みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
mtc
mtc

2013年02月28日

2月末

今日で2月が終わる


スポーツの商売は冬のアパレルの納品を12月に終えると、1月、2月はほとんどが一般対応の商売となり、用途を必死に作るか、在庫品を売るか、売上の確保が厳しく、売掛回収が悪かった時代は手形支払いの現金確保の厳しさに眠れない日々も実際に続いた


売掛販売を薄利多売する担当者に対しストレスは高く独立してほしいものだと本音で思っていた


現在の当店は確かに売上の確保は厳しいが、支払い手形があるから無理な入札で納品を取ったり、利益のとれない納品を受注したりはしない





やり方は単純明解で売掛金もほとんど無くなった


ただ現実問題として収入がなければ生活をしていけないので、1月から3月はこの先の将来の大きな分岐点になると、自分の人生を真剣に考える日々にしたいと考えていた


サンズに関しては今シーズンを持って、運営への関わりをやめる、ビジネスパートナーとしての可能性はゼロではないが、お付き合いは条件次第だと決めた


本業は野球というキーワードでちょっと考えている事があって、ジョグステーション同様にスポーツを新しい切り口から考えてみようと思っている


サンズの活動で感謝している事は沢山あって、サンズをきっかけにお知り合いになった方々と、どう自分の新しい発想力と結びつけていくのかは今後の行動力と器量次第である


ノルディックウォーキング協会の理事長は後1年は継続する事を伝えた、


この事業に関しては切り口としてあと1つやり残している事があるので、その部分の開拓に頑張りたいと思っている


春が終わると実はあと1つ柱となる営業を既に考えていて、その収入は自分の生活の大きな柱となる部分にしたいと考えている


多分、自分が考えている事を考えている人は少なく、まぁ、俺って相変わらず人とは違う事を思いつくもんだと正直感心したりもする

商売のキーワードは用途であり必要だと思われている部分が大きければ自然と良い方向性は見えてくるものでもある


方向性への挑戦には期間の区切りという基準を自分がどう設定するのかという事が大事な要素で、自分の場合スポーツ店の方向性の基準の舵を誰よりもいち早くきった


現在スポーツ店としての形を残せているのはその分岐点を変化でしのいだ結果でもある





沢山のスポーツ店仲間がこの10年間に商売をやめた、ヒマラヤという大型店の地方への出店とインターネット通販の普及は大きな要因となった


自分も消費者の1人なので消費者がどこでどのように誰から買うのかは自由であり、束縛されたり、決めつけられたりする事はあってはならない


売る側も同様でいくら要望を言われても採算性に問題があればその希望に答えるサービスをする必要はない

ただでさえ売れない時期に売場にいると様々な要望もお聞きするが、残念ながら昔のような品揃えに戻るなんて事は時代背景的にもあり得ない


20万人近く人口がいる街の中心街で唯一のデパートが倒れた街という認識は市民にはまだまだ危機感として他人事であるようだ


自分が聞いている噂の情報ではデパートの建物を取り壊し、多目的広場とするのか、再び建築するのか定かではないが、中心街の再生無くして街の魅力作りは大成しないとようやく動きだそうとしているようだ


時代は確かにショッピングセンターやモールに集客率があるが、様々に当たり前のように時代の変化は突然やってくる


競争力の高い街では当たり前のように大型ショッピングセンターの閉店後の跡地や大型パチンコ店の跡地が存在している


都城の場合は街の中心部にある病院や銀行から国道沿いに駐車場の入口を設定する基準へと変化が始まっている


この変化は街中に駐車場の存在感を意識づけ何らかの消費者の動きに変化を与える可能性だってあるかもしれない


駐車場がみえる変化は駐車場が少ないし、分かりにくいとされていた中心部に魅力的なエリアさえあれば、・・・という集客への可能性を引き出すかもしれない

藤間議長でした





そんな視点で色々に物事を冷静に見つめ自分のやりたい事や方向性をしっかりと考える期間は大事な事で、一度しかない人生に様々な転換は当たり前の事だと割り切れる強さこそ人間力の成長だと考えたいものだ
  

Posted by mtc at 12:14Comments(0)

2013年02月27日

前田退社

テレビ朝日の前田有紀アナウンサーが退社されるらしい


理由は寿退社ではなく、留学による退社と発表されていた


前田アナも32歳、そろそろ結婚かなぁ、と周りも思っていただけに多分関係者もそっちの方向なの・・・と困惑がみえる





テレビ朝日社長より直々にもったいないというコメントがでただけにテレビ朝日にとって強い存在感のある女性アナウンサーであったという事であろう


やべっちFCは宮崎では放送がない為にほとんど馴染みが無い人が多いが、サッカー番組としての長寿番組だし、様々な視点からサッカーの楽しみ方を伝えてくれる番組である


やべっちFC=前田アナだったし、矢部浩之とのコンビも面白かっただけに個人的にも残念である





最近サッカーから興味が随分と薄れていて、やべっちFCも随分と見ていないが、残念だから前田アナウンサーの番組卒業まで、出来るだけ観たいと思う


藤間議長でした





そういえば土曜だっけ ?

日曜日だっけ ?


夜11時ぐらいだったよな?


  

Posted by mtc at 10:09Comments(0)

2013年02月27日

寄り道

福岡に滞在する事3日


満喫した日々を過ごした


久しぶりの同じ世代や同級生、そして業界の戦友達との会食


自分の過ごした最近3年間の空白期間、そしてやってきたこれまで、離婚、今考えているこれからの事等々沢山話した


期間中とにかく自分は楽しくて笑っていた、今回宿泊を予約していたホテルも、大浴場があって朝からゆっくりとくつろぐ事ができた

朝風呂に入れる環境、朝食が作られている事自体も主婦のようだが幸せだった


離婚前から夫婦でも数年間旅行らしい旅行にもいってないので、1人旅であっても新鮮だった


福岡の奴らは自分が宮崎でやっている事なんて何も知らない


スポーツ店を普通にやっているぐらいにしか当然思っていなかった


スポーツ業界の戦友とは時代の流れを複雑に語りあったが、同級生達もなぜか同じような励ましに近い言葉を自分に投げ掛けた


寄り道だったと思えばいいじゃん






ストレスだらけの期間だった事はかなり伝わったようだ・・・


プロバスケの設立の挑戦に参加した初めに見た夢や理想は明らかに今の状況とは違った


街づくりオーバルの設立の初めに見た夢や理想も当然今の状況とは違った


オーバルを作る前も、プロバスケの活動に参加する前もこの場所にきた


福岡滞在時代に一番感動したこの場所に、これまでの人生度々に訪れて展望出来る頂点まで登ってきた


展望頂点までは15分ぐらいで登れるので、将来ある時期が来てこの周辺に住んだら毎日登る事を日課にしたいと思っている


振り返るとこの数年間で変わった事は相手からしてみると当然あって、タバコをやめている事にもビックリしていたし、ゴルフの年間の数や独自のゴルフ理論にも驚いていた


まだバスケットが現役である事にも確かに驚いていたが、体重の事も考えた方がいいと指摘され、そりゃそうだと納得もした (笑)


藤間議長でした






この数年間の寄り道が先々自分の人生の中でどんな思い出になっていくのかわからないが、3年以上やって駄目だったり、成果が厳しかったりした事が転換する可能性は冷静に分析すればわかる事だと、誰に言われなくても何か自分なりに納得がする事ができた日々になった


今回再会した数十人、誰しも福岡のプロバスケチーム、ライジング福岡の試合に観戦に行った事はなかったし、Jリーグのアビスパ福岡でさえ観戦に行ってなかった


唯一ソフトバンクのみが影響力が高く、ほとんどの奴が観戦経験があった事に驚かされた


ただ、今回の侍ジャパンの試合が今週末に福岡である事は誰も知らなかった


ナンなんだ、・・・、福岡はやっぱり不思議な街である



  

Posted by mtc at 01:15Comments(0)

2013年02月25日

福岡の日曜日

久しぶりの福岡の夜


日曜日に福岡にいるのも何年ぶりの事だろう


福岡は駅前の景観が随分と変わりまるで大阪のようだ

AMUと阪急をぶらぶら歩いてみたが、よく考えるとそんな買い物気分のウインドウショッピングもかなり久しぶりな事に気付いた


やはり久しぶりな事をすると、どっと疲れる (笑)


久しぶりと言えば今日は久しぶりのゴルフ、約1ヶ月ぶりである


バスケットの突き指の負傷に加え、この間みぞうちをくらった肋骨が痛い


藤間議長でした





今年は誰かさんが予想した通り、負傷続きである


それにしても福岡と言えど日曜日は静かである・・・
  

Posted by mtc at 08:34Comments(0)

2013年02月24日

貴重な人

誰にでもではないかもしれないが、自分にとって大事な人がいる


自分にとって大事な人と、貴重な人はニュアンスがちょっと異なる


大事という事は宝物のような存在で失いたくはない人

貴重なという基準は宝物には近いが失うかもしれないと判断している存在


貴重なという表現力の方がインパクトがあってこだわりが強いイメージを与える漢字の持つ型のイメージが脳に与えてきた連想力の差なのであろう





自分にとっての貴重な存在といえる人は誰にでもは当然存在しないだろうが、自分の第二の故郷、福岡にその人はいた


その人との出会いがあったから頑張ってこれたし、いつ再会してもいいようにいつも思ってもいる


この貴重の度合いは自分視点でもあって双方の思いとは限らない・・・(笑)


ただそんな存在があるという事はないよりは有難いとは思えている


今日は約1年振りに福岡に向かっている、最近は福岡に行ってもバタバタに帰る事が多かったので久しぶりに変化した街並みを探索してみたいと思っている


藤間議長でした





当然貴重な人との再会を期待しながら・・・


柴咲コウには正直似てないが役柄の雰囲気はいつも彼女を思い出させる
  

Posted by mtc at 09:39Comments(0)

2013年02月23日

WBCにむけて( 後半)

いよいよ今日からWBC本大会に向けた最終調整の壮行試合が開始される




週末2試合がオーストラリア戦


来週が阪神、巨人戦


組織的開幕戦3月2日のブラジル戦へと続く


決定戦まで日本が進めば、19日までなので、長期間の戦いとなる






日本の日程は先ずは第一次ラウンドを福岡ヤフードームにてブラジル、中国、キューバと対戦する


日本の上位2チームの成績は間違いないと思うが、AからDパートの上位2チームが第二次ラウンドに進む


3月8日から開催される第二次ラウンドは東京とマイアミで開催され、日本は東京でBパートの上位2チームを含めた4チームで12日まで総当たりで戦う


予想される4チームは日本、キューバ、韓国、オーストラリア、もしくは台北だと思うが、台北はチャンが代表に登録されていないので厳しい戦いなのではないだろうか


チャン不参加の理由は日本のメジャーリーガー達がこぞって理由づけた大リーグリーグ戦への調整ではなく子供達と過ごしたいから、・・・国民性の違いがこんなところにもとって見える

日本の真剣勝負は8日からの第二次ラウンドが予想されているが、とにかく上位の2チームに残る為には2勝しなければ安全圏ではない

上位の2チームは日本のパートの場合決勝ラウンドまで5日間日程が空くので日程的には有利なのではないのだろうか


決勝ラウンドはサンフランシスコのAT&Aパークで17日から開催される予定で19日が決勝戦という事になっている


3連覇をかけた戦いがその決勝戦までつながっている事を期待したいものだ


放送されるならばC、Dパートの戦いにも注目で予想される第二次ラウンドの上位4チームの戦いはどの試合も見逃せない


数多くのメジャーリーガーが不参加を表面したとしてもスゴいメンバーが揃っている


自分が予想するベネズエラ、ドミニカ、アメリカ、メキシコの戦いから上位2チームは全く想定出来ない

韓国も日本同様に大リーガーの主力級が今回欠場しているだけに安泰ではない


ものスゴい盛り上がりが期待されるだけに日本代表チームの活躍を願いたい


藤間議長でした





こんな注目された大会の場合、必ず大会のラッキーボーイ的存在の選手が登場するが、日本代表選手であってほしい・・・


  

Posted by mtc at 13:57Comments(0)

2013年02月22日

アヤカ

本名宮尾綾香


上戸彩に似ているとして、注文されている美人ボクサーである


アヤカは既に世界チャンピオン、26日に開催されるタイトルマッチは初防衛戦になる







その初防衛戦が地上波で放送される事が決まっているようで女子の世界戦としては初めての試みとなるらしい


対戦相手の秋田屋とは昨年世界王座挑戦者決定戦以来の再戦となる


宮崎で放送されるかは微妙だが、深夜での録画放送だという事なので鹿児島放送で放送される事を期待したい





藤間議長でした





女子のビジュアル系対決に是非とも注目してほしいものである



  

Posted by mtc at 13:34Comments(0)

2013年02月21日

反動

大問題となり回収となっているウイルスプロテクター

全国規模の回収総数は30万個を越えている話である





30万人がウイルスプロテクターに頼っていたという背景にものスゴい反動が引き起こらない方がおかしい




正規な商品で中国製とは異なるウイルスブロッカーにお客様が集中するのは既に見えている話で、花粉症への効果もテレビで言われているだけに来週あたりからものスゴい事になりそうだ

藤間議長でした




何事も反動の方が恐ろしい




  

Posted by mtc at 18:48Comments(0)

2013年02月21日

WBCまでに( 前編)

昨夜晩酌をしたお店で一緒になったお客様がWBCの話題を持ち出し、今回は盛り上がらないでしょうね、


と寂しい事をおっしゃられた





気になったのでどちらからお越しですか、と聞くと、宮崎市内からという事で、盛り上がるも盛り上がらんもテレビ放送がTBSとテレビ朝日系列なので宮崎市内の場合残念ながらケーブル契約してない家では見れないんですね・・・と申し上げると、唖然とした顔をしておられた


見れない可能性は頭になかったらしい・・・(笑)





はっきり言って宮崎市内の場合様々なスポーツの試合をタイムリーに絶対的に観れていない文化環境なので、文化の改革という点では大変な実情でもある


これまで日本全土で注目の試合の放送がなくて、しょうがない話に宮崎の民放局に抗議の電話はその時はスゴいらしいが、時が過ぎればこんな感覚である


鹿児島のスポーツ意識の影響の強い都城でのケーブルテレビの普及率はケーブルに加入しなくても鹿児島のテレビが観れる地域が多いのにも関わらず高い


地域でこんだけ意識が異なる県も全国的に少ないのではないのだろうか・・・


WBCの初戦は3月2日に福岡ドームでブラジル戦を皮切りに開幕となるが、土曜日から壮行試合オーストラリア戦、阪神戦、巨人戦と組まれていて果たして宮崎で放送があるのかはビミョーな感じである


代表選出が決まり過去のWBC本戦を経験しているメンバーは当然少なく、日の丸を初めて背負うプレッシャーは過去の松坂、ダルビッシュにおいても相当の緊張感だった光景を画面を通じて観てきた


当然連覇がかかっているし、出場に対し色々とあっただけに、出る以上は絶対にチャンピオンのプライドを持って負けられない戦いであるはずである


選手達にとっては世界へのアピールともなるし、相手国の戦力もメジャー選手の辞退選手は数多く、お互いの戦力は均衡した戦いとなるに違いない


優勝できるかは、スポーツだけに絶対はなく、やってみなければ実力が均衡していればわからないので結構面白くなると個人的には思っている




藤間議長でした


韓国もアメリカも南米も、かなりの主力級が辞退している事はあまり報道されていない




  

Posted by mtc at 14:27Comments(0)

2013年02月20日

受験シーズン

今週末、約1年ぶりに福岡に行く


福岡に泊まるのは3年ぶりにもなる


あんなに毎週毎週嫌なぐらい福岡と宮崎を往復していたのに随分と疎遠になったもんだ・・・







そんな福岡に本当は金曜日ぐらいから行ってしばらく満喫しようと思っていたのだが、今は受験シーズンで天神、博多駅周辺の標準レベルのホテルは全く取れなかった


そりゃそうだ、学校関係の広告代理店にいたのに、そんなシーズンの現状の部分なんて少しも考えていなかった


情けない話で、へこむぐらいボケの始まりを感じる





まぁ、いれていた予定が月曜日だったので日曜日からの宿泊は確保できたが、それもギリギリだった(笑)


危ない危ない・・・





福岡は第二の故郷、海外に向かう前に福岡での生活が数年出来る事は理想である

福岡からアジアに飛んで、アジアからイギリスへの空路を活用した方が移動経費は全然安い


日本発着の空路はとにかく高い




藤間議長でした









福岡という街はとにかくアジア諸国との交流がすすんでいて国際色な部分を生活する事で感じる事が出来る

もしかしたら年代によっては福岡のイメージは随分と異なるのかもしれない


福岡に人が集まる理由は、ただ1つ


魅力的な街づくりもベースだが、人と人との交流が進化している街だと度々に思う


宮崎は住みやすい街ではあると思うが、県内地域関係に福岡とはちょっと異なる地域性を思う事が稀にある

福岡にも比較意識がないわけではないが、何かちょっと違うような気がする・・・


北九州市もどんどん魅力的な街に変わってきている







  

Posted by mtc at 15:59Comments(0)

2013年02月20日

CP3

毎年NBAのオールスター戦は欠かす事なく観る


今年のMVPはCP3ことクリスポール









あのマイケルジョーダンのバースデーに開催された今年のオールスターゲームにブランドジョーダンの契約選手が選出されたのも奇遇なストーリーとなった





もしかしたらプレゼンターサプライズ登場があったりしてと思ったりもした(笑)

クリスポールのポジションはバスケットで一番ポジションと言われているガード

NBAのオールスターゲームで、ガードの選手がMVPを獲得するなんて事は相当な星の下に生まれてきたプレイヤーでなければあり得ない事である







CP3も鳴り物入りでNBA入りしたが彼も早いもので29歳今年はLAクリッパーズに移籍して優勝候補に挙げられるシーズンを過ごしていて今バスケット人生の最高潮を向かえているような気がする





是非ともチャンピオンになってシーズンMVPも獲得してほしいものだ


彼はジョーダンブランド契約プレイヤーではあるが、ノースカロライナ大学出身ではなく、ノースカロライナ州の出身である・・・







藤間議長でした


愛称CP3は名前と背番号へのこだわりから称されているが、大好きで得意なボーリングのターキー等、3回連続の名称等、ボーリングに関連するイメージからその番号にこだわっているとも言われている・・・




  

Posted by mtc at 11:37Comments(0)

2013年02月19日

犯人

世田谷一家殺人事件の犯人はまだ捕まっていない


あの島根の女子大生殺人事件の犯人もである


人々の記憶に鮮明に残っている事件が未解決である事は気分のいい話ではない







例えば透視によって公開された犯人の似顔絵はそれなりの反響を社会に及ぼして捜査を混乱させているのかもしれない


中野オタク仲間達がテレビ放送の後冗談半分で似ている奴を挙げて盛り上がっていた


自分はそのテレビを観ていなくて、たまたまその画像を昨日入手した


確かに誰かに似ている


誰だっけ・・・(笑)





藤間議長でした


犯人に興味がないわけではないが、やはり気になるのはその動機でもある・・・






  

Posted by mtc at 12:56Comments(0)

2013年02月18日

サム〓イジャパン

7対0





サムライジャパン日本代表チームの安打は、たったの3安打、


4回以降は1人のランナーも出せないお寒い結果に、

あるコメンテーターが、

オサムイジャパンとラジオで言っていた






相手の広島は9安打プラス、4球も6つを選び15人塁に出て7点、確立の高い戦いである


広島はプレイオフに残ったチームではないし、日本代表候補のピッチャー2人が投げたのは初回から3回のみ、以降、代表外のベンチ争いの広島投手陣に完全に押さえられた結果にはかなりの非難が次回の練習試合次第では噴出しそうである

投手陣に関しては、やはり自分の不安が的中した通りで、曖昧かつ不慣れなコーチングスタッフは選考段階で誰が考えても当確の主力の投手陣を投球させた


当確線上の選手達で臨むべき練習試合で、素人的な興行的発想力で試合を進めてしまったのは明らかに今後のシナリオにもズレを引き起こしてしまう可能性も高くある


今日の練習試合西武戦が雨で中止になった場合、代表選出は20日にずれ込むと聞いて又呆れた


試合しなくても別にいい話で西武戦は非公開だったので、紅白戦数試合でとっとと決めればよい話である





散々な結果の無安打の打者被安打を打たれた投手を代表から外す話ではないだけにつまらない茶番は時間の無駄のように見えるし、競争らしい起用をすべきだと考える


山本浩二監督の新聞発表のコメントに、今日は許すが、次からは許さんぞとのコメントを聞いてかなり先行きが不安になった


許す、許さんの問題ではないでしょう・・・、お遊戯会、発表会ではない、今日自分が納得出来なかった選手は代表から外されても仕方ない、ぐらいの発言力のリーダーシップがなければ厳しい戦いに絶対に勝てないと思う


藤間議長でした





このプロフェッショナルな時代に時代錯誤な分析力に怒りさえこみあげてくる
  

Posted by mtc at 15:37Comments(0)

2013年02月18日

設営と撤収

宮崎シャイ二ングサンズの興行は金曜日の設営に始まり、日曜日の撤収に終わる

売店も出店しているので、その商品の準備を考えると数週間前からの準備ともなる





初年度運営会社には関わらなかったが売店にてバスケット関連商品を並べる事で後々何らかの関わり合いにプラスになるのではないかと出店料の代わりに設営のヘルプをする事で当時の担当GMと契約を結んだ


開幕当初運営会社出店売店のサンズグッズのコーナーはホントよく売れていて、離れの自分のコーナーはスタート当初何の売場・・・?、という厳しい売上ゼロに近い現実であった


売店の場合はやっぱり場所が売上には大きく左右するが、本音後々の事を考えてサンズグッズ販売の場所は一番目立つ場所にあるとして、その他の場所で売上に結びつく場所を想定して各会場色んな場所に売店を出してみた初年度でもあった

間接的にある方に伝達された事を又聞きした事だが、当時自分の売店は売上がどんどん下がっていくサンズグッズの売場に対して、品揃えで来場者のハートを掴みそれなりの賑わいを実現させた


自分はおいしい商売をやって稼いでいると運営スタッフ間には思われていたようだ





サンズグッズとオリジナルグッズの販売競争に勝利した背景は、根本的に発想力甘いよねという当時の体質や、手法への警告の意識は正直なところあった


設営の意識もだらだらで、それなりの給料所得のあるメンバーの設営姿勢ではなかった光景をボランティア意識であった自分は目撃してきている


現在のサンズの設営や撤収はきびきびしていて当時とは180度異なる事は自分達の誇りでもある





撤収に関しても作業をしているメンバーは黙々と作業をこなし、ボランティアのヘルプもあって試合終了後2時間ほどで全てを完了させるプロフェッショナルと称されるべきスピードだと思う





現在の営業力の厳しさから当時の営業を戻す案があり間接的に聞いたが、設営・撤収には個人的には規律や雰囲気が乱れ全く不要なので、契約賃金出来高制で営業部のみを構成してみるのは悪くないと意見を述べた、彼らが設営撤収に戻るのならば自分は設営撤収から完全撤退して売店のみとさせていただく覚悟があるぐらい、あの忘れられない日がある限りNOである


結果的にはそのような流れにはならなかったが様々な分岐点に節穴ほど怖いものはない


藤間議長でした





出筆に向けて、これまでの事の整理を始めているが、読み返すと色々あった光景が回想されてやっぱり面白い・・・





  

Posted by mtc at 12:26Comments(0)

2013年02月16日

ノーミズノ

先日ミズノと小売業との取引関係の今後の問題点を書き込んだが、どうもミズノの現在の戦略はどっか片寄りがちな戦略を推し進める担当者が在社するようだ


今日届けられた業界新聞のトップ記事に驚いたのは、沖縄県のプロ野球キャンプ誘致観光推進事業にミズノが全面的に協力するという内容であった


沖縄市内の観光ホテルに、WBC日本代表の関連商品をブースを作って飾り付けるようである





WBCの代表キャンプは宮崎だし、プロ野球キャンプの誘致に関しては沖縄と宮崎は競争している意識が絶対的にある


筋道としてはWBCのブースは宮崎のホテルに作るべきで、沖縄には違う企画案で提案する事が礼儀だと思う

鈍感というか、宮崎内にてミズノ非買運動が起きてもおかしくない事をよく堂々と平気でやるもんだ








プロ野球を含めスポーツチームのキャンプは宮崎の場合施設への投資等、行政の理想は屋外スポーツキャンプ誘致が頭の根本にある


アリーナ等々、大規模なインドアスポーツ施設は中々建築計画が進展していない

国体や世界的な大会の誘致でもない限り今後とも多きな進展はない事だろう





実は、都城でなぜサンズを始めたかに対し、1つ確実に言える事があるとすれば都城市営体育館、三股の体育館、この2つの体育館は人口に対し用途や意図を考えれば新築が必要な時期に近づいている


サンズのようなインドア競技のプロスポーツチームがある事で都城近隣にアリーナ等のインドア施設の建築が進めば全国的なインドア競技の誘致は南九州内では貴重な地域となり、昨年のオリンピックでも盛り上がった体操競技等、中々九州では観戦出来なかったスポーツ興行も可能となる背景があった


都城においてインドア競技の必要性や重要性を強くアピールする事が予想以上に厳しく現在に至っている事が現実でもある









中々うまくはいかないものだ


藤間議長でした





ミズノの筋違いなこの戦略も微妙な成果となり宮崎県内で反ミズノの声が高くなれば、結果的被害をこうむるのは底辺の小売業である

本当に最初のミズノの発想は、迷惑な事を様々に一方的に取り決めてやってくれるもんだ


個人的には、ノーミズノの意識が日々に高まっている



  

Posted by mtc at 12:58Comments(0)

2013年02月16日

隕石

昨日、宮崎シャイ二ングサンズの試合会場設営中


食事休憩の際にメールをチェックしていると


ものすごい数の中野オタク仲間達からのメール競演


原因はあの隕石落下


夜分に映像を見たが確かに凄かった





リアルな映像なだけに衝撃的だし、映画等でCGで映像化されているシーンはかなりリアリティーである事がわかった


基本小さな隕石は日常的に落下している事だし、家に隕石が落ちた知り合いの知り合いもいる


隕石は、基本、宇宙何とか機構が買い取ってくれるらしいが、家の補修まではその対象保険でなければ自費となると昔聞いた


今回のようなリアルな事態があと数回起こると、隕石保険も登場するかもしれない





通常、隕石は大気圏内爆発でもっと小さな物体に分裂するのであろうが、今回の事で観測情報が伝達不可能である事が世界的に実証された


という事は、突然未確認飛行物体が現れる事もなきにしもあらずという事である

昨日の奴らの討論会は深夜まで続き、ジョンタイラーの予言通りだとか、UFOまじ来るぞとか、地下に逃げるとか、しまいには安全なのは小島論まで飛びだした

(笑)






藤間議長でした


自分的には小島は地震でイチコロとだけ投稿した


ホント、まだまだ色んな事がありそうだ・・・




  

Posted by mtc at 10:23Comments(0)

2013年02月15日

キャンプ

宮崎では今日からWBC日本代表の宮崎キャンプが21日まで約一週間開催される


集結したサムライ達の中から確か28名が今回絞りこまれるはずでサバイバル競争という訳である

その選手達を決めるのはファンではなくコーチングスタッフである


自分もレベルは違うが都城代表のバスケットチームの代表選手を率いた際に誰を15名選択するのかキャプテンと迷い決断してきた


WBCのレベルであっても先ずはチームリーダーを決めキャプテンを含めた形で選手を選抜していった方が、コミュニケーションは早いように思える


個人的な現日本代表チームの不安はコーチングスタッフであり、随分と現場を離れ安泰な解説者生活をしている方々で本当に厳しい戦いに様々な決定力を発揮できるのか


代表選手はプロ野球チーム各チームのバランスを当然考慮するだろうし、その場合各選手に役割と期待がなければならないし、何よりも難しいのはその起用方法とタイミングだと思う


いくら代表に選抜されても必ずやレギュラーと控え、という基準は作られる


チームバランスの競争をこの短い期間にまとめるのは容易な話ではない


大リーグ在籍の選手がいなくても日本代表チームは野球がお家芸である以上強くなければならない


底辺の競技者競争において野球といえど安泰ではない環境になってきている事が現実でもある





サッカーのように、影響力のある存在となれるのか?

国内の選手達にそのプレッシャーがのしかかる


前回のWBCでユニフォームがぶっちぎりに売れたのはイチロー、ついでダルビッシュ、原監督である


その他の選手達の影響力は正直横一線であった


今回の顔ぶれをみてジャイアンツの選手達が異常に選定されている現実がある


人気から言えば国内では最前線の選手達だが、彼等のWBCのレプリカユニフォームが売れるのか・・・


ビミョーでもある


藤間議長でした





日本の場合その辺りの反応がリアルで強く活躍してくれないと、利益につながるような売上を記録したりはしない


そういう意味ではわかりやすいシビアな市場でもある

  

Posted by mtc at 10:01Comments(0)

2013年02月14日

IOC-後編

オリンピック五輪は大陸を表した5色、青-オセアニア黄-アジア、黒-アフリカ、緑-ヨーロッパ、赤-アメリカ、
そして自然現象、青は水、黄は砂、黒は土、緑は木、赤は火を表す




更に何色が何を示してあるのか忘れたがスポーツの原則となる情熱、水分、体力技術、栄養を5色で表すとオリンピック博物館に記載されてあった





アマチュア主義であったオリンピックは1984年のロス五輪を契機にショーアップやスポンサードを重要視するようになりサマランチ会長のより意識的な商業主義により更に開催地の景気を影響させるイベントに変化していったと言われている

一方で加速しすぎた商業主義によって賄賂の問題等、社会影響の強い課題等も浮き彫りになっているのも現状である





国民感情としてはオリンピックが景気回復の足掛かりとなる期待もあるのかもしれないが、オリンピックに投資される税金を考えるとやっぱり東京集中の影響力が強くなる事で、果たして地域に何が還元される計画なのか、そこの部分は開催に関し疑問視される部分でもある


現在問題視されている体罰の問題はオリンピック誘致に必ずや悪影響となっているし、日本のお家芸野球、ソフトは競技種目になく、更にレスリングも除外という事になれば、盛り上がる事自体が不思議な感覚にもなる

開催が6年後となればアスリート達もメンバーが様変わりする事だろうし、日本が国民に影響を与えるチーム力を発揮する可能性は未だ何も見えていない





現在の世界レベルの力量から言えばサッカーは世界レベルで強くなっている期待が高いが、サッカーがベースならばサッカーワールドカップを誘致した方が経済効果はものすごい事等、多分素人にでもわかる(笑)

何度も言うが、日本バスケット界は2004年に誘致したバスケット世界選手権の興行の大失敗から協会に対立が起こり分裂となり様々な事を経緯して現在に至る、まだまだ強化等、残念ながら失われた数年間の世界との差はカバーできていないように感じている





もしもオリンピック開催が決定となっても盛り上がらなければ大変なつけが待っているリスクをもう少し真剣に国民に全般的に議論すべきであるような気はする

オリンピックであるだけに他人事ではなく失敗は許されない事業なのである


藤間議長でした





昨今、元自民党議員の加藤鉱一氏が、あの拉致被害者を一度北朝鮮に戻すべきだと仰天の発言をした衝撃に近い発言を最近なされた


本当に中国はレーダ−を向けたのか?、政府の情報ミスではないのかと発言した

こんな責任のない発言をする政治家がまだまだいる国で本当にオリンピックが開催されて景気回復につながる事業となるのか・・・





正直、まだまだ疑問である
  

Posted by mtc at 18:26Comments(0)

2013年02月13日

IOC 前編

IOCの事務局はスイスのローザンヌにある





ハーフマラソンとしては、楽々の最高タイムでゴールしたローザンヌハーフマラソンに出場のは14年ほど前

僕らマラソン仲間同士は未だお互い独身、最後の海外マラソン出場となった


ハーフマラソンにしたのはマラソン仲間の調整不足の為だったが、自分はランナーとして型を極め始めた頃だった


ローザンヌハーフマラソン出場を最後に海外マラソン挑戦は終わりお互い結婚して次の海外はお互いの伴侶と向かう生活となった


マラソンを通じて国外の色んなところに行ったけど、スイスの思い出はちょっと特別で、オーバルもスタートのつまずきから色々あった時期だったし、結婚に関しても本当に彼女でいいのか悩んでいた時でもあった

当時周りの人間関係以上に自分の彼女への思いを優先した当時の判断は、絶対に後悔しないと思っていた


当時いつも海外に向かう渡航中に飛行機の中で記録していたマラソン日記には複雑な彼女とあの方の絆のような感情への不安が書き留めてあった


ただスイスで観たマッターホルンの絶景は自分で選んだ道ならば、どんな苦難にも負けないと思わせてくれるような風景で、いまでも深く刻みこまれている


中立国であるスイスにIOCがある意義はFIFA同様に深く、その提唱されているオリンピック開催の趣旨は世界平和への発展にある


そんなオリンピックが東京で再び開催される為の期待が国民感情としてもどんどん盛り上がっているようで今年の9月に決定される


今回のレスリングの除名に対する考え方は多分IOCの事務局に観光で行った事がある方ならおわかりかと思うが、レスリングの歴史的なある方のユニフォームがディスプレイされていた、第1回目から競技種目にある競技で人気もかなり最下部ではないだけに今回の除名競技への選択に日本は政治レベルで可能性ある限り納得のいく説明の必要性を交渉すべきではないのだろうかとは思う


歴史的国民栄誉賞の表彰者がレスリング競技種目に存在する以上、レスリングという競技がもし東京オリンピックから外れる事態となれば異常な判断基準をIOCの内部に非難する覚悟も必要かもしれない




除名の最終判断は日本が候補地となっている以上9月のオリンピック開催地発表後とならなければおかしい話だと提言する必要もある

藤間議長でした





ただ近代オリンピックにおいて開催地での極端なスポンサーを見込んだ背景は競技種目を減らす動きを加速させている


もしも東京オリンピックが決定しなかった場合レスリング競技は確実に競技種目から外される可能性は高くレスリング関係者にとっては頭の痛い話だとは思う


レスリング人口は増えてきているとテレビでは報道されていたが自分はスポーツ用品に関わって以来、レスリングシューズを販売した記憶は多分数えられる機会しかない


強いメダル候補の有名人選手は確かに輩出しているがアマチュアリズムを警鐘している以上世界的に競技者が増えていない競技、お家芸の日本でもレスリング部がない学校が不思議でない環境である以上、安泰の感覚に慣れた協会の努力不足の招いた結果と言われ責められても仕方ない話だと自分は思う





後編に続く・・・
  

Posted by mtc at 18:39Comments(0)

2013年02月12日

連休後

連休ボケという言葉はあるが商売人の連休仕事後の定休日の脱力感は何と表現されるのであろうか





昨夜は翌日が雨だとわかったので、ゴルフは中止、朝方までついDVDを鑑賞した

何本観ただろう・・・


TIME 、海猿 、ONE DAY 後作品がメジャーでないので省略・・・(笑)


1作は飛ばしながら観たので7作品ぐらいである







夜中に起きていると大体中野オタク仲間からのメールも時折チェックもする


プロメテウス議論からフリーメイソン、そしてタイムトラベラー、ジョンタイターの話題はかなり盛り上がっていた


ご存知かどうかわからないがジョンタイターの大予言はちょっと以前からオタク仲間ではかなり話題で皆結構読んでいる


自分はパラパラ程度の情報力だが奴らの議論に参加しているとなるほどど読まなくても大体想像がつく(笑)

このジョンタイター氏はタイムトラベラーで人類が発明したタイムトラベラーの機械で2034年から現代に来られたらしい


2034年にはタイムトラベラーがあるという事になる





もし日本でオリンピックが再び開催されるかもしれない年が2020年、自分は55歳自分達が生まれた年に開催された東京オリンピックから55年後という事になる

2034年はその14年後だから69歳、自分の現在のおふくろの歳で、多分まだまだ元気でピンピンしてそうだ


インスタント食品で育てられた若者達は比較的ウイルス性の病気にはすぐなるがシニア・団塊世代はそんな病原菌ごときには屈しない免疫が育てられていて現在の自分達世代の両親に当たる団塊世代のパワーには、本当に頷かされる事が多い (笑)


自分達世代はインスタント食品の先駆け的世代なので生活習慣の考え方次第で各自の寿命には大きな差が出る事であろう


いづれにせよ、多分酒・タバコ等、不健康な生活以上にストレスへの考え方は寿命に直結しそうだ


それにしても、そんな環境のいろんな事を冷静に考えてみて2034年にタイムトラベラーが出来るわけがない




人類の起源が嘘かホントか火星に生存した生命微生物の含まれた隕石が地球に落下した事が原因だという議論から完全にジョンタイターに移っているオタク仲間達に、益々日本の平和ボケを痛感する


あそこにいるとわからないでもないが・・・


今あそこに戻ったら二度と普通の生活には戻れないだろうなぁ





藤間議長でした


久しぶりの夜更かしや、だらだらお昼前まで寝ているなんて、ストレス発散になってたまには悪くはない、



  

Posted by mtc at 14:53Comments(0)