みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
mtc
mtc

2012年05月31日

摂理

摂理とはキリスト教にて神の教え


自分は無宗教であるが〓〓学会の女性と長く交際していた経緯やら、様々な宗教に属してた方々ともお付き合いの経験がどういうわけかあり、宗教に意見的な方々とは宗教への捉え方や考え方はちょっと異なると思っている


そんな自分が最近思う事と意見がある


初めに結論を述べると、内容はあかせないが、とにかく様々な事には理由があって、起こるべき結果にはそうなるべき背景が絶対あり公開する事でしこりや問題が残る可能性がある事ならば基本非公開である・・・
自分達が踏張った1年は正しい道しるべへの為への準備であり、その1年をやりきったメンバーへの敬意やその理由が理解出来ないならばどこかで基準が異なるズレのある話で、誰かさんが誰かさんの為に汗を流したただ単なる努力の賜物物語で済む話ではない


世の中なるようになるとカジュアルに考えている生き方もあるが、なるようにする為必死に悩み考えて努力してきた姿を焼き付け微力ながらその力になるならばと過ごした側の考え方は多分絶対に宗教が違えば争いが起こる人間社会の絶対のように理解不能な話であるのかもしれない

人は悩み考えて考えて壁を越えようとする、誰かが越えられない壁を神は与えないと名言を残していたが、自分は、普通守るべきものがあるならば越えられない壁を人は自分で作らないと解釈している


生き方の賢い奴、ズルがしこい奴、正直な奴、だらしない奴、そして残念な奴、

人には色々おられるが、信頼関係というものは議論から生まれ議論の出来ない関係になった時点から信頼関係は上下関係となる


上下関係になれば必然的に警戒心やひがみ・ストレス等人間関係の形成の為に人は無意識に壁というバリアを張る生き物だと思う


必然的に起こる結果は最終的に相性であったり意識的に存在する感情論であったりするものなのだとある宗教から学んだ


会社をやっているとちゃんと最後に挨拶にくる方や、電話で済ます方、かたや挨拶にもこない人もいた


当然どんな感情的な部分があっても、正直人としての挨拶という筋だけは通しておいた方がしないでいるよりは自分の今後にとってプラスなのでは・・・と自分ならば思う


筋違いの関係ならば今後もただの無関係な話で、こんな人だったとどこでどのように言われようが事実だけは覆る事がないだけの話で
ただの寂しい話題である


売上の確保が大変な時代に1週間のほとんどの時間を指導にあたっていてもどこか不思議とストレスはない自分がいる

様々な別れがあってもそんなに淋しさを感じないのはそれなりの充実感があればこそなのかもしれない


人は正直に生きるべきである


高校時代神父の先生に教えられた生き方が今さらどこまで出来ているのであろうと改めて思う日々である


キリスト教信徒ではないがずっと自分の脳内に刻まれているフレーズのようだ、(笑)


藤間議長でした


誰にだって生き方を決める権利は自らに当然ある


日本は統一宗教でない方々の思想が複雑に絡み合う不思議な島国である・・・


色んな別れもある季節だがそれぞれに頑張ってほしいものである
  

Posted by mtc at 18:19Comments(0)

2012年05月31日

リバレイン

博多リバレイン

博多に行くとかなりの確率で行っていた


博多っ子にはビミョーに人気がなかったようだが、個人的には美術館があるし、屋上庭園は特に好きで福岡は贅沢だと思ってきた


近くの祇園等老舗の蕎麦屋や和食・定食のお店も多く周辺は自分の得意なテリトリーであった


そんな博多リバレインが最近大幅にリニューアルしたようで気になっている


福岡行きたい


藤間議長でした


今年こそは1週間ぐらい休みをとって旅行にでも行こうか・・・(笑)
  

Posted by mtc at 10:12Comments(0)

2012年05月30日

久々投稿画像

新米オタク仲間からのユルイ投稿画像です


まぁ、これぐらいなら大丈夫でしょう、


さて誰?


藤間議長でした


ヒント無しです・・・(笑)
  

Posted by mtc at 12:54Comments(0)

2012年05月29日

竜巻

昼のニュースの天気予報を聞いていて驚いた


最近の天気予報では竜巻発生の予報を平気で伝えている


今日は関東地方で竜巻が発生する可能性を伝えていた

どこで発生するかは多分詳しくはわからないんだろうが、ある意味ものすごい注意報である


竜巻に遭遇したらどうするんだっけ・・・?


どこに逃げる〓(笑)


しゃれにならんが・・・


自然現象との戦いから逃げられないしょせんは確かに島国である


藤間議長でした


ヨーロッパでは竜巻はあまり聞かないなぁ〜
  

Posted by mtc at 14:50Comments(0)

2012年05月27日

機内食

モスバーガーのライスバーガーがJALの国際線機内食に採用された


嬉しいサービスには違いないが、どうせなら定番のモスバーガーやらテリヤキバーガー、個人的には海老バーガーなどもヨロシクお願いしたいところだ(笑)


海外に行くと昼飯を軽食で手軽に済ます場合テイクアウトのバーガーやらサンドやバケット等は便利で街中に公園やら休憩スペースが多いので気軽に時間を楽しめる


それと、同じように時間を活用する方々が多いので馴染んで外でカジュアルに食べられる


日本でも都会の公園ではよくみる光景であるが田舎ではあまりみかけない


まぁ、仕方ない話である


オーバルもコンセプトにはカジュアルに過ごす街というMDがあった


カジュアルどころか、通りにくい状況を内面からかもしださざるを得ない状況にかなり頭を痛め組合で議論した時代もあった


現在のほとんどが目的をもった来場でよいのか、コンセプトを忘れないで追及すべきなのかはコンセプトを追及する事で抜本的にはあまりオーバルのイメージが変わるとは思えないのでどちらとも言えないが、都城の中心市街地活性化の策がカジュアルに散策出来る街作りを目指していた事は間違いない


個人的には理想郷の中心メンバーにいただけに複雑な思いは消えない


藤間議長でした


何故かモスバーガーから全く違う話題に広がった(笑)
  

Posted by mtc at 09:18Comments(0)

2012年05月25日

通常総会

第14回協同組合オーバルパティオの通常総会が今週の火曜日に終わった


自分は現在オーバルパティオの副理事長という役割が組織上あるが、オーバル運営のほとんどは事務局に委ねられている


今回の総会も前日に司会をするように使命されたし、副理事長も順番制のように任命された感覚は強い


運営メンバーは開業当初からは大幅に変わり、街の背景や環境、そして売上も激変した


現在県からの指導が毎月入り経営戦略やら改善計画を練り込む作業に着手している


家族経営がベースの運営だったので自分流の斬新な発想は常にどこかで壁に当たった


危機感が無いと指摘されたが、自分的には常に危機感があればこそ、そうなる前の段階での意見を述べてきた


結論自分の覚悟をもった押しがイマイチ足りなかった事が事態の悪化につながっていると自分では整理してきた


判断基準に自分のミスや甘さが沢山あると思っている

そんな自分が昨年からあの手この手で運営を維持し、売上は下がったがストレスの消えた外商と経費の削減への取り組みによって現金仕入れの体制に完全移行を完了するお店に確実に向かっている


正直お店運営の負担やらオーバル運営のストレスの軽減が現在サンズの事を思案する発想力にもつながっている


ある方が組合員だった時代発想力が売上の厳しい自店の状況による条件変更点の議論が中心で通常総会は大変な事態になった


あの方のお店の移転後現在同じ場所で営業されているお店はものすごい売上を叩きだしている


結果的には実力の世界という事が浮き彫りになり自らも覚悟のヒモを結び直す事を感じた時代であった


理想と現実の狭間と人間模様がオーバルの歴史にはある


あの方との関係も完全に他人となり、あの部分のストレスもこの先消えていく事だろう


昨日は毎月定例の県との改善策協議の日で自分のこの先の見通し案・目標と覚悟の提案に関して大きな賛同をいただいた


実はこの発想は突然思いついた事ではなく、15年前に環境変化の可能性を感じていて進めた当店の施設設計であった


家族も関係者も誰も信じないと思うが本当である

設計担当者が当時自分の展望への強いこだわりを一番感じていた事であろう

藤間議長でした

危機管理に関する感度は自分の長所だと思っているので様々な部分に慎重なA型の部分を内面には強く感じる


ただ15年前にイメージしていた構想に対し現在の街のイメージは全くもって逆ではあるが・・・(笑)
  

Posted by mtc at 10:45Comments(0)

2012年05月22日

最高落札

オークションが終了した


出品された商品はベーブルースが着用していたヤンキースのユニフォーム、

1940年代の商品である


最高落札価格は何と3億4880万円


4880万円でもすごいんですけど・・・(笑)


3億出してまで正直金銭感覚はわからない


驚きのオークションであった

落札した方がアメリカ人でなければより複雑な話でもある


藤間議長でした


自分の最高落札価格は過去に5万円で、あるサッカー選手のサイン入りユニフォームをGETした、


その価値はブームが去ってしまうと微妙でどうなんだろうと思う
  

Posted by mtc at 09:49Comments(0)

2012年05月21日

NEXT STAGE

半額セールを終了して今日で約二週間が過ぎた


セールが終わったといっても大々的に告知していた訳でもないので噂を聞いて来店される方々が増える事は基本都城らしく想定内である


サッカーの半額処分商品を含め半額販売の商品はコーナーを作って特売は継続中である


ただそれ以外の定番アイテムは通常の販売体制に戻しインドアスポーツの品揃えを重要視して展開している

サッカーに関しては徐々にインターネットサイトの運営にシフトし売場は競技最低ラインの品揃えに変更していく予定である


サッカー縮小のきっかけとなった万引き・値引き競争・そしてインターネットへの消費者の移行、サッカー小売業界への闇と悪循環は必ずや競技者にとって最悪の環境問題を引き起こす可能性を残す


そのきっかけとなった方々には多分自分の思いが届く事はない


ただルールに乗っ取った自由競争が許されている社会環境にプロバスケに関わった事で見えてきたものがある


今まで委ねていた環境に身をおいていた側には気付く事が出来なかった視点がある


冷静に考えると何に対して遠慮をしていたのか、自分が一歩出る事をためらい、任せていた方が楽だったのか、自問自答する間なく先ずは行動している自分が今ここにいる


サッカーの今回のリセットはNEXTステージの為の行動であり、ただの都城中心的思考からの脱皮である


藤間議長でした


スポーツ販売全般に関して言えば、都城だけでもがいていても結論先は見えているという話でもある・・・
  

Posted by mtc at 14:53Comments(0)

2012年05月21日

真髄

琉球の優勝で幕を閉じた

bjリーグファイナル

自分は優勝争いも気になっていたが、3位決定戦の京都戦を実は特に注目していた


BSフジでの録画放送が23時からだという事で試合結果は知っていたが焼酎片手に楽しませてもらった


2年間で京都に一度しか勝てていない宮崎のどこが不足しているのか、何かキーワードを探索しながら観戦した


レジー・ゲーリーHCはさすがに1年で後半戦に合わせてチームにディフェンス力を浸透させた、宮崎もディフェンスが素晴らしいチームに近づいたセカンドシーズンであったが京都には残念ながら対応出来ていない

横浜は第四クオーターにエースのバーレルをスタートに温存した、第三クオーターにあれだけあった点差が2点差に迫られたのにスタート5分近くエースを封印した


驚きの采配であった・・・

ゲームバランスの真髄を観せていただいて大変感謝している


サンズへの依頼が元で現在あるチームのヘッドコーチをやっているので、この試合はチーム作り、試合展開の采配に大変勉強になる点の多い試合であった


これまで様々なレベルの沢山の試合を観てきたが、バスケットの采配のキーワードは決断力である


京都の浜口HCは優れた采配をプランニングされる名将であるが、今回のファイナルの舞台彼には勝利の女神は微笑まなかった


バスケットはやはり深いし面白い


藤間議長でした


有明コロシアムにはファイナルを観戦に約一万人が訪れたと聞いて、プロバスケの今後の可能性と是非新リーグも大企業資金に頼る事ばかりでなく魅力的なサービスの向上でバスケットがもっともっと盛り上がるきっかけになってほしいと感じる
  

Posted by mtc at 02:21Comments(0)

2012年05月19日

いよいよファイナル

今年のbjリーグファイナルが遂に今週末開催される


ファイナルに勝ち上がったチームは自分達のウエスタンカンファレンスからは沖縄と京都


イースタンカンファレンスからは浜松と横浜


横浜は参入初年度でファイナルに勝ち上がった


宮崎も今シーズン随分と成績は向上したので、成績内容に関してシーズンオフに批判的な意見を聞かされることはないし、自分がプレイオフ進出を逃し大変申し訳ない話をすると逆に素晴らしい試合を沢山観せてもらって感謝を返される場合が増えている


正直非難を浴びるよりは嬉しくないわけではないが、初年度の成績が悪すぎた事がこの評価につながっているのか、自分的にはちょっと不思議な感覚もある(笑)

勝ちゲームを勝てなかったこと京都に勝てなかった事が今回の負け越しの結果としてある以上、成果に対しての評価にはシビアな感覚は持たざるをえない


プロである以上はやっぱり結果が基本でなければならないと思う


そういう背景を考えると宮崎にはまだまだ目指すべき目標と課題が沢山残っているのでチームとして発展途上の段階にあると考えている


様々な変化があっても当然なのである


理想だけでは中々難しい事はセカンドシーズンの経験で大変勉強になった


藤間議長でした


土日にイベントが入り今年もファイナルはテレビ観戦となったが試合会場では宮崎シャイ二ングサンズの限定商品も販売されている


観戦に行かれる方は是非ともチェックしていただきたい


自分は京都の優勝はあると思っている・・・
  

Posted by mtc at 07:27Comments(0)

2012年05月17日

アメーバブログ

アメーバブログ内の自分のニックネームは藤間議長ではない、


芸能人ブログとしても有名だったので随分前に田舎人として芸能人に直接コメントが出来た事もあって結構はまって書き込んでいた


最近会ってないが、自分には楽しいオタク達が中野にいて、彼らも皆ブログを書いている


アメーバブログ内で知り合ったわけではないが、お互いブログ内というよりピグを使ったゲーム内でコンタクトをとる事は多かった、

〓〓さんじゃないですか


おやおや、そういう君は、〓〓ちゃん


藤間議長日記内にオタク仲間情報を書き込まなくなった理由は、その〓〓ちゃんにある


この〓〓ちゃん、これまでブログ停止数回危険人物である

奴の目に止まった芸能人はある意味不幸とも言える


芸能人がブログを停止した原因は自分だとよくほざいていた

特にアメーバブログは多かった、

自分がコンタクトをとっていた芸能人にも奴の手にかかり突然ブログの更新を止めた

ウイルスよりもたちが悪いが、自分は普段着の奴が嫌いではなかった、どちらかといえば気が合う間柄であった


メールに情報や投稿してくる画像等すごく面白かった

そんな奴からしばらく旅に出る、連絡もとれないし、メールもしないという内容のメールが届き、自分の送った画像は全て消去してくれとの事だった


奴のブログはほとんど停止となっていて雲隠れした事は想像がついた


奴らは足がつきそうになると、すぐに居場所を変える

前科何犯かは知らないが、そんな事気にしてたらオタクビジネス生活やれないと強気だ(笑)


そんな〓〓ちゃんから久々にメールが届いた


生きてたんだぜー


藤間議長でした


相変わらずの画像が添付されていたが、とても公開は出来ない・・・(笑)
  

Posted by mtc at 10:04Comments(0)

2012年05月16日

6.6

6月6日はAKB総選挙日である


今日フジテレビが民放局として初の総選挙生中継を発表した


もの凄い事になったもんだ

あの劇場からスタートしたプロジェクトは総選挙を民放テレビ局が生中継する影響力まで発展した


第三者にとってみればたかがアイドルのセンターやら人気順位等どうでもいい事なのだろうが、冷静に考えると日本はエンターテイメントをベースによい方向に向かっているのかもしれない


民放の特番はかなりのスポンサーの背景がなければ成り立たないので、もの凄い金額が動いているという事である


AKB様様の業者が沢山いると思うがここまでくると金額がはねあがりエース前田が脱退した後の影響が中々見えないのだが、本当にモーニング娘のように人気を維持する看板が仕掛けとして増やせるのか、秋元康の手腕に注目が集まっているようだ


合体やらユニットからの仕掛けやらつんくがハロプロで松浦あやを擁立した時のような突然のワンダーの登場やら以外の一般的発想を越えたサプライズもプロジェクトチームには期待している


藤間議長でした


個人的には前田敦子の原石素材を越える逸材は自分には見当たらない・・・(笑)
  

Posted by mtc at 14:12Comments(0)

2012年05月10日

メジャー昇格

年俸90万ドル


松井秀喜がデビルレイズとメジャー契約を結んだ


デビルレイズからすればかなり格安な買い物である、

松井秀喜は必ず活躍してチームの中で存在感を出すと思う


野球の神様は与えられた者にしかその才能とチャンスを与えない


そのチャンスをものに出来るか、否かがプロの中でも一流なのか、超一流なのかの分岐点となる


一流はそれなのに多くても超一流には選ばれた者しかなれない


松井秀喜はあのヤンキースの4番を何回もつとめたバッターである上、MVPという快挙ある称号を持つ超一流の野球選手であると自分は思っている


超一流の夢や目標に対しての精神力というものは多分一般人に想像できる範囲ではない


世界中から注目されている環境の中で必ずや結果を残すと思っている


藤間議長でした


日本に帰ってきてプレイする姿等、自分は期待していない
  

Posted by mtc at 11:30Comments(0)

2012年05月09日

2チャンネル

一度見ちゃうと、結構見てしまう

2チャンネル

一体どんな人が書き込んでいるんだろう

知り合いは結構読んでいたみたいで、書き込んでいる内容から関係者なのではないのかとはよく言われていた


自分が読んだ限りでは正直関係者的ニュアンスはあまり感じてはいないが・・・

こちらサイドから現時点で発信出来ていない事が多数ある事は事実なので、ホント申し訳ないとは思っている


指摘されている内容によって大きく左右されるという状況の前に当然指摘される以前にわかっているけれど中々作業が追い付かないという話で説明している時間もおしいほどのシーズン中でもあった


このような助言ツールは確認の意味においてもチェックする必要性を学習させてもらった


藤間議長でした


シーズンオフにどれだけのイベントを起こすのか、


費用は待ってはくれない
  

Posted by mtc at 14:24Comments(0)

2012年05月08日

売場縮小セール終了

2月から開始した売場縮小の為の半額セールを昨日とりあえず終了として、テナント募集の告知と空きスペースを作った


半額販売商品は継続して専用のコーナーを作って継続販売する予定にしている


定番のアイテム、インドアスポーツ、強化に取り組むアイテムは、随時魅力ある売場作りに取り組み、大型店出店の開店情報を組み入れながら、いつリニュアルの告知をすべきか検討したいと思っている


バスケットコーナーは既に新コーナーをスタートさせているが、未だ6分ぐらいの品揃え状況である


通常販売に戻す場合に、おそらく半額販売の影響はしばらくはあると思っているのでいきなり品揃えを強化しようとは思ってはいない

都城がそんなに甘い市場ではない事は長年鍛えられているのでわかっているつもりである


都城消費者の通販市場度数への変化も売場縮小のきっかけであったが、最大の目的はサッカー市場との向き合い方があった


とにかく現状の状況やスポーツ業界の地域に対する対応力では厳しいサッカーコーナーの魅力的環境作りに危惧した


サッカーは販売戦略の80%を通販強化に変化させる計画にしている


売場のステージを変える、いや、変えなければならないと頭ではわかっていても中々愛着との格闘があってその方向を100%向けなかった自分がいた


甘いと言われればそれまでの話なのだが、世界のサッカーイベントに参加してきた経緯がある背景にサッカーへのこだわりは他の競技とはちょっと違う感覚があった


今回決断の表現に、ずっと魅力的売場作りの為にディスプレー的感覚で在庫していた貴重なレプリカの数々やサッカーの貴重なアイテムも半額で販売した


そのほとんどが無くなって自分の頭も正直リフレッシュした感覚もある


サッカー市場は全国に目を向ければ無限大にある、挑戦するには売場もこっちもでは駄目だという感覚があった


自分にしか出来ないサッカーサイトに始動に向けて動き始めたい


藤間議長でした


やりたいアイデアは山ほどある・・・(笑)
  

Posted by mtc at 11:08Comments(0)

2012年05月06日

bjリーグプレイオフ開始の日に

添付しているフォトは最終戦終了後セカンドシーズンを乗り切った関係者全員と選手・ムージーズのみで撮った写真の中の一枚である

影で支えてきて大変なシーズンだったと言い回っている方がおられるようで、チームがサポートをいただいていたり、選手達がその方の自宅に相談に行ったり、集まっている事実確認は契約更新の席で直接各選手に聞いてみたい


はっきり言ってモノスゴい大変な思いで選手・スタッフの給料や運営費をしのぎ乗り切った後、間接的に聞いて驚愕はしている


人間の表裏は確かに存在すると思うが、手法はどうであれその信用性を掴んだ技量には拍手を送りたいものだ


個人的には悪意はないが、旧メンバーや関係者を主張する方々がせめて設営撤去のヘルプにくるとか、ボランティア的誠意がひとつもなかったことが残念で、事実興行の大変さを知ればこその意識は最後まで一度も見られなかった

選手が好きだからとか、チームが好きだからとか、関わっていた事は勝手に言って回って構わないと思うがしっかり有休までとって辞めたり、興行の直前に帯同しない行為や、自分がいなかったら困るだろうとわかった上での職場離脱は当時から疑問しか残っていない

労働基準法的には許される行為であったとしても、本当に選手やチームを愛していれば出来ないと自分は延岡の体育館で1人で思った

怨み等はしないが、こんな事を平気で放棄する人間なんだという印象が自分の中から消える事はない


ある方からは、あんたもあの代表からひどい目に合う、と言われた事がある


以前ブログに書いたある話を読まれたようでその背景の指示は元々代表からだと告げられた


その権利の部分は自分の方がプロフェッショナルであり、その可能性なんて自分がわかってないと思ってんのか、俺は当時責任者的立場にあったメンバーに突然関わってこなくなった自分の突然の関わりや意見に対し何らかの嫉妬感があったのではないのか、・・・、そう告げた、運営費の獲得の為素人諸君の為へのせっかくの提案だったのに自らの独立組織強化の意識は薄く代表の意見に頼りきりの体制がよくわかった愚かな判断であった

だとしても権利は自分の行動と責任で掴むもんだ、選手・チームが好きなら、あんた達はボランティア精神からやり直してなんぼや、俺は代表に頼られることはあっても頼る事は準備委員会スタート当初から無い

ある飲食店で自分は彼にそう告げた


関わりたければ、自らがゼロからドアを叩いてみろ、

その勇気も生きざまであるし伝説となる


自分はファーストシーズンの決算を知り、関わらなかった責任を正直痛感した、かなり迷ったが、セカンドシーズンの役員就任はそのみそぎの思いも当然あった

やりきらなければ、サードシーズンは始まらない


長い長いシーズンであった

そんなbjリーグのプレイオフが昨日からスタートしている


基本ホームチームに有利であるが、秋田が初戦をおとした


まだまだこれからが盛り上がり最高潮を向かえるbjリーグである


来年こそは有明ツアーをご提案したいものだ・・・


藤間議長でした

  

Posted by mtc at 11:17Comments(0)

2012年05月05日

増えてきた悪循環

スポーツシーズンが始まって有難い事に大変忙しく、半額セールも今週末までとなった


継続する半額商品や特売品はあるので店内に専門の特売コーナーを作って半額にて販売する予定だが、売場縮小は来週より随時に開始する


そんな盛況の中、現在の当店の力ではどうしようもない悪循環が店頭で聞こえ始めた


例えば、野球グローブ・野球スパイク・サッカースパイク等をインターネットや大型店、県外のお店・昔都城にあったお店等で買われたアイテムの修理や付属備品の購入依頼である


スポーツメーカーのカスタマーセンターに問い合わせる事をオススメするしか出来ない背景には当店では扱っていないメーカーであったり、修理後の保証も出来ない背景があり恩情だけではなかなか私情介入できない、ものスゴい苦情が起こるきっかけとなった事件が過去の経験にもよぎる


結論大変申し訳ないがお受けする事が出来ない、お困りなので、よかれと思い受諾した結末にあそこまでの被害やら苦情まで言われるぐらいならと判断させていただいて致し方ない事情がある


そんな背景を説明してもとにかく明日試合があるからとか、あと一回使うだけとか、嘆願される事も多いが自分は絶対に受ける事は出来ない


かなり可能な場合でも自分が受ければスタッフに依頼されても社長は受けてくれたという事になるので、マニュアルは中々基準の設定が厳しい


このような悪循環を無くす為にはメーカーが発想力を反転させる事を願いたい


大型店の出店によって多くのスポーツメーカーやスポーツ問屋がスポーツ店の淘汰の開始だと語っていた


宮崎・鹿児島等地域によってはまだまだ大型店の出店が続いていて、メーカーや問屋が淘汰を認識するには後数年はかかりそうである

発想力が変われば、その時点で生き残っているスポーツ店は必ずしや何らかの競技の専門店である事であろう

当店は半額セール終了後にインドア競技専門店に向けて強化を開始する、


半額セールによってサッカーと野球・そしてスポーツウェアの在庫を随分と消化する事ができた


ただ縮小するだけなら誰にでも出来る事であるが、ターゲットを絞りこんだ戦略は誰にでもは出来ない


これからの3ヶ月は当店にとって大事な期間となる


消費者の様々な悪循環には申し訳ないが、専門店の登場までにはもう少し時間がかかりそうである


大型店を支持する層は一般有権者のように多く、大型店が撤退した後、更にスポーツ店も専門店もない悲惨な状況になっている地域を沢山みてきた


都城地区は宮崎市内の状況を様々なお店が学習して工夫を凝らしている


都城の賢い小売店は、一度大型店に市場が逃げ、売上が激変した分野に関しては二度と売場を強化する意識や思いはないようである、

仕方ない話かもしれない


競技者の多いサッカーや野球の分野は新たな専門店の登場がないとこれから大変だと思う


藤間議長でした


数年後、当店がサッカーか野球の専門店を新たに開始する可能性はあるかもしれないが、方向性とスクラムを組みたいメーカーは現時点で、実は決まっている、(笑)


こう、ご期待である
  

Posted by mtc at 21:00Comments(0)

2012年05月05日

歴史とズレ

毎年GWに開催されている中学生のカップ戦

大会の冠には、我がシニアチームスクラップと以前当店で店長をされていた方がオーナーのAスポーツさんがスポンサーとなって盛大に開催されている

年下で自分から言うのも申し訳ないが、当店のスポーツ部門の地固めをされてきた方で商売に関するアイデアや行動力も尊敬していた

高校や大学の時実家に帰っていると、よく早朝野球に誘われたものだ


自分が商売に宮崎に帰る際に退職されたが多分何らかの事情があっての事だとは自分的にはずっと思っている事がある


自分は宮崎に就職に帰るとは言ったが、都城に帰るとは実はこれっぽっちも考えてはいなかった、数ヶ月で宮崎だと言われてかなり低給料で都城勤務になり、それも自宅勤務に呆れた処置は何十年たった今でも忘れられない


自分的には大嫌いな変に責任感のある性格が働いて、崩れまくっていた都城のお店の状態が我慢出来ずに様々な改革を断行した・・・

結果的に沢山のメンバーが居心地が悪くなったり、多分福岡・宮崎の感覚を持ちこまれる可能性に反発はありありと感じた


ズレの始まりであった(笑)

当時アメリカンスポカジと言われている流れを都城に初めて持ち込みたいと考えていた自分の感覚が理解されるはずもなく、例えば、ヘインズの3枚パックTシャツを販売用に仕入れた時にスタッフ全員から物凄く馬鹿にされた事は忘れられない


8時半に開店する形式は悪くはないが、誰も歩いていない商店街をこの時間に開店させる意味は全くわからなかった


8時出社で掃除して8時20分から体操して朝礼、広告代理店からの切り替えは正直大変な感覚もあった


早い開店は悪いとは言わないが開店してからの仕事内容やその姿勢に大問題が存在した、店開けてから新聞読んでいる当時のゴルフ部長に何度くってかかったことやら・・・(笑)


だから変えた、士気の上がらないお調子なやり方は根本的に好きではなく、とりあえず働いているならこの先覚悟は絶対だよ、


かなり目障り者だったようで、先輩男女のほとんどが1年以内に退職した


大変だった、何も知らないほぼ3人のスポーツ店が始まった


外商とゴルフ部はマイペースだったので、スポーツはとにかく3人でやるしかなかった

スポーツ用品を根本的に知らなかった自分はとにかく毎日総合カタログに目を通した、修理もテニス・卓球等のガット・ラバーの張り替えもグローブの型付けもマニュアルからの我流であり、自分なりの独特の感覚を持っている


この歳になっても、思うが我流とは最高である


独特の感覚やマニュアルを越えた能力あるものには絶対的にひかれる(笑)


こう言っては問題発言なのだろうが、いつ1人になってもお店は開けられる感覚と覚悟がなければ小売商売の社長は絶対に継続出来ない


知識と経験と覚悟に勝る差別化は世界中どこでも言葉は通じなくても大丈夫だと確信している


若い時に世界を知った感覚とそのジレンマに向き合い続けてこの歳になった


プロスポーツチームが存在する歴史が浅いようにその関わり方や関わらせ方にも決まりきった思考があって当然だと自分は思っている

ただ決まりきったスタイルに同化する為に始めた覚悟ではない事だけははっきりと発信させていただく


耳を疑う事を平気で言っている奴も問題だが、それをまともだと聞き入れられている理想論も聞いていて大変である


きっと皆それぞれに理想の型や理想像がきっとあったのだろうと自分は推測している


それは裏返せばファン心理なのであるとも思っている

藤間議長でした


ズレは早い内に修正すべきで、その変化に対応出来るものでなければ関わらない方が賢明とも思ってセカンドシーズンを乗り越えてきた


未熟な部分があって当然なのだが、正直セカンドシーズンの残像よりもサードシーズンへの準備を最優先に考えている


自分も代表もセカンドシーズンの終わりに余韻の涙もやりきった満足感もなかった


その本音の答えが今から始まる・・・
  

Posted by mtc at 01:56Comments(0)

2012年05月02日

二股騒動

昨日の完全休養日、久しぶりにテレビのワイドショーをちょっと観た


話題になっていたのはよく知らない男優さんの二股騒動


二股をかけられていた富永愛が有名すぎて話題となったのか、?


自分の知らない男優さんが有名で話題となっているのかわからないまま、とりあえず興味なしと昨日は映画に切り替えた・・・(笑)


そして、今日、先ほどの昼食待ちに未だやっていたワイドショーでのこの話題、

テレビの前で泣いて詫びる草食系俳優くんの名前を初めて知った


名前は塩谷瞬

映画パッチギに出演していたようだが、残念ながらピンとわからなかった


パッチギなんて10回以上確実に観ているのに、映画での印象力と普段とのギャップは難しいものだ、


更に驚いたのは塩谷瞬くんはパッチギで新人賞を獲得していたようで大変失礼した・・・(笑)


もしかして主人公だった高校生役の男の子かなぁ?


パッチギって何年前だっけ2004年ぐらいかなぁ〜?


とにかくパッチギの沢尻エリカに心奪われ何回も観たオタク野郎諸君は同世代に絶対多いはずだ・・・(笑)

懐かしいから又観てみたくなった


藤間議長でした


そういえば、パッチギ2って観ていない


沢尻エリカが出ないパッチギなんてって観なかったけど、今度観てみようと思う

二股騒動、女性的視点の問題もわかるが、塩谷瞬くんはこのキャラで売れっ子男優になってほしいものだ、

芸能界とは逆境を味方に変えられる人達で凌ぎあっている世界だと思う・・・
  

Posted by mtc at 15:12Comments(0)