みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
プロフィール
mtc
mtc

2011年03月17日

続10年後

都城に数年ぶりに帰郷した方々は口を揃えて随分と様変わりした街並みに驚ろかれる


区画整理で中央商店街が変化しただけでなく駅前通り等様々なエリアで街並みは変化を遂げた


イオンのようなショッピングセンターやモールも都城にはあるし、デパートは残念ながら閉店に追い込まれてしまったが閉店した1つのビルは産業ビルとして生まれ変わった

10年での話である・・・


10年後の都城は更に変化を遂げているであろうが変化を望むか、望まないか、市民の意識によっても変化のスピードは随分と違うものであろう


復興の話題をいうのは未だ早い話かもしれないが、被災地も変化を望むのか、望まないのか・・・で10年後随分と変化が異なる


残された子供達がこの災害を後世に伝え、自分達の生まれ育った街を愛し続けるそんな復興を遂げていただきたい思いである


亡くなられた方々の慰霊碑を街に刻む大きな公園が街の中心にあってもよい


世界的に語り継がれる災害の爪痕を残す記念館に世界中の方が訪れるような街を作り上げていただきたい


夢や目標があった方が人間は絶対に頑張れる


オーバルパティオに参加するメンバーは大丸が無くなろうと誰1人として下を向いてはいない


自分達には区画整理に合わせ街の変化のきっかけとなる事業を、先ず、いの一番に始めた志の自負があり、自分達がスタートを切らなければ街並みの変化はなかったかもしれないとも思っている


それは誇りでもある・・・

一緒にスタートをきったメンバーの中には途中で挫折をした仲間もいらっしゃるが、自分達には残念な思いはあっても結果に対してのしこりは無い


それはメンバーの家族や夫婦の方でも説明してもわからないかもしれないオーバル設立準備期間の強い夢を語り合った絆なのである


今日本が1つとなり被災地へ元気や勇気を与える活動を活発化させている動きを見ていると、オーバルを作ろうと1つになったあの頃を思い出す


我々は元々島国でつながっている


日本は10年後素晴らしい復興を遂げた1つの国となると信じたい

藤間議長でした


10年前には想像もしなかったテレビ会議をbjリーグの球団運営会社内では日々開催されている


進化とは直面すると感銘さえ覚えるものである


オーバル物語の10年後にはどのようなストーリーが書き込まれている事であろう  

Posted by mtc at 15:21Comments(0)

2011年03月17日

足並み

プロ野球のセ・リーグが強引なオーナー側と権限とも言える行為で来週末25日の開幕を決定した


一方のパ・リーグは足並みを揃える事は出来ずに未だ開幕出来るかも決定していない・・・、


各チームが毎年観客動員数を増加させているパ・リーグの根本にある考え方と人気チームの影で存続を維持出来ているチームのある観客動員数に苦労しているセ・リーグの考え方が足並みが揃わないのは当然の事かもしれない・・・


どちらの考え方にも意見は難しいが、戦後野球が国民の話題となり力となったジャイアンツの渡辺オーナーの意見には一理ある考え方がある


ただ戦争を知らない現在の労働の結果を主張可能な背景に守られている組合の選手達にとって野球で国民を元気付ける考え方の理解を求める事は難しいのかもしれない


一方のパ・リーグは所属チームに被害が出ている事を危惧している


楽天は代替球場の確保が確定したようだが・・・、関係者にしかわからない様々な問題や課題が他にも何やらかんやらきっとある


沢山の観客を収容する以上怖いのは余震でもあろう、

足並みが揃う事が理想的な事は誰しもわかっている、

難しい決断を迫られている様々なプロスポーツ界である


藤間議長でした!


自分はプロスポーツ界は競技を行いプロの技術や精神をファンに与えることが基本業務である以上観客が如何に少なくとも試合は開催するべきだと思う、テレビやラジオを通じてでも中継によりファンに試合を届ける事は出来る、ジャイアンツ戦のテレビ中継の原点はそこにあった・・・


様々なプロスポーツ競技が手法はどうであれ、アマチュアリーグの決断とは相違してリーグ開催の努力、もしくはシーズン決着の手段へのアイデアで根本的に活動していただく事を願いたい・・・
  

Posted by mtc at 12:06Comments(0)