みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
プロフィール
mtc
mtc

2011年03月02日

山から海へ

昨年大人気ファッションとなり女子愛好者が急増した山ガール、


新燃岳噴火がなければ観光産業にとっては霧島連山は人気のパワースポットとしてかなり注目されていたようで打撃は大きい


残念ながらブームにのれないまま次の仕掛けが始まっているようである・・・、

個人的には中途半端な登山者に山を汚されるよりはマシだと思っているが、(笑)霧島連山の高千穂の峰も中岳であってもかなり手足を使うのでカジュアルではない


山ガールにとってはせいぜい韓国岳・大池回りぐらいであろうか・・・、


山ガールの次の仕掛けで話題になっているのが釣りガールである


釣りガールの場合カリスマアイドルが存在している


福田あかりという女性なのであるが、なかなか半端ではない釣りガールである、この方釣った魚をさばいて料理までされている・・・

草食系金持ち男子にとっては、ここまでされているのならば是非お付き合いさせていただきたい頼もしい釣りガールである・・・(笑)

ただ釣り堀りのみの遊びであればブームとしてどうなんだろう・・・、?と考えさせられる


海釣りといっても船酔いはかなり大変で過酷なので、自分も経験があるが釣りどころではない・・・(笑)


自分達の時代は海と言えば単純にサーファーガールであった


山から海にブームを以降するのではなく、山ガールに川釣りを提案した方が早いと思う藤間議長でした!


アウトドアファッションはそのまま流用出来た方が嬉しいし、釣りファッションよりは断然魅力的だと思うのだが・・・


流行りだけを作ればよいというものだけではない! 

昨日シーガイヤのイベントで沢山の若い女性にもノルディックウォーキングを体験していただいたが、やはり使い方や運動方法を確実に伝達しないとただの歩行杖状態に見えてしまう(笑)

やはり専門認定公認コースでクラブやチームスポーツへの提案を奨めないと魅力的には見えない・・・と改めて実感させられた


宮崎県ノルディックウォーキング協会にとって大きなテーマの1つとして自分は考えている
  

Posted by mtc at 10:16Comments(0)