みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
mtc
mtc

2011年04月30日

ブースター感謝祭

情報を伝達するのを忘れていた(笑)


拓郎が店に来て思い出した

今晩は宮崎シャイニングサンズのブースター感謝祭が開催される


飛び入り参加は多分不可なので、場所を書き込むのは止めておく事にしよう


自分は今回の参加は始めから無理だったのですっかり忘れていた・・・(笑)


完全にシーズンオフモードである(笑)(笑)(笑)


拓郎は一度北海道の地元に帰って、又来ると言っていた


拓郎、慎之介、遠山HDはお店にもよく来店してくれてスポーツ用品の話はよく交わした


特に拓郎は存在を消すのが上手で、一度は彼のファンでさえ気付かなかった事があった(笑)


全選手・関係者とずっと戦いたいと運営会社の代表が言っていたが、プロスポーツの世界はそう甘くはない

契約が確定されなかった選手達がチャレンジする合同トライアウトの日程がbjリーグから発表され、新シーズンにプロ選手契約を目指す選手達の競争は始まっている


宮崎シャイニングサンズが何名の選手を来シーズンに向けてホールドするのか、

ブースターは注目してチェックしておく必要がある


選手・スタッフ・そして関係者の皆様、ファーストシーズン本当にお疲れ様でした!


ブログを通して御礼に代えさせていただきます


藤間議長でした


セカンドシーズンは成果の問われるシーズンとなる事は間違いなく、その戦いに向かってしっかりとスクラムを組んで参りましょう
  

Posted by mtc at 18:45Comments(0)

2011年04月30日

小山投手

現在横浜と試合中のジャイアンツ


今日の先発は小山選手?


誰???


すいません、全く情報なしでしたが・・・


調べたところ、天理大学から入団した大学出身初のプロ野球選手という事である

23歳で西武の岸投手のような左投手のイメージという事であったが、


どんな感じ・・・?


救世主を求む藤間議長でした!


シンノスケよ


ハリバック!!!
  

Posted by mtc at 15:06Comments(0)

2011年04月30日

間違い情報

メールにてご指摘を受けた

JINはTBS系で夜21時からで

マルモのおきてはフジテレビ系で夜22時からの放送なので、


放送時間はかぶっていないらしい・・・


どちらのドラマも初回のみ拡大スペシャル放送だったようである


結果的に録画の手間がはぶけてよかったのだが、宮崎のテレビ放送しか映らない方はマルモのおきては放送されない可能性もあるらしい


テレビ局が少ない現実なので仕方のない話であるが、鹿児島放送の映る都城と宮崎市等々の他の市との情報のズレは否めない


ケーブルテレビでせめてカバー出来ればとは思うが、

まぁ、どっちでも良い話ではある・・・(笑)


藤間議長でした


東国原知事時代にテレビ局が増える最大のチャンスを失った宮崎である
  

Posted by mtc at 14:04Comments(0)

2011年04月30日

トレード?

大リーグの現実は人気選手になると期待している程、球団側の判断も決断も早い

投資売買の国なので売り頃買い頃は重要なポイントとなる


人気最優先、イコールファン最優先の国であるともいえる


偉大な記録を残す凄い選手でも人気がなければNOなのである


稼げない選手はプロフェッショナルプレイヤーとは呼ばれない事が代理人制度の根本にある


日本のプロスポーツ選手達はその部分がまだまだ甘い考え方なのでは、と思ってしまう


今朝は楽しみにしていた松坂大輔対イチローの対決であった


松坂のピッチングがパッとせず何となくの投球が続いていたところ、チームがリードしている勝ち投手の権利を得る回の5回に突然信じられない決断が下された

球数は未だ100球に達さない状況ながら、イチローにヒットを打ち返された時点で監督がマウンドに向かった


松坂の今シーズンのスタートは調子が上がらなかったがここ2試合の投球は内容もよく2連勝を飾っていた

普通ならここは責任回数として任せるだけの年俸の投手のはずである


この光景はトレードが成立した際に見られる光景に似ている


移籍先は松坂が勝利したチームか、もしかするとマリナーズだったりして・・・

普通に考えると他のリーグの可能性の方が高い(笑)


藤間議長でした!


松坂大輔はシーズン前から移籍リストに名前は挙げられていたので、いつトレードが成立しても不思議ではないのである
  

Posted by mtc at 10:15Comments(0)

2011年04月30日

真央ちゃんへ

世界フィギュア選手権を夫婦で見ていて予想が全て的中してしまった・・・(笑)

嫁さんがかなり浅田真央ちゃんに期待していたようだが、顔つきを見て多分ダメだよ・・・と言ったらホント駄目だった


彼女は相当負けず嫌いな自分の性格をちゃんと理解してコントロール出来ていない


大人になってくると脳ミソが様々な邪魔をするようになるもので、技術を越えた精神力の経験とか、鍛練とか、図太さとか、何か乗り越える為の試練が舞い降りてくる


今の真央ちゃんはそんな状態に見えて自分をどんどん追い込んで乗り越えようとしているようだ


安藤美紀やキムヨナの放つ安心感を感じない


それにしても余裕綽々の演技のキムヨナであった


藤間議長でした!


明日どちらが勝つか嫁さんに聞かれたので・・・


安藤美紀と答えた


理由を聞かれたので、完成度と答えた


ブランクはプレッシャーとなって明日キムヨナに降り注ぐ


浅田真央には今は負ける事も大事な時で自分を見つめ直す時期だと考えてほしい、こういう時は脳ミソをリフレッシュする事も大事な事である


そういう事も含めてコーチの存在感は大きい・・・、

輝く笑顔は必ず戻ってくるとファンは信じている
  

Posted by mtc at 00:03Comments(0)

2011年04月29日

JIN対マルモ

先週の日曜日二回目のJINの放送であったが、宮崎シャイニングサンズの最終戦の撤収の後、残処理等々様々自店の作業で遅くなり結局早くも二回目の放送で見逃してしまった・・・


録画を嫁さんに頼むのを忘れていた事が悲しかった


ドラマは途中見逃すと中々継続しては見れないものである


知り合いにJINの事を話すとほとんどの奴がJINを先週見ていなかった


何故かと問うと・・・


フジテレビのマルモのおきてを嫁と子供が独占していたらしい・・・


マル・マル・モリ・モリ・と泣いたり、踊ったりと凄かったようだ


テレビのチャンネル権を持つお父さんは少ないようである


ドラマが終わった後にDVDでじっくり1人で楽しんで観た方が楽らしい


それにしても芦田愛菜の人気は凄い


オリコンでも福山雅治を抜いて1位に躍り出ている


完全に話題をさらわれたドラマ対決のようである


藤間議長でした・・・


今週の日曜日はJINを録画してマルモをみてみよう
  

Posted by mtc at 18:50Comments(0)

2011年04月29日

日南の星

鬼束ちひろは今こうなっている、


という写メが届いた・・・

同棲していた男性から暴行を受けた事件は知っていたが、正直本人自体が変貌しすぎである


鬼束ちひろは日南南郷町の出身なので、宮崎出身のミュージシャンとして自分は尊敬していた


大ヒットとなったシャインや月光は永遠に語られる伝説を作った楽曲である


何故こんな事になってしまっているのか、・・・


スゴく残念な思いを写メからは感じた


メジャーになった後ヒット曲がない事も背景にあったりするのかもしれないが、誰もが感動した、耳に残る名曲を一曲作るだけでも凄いことで、ヒット曲を作る事がミュージシャンの全てではない


自分にとっての大事な一曲をずっと歌い続けているミュージシャンはもの凄い数ほど存在する


名曲は何回聞いても耳に響く


鬼束ちひろの声は心に響く歌声であった


数年前声に関係する障害か病気かがあったような記憶もあるが、どうなのだろうか?

日南の星として頑張ってほしい思いである


藤間議長でした!


裸足で歌う輝いていた彼女は魅力的であった・・・


裸足で歌うのは彼女が陸上競技のスペシャリストであったアスリート魂につながっている
  

Posted by mtc at 10:32Comments(0)

2011年04月29日

コオくん

吉川晃司と布袋寅泰のユニットバンドで一世を風靡したCOMPLEXが復活する


東日本大震災の復興イベントとして7月30日に復活コンサートを開催すると情報が届いた


オタク仲間は先行予約をすると言っていたので数日前に自分の席も頼んだ


当たるといいなぁ


コンプレックスは存在自体が青年の証であった


藤間議長でした・・・(笑)

今でも多分全曲完全に歌えると思う


!!!!!!!!!!!!

若かりし福岡青春時代吉川晃司をカラオケパブで踊って歌っていた時代が信じられない


あの頃はホント怖いものなんてなかった・・・


親不孝通りでコオくんと呼ばれていたのは自分である

(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)
  

Posted by mtc at 01:50Comments(0)

2011年04月28日

空に鯉

都城の中町のど真ん中の空に鯉を発見した


素晴らしい企画である


田舎なのに、この変化に気付かない真正面しか見えていない方々が都城には多いようで・・・


残念である


たまには違う道を歩くとか

左右をよく見てみるとか、

自分で自分の生活にメリハリをつけないと、


どんどん田舎のやり方に埋もれてしまいます


自分はそうなりたくはない・・・と気付けばもう都城で生活を始めて23年経つ


随分長くいるなぁ・・・と改めて考える


生まれたところから遠く離れた場所にいると自分の故郷の懐かしい思いに胸があつくなるらしいが、田舎に長く生活し続けるとそのような思いへの憧れも感じる

藤間議長でした


後10年は必然的に都城に縛られた生活から逃げ出せない・・・(笑)


まだまだ先の長い話である
  

Posted by mtc at 20:09Comments(0)

2011年04月28日

教訓ランナー

毎年恒例の日本テレビの24時間テレビの中で走る今年のマラソンランナーが発表された


なんと驚きのセレクションとなった


徳光和夫元日本テレビアナウンサーである


徳光さんを知らない人は全国的に少ないとは思うが、歳を考えるとさすがに少し心配である


自分は沢山のマラソン大会にエントリーして走っていた時期があるが、当時沢山の高齢者のマラソンランナーとお知り合いになり挑戦する偉大さを教わった


高齢者ランナーはホントお元気方々ばっかりで愛煙家のランナーの方も結構おられた・・・(笑)、


完走タイムで負けた方にはビールをおごらされたりもした


当時自分も元気な高齢者になりたいと願ったものだ


長距離ランはやはりマラソンよりも当然相当過酷で後々の後遺症も想定される


徳光さんにはしっかりとした準備を整えてスタートラインに立っていただきたいと思う


藤間議長でした!


人生はマラソンと同じだとベテランランナーの方々から教わった沢山の教訓は常にいかされていると思う、

殻に閉じこもり後悔を続けて周りに悪い影響ばかり与えている方には、一生涯理解不能な教訓がある事を覚えておけ


人生の分岐点、自分に後悔は無い


自分は教訓ランナーである
  

Posted by mtc at 15:32Comments(0)

2011年04月27日

ホリエモン

自分は思う・・・


時の人となったホリエモン事、堀江さんは過去の歴史に名を残しながら命を経った革命的行動を起こした偉人達を常に意識されていたのではないか・・・


好きか、嫌いか、と言うと大抵の方は後者なのではないのだろうか


自分的には生意気な発言力や行動力のある発想力等、面白い考えで会社を発展させる経営力が認められればそれはそれで日本にもビジネスのドリームが存在する証なので、財閥とエリートがはびこる現日本社会の異端児的存在として注目していた


彼を持ち上げるわけではないが、好みは別として宇宙論やAV進出等々発想力と行動力はやはり天才だな、とは思える


日本という国は歴史的にも天才を認めないし、信じないし、育てた過去はない


天才がのびのびと活動出来ない嫉妬や隔たりという背景が時として多く存在してきた歴史を持つ・・・(笑)

日本人が好きな天才のイメージという形が少なからず存在してしまっている


現代人においては映画、テレビのドラマや漫画の主人公の影響も否定できない


ホリエモンが犯した罪は罪の重さの考え方にそれぞれの意見はあるものの罰は罰として受けなければ区切りとはならない


四角い牢屋の中で2年間の間、彼は何を思い何のイメージを膨らませ出所後貯まったお金で何を始めるのであろう


ものすごく興味がある


藤間議長でした


彼の本を読んだ事のない方は一度読んでみるとよい


自分はホリエモンを嫌いとは言えない・・・
  

Posted by mtc at 20:35Comments(0)

2011年04月27日

強かったマンU

眠い


ヤバイぐらいに眠い・・・

毎週の水曜日はパソコンとにらめっこの日


チャンピオンズリーグのこの時期は仕事と睡魔との戦いを毎年繰り返している!

昨晩というか、今朝というか、内田所属のシャルケ対マンチェスターユナイテッドのチャンピオンズリーグ準決勝第一戦を眠さと戦いながら観た・・・(笑)


本番は今夜のクラシコ第三戦である


絶対見逃すわけにはいかない


ファーガソン監督の高笑いが聞こえてくるほどの力の差を感じる試合であった


シャルケには悪いが99%決勝への勝ち上がりは無い


正直期待外れの試合であった


残念な藤間議長でした(笑)

都城市の一部に土石流の危険から避難勧告が発令されたようだ


心配である・・・
  

Posted by mtc at 16:03Comments(0)

2011年04月27日

マジ?

中野のオタク仲間どもはホント相当暇なのであろう


最近頻繁に写メを添付したメールが送信されている


それもブログに書き込めといわんばかりのかなり面白い写メや、ちょっとH系の代物やマジか・・・と疑いたくなるような驚いてしまう写メが最近増えている


さすがに誘惑に負け抜粋してはいるが、ブログに掲載させていただいている藤間議長でした・・・(笑)


この写メ、木村拓哉と工藤静香の娘さんという事で送られてきたのだが・・・、

信じられますか・・・(笑)
  

Posted by mtc at 01:58Comments(0)

2011年04月26日

これから

口蹄疫の疑いの牛はとにかく陰性でよかった・・・


韓国や中国、その他のアジアの各地で口蹄疫は今でも広がっているので、いつ日本国内で再発生しても全然おかしくはない


関係者は気を緩めない事が改めて見直された報道となった


昨晩は米澤翼と彼の恩師となる同級生のバスケ関係者とシーズン終了という事でトライアウト前以来の酒をある分岐点の際に望まれる場所へと導いてくれると自分が信じている場所で酒を交わした


この場所には精霊がいて、それぞれの思いや悩みを汲み込み罰を与える必要があり行為には何らかの罰を与えたり、伝授したい思いや叶え望んでいる目標に対し正しい事であれば達成へと導いてくれる思いをぶつけるところだと自分は信じている


様々な思いをぶつけあい、自分達としてのこれからを語りあった


精霊が我々に何を導きだすのかは、誰もわからないが思いは届く時間になったと信じたいと思う


人生はとにかく一度きりで尊いもので、若さとは二度と戻らないものである


いくら辛くても経験という過程は全て肥やしとなると信じて活動しないとなかなか前には進めない


バスケがしたいです・・・と安西先生の前に涙ぐみ跪いたスラムダンクの三井寿のシーンが頭をよぎった夜となった


藤間議長でした・・・


それぞれのこれからが素晴らしい道へと導かれることを心から願いたいと思う


努力は裏切らない・・・
  

Posted by mtc at 12:15Comments(0)

2011年04月26日

マイカー

数年前から厳しいスポーツ業界の売上と競争環境に突入し、自分の所得も減らし様々な経費も削減して、なんとか今日まで自店を継続させてきた


車の買い換えも決断がつかず、ほとんど嫁さんが乗っているが久々に修理の為にマイカーを運転すると、走行距離は17万キロを越えていた


オイル交換や部品のメンテなどちゃんと定期的に投資をしてきているので10年以上乗っている車には見えないと思う


ホンダの店長の方は昔からのバスケ関連の知り合いの方で修理作業中プロバスケの事などを話した、間接的に聞かれている事と、関係者側からの現実の話はかなりイメージに違いがあったようで、応援出来ないで申し訳なかった・・・と言われた


そんな気持ちだけでも嬉しいものである


車の業界は震災以来車の生産が出来ずに、明日やっと一台納品車が届くという事であった、被災地に様々な部品関連の工場があり生産ラインが止まってしまったそうである


車業界ホンダだけの話ではないようで、日本のメーカーは現在生産ラインの復旧に全力をあげているとの話であった


スポーツ業界は生産ラインのほとんどを海外に託している為、生産中止の話題はあまり聞こえてはこない


恵まれた環境と考えなければならないが、問題は需要である・・・(笑)


藤間議長でした!


車の買い換えをハイブリッドカーにするのか、電気自動車にするのか、迷い続けて1年が経過してしまった(笑)
  

Posted by mtc at 09:58Comments(0)

2011年04月25日

歳の差

自分と嫁さんとは歳の差が4つ離れている


今朝テレビを観ていると、ワイドショーの話題は数日前にお亡くなりになられたスーちゃん事元キャンディーズの田中好子さんの事であった


キャンディーズの解散コンサートが当時生中継され、今の基準で考えるとスゴい事だと自分が言うと、嫁さんは覚えてないのか、生中継された事を全く知らなかった


自分が小学生の高学年だったとすれば、考えてみるとあり得る話である


キャンディーズが売れた理由もついでに聞いてみたが当然知らなかった(笑)


当時アイドル全盛期の中でキャンディーズはあの伝説の視聴率を記録し続けたドリフターズのお化け番組、8時だよ、全員集合にレギュラーで毎週出演していたセンターで歌っていた田中好子から伊藤蘭に変えたのはドリフターズの助言だとも話題になった事がある


それにしても嫁さんはカラオケに一緒に行った時にキャンディーズを歌っていた記憶がある


歌はなんで知っているのか聞くと・・・


お兄ちゃんとお姉ちゃんが歌っていたそうだ、(笑)


なるほど・・・


嫁さんの兄貴は自分の1つ年下で姉さんは2つ年下である


ガチンコのキャンディーズ世代である


藤間議長でした!


田中好子さんのご冥福をお祈り申し上げます・・・
  

Posted by mtc at 11:03Comments(0)

2011年04月24日

お見送り

今日は最終戦という事で、ムージーズもブースターを最後のお見送りであった

ブースター側であるようでチームを作る活動から今までの内情をよく知る関係者でもあり、チームをサポートするオフィシャルスポンサー側からの1年であった

とにかく我々は1年間戦った、準備から撤収までホントによく頑張った


都城早水文化センターは早速明日から4ヶ月の耐震工事に入るらしい


4ヶ月後にはおそらくプレシーズンゲームの日程も決定している事であろう


チームは今後ブースター感謝祭を経てシーズンオフに突入となるが、ムージーズも含め本当に忙しくなるのは、これからのシーズンオフなのかもしれない


来シーズンまでに新たなスポンサーの確保やオフのイベント等の実行に加え、会場への来場者を如何にして増やしていくか・・・、等近日中に関係者で話し合っていく内容は多くならなければならない


興行ビジネスは止まったら終わりなのである


正直休みという休みがない厳しい仕事である


自分で休もうと思えば休めるが、休んでしまうとモチベーションの切り替えが大変な仕事である


これからのプレイオフの終了までは、比較的残処理を含めた挨拶周りや選手との契約交渉などの準備が始まることであろう


関係者への労いと共に次から次へとのしかかる推測される課題にエールを送り続けたい


藤間議長でした!


1年間の集大成として一番早い撤収が完了した、各自がやるべき事や指示がわかっているので作業が早い


ホントお疲れさまでした


メンバーとは来週でも、とりあえず酒を交わしたいと思う・・・(笑)
  

Posted by mtc at 20:06Comments(0)

2011年04月24日

撤収

宮崎シャイニングサンズの最終戦が終わった


ファーストシーズンの対戦成績は13勝36敗という結果となった


最終戦に奇跡の勝利の可能性を信じたが、王者への返り咲きの為のモチベーションの高い強豪チームは少々力を抜いたゲームでも強かった


サンズの選手達も一生懸命戦ったがこの粉砕された結果が現実である


藤間議長でした・・・


撤収にとりかかると琉球キングスのロッカーにはこのようなメッセージが書かれてあり、優しい心遣いに嬉しい思いになる


さぁ、今シーズン最後の撤収である
  

Posted by mtc at 18:05Comments(0)

2011年04月24日

家発見?

東京のオタク仲間から最近失職して暇なのか・・・?

頻繁にメールや写メが送信されてくる


暇なのか・・・?


と返信すると


暇じゃないけど、一石二鳥だとは言える


との回答・・・


どんな仕事だ!


・・・?


この家浜崎あゆみの家らしい


ストーカー・・・?


捕まるぞと返信すると


たまたま見つけただけさ、だって・・・


真実は如何に


藤間議長でした


訪問販売やってるらしい


何を売っているのかは聞かなかったが・・・、


センスがあるのにもったいない時代である
  

Posted by mtc at 09:28Comments(0)

2011年04月23日

シーズンファイナルゲーム

明日のゲームで宮崎シャイニングサンズのファーストシーズンは終わる


一年間を戦った選手に対して、お疲れさまとか、来年こそ頑張れとか、激励を沢山いただくことは大変有難いことであるが、


自分は個人的に選手だけでなく少人数で自分達の時間をも犠牲にして1年間興行開催を成し遂げる為に頑張ったスタッフ各位に心から感謝と敬意を捧げたい


とにかく手探りでスタートする事の大変さは関わった人間でなければわからないだろうが、ホント色んな事があったファーストシーズンであった


何から思い出せばいいのかも整理のつかない状況であろうと推測する


運営部隊は初年度から茨の道を選択した


試合会場を県内数ヶ所ラウンドするという過酷な興行日程を決めた


試合会場の体育館が数ヶ所あるという事はその数会場分の段取りとやり方が発生するという事である


各体育館によって足りない物、随時変更する物や事、対応出来る賛否、とにかく色々ありすぎた


運営部隊のメンバーはこの1年でスゴく強くなったとも言える


頭の切り替えも早くなったと感じる


経験が成長をサポートしてくれる


チームに対し個人的に残念な事は期待していた米澤翼の経験というチャンスがあまりにも少なかった


米澤翼に足りない点は自分にもわかるが、努力と経験は必ず成長につながりものだと自分は信じている


HCが成長を信じて器用するには必ずや覚悟も伴うし、どこまで伸びる要素を感じるかも個人差のある事なので自分は待つことを選択した


地元指導者や後援会の方々各位にも様々な思いがあったに違いない


一番悔しく、辛かったのは本人だとも思う


ファーストシーズンだし、下位に位置するチームだからこそチャンスを与えられているという事を自分は説明している


何事でもチャンスは活かさなければチャンスにはならないし、機会には限界があるものである


後援会の後押しによって出番の回ってきたチャンスを活かせなかった事は現実であるが、明日ミスマッチでない環境で再びチャンスを与えてほしいと願いたい


都城のバスケットファンはその成長を見に来ている、残念ながら相手チームが強い事もわかっているので、正直なところ成績をみれば勝敗は今さらなのである


宮崎出身4選手にプラス外国人選手のチームでの試合を期待していると思う


チケット販売の追い風となる話題も是非提供していただきたいものである


藤間議長でした


最終戦での粋な計らいを期待している
  

Posted by mtc at 22:46Comments(0)