みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
mtc
mtc

2012年02月01日

スーパーイヤー

早くも2月である

あっという間に春が来て、
夏になり、秋が来て又冬がくる

年をとるたびに月日の早さを極端に感じる

今年は特にスーパーイヤーと呼ばれている年なので、そのスピードもいっそう早いことだろう

スーパーイヤーとは様々な周期の区切りが多い年の事を称して言われているようで、大きな国レベルの選挙が今後続く

フランス・ロシア・中国・アメリカ・韓国と国の代表レベルの総選挙が開催されるのである

夏にはロンドンオリンピックも開催され、日本選手団の活躍が国民を賑わかせてくれる事だろう

大国の代表選挙の場合アメリカの話題が中心になるであろうが、日本の場合も消費税がらみから解散総選挙が絶対ないとは言えない

消費税に関して段階的UPは個人的には大反対であるが、先ずは議員削減やその他の国民が納得する改革を進めない内閣の政治姿勢に疑問視する

消費税の増税が決まれば確かに駆け込み需要は拡大するであろうが、導入後のものすごい落ち込みが手にとるようにわかる

政治家の決まりきった手法に寂しいワンパターン化を感じてならない

1月末に税金の支払い義務があり経営側には常に支払いという責任がついてくる
消費税の増税はその負担が増大して経営側の投資に歯止めをかける

最近ではソーシャルビジネスの議論が活発化しているが、田舎の金融機関ほど導入しなければならないビジネスモデルへのサポートのスピードは課題である

スーパーイヤーが日本にとって素晴らしい1年となることを祈りたい

東北大震災後の野原を見てソーシャルビジネスの提言者のムハマド・ユヌスはこう言った

あなた達も世界を変えられる

藤間議長でした
  

Posted by mtc at 11:09Comments(0)