010年10月28日

ドラフトの日

今日の話題はなんと言ってもプロ野球ドラフトである

注目は多球団の指名が予想される早稲田大学の斉藤佑樹と中央大学の沢村拓一がどこに入団する事になるのか?、

ジャイアンツの指名予想は沢村選手、能力も当然魅力的だが消耗品である肩や肘の使用頻度も必ずしも判断材料に入れてある


斉藤選手の場合は甲子園から早稲田に入学して大学4年間もフル回転で活躍してきた、肩や肘へかかっている蓄積された負担が不安材料と考えられる


割り切った見方と思われるかもしれないが、肩と肘の筋肉は消耗品である事は大リーグの調整方法や考え方からも理解出来る


投げ込みで調子を整えてきた日本人投手が大リーグで結果に苦しむ訳はその辺の部分が大きい


投手が豊作な今年のドラフトと言われているが、高校生の注目選手が少ないことは気になる材料である


藤間議長でした・・・


ドラフトと言えば、以前は様々なドラマがあったものだが絶対にどこの球団に行きたい等の傾向はかなり少なくなった、人気球団の影響力がなくなったという事であろうが、野球の盛り上がりがいまいちな背景もそのあたりにあるのであろう

日本国民が野球の話題で楽しみにしている試合はWBCだけになってしまうのではないだろうか・・・?


少々不安材料がちらつく、野球の人気指数である。
  

Posted by mtc at 11:25Comments(0)

2010年10月27日

村田も!

横浜ベイスターズは村田選手もFAを行使するらしい、

チームの売却交渉も破談したようで大変な状況となっている


村田選手ならジャイアンツも当然狙いに行くだろうが個人的には内川選手の方が他のチームにいたら嫌である


村田選手は九州出身なのでソフトバンクが獲得に動き出す可能性はあるのでは、

日本シリーズに既に興味が無いので来シーズンの選手の動向やドラフトが気になる藤間議長でした・・・!

もし村田も内川も横浜ベイスターズから抜けたら来シーズンは若手に超チャンス到来である、



そういう考え方もある!
  

Posted by mtc at 17:22Comments(0)

2010年10月27日

秋田へ

自分たちの結婚式でスピーチを頼んだ嫁さんの親友が昨年まで旦那さんの仕事の都合で秋田にいた


送ってもらうお米はホント美味しかった(嬉)


都城に帰省していた時に秋田の話題となり秋田と言えば米と温泉とお酒と言うので秋田と言えばバスケットと秋田犬だとあえて反論した(笑)(笑)(笑)


すると、バスケットは能代市です!


はい、おっしゃる通りです

バスケットの町能代市は秋田でも当然有名です


秋田県の人口総数は100万人を越えていて県庁所在地の秋田市の人口が33万人ぐらいだったと聞いています

バスケットの町能代市の人口は確か5万人ぐらいだった記憶があります


全国的に秋田はバスケットのイメージが強くあるようですが、能代市のイメージが強すぎる部分はあるのかもしれません


それを秋田県民がどのように感じられているのかは、嫁さんの親友が色々と述べておられましたが、宮崎の生まれでちょっとしか住んでいない人間がピーチク、パーチク言ったところで伝わることはほとんどありません


地域には地域で色々様々な事があるものです・・・、

宮崎なんて東国原知事の影響で口蹄疫が発生するまで凄まじく景気がよかったなんて思われています


狭い国なのにイメージの影響力は相当なものです(笑)

今週末に宮崎シャイ二ングサンズが試合を行う秋田ノーザンハピネッツはスピードを重視したバスケットをコンセプトにするチームです、速攻のほとんどないサンズは相手のペースに巻き込まれることのないようにペース配分を考えた自分たちのバスケットを展開する事が勝敗の鍵となります、

アウェイゲームの場合滋賀もそうでしたが、チームの選手全員が帯同する事は無く主力のみとなる可能性はあります、遠征メンバーから外れた選手はその悔しさをバネにはいあがらなければならない厳しいプロの世界があるのです


藤間議長でした!
  

Posted by mtc at 12:13Comments(0)

2010年10月27日

横浜参入チーム

来シーズンよりbjリーグに新規参入する神奈川・横浜のチーム名が決定し発表された、


チーム名は横浜ビー・コルセアーズ、?、由来は未だ知らされていないので不明だが正直自分の知る横浜のイメージでは全く検討がつかない(笑)、


それにしてもチーム名が決まるのが異常な早さに驚きである、自分たちが遅かっただけなのかもしれないがどのように決定したのであろうか・・・


話題は少々変わるがbjリーグの場合チームが次年度も主力として保有する選手は1チームにつき大体2人から3人である、プロテクトされなかった選手は来年もトライアウトを受けることとなるのである、bjリーグ経験選手にはトライアウトの優遇処置はあるもののチームに指名される為には何らかの売り込みは必要な事となる


来年度チームが4チームも増える事で選手にとってはプロバスケット選手になるチャンスは増える事となる

既存の選手や大学生、新しいプロリーグの将来を見据えJBL・JBL2からのbjリーグへの挑戦もますます増えてくる事と思うので、チーム側としては選手の確保に関して困ることはないとは推測されるが、有望視される選手の獲得競争は一層激しさを増すこととなるのであろう


日本において現在検討協議が進められているプロバスケットリーグの実現において現プロバスケットリーグbjリーグがどのように関わっていくようになるのか現時点では全く想像もつかないが、今年参入を果たした神奈川や千葉等々の政令都市にbjリーグのチームが存在する事の意義は何らかの関わりがある気がしてならない藤間議長でした・・・

bjリーグのオフィシャルブックを拝見して驚いたのは昨年までオフィシャルパートナーとしてユニフォームを2つのチームに支援していたミズノがオフィシャルパートナーとして外れていた、ミズノに問うと直接的な解答は避けたが現時点においてはbjリーグのチームを支援してもメリットが無い事が大きな理由である事は間違いない、正直ミズノにバスケットに関するツボやノウハウはかなり少ないそれがミズノのバスケット関連商品の売れない理由である事にミズノそのものが気付いてないと自分はずっと思っている、ミズノはJリーグ元年にもお金をちらつかせ全チームのユニフォームのデザインとサプライヤーを手掛けた、リーグとしては助かったであろうがお陰様でレプリカユニフォームはほとんど売れずに地域のスポーツ店は不良在庫を抱える結果となった


今回のプロバスケットリーグの場合bjリーグのチームがもし関わることになった場合ミズノの独占は絶対に阻止していただきたい思いはある


バスケットが日本に普及する為に苦慮してきたアシックスに関して何故bjリーグに関わってこないのかについては次回書き込みたいと思う


横浜の話題から離れてしまったが横浜も千葉もカンファレンス的には逆の地域に分けられたとしたらカンファレンスの所属チームの数にかなりのばらつきが発生する事が最近気になる


横浜に行く機会が増えると個人的には嬉しい事である

横浜の中華街で食べる中華は東京に行った際の楽しみの1つである
  

Posted by mtc at 01:04Comments(0)

2010年10月26日

内川選手

横浜ベイスターズの内川選手がFA宣言するのか、否か五分五分らしい


自分は彼がFA宣言してジャイアンツの一員になる事を信じている


なんて言っても原監督の率いた侍ジャパンの不動のレフトである、


来シーズンはラミちゃんはファーストに専念していただいてレフトは内川選手にお願いしたいものである、

親会社がTBSから離れ内川選手のジャイアンツへの移籍に障害は無い


イスンヨプ選手の4年契約も切れる事で資金面はクリアしている


内川選手のFA宣言を待つ藤間議長でした・・・!


内川選手が加入すれば日本人選手主体の恐るべし日本代表レベルの打線の完成である(笑)(笑)(笑)


アンチジャイアンツの方々には大変申し訳ない話である、
  

Posted by mtc at 15:18Comments(0)

2010年10月26日

実感とこれから

NHKや民放2局に加え、宮崎日日新聞がサンズの初勝利や試合結果を紙面に飾ってもらっていた


大変有難い事なのだが、自分がどこまで盛り上がっているのか、?何か微妙な違和感があると思っていた、

すると、昨日色々なご意見をいただき、みやchan内の参加ブログの方々からも様々なご意見や力になりたい等の有難いお言葉もいただいている、


ブログのランキングはサンズのレポートがベスト3に入っていて驚いた・・・、

なんかじわじわ盛り上がってきた実感が湧いてきて嬉しい感覚がある、

宮崎シャイ二ングサンズが宮崎県民の話題となる結集がプロスポーツチームが人口の少ない田舎の県でも存在し続ける背景となる、


バスケット関係者の一部の方がbjリーグの大分や高松の経営状況が厳しい事を棚にあげ宮崎も大変だ・・・と我々の活動内容も知らず、他のチームの背景や体制を知りもせずにご意見を言いあっておられる事を聞くとホント寂しい気持ちであった

自分たちで情報を集め理解しようとはせず、誰からも教えてもらえないようなので厳しい経営内容と問われている2つのチームに対して公表できる情報のみを今こそ説明しておきたい


2つのチームともbjリーグの開幕当初からリーグに参戦している、大分はホームタウンは大分市では無く別府市である、別府は観光地としては有名であるが興業は少なく、温泉はあるがスポーツとは結び付かない地域であった、大分市にはサッカーのJリーグトリニータが存在する中で活動を続けてきたことを知り自分は始め驚いた事を忘れない、

そのような環境化大分ヒートデビルズは地道な活動を継続して現在に至っている参戦当初に計上した初期投資額は我々からすれば比較できない金額である、初期にそのような覚悟を持ってリーグをスタートさせたチームの方々が存在して初めて我々のチームも存在するその感謝の気持ちは絶対に忘れてはならない、非難するなどもっての他である!

大分も高松もその初期投資の返済に苦労している事は現実であるが、リーグ全体でカバーする事も必要な手段ではないか、・・・と自分は考える、途中参入のチームのリスクは明らかに少ない金額となっている、


高松の場合は穴吹工務店という巨大スポンサーが存在したので、大変な事態であったが、地元の有志が地元企業に声掛けをしてなんとか運営資金を確保して今シーズンのリーグ参入にこぎつけている、各チーム、各地域色々ある事は当然である、真の黒字を記録しているプロスポーツチームは他の競技全体をみても日本においては本当に少ないのが現実である


昨年プロ野球チームに黒字チームは1チームも無い、近年黒字を経常したプロスポーツチームは昨年JBLを制したリンク栃木、3年ほど前の新庄引退で盛り上がった北海道日本ハムファイターズ、5年ほど前の浦和レッズぐらいである・・・

ソフトバンクホークスは今年は黒字を経常するのではとは言われている


プロスポーツチームの運営にかかる経費負担のほとんどが選手の年俸である、


冷めた話になるがまもなく開催される中日とロッテの日本シリーズ中継にスポンサーがつかず、民放中継が全試合ないらしい、ソフトバンク対ジャイアンツもしくはタイガースならば絶対に中継は開催されたと思う

現実を突き付けられた形となり選手達も複雑な気持ちなのではないだろうか、


日本シリーズ中継が民放で放送されるか、否かはチームにとって収入額が全然異なってくるので勝っても選手の年俸アップはおそらくあり得ないし無理である、

チームの人気のなさは選手にも監督にも原因はある、彼らにも自覚は必要であるファンあってのプロスポーツであり、個人成績はプロなのだから当たり前なのである、お客様を呼べない選手は真のプロスポーツ選手では無いと自分は思っている、様々な背景からプロ野球チームが黒字を経常しない理由は選手が多すぎるとの指摘は現在浮上している

日本のプロ野球選手の年俸があがらないので多くの勘違いしているプロ野球人気選手がメジャーリーグに流出するのは止められないことだと思うが、現実を知るにはよい事かもしれない、大リーグの二軍は草野球チーム並みの待遇である、日本のプロ野球チームの二軍はまだまだ甘い環境なのでハングリー精神がのばせないのかもしれない、あの新庄選手がメジャーの二軍は地獄だから絶対に一軍に戻ろうと死に物狂いにやったという話を聞いた事がある

その後新庄選手はメジャーリーグをピタッと辞めた、(笑)(笑)(笑)、話題と経験を日本に持ち帰り大ブレイクである、ある意味尊敬に値するプロスポーツ選手の鏡である


我々の話題にのみならず、キャンプ王国でありながらプロスポーツチームが存在しなかった事は宮崎県全体におけるスポーツ環境への配慮は乏しくスポーツランドとはとても思えない問題は県内に多く存在する


野球ランド?、いや、長島ランド、長島さんの提言を全て丸呑みしてきたとも言われている、誤解のないように述べておくが自分は野球が大好きだし、大のジャイアンツファンである


宮崎は現実問題として分岐点に来ている本当のスポーツランドを目指す為の分岐点である


メディアは動いている、後は行政と宮崎県内優良企業各位である


宮崎がスポーツ全体を考慮した真のスポーツランドとなる為に宮崎シャイ二ングサンズの活動によって多くを学んだ自分たちの新しい挑戦が始まるのである


他のスポーツ団体からの御協力を我々は門を広げてお待ちしている立場である


藤間議長でした。


スポーツ店としてこの活動に参加して一生懸命やってきた意義がそこにある。
  

Posted by mtc at 12:10Comments(0)

2010年10月25日

Hooters

本日、東京の東急プラザ2Fにカジュアル&スポーツバーHooters(フーターズ)の日本1号店がオープンする

フーターズはアメリカジョージア州アトランタに始まり全米に店舗を拡大しているお色気レストランです、

スポーツティーでチアリーダー的なセクシーなコスチュームを着た女性スタッフが店内を盛り上げてくれます


スタッフが外国人なのか、日本人なのか気になるところです、


よくアメリカ映画のパブのシーンにあるようなセクシー女性がフーターズのイメージだけにスタッフがもし日本人の場合少々イメージが一致しない感があります

フーターズが全米でメジャーなのは全店舗のセクシーナンバーワンを決めるコンテストを開催していて話題性からメディアも巻き込んだイベントとなっています

フーターズの日本進出に乗っかってbjリーグ各チームのチアによるセクシーナンバーワン選手権を開催すれば面白いのでは・・・、


上位の5人でbjFIVEでデビューなんて盛り上がると思いませんか(笑)(笑)(笑)


藤間議長でした。


クラブやら、ラウンジやらスナックも含め以前はホントよく行ったものだが最近はほとんど行かなくなった、特に理由をあげるとすれば飽きただけであるが時間に束縛され会話が盛り上がる頃に時間となり逆に疲れるのである


バーで偶然に隣席した方々と会話を楽しむ方が時間に自由で落ち着いて酒が飲めて旨いと思う歳になってしまった(笑)


ただフーターズはせっかくだから1度は行ってみたいものである・・・
  

Posted by mtc at 11:13Comments(0)

2010年10月24日

藤間的解釈

この意見はあくまでも個人的意見である、誰に何と言われようと数多くのバスケットの試合をアマチュアからNBA、世界バスケ、オリンピックまでありとあらゆるシチュエーションで試合を見てきて思い、感じる宮崎シャイ二ングサンズの今日までのプレシーズン3試合、開幕からの4試合に対する感想である・・・、


確かにほぼ全試合いいゲームはやっていて、スタメン5選手のバランスは随分整ってきたと思える


しかし、勝敗は現実的に1勝6敗である、この敗戦や結果に問題があるとは自分は思っていないが、個人的に納得のいく負け方ではない、シーズンは長く険しい52試合である、バスケットの見方にはそれぞれの見解が存在するとは思うが自分の考える理想のバスケットというものは各自が役割と競争意識を持ったチームバスケットである、野球に例えるならば原監督の野球である、自分の信じた選手をベンチ入りさせ自分の中で選手各位に役割を与え状況に応じて指令を使い分け、そしてベンチ入りほぼ全員の選手を使いきるゲームプランである、見ていて気持ちがよいし負けても拍手をいつも送っている


このようなプランをシーズン当初に色々と試さないと最終的にバッシングを受けてしまうのはHCか、チームマネージメントという結果になってしまう。


納得のいく勝ち方があるように納得のいく負け方という事がある、1年にかける思いが監督にあるように選手にも今年にかける思いがある、


チームに登録されている選手全員に平等のチャンスを与える事はチームをまとめるヘッドコーチとして最低の責任でもあり権利でもある、権利を持たせているからこそ限界まで提言は控えるつもりであるが、チームを作ったメンバーの1人として言わせていただく時は選手1人1人に期待をしているファンの方々の思いの限界だと思っていただきたい、自分はこんな思いをする為にチームを作る努力と活動をしてきたのではない

感動の初勝利から開幕2試合目にして厳しい観客動員の結果となった現実は都城からわざわざ宮崎まで試合を観戦に来られたバスケット仲間の極端な減少にも比例している


何故こんな負け方をするのか・・・、試合に出てない選手は何が問題なのか?
地元の選手はどうして試合に出ないのか・・・、まずは一勝でしょうと言い続けてきた、自分の勝手な推測だがそう考えていた、


今日の敗退の明らかな原因が中心選手の体力・集中力の限界である、悪いが第二クォーターでスコアが追いついた際にこの結果はあり得ると進言した・・・、


100%で前半をターンしたサンズと80%でターンしたレイクスターズの差がでた

バスケットというスポーツは面白いもので確率的にそのような状況になり、ある意味持久走にかなり似た部分があるのである。

その為に交代メンバーがベンチにいていつでも役割をこなす準備をしている、


外国人選手頼りのみのバスケットではファンはなかなかつながっていかないと自分は考えている、宮崎のバスケットを盛り上げたい、その背景にはバスケットスタイルの宮崎ならではの構築を忘れないでいただきたい思いである


今晩は負け方が悔しくて酒がまずい藤間議長でした!

繰り返し述べるがこの解釈は自分の意見を主張できる日本国的個人の見解でありオヤジのぼやきと捉えていただきたいところである


悔しい敗戦のやけ酒も思い返せば、野球でもサッカーにでもあったが我がチームの場合こんなに悔しいのかと感じる夜である・・・  

Posted by mtc at 23:02Comments(0)

2010年10月24日

Hall Of Fame

バスケットの殿堂博物館、Hall Of Fame をご存知であろうか、


バスケットボールを愛するものならば一度は訪れておきたい聖地である


数多くの殿堂入りした選手達はいるが、そのHall Of Fame にちなんだシリーズのTシャツが発売されている、このTシャツにプリントされているシーンは日本のバスケットファンであれば是非とも伝承していってほしい気持ちも込めて宮崎シャイ二ングサンズ宮崎開幕戦の売店でかなりお買い得の3000円で販売している

昨日滋賀レイクスターズの選手達が当店の売店に足を止め写メにて添付してあるTシャツを見て騒いでいた

数名の選手が2000円なら買ってもいいぜ・・・と言うので、


冗談で2000円なら売らんがましばい!・・・と回答させていただいた(笑)


俺達が勝ったら2000円にしてくれ・・・、


じゃあ、サンズが勝ったら定価の4000円ばい・・・、

さすがにそうは言えんかった(笑)


正直、そこまでは勝利を予想出来なかった、選手の皆に申し訳ない(謝)


しかし、今日からは堂々とその挑戦を受けてたとう。

今日もし滋賀の選手に交渉されたら受けてたとうと思っている藤間議長でした!

そろそろ出発である
  

Posted by mtc at 07:32Comments(0)