みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
プロフィール
mtc
mtc

2011年09月26日

予想通りと言えば予想通り男子バスケット日本代表の結果は散々な結果となり、ラグビー日本代表の結果と同じくサンデーモーニングでも喝をいれられていた、(笑)


サンデーモーニングでも帰化選手の話題を取り上げていたが、ラグビーは帰化選手を大量に取り入れての敗戦なので世界との壁の高さの雲泥の差はかなり大きい

せっかくの喝なので男子バスケット日本代表の情けなく散ったアジア大会の結果と記録はブログの中に書き込んでおく事にしたい


先ずは準々決勝の対戦結果である

ヨルダン 88-84 イラン

韓国 86-67 日本

フィリピン95-78タイペイ
中国 68-48 レバノン

準決勝

中国 56-43 韓国

ヨルダン 75-61フィリピン

3位決定戦

韓国 70-68フィリピン

決勝戦

中国 70-69 ヨルダン

結果ロンドンオリンピックアジア代表チームは中国に決定し、2-3位のヨルダンと韓国は世界最終予選に出場が決定となった


日本代表チームのファンやバスケット関係者の中には一次リーグで勝利したヨルダンが準優勝したのだから日本代表にもそれ相応の力がある等と解説される方もおられるかもしれない


しかし、それは恐るべし将来性のない過信である(笑)

関係者がそのような見通しではマジ先行き真っ暗である


とにかく日本のザルディフェンス力ではアジア上位レベルのチームとは全然戦えない事がはっきりとわかった事実がある


現在のアジア7位という現実を受け止め、どのように強化を見直すことが出来るのか、今後のバスケット界の方向性を含め代表選手の選考基準等もかなりの改善を期待したいところである

このままではダメだという事をつきつけられている実感が今のバスケット界に一番必要な基準なのである

日本のバスケットがプロ選手やバスケットで飯が食えるレベルの競技とは言えないと自分は改めて考えさせられた


JBLでもbjでもそれなりの年俸がある日本人選手達もいるが、自分がオーナーならば日本バスケの情けない結果を反映してリーグの改善も含めかなり大幅に見直すかもしれない、日本代表チームの結果は全体責任である意識改革が根本的に必要なのではないのだろうか

喝喝喝喝喝喝喝喝喝喝喝喝

書き込んでいる内に悔しくて怒りが込み上げてきた、

フリースローを簡単に外す情けないプレースタイルはプロスポーツチームという名の我が宮崎シャイニングサンズの試合では見たくないものである


藤間議長でした


ただ、自分も競技者なので理想と現実の難しさはよくわかっているつもりでもある・・・


上には上がいるという事を決して忘れてはならない!
  

Posted by mtc at 16:40Comments(0)

2011年09月26日

渋谷パレード

中野オタク仲間から今日は月曜日には珍しく沢山のメールをもらった


その内容のほとんどは今日東京来てないの・・・という確認であった


もう仕入出張に行かなくなって3年あまりが経過しようとしているので東京へも2-3年は行っていない事になる


オタク仲間達ともしばらく会ってはいない


連絡の全くこない奴もいるので何してんだろうと相手も思っていることだろう、(笑)(笑)(笑)


今日は夕方の17時から渋谷センター街をバスケットストリートに改名するパレード的イベントが開催される事になっていてbjリーグの各チームの代表選手達もパレードに参加するらしい、

知り合いの東京のバスケット専門小売業や卸売業からパレード後の会合的なパーティーへのご案内もあったが地域のスポーツ小売業を営む環境は依然として厳しくしばらくそのようなイベントへの参加はご遠慮させていただいている


現状は出口のないトンネルは無い精神でコツコツ努力を続けるしかないと精進している


メールをもらったオタク仲間達にはパレードに参加したら写メールをくれと返信した


藤間議長でした


宮崎シャイニングサンズからは代表選手として清水太志郎がパレードに参加している
  

Posted by mtc at 14:03Comments(0)

2011年09月26日

フィーバー

正にフィーバーである


なでしこリーグの試合の観客動員数増加が物凄い


特に沢の所属する神戸は物凄い状況で神戸の他のプロスポーツチームにとっては羨ましい背景となっている事であろう


このようなフィーバー的人気に乗じて多分商売も加速する事が当然のようであるが・・・

神戸の現在のオフィシャルスポンサーメーカーはヒュンメルで、ヒュンメルはジャパン法人ではなく野球メーカーでありスポーツ卸売業を兼るSSKが日本での販売契約を提携しているデンマークのスポーツブランドである


スポーツ卸売業の展開するスポーツブランドはいくつかあるが、基本的に商品は余分な在庫を作らない堅実な展開が通例である


おそらく、試合会場の売店には最低販売数を見込んだレプリカもどきデザインのプラクティスシャツとTシャツ、サッカー観戦定番のタオルマフラーぐらいの品揃えであろうと推測する


ブームやフィーバーの後の怖さをしるスポーツ卸売業が神戸との契約を何年残すか知らないが、シーズンの途中であっても年内でアディダス・ナイキ・プーマ、日本メーカーならミズノ・アシックスがSSKに交渉を持ち掛ける可能性は高い


SSKにとってはかなりお買い得くな株取引が成立する事と同じようなものである

あくまでも推測であるが、スポーツ卸売業では販促に限界がある事が悔しい話であるが現実なのである


日本代表の関連グッズを企画する東京の知り合いのアパレル企画メーカーは直ちになでしこ優勝Tシャツを企画して売り込んだ


限定数量販売を仕掛けた商品はオークションで4000円と値を上げている


当店にもユニフォームの問い合わせはあったが優勝記念商品にあまり反応がなかった為、販売は現実的に控えさせていただいた(笑)


まだまだ極秘情報かもしれないが、日本代表のユニフォームは年内にモデルチェンジとなり、なでしこのロンドンオリンピックで使用されるユニフォームは当然デザインが変わることが決定されている


ロンドンオリンピックに向けたなでしこのユニフォームオーダーが男子代表ユニフォームのオーダー数をはるかに上回ることは間違いない


まさに立場逆転である(笑)

日本の場合、影響力のある人気には勝てない事が現実である


藤間議長でした


さぁ、当店はどうしょう、

大型チェーン店が主力展開を仕掛ける事はわかっている・・・
  

Posted by mtc at 10:40Comments(0)