みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
mtc
mtc

2012年04月15日

あとちょっとの現実

千葉戦に1勝1敗、島根とのプレイオフ争いに残る為には2連勝がベースだった宮崎シャイニングサンズ、セカンドシーズンは残念ながらプレイオフ進出の可能性は今日の島根の勝利で消えてしまった


数日前にある方に言われた、サンズはプレイオフ進出を目指すチームではなく、来年プレイオフ、そしてその2年後に優勝を狙えるチームになればよい


日々宮崎シャイニングサンズに期待すればこその様々な中傷に悩み考えている関係者にとっては涙が出るほどの激励と期待である


今シーズンが本当の1年目でありまだまだ期待している、とおっしゃった言葉にはバスケットで名声を博したリアリティーがあった


可能性という指数は可能性の高いパーセントがあってこその当然裏返しだし、話題である


今シーズン宮崎シャイニングサンズはbjのビッグネームのチームを次々と撃破した、この成果にブースターの機運が高まった背景も宮崎にプロスポーツチームがある環境の初体験であった事だろう


当然自分たち関係者も色んな事に盛り上がり色んな事を考えた


我が愛すべき地元のプロスポーツチームの可能性を信じる初体験でもあった


結果が明らかになった以上チームは次年度の事を真剣に議論する時間が必要となる


2年目の様々な課題を3年目答えにする為に、とにかく色々な作業が必要となる


戦いはもう始まっている


藤間議長でした


今日のバスケットシニア大会で参加プレイヤーからある事を耳にした、当然寝耳に水な話題である


とにかくホント外野の声にはほとほと疲れる・・・


こんな失礼な事が軽く言える背景には競技のおかれている寂しい現実さえも思えてくる


別に他人事の話題でも構わないが口だけ出すのは誰でもできる事は違いない残念な感覚でしか聞けないと自分的には正直思っている!
  

Posted by mtc at 22:20Comments(2)