みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
mtc
mtc

2013年06月29日

梅雨真っ只中

オーバルの広場や街路は、基本車の往来やかなり重量のある車の長時間の滞在は耐久性的にそこまで考慮して計画されてません


比較的大きめな下水菅が埋めてあって、地下を作っているわけではないので、直接地面を固め広場や街路は自然に優しい手法で作られてます


オーバルの広場や街路の雰囲気が13年も経過するのに味わいを出しているのはそんな理由があるし、壁等の外壁もそんなナチュラルなタッチを重視したので年輪を感じるほどよい色にくすんでいます

ひどく汚い色に変色している箇所がありますが、これは初年度の外壁工事の問題で後々色々と各店業者ともめた雨漏りによるものです

オーバルにとって梅雨時期に大変なのは雑草の処理でナチュラルな草達は1日で元気に育ちます。

おふくろを含めた女性の気付いた方々が少しずつ作業をされているのにはいつも頭が下がる思いです


思い返せば、開店から7、8年自分も一生にこんなに草むしりする事ないだろうと思うぐらい草むしりを毎年ほぼ孤独にやってきました

月1朝礼が始まり、各位に清掃が担当されるようになって自分が忙しくなった事も背景にありますが、草むしりの機会は随分と減りました(笑)


あの頃は毎日ここのベンチからオーバル全体を眺め、次から次へとメーカーが来店され、商談をしている事がホント多かったです
よく仕事してないやろ、と他店の方々に言われたり、指摘されたものです

売り場は様々をスタッフに任していたので、自分の作業は午前中の指示と閉店前閉店後の様々な事務処理と指示の確認、売上の確認でそれ以外は仕入れ準備や仕入れ計画、戦略の作業のみを徹底的に夜遅くまで結構やっていました


今思えば、任せっぱなしにしないで外商的な自分の顔つなぎ作業をやっておけば現在のような極端な売上減もなかったのかもしれないですが、サッカーがやはりかなり売上の主力だっただけにサッカーの考え方を変えればビジネスチャンスはかなりあって、いかにうまく転換をはかり面白いお店だと顧客となっていただける市場にあてはめる売場を作れるかだと今思っています


キッズや少年少女に対応してほしいお問い合わせは確かに多いですが、大型スポーツ店は1つではなく、その店舗が1人勝ちになればなるほど更に異なるスポーツ大型店が出店してくる可能性が高まるだけです

ご要望に答える事は小売業には大事な事でもありますが、シビアな答えは大型店進出で結果として示されている以上、対象市場を選定した結果が現在のサバイバルにつながってもいます


その競争に巻き込まれる可能性の高い市場の品揃えの強化は喜ぶのは商品を押し込むメーカーだけで、弱者小売業にはその商品仕入れの請求・支払い義務のみが残される現実です


割引して売れても結果的には自らの首をしめる結果が待っている事も現実です


商売のバランスをかなり重視するようになった昨今、仕入れの考え方はかなり変わりました


当然大型店の品揃えを研究しながら、いかに差別化を図りご提案するのか、競争は追及に追及を重ねた方がやはり楽しめるという考え方です


藤間議長でした





梅雨が明ければ本格的な夏物処分がスタートします!
  

Posted by mtc at 19:25Comments(0)

2013年06月28日

消去

今月末の月刊バスケットボール最新号


宮崎シャイ二ングサンズのコラムが消えていた


当然の流れだが、コメントさえもされていない


チームとして月刊バスケットボール誌には何らかのコメント発表を送ってないのだろうか


月刊バスケットボールは指導者を含め沢山のバスケット関係者が目をとうす


振り替えれば元々販促に対する考え方や発想力に近い感覚は感じなかった、


初年度からそうであったがマニュアル的な販促ばかりで悪いが斬新な発想の記憶はない


とりあえず予算化されていた広告宣伝費は試合会場内の経費と一体化されていた程度の予算だったのではないのだろうか


効果的な広告宣伝の戦略は宮崎においてはかなり重要だったし、代理店へのプレゼン依頼等々、手法は沢山あったのではないのかと今更に思う


この段階になってもアマだろうが何だろうがチームの継続をある形で目指しているという方向性の話を昨年チームスポンサーをしていただいた社長様の口から聞いた


そこから先は自分はもう関わるつもりはないので、そうですか、全く聞いてない話ですがほとんど興味はありませんと申し上げた(笑)

あんなに情熱的だったのにそんなにあっさりと退けるものなのかい・・・と質問され、どちらかと言えば逃げる者を追わないに近い感覚ですが・・・とお答えした


どのように捉えられたのかわからないが、なるほどね、と言われ会話は終わった

これまで色んなところで色んな事を聞かれてきたが、情報がないので基本自分は自分の思いや考え方しか解答してきていない


月刊バスケットボールにずっと掲載されてきたコラムもずっと読んできたが話題性満載の感はなかった事が残念だった


藤間議長でした





継続するのであれば、宮崎県民から消去される事のないようにやり直してほしい思いである
  

Posted by mtc at 13:21Comments(2)

2013年06月26日

ファンド

久しぶりにプロ野球の状況をみるとパ・リーグが日本ハムファイターズの快進撃で又混戦になりそうな雲行きになってきた


セ・リーグは今年広島がしぶとい戦いをしているのだが、毎度毎度ジャイアンツに出鼻をくじかれている


今日の試合はポイントとなるのかもしれない


ところで昨日気になるニュースが飛び交い中野オタク仲間達が騒ついている





中国の金融株の話題である

現在日本国内の取引銘柄で中国企業が保有している株式額も状況が発表されたので色々様々に考える事だろう


自分はファンドはやらないが中野オタク仲間達の中にはグループを作ってやっていたり、グループが会員システムに進化してホテルの最上階のBARを改装し夜景とお酒を楽しみながらプチファンドを楽しむ店に連れていってもらった事もある




ネットビジネス時代到来前だったので、アナログな自分の性格のこだわりがあの時代にちょっと違えば、運命も大きく変わった事だろう


悔やんではいないが、オレってダサいとは自覚しているし、チャンスを生かせなかった自分が情けない




藤間議長でした


ファンドに興味がないトラウマはあの時代からつながっている



  

Posted by mtc at 10:22Comments(0)

2013年06月26日

嘘みたいな話

どこに移転されたのか、


都城のある方の写された写メを見つけた


色んな方が色んな事を言っているし、色んな情報を自分よりも知っている


多額の借入金の保証人になった方も、その銀行の担当者も知らないまま期限日となった





借入金の保証に関しては保証人の依頼を受け入れる形で現在期限日は経過したが来月の依頼日までに決済を終えるという形で話が進められている
保証人になる際に、自分の現状も状況も当然告げた、その状況は色んな事を一生懸命にやっているし、頑張ってはいるが中々現金仕入れの場合大変で以前よりは改善されてはいるものの中々難しい現実と向き合い毎日頑張っている


あらためて思い返すとその金額は選手達の支払い給与の為であり、2年目プレイオフの進出のチャンスがあって転帰も期待していた


かなり悩んだ上の決断であったが数日後にはスポンサー収入があって必ず返済出来ると聞かされた


個人的に訴えたい事は自分が活動に際してそれなりの収入を運営側から得た経緯があればだが、自分はボランティア精神で活動経費も全て実費で活動してきた


嘘のような筋違いの話は小説のフィクション性を更に高める事であろう


今年の選手達は頑張ったと思うが選手個人に対し個人的にはそんなにサポートしていない


セカンドシーズンでの保証人になった経緯は忘れられず、自分的にはどこかで運営側から離れるタイミングを、当然成功の方向性に向かうと信じていたし、返済が残されているとも知らず自分の決意としてあった


彼だけが離れる事はなく、一緒に離れる事が理想的だと思っていたからである





しかし、ある男の存在が様々な事を狂わせた、自分はトラブルメーカーを予想していて、いの一番に忠告していたが耳を貸される事はなく、彼をよく知るし、彼の性格を知ればこその強い助言であったのだが、忠誠心の表現方法が上手く、とにかく予想されたトラブルは推測以上に早く起こった

営業能力よりも雑用に動く姿勢はきっとそういう存在になっていったのであろう

資金管理をされていた会長から営業能力不足を指摘されたスタッフを庇っていた話を直に聞かされ耳を疑い嘘みたいな話だと思ったものだ


その内絶対自分も言うよ、と思うぐらいに彼に営業能力を求めるべきではないと自分は助言した(笑)


ずっとこんな人材が欲しいと臨んでいた広報担当者も入社したが、スタッフのコミュニケーションの場を作らない組織の体制はなんかバラバラに感じてもいた


自分も契約した業務提携費も支払われない以上組織力のサポート役は悪いがお断りした、全ての計画は壊されたり、宙に浮いた状況が続いていた


話に耳をかさないくせに負担を投げ掛けられてもたまったものではなく、自分から家族、親戚、兄弟、親戚のヘルプを依頼するべきだとも何度も告げた


あまりにも、彼がやる事に決めていく事、1つ1つに第三者すぎだからである


シーズンの終盤ある依頼を二言返事でお断りした


役員としての責任感をスタッフから責められたが、自分は馬鹿ではないし、そんな責任感を求められるならば二度と顔出さない、自分はボランティア活動で何も得てないから、今ここで縁切りしてもかまわないよ、自分はとにかく売上への危機感の無さがもどかしく情けなかった


スタッフの数を確保した背景や下の副業レストランを活用出来なかった理由は様々にあるし理解もしているが、とにかく改善案に対し嘘みたいな話が次から次へとよく押し寄せたものだ


いつか笑い話になれば理想でもあるが、とても現状では考えられないので寂しくもあるし、怒りという感情は現実の事実としてとりあえず別部屋に移した





藤間議長でした


嘘みたいな話の記憶が消える事は無い


2年目のほとんどの選手達の挨拶なしに都城を去った嘘みたいな感謝のない話も絶対寂しく思い出として消えない


選手達の給与の為だなんて愚かな行為をしてしまったという感情はかなり虚しく悔しい




  

Posted by mtc at 00:47Comments(0)

2013年06月23日

ケータリング

普通、あくまでも自分的な普通の基準であるが


人に来ていただいたり、お誘いした場合、誘った側はやっぱりおもてなしの気持ちが必要で、その行為1つでやりがいやら、関わり方の思いやら基本的に違うと自分は思っている


総称してケータリングと表現する事をイベント開催において教えられてきた


時代が変わり不景気に突入してケータリングにもかくかくで格差は生じている


やらなければならない規則はなく性格的な判断力もあると思うので一度必要性を提案して以降は変化は当然無く、自分の負担で自分の判断においてのみカバーという思いではなく自分なりの感謝の思いでジュース等のケータリングをやってきた


そんな基本的な事に気が廻らないレベルであれば結果責任ある立場が無理な事は考えなくてもわかる


批判が続出する事もやはり当たり前な話だとも思う




何度も言うが自分は体制を守る為に関わったのでなく体制を変える為に関わってきた


それは当然本人了解の上である、裁量の無さには確実に自覚も存在している


かなり強く一方的に踏み込んだ批判を爆発させないのはそんな背景がある


力量以上の事を求められて大変だと思うが、その立場である以上それは当然の責任として社会は許さない


辞めないと言っていた政治家も必ず辞める


ここまでくると皆、どこか影でこの先の行く末がわかるだけに失笑までしているみたいだ


皆が口を揃え、あの日の辞められた日の総会を話題にする


自分はあの日、総会を聞かされておらず、毎度毎度の最低の話だが遅れても出席してほしいと伝えられた


まぁ、その程度の存在力としてみられていただけの話でもある


この関わりあいから絶対に離れる決意をした日ともなったが、


今日送られてきたあるメーカーの事務所移転の案内にそんな案内状1つ送付出来ない運営会社と関わってきた自分もかなり情けない





藤間議長でした


助けて下さいとお願いされ残ったしこりが一生消える事はない事だろう


  

Posted by mtc at 15:06Comments(0)

2013年06月22日

準備期間

夜の牟田街、最近かなり静かで、お店によって差があった集客も平均的に落ち込んできているみたいだ


祭りの準備とか、忙しいみたいだね、と慰め的話題もでていたが集客の厳しさはプロバスケットでも随分と経験した事からもつながりがそれなりの方向性に沢山あっても中々難しい


やはり、都城を訪れる機会、きっかけや話題性の創造は新市長の体制に変わってもまだまだかけているような気がしている


昨夜も都城でそれなりの発言力があり、そういう場で意見、提言が出来る方と飲んで意見交換をさせていただいたが、そういう方の危機感が甘いので久しぶりに強く意見を申し上げた(笑)

都城は住みやすいと言われ不愉快ではないが、典型的田舎の証でもある


田舎にしてはそれなりのお店や施設があって競争も緩く生活環境は悪くない、安定した職種の方にとってはそれなりに欲しい物は手に入るし、恵まれた環境の街な事だろう


自分も売場1人で商売を動かし始めて、引っ越しをし、生活費の負担が軽減され様々が悪くない流れに感じ始めてはいるが、現実的負担が数ヶ月倍増するので、準備も含め色んな事を今考えている


バスケの指導や練習、バスケの大会、そしてノルディックウォーキングイベントに本業のスポーツ用品の販売、サンズに関わっている背景から得られたメリットはほとんどと言っていいほど無かったが、いつかきっと経験値という形で意味を為さなければと思っている

投資とボランティア活動の疲労、最悪の負担のみで何もなかったなんてホント寂しすぎる話だ


負担に関しては、きっちり弁済してもらわなければならない


バスケット関係者や周りの仲間はサンズの事に関しては自分にほとんど聞いてくる事は無くなり、とにかく様々に呆れているみたいだ

明らかに墓穴を掘っているfacebook関連の発信や情報の開示は現実的背景を聞く状況が都城の環境の場合狭い街だし、機会が沢山あるので行動力で情報をコントロール出来ない若く残念な社会的つながりの微力な力量では強がりだけでは凌いではいけない


そんなチーム側にはほとんど見えてない、気付いていない細かなフォローの日々に自分が離れた意味の大きさや影響は感じてもらえては当然いない


ほとんどがいなくなった様々な背景は自分が何かをしたのではなく、自分が何もしなくなった影響はきっとある事だろうとは思っている


自分に対する何もなかったギブアンドテイクの現実的背景は結果的に自業自得の結果となって様々な方向性に悪循環を招いているのかもしれない


準備も含め、つくづくに甘い基準値だよね、とは哀しくも思う


個人的考え方として、もしも復活やリベンジを真剣に考えるのならば準備期間に最低5年を考えた方がよい




藤間議長でした


失った信用や信頼とはそう簡単には取り戻せない



  

Posted by mtc at 11:15Comments(0)

2013年06月20日

ドツボ

今日はサンズの現状問題の提議が新聞に掲載されていた


facebookの書き込み投稿や選手や関連業者からの相談等々は知っていたが新聞が掲載するという事は何らかの承諾はチームから得ているか、代表も承知している可能性も高い


何の説明や了解もなしに元々スポンサー契約を終結していた新聞社が勝手に掲載するのだろうか


全く関係ない新聞社ならば争う覚悟で掲載にふみきる場合は考えられると思うが今回の掲載の背景もあのbjリーグ退会記事の突然の発表と同じような背景を感じてしまう


チームにとっての情報や影響として全くプラスにならない記事は残念な思いしかない


再開不可能な方向性の坂を益々転げ落ちているみたいだ


ある意味復活を遂げれば奇跡のストーリーの感も個人的にはしている


かなり厳しい道だと考える事が順当な見解なのではなかろうか


株主やスポンサー企業への影響もかなり計り知れない

自分が同じ立場ならばどうする事だろう





藤間議長でした


ただ自分が言える事はこのような状況なので、様々な感情をさかなでるような行動は謹むべきだし、それが基本的道徳だろうとは思う

信じられない目撃情報等が耳に入るといたたまれない気持ちにもなる


どんな結末が待っているのであろう




  

Posted by mtc at 13:50Comments(0)

2013年06月19日

天性

今回の全米オープンでベスト10に入賞した松山秀樹


ゴルフをみていて石川遼とは異なる天性を感じた


石川遼には確かに人を引き付ける天性の才能を感じるが勝負の世界、世界レベルの中でどこまで期待できるのか、ファンの目や意見は大きく割れる現状のゴルフだろう


天性の才能を持つスポーツ選手はホントちょっとしたきっかけで感性や安定感を取り戻す


アマチュアレベルには残念ながらわからない力量という大きな差がある


これまで沢山のアスリートの足をみてきたし、相談を受けてきて、代表に呼ばれたり凄い大会に挑戦するスポーツ選手の使用するシューズの寿命は信じられないぐらいに短い


踏み込み力が違いからでありシューズの耐久性の方がもたない


プロバスケットNBAの契約選手のシューズ等は使用して数回でバッシュは壊れる

最近の日本人プロスポーツ選手の中で顕著にシューズと結果が良い方向に転換した事例がある


あのダルビッシュと菊池投手で、シューズの契約がアシックスのスパイクに変わり明らかに安定感が変わった


当然既製品とは異なり完全オーダーなのだろうが、それほどの差を出せるスポーツ研究所を持つアシックスの強さであろう


そんな背景から既製品のアシックスが絶対良いとは自分はおさないが、平均的バランスから考えると、あえて他のスポーツブランド名は挙げないが、自分はアシックスを愛用はしている


長くスポーツを継続する為に足へのというか足首への負担は最小限に止めたい、それが大きな理由である





藤間議長でした


大きな怪我も何回もしてきたが、その度々色々考えさせられて現在がある


アシックスを履けば怪我が防げるわけではないが、最小限にとどまっている理由にはなっているのかも、とは思っている


天性の才が無い者はとりあえず様々に考えながら頑張るしかない・・・(笑)



  

Posted by mtc at 17:08Comments(0)

2013年06月16日

準備

最近ブログに投稿する予定の書き込みをfacebookに間違えて投稿する事は無くなったが、文章を書き込んでいる内にこれはブログだな・・・って事も増えた


しかし、まぁいいか、と投稿する自分が最近怖い


ある意味ためらいなく投稿する準備運動段階とも言える


結論何の事前連絡もないままに明日を迎えるようで、明日の回答次第では、なぜヘルプしたのか、自らを悔やみ問う姿も想像している

ブースターの誰かが、彼の涙の話題を書き込んでいたが、涙流して全ての借金や迷惑をかけている負債の全てが済めばこんな楽な事はない


選手やスタッフ、関係者への責任転嫁に騙されて自分もヘルプしてきた事同様でもし最悪の事態となれば、同じ事が繰り返されない為に全てを俺が公開して訴えなければならない


マラソン大会前にトレイルラン等のトレーニングを続け準備をしてきた30代、インストラクターの資格を取りイベント参加者の皆さんには準備運動の重要性を指導する立場となった


とにかく全てにおいて準備の欠如が多く、初年度チームスタッフ関係者が自分に愚痴を言っていた事がホントよくあった


そんな事等々、とにかく事実の洗い浚いの書き込みの準備を自分は当然すすめている


そんな準備が無駄になる事が当然理想だが、捉え方によっては影響の方向性はハカリシレナイ


迷惑や捨てるものが無い奴はある意味脅威である





藤間議長でした


準備と切り替えは基本的にかなり早い(笑)



  

Posted by mtc at 17:36Comments(0)

2013年06月15日

激写

まるでUFO激写みたいな写真を撮った (笑)


これ雲である


でも変わった雲であった事は間違いない


最近SF系の雑誌にも取り上げられる事が増えたゲートと表現されているような雲ではあった


未確認飛行物体はそのゲートをかいして現れるとその業界では議論されている事を中野オタク仲間からのアドバイスから教えられた


結論オレはその関連の情報量からして相当遅れてしまっている事は間違いないみたいだ


(残念)




藤間議長でした


プロバスケットに関わった数年間、個人的趣味や楽しみ等々、そう考えると色んな事に遅れをとったので、完全に縁切りして自分の事を考えたいものだ・・・



  

Posted by mtc at 14:00Comments(0)

2013年06月14日

平和ランキング

昨夜は録画していたNHKの特集番組、未解決事件をみた


第一回がグリコ森永事件


第二回がオウム真理教事件

そして今回の第三回が尼崎家族殺害事件


あの獄中で自殺した角田被告のナゼこのような事件を起こしたのか、様々な家族に入り込みお金をむしりとり崩壊に追い込んだ手口を取材した内容だった


つい最近の新聞記事で平和な国ランキングという記事が掲載されていて日本は世界で第六位にランキングされていた


今回の尼崎事件や秋葉原殺傷事件等心の闇から引き起こされている最近の悲惨な事件を考えると果たして世界でこれだけの上位にランキングされる社会なんだろうか、と首をかしげる




藤間議長でした


それにしても今回コンフェデが開催され来年にはワールドカップ、そしてオリンピックと立て続けに世界的イベントが開催されるブラジルのランキングにも首をかしげる


ホント大丈夫・・・(笑)




  

Posted by mtc at 10:56Comments(0)

2013年06月13日

察知

つい最近、学校でゴールポストが倒れ学生が下敷きになってケガをしたニュースが報道された


ついこないだはつむじ風でテントが吹きあがり小学生がケガをした報道があった

最近のそんなニュースをみていてその責任の所在がまさかとは思うが納品業者や生産メーカーに投げ掛けられてない事を願う


ニュース等で映像をみるとゴールポストもテントも危険を回避する杭打ちや重し等の処置をしていない事がみてとれた


そりゃ、昨今全国どこで想定外の自然現象が引き起こされるかわからない時代に運営側の準備と管理が問われるべきであろう


あまりにもずぼらに感じる

大体他の場所で引き起っている事が他人事で簡素に考えている傾向を現場に感じる、何でもかんでも経費節減でもしもの忠告に傾ける余裕は皆無である


寂しい時代に人もお金も大切な物も安心して預けられる社会環境になってほしいものだ


アベノミクス改革が進む中安部内閣の支持率が始めて下がった


都会では景気回復を感じる方々も沢山おられるようだが田舎では微塵も感じないあの小泉政権のスタートラインの時代と同じようでデジャブーをみているみたいだ


景気の転換の期待や匂いはするが実感はない


あの時代も市場で動いた分野は限られていた、今回も同様の流れだとすればちゃんと復習する機転が必要である





藤間議長でした


今回は見逃したくはない


  

Posted by mtc at 12:03Comments(0)

2013年06月12日

青汁

先月から飲み始めた青汁


ファイテンの青汁なんで比較的飲みやすい


とにかく様々に精神、体力勝負のこの先の1年となりそうなので絶対許せない思いが気力と反骨精神となって転換と自分の人生の為に奮起させている


とにかく逃げるのは一番情けない奴だと思う


都合が悪くなるとホント逃げたくなる、経験者にはよくわかる


本業が地獄のように大変だった時代にも関わらず自分は逃げたかったが、サンズを支援した、嘘ではなくホントの話で、役員を依頼された当時本業はそれどころではなかった、自店から給料は今でも最低の基本給にして、売上がなければ給料をとれない月も沢山あった

それでも社員、スタッフ、嫁さんにはちゃんと自分の貯金を崩してでも給料や生活費を払ってきた


現在販売スタッフをゼロとしなければと決意したのは目当てにしていた業務提携の見込みを感じなくなった頃であるが、それを誰かに責任転嫁等した事はない、ただ現状はサンズの代表には当然伝えていた


関連会社が倒産などすればサンズに迷惑がかかる、社長という立場会社を代表する立場という事はとにかくとにかく重いのである


サンズの現状には全てに甘いと感想を感じざるを得ない


支払いに追われとにかく悩み進んだあの地獄、悩み、ストレス、困難の救いだったのは大変だったけどやりがいのあったサンズの興行でもあった、しかし貯金は完全に底をついた


今でも必死に営業に取り組んでいるが、支払いを先払いにしたり、とにかく色んな事を考えてやっと今日まで凌いで先が見えてきた


そんな謙虚で地道な活動をしてきた自分に信じられない詐欺のような事がもうすぐ降り掛かるかもしれない

もしそんな事になれば罰があたるどころでは済まないと思う


毎日苦い青汁をかみしめて飲みながら気持ちを強くもち続ける精神と戦っている

そんな状況を知っている事が背景にあればこそに悔しくてたまらない





藤間議長でした


青汁を飲み続けこの状況と戦い続けなければならない

破産とか倒産とかは社会的ルールにはあるが、その免責に関しては複雑な条件が定められている事を自分は知っている


再スタートを目指す者にとっては免責は大きなポイントなのである


  

Posted by mtc at 22:41Comments(0)

2013年06月11日

検索

宮崎シャイ二ングサンズで検索しても、検索結果は過去の小さなニュースだけ


普通話題性からいって様々な事を検索エンジンが拾いそうだが不思議である


何らかの大きなブロックがかけられている可能性もある


検索方法は沢山にあるが、みやざきエナジークリエイトでの検索の方がいくつかの情報は公開されるみたいだ


10日が過ぎて当然何の連絡もないが、自分のみやchanブログのチェックはまめにやっているみたいだ (笑)

ブログは地方ブログだけでなく、アメーバ、ライブドア、ブログ人、エキサイトブログ等々、藤間議長シリーズ以外にも10以上ある


様々に書き込むのでチェックしてもしょうがないのに・・・


6月17日の回答次第ではあの方等々バスケット関係者から宮崎の行政関係者、宮崎企業関係者様々に直接メールしようと思うし、facebookにも当然状況の現状を書き込もうと思っている、17日個人的に他の方は自分的には自業自得なんで関係ない事、自分の支援行動への感謝をないがしろにする事は金額の問題ではない


自分の分を優先的に解決させる事のみを自分は望んでいるだけで、それでサンズとは絶縁だ

これは迷惑は絶対にかけないと言った男の約束の裏切り行為なので、もしその解決がなされなければ情報公開による最悪のシナリオはわかるはずだ


蛇年の執念がかなり怖い事は己がよくわかっているはずである





藤間議長でした


それにしても相変わらずブースターもチームと契約を残すメンバーも甘い


2チャンネルで給料未払金をアピールしている選手もいるみたいだ


多分そんなやり方では何も変わらない


自分の情報公開はかなり蛇年的性格で巧みな部分のみをつく


怒らせると恐いよ!




  

Posted by mtc at 15:37Comments(0)

2013年06月09日

構想

今から20年前、自分は当時28歳、都城のお店の売上は2億を越えていた


この勢いで福岡で本気で勝負したいと当時の外商責任者とゴルフ担当の先輩従業員に相談した事は忘れない

お二人はオヤジの直属の部下の意識が当然あり、この先自分が都城を去りある程度スポーツの店売り売上が減っても都城のお店は大丈夫だと思っていた


元々都城のお店が大変だった事が宮崎店でなく、都城へ帰ってくる理由にあって自分の中で沢山の心残りというか、人口のある場所で勝負したい感覚が強くあった


都城を否定するわけではないが、自分からみて、あのレベルのヒマラヤの品揃えであれだけ売れるのだから、現在でも、商品選択感度はかなり遅れているとは今でも思っている


2億の売上を計上していた時代、セールの売上も相当にあったが、近隣の鹿児島、日南、小林、高原、えびの、田野等々、人吉、玉名久留米等からも沢山の方々にご来店いただいていた


都城地区の売上は外商部が活動していたので、競技部分へのこだわりの浸透率は宮崎店ほどではなかった


そのツケはその後に新店舗の売上で痛烈に感じさせられた


感度を重要視するあまり都城では極端に否定される勘違いの売場を作ってしまった


イメージは福岡にこんなスポーツ店が欲しいとずっと思っていてアドバイザーの方々も福岡から来られていたので完全な勘違いの悲惨な結果が待っていた


初年度の売上は仮店舗の売上にも届かない悲惨な数字となり、今思い返すとよく15年も継続してきたと思います


今でもこの基準があればこそに救われた事がある





それは準備期間があり、29歳で区画整理、中核都市指定が決まってからオーバルの計画、施工までは組合の設立を含め5年以上の歳月を要している


この期間にとにかく最悪の事やもしお店の売上が大型店の進出によって激減したらとか、様々なシチュエーションを吟味した


現在そんなに改修工事費用をかけずともテナントスペースに変化出来るのはその準備期間の構想のおかげでもある


今更の話になるが、プロバスケットチームを作る活動の際に自分は1年の活動を主張していた、盛りあげる為の同志の広がりが微妙でそんな背景からの意見であった


結論同志の広がりは曖昧なまま大きな助成の決定により参入は電撃的に決まった

大きな喜びは確かにあったが、準備委員会中開催したbjカップの考え方等何か少しずつ感覚のズレを感じる自分もいて、もし参入出来ても後援会活動を中心にサポート役にまわり、運営内部に入る事はしないと当時告げた


結果的に理由は知らないが後援会活動からも除外されたので、今でも初年度の計画のスタート構想にはかなりの疑問を持っている


初年度の負に追われた2年目の地獄の時期をしらない方の適当な意見が耳に入ると今でも心の中では憤慨する


とにかく一番残念な事はサードシーズン構想での固定費の曖昧な計画、チーム関係者、選手、スタッフの固定費の差額の考え方に一番に呆れた


自分が事業提携を提案した事も馬鹿らしくてやってられないと思った背景からも正直理由にある


とにかく今月末で自分に迷惑がかかった場合事実を全て明らかに書き込む


それまでにこのブログがランキング上位になっておく事は構想としてかなり重要な事だと思っている


当然、その他のブログでも一斉に発信する


構想と最悪のシナリオなしに行動を起こしたツケはあまりにも大きい





藤間議長でした


現在都城の中心市街地活性化の復活に向けたプロジェクトが進行していると聞いている


期待も高まるが、中心市街地にて生活する方々の本音はどこにあるのか


構想を企画する方々は近隣住民とのスクラムをどのように考えておられるのか、

計画は簡単だが、区画整理でも様々なトラブルがあった記憶があり、中々の曲者もホント様々におられる


オーバルのスクラムはホント奇跡だと心から思う


15年間、頑張ってきて街の移り変わり、激動をみてきたオーバル組合の解散まで10年を切った


街に賑わいが戻ってきて追い風になれば有難い話である



  

Posted by mtc at 14:21Comments(0)

2013年06月08日

総選挙

今年も総選挙が終わった


今まで見てきて初めて大笑いした


何か、まだまだ引き出しがある可能性と日本の芸能の仕掛けってホント凄いと感じさせられた


宮崎でAKB48の総選挙中継があったのは多分2回目だと思うが、今年初めて見る方々も多いみたいだ


facebookコメント投稿からは様々に不思議な感覚を感じとれる


自分がなぜAKBに惹かれたのかは、競争の原則に確かにあった


10代の少女達がしっかり自分のアピールをする姿を秋葉原の電気街にあった劇場からみてきて日本って必ず復活すると思ってきた


必死に競争を繰り返された分岐点の時代から、競争のやり方が変わっていくような感じがする


AKBの動向は結構様々に時代の変化に影響を与えてきた


馬鹿げた事と呆れたイベントと言ってしまえばそれまでだが、世界に影響を与えている現実的背景を知ればそんな軽い理解力では時代に対応できない方々も日本にこれから沢山出てくるかもしれない


自分も気合いいれて時代に順応していかなければと改めて思った


前田引退以来ちょっとさめていたAKB48に興味がでてきた


中野オタク仲間達もそれぞれに騒いでいる・・・(笑)





藤間議長でした


早速回覧されてきた一枚


さしこと一緒に写るのは、今回の総選挙最下位の沙羅である


貴重な一枚になる事だろう


  

Posted by mtc at 23:10Comments(0)

2013年06月08日

テレビ中継

自分はスポーツ中継、報道ニュース番組、深夜番組以外、ほとんどテレビはみない


ゴールデンタイムに放送されているテレビ番組は多分ほとんど知らない(笑)


ただ、だからといって不自由だったり、会話の話題に苦労する事はない


おそらく平均視聴率からのゴールデンゾーンなのだろうが現実的なゴールデンタイムのCM料広告料が数年前と変わらずの価格で推移されているのか疑問である


日本人のライフスタイルは外食も増え、10年前に比べるとゴールデンタイムは随分と変わっているのではないのか、と思う


オーバル近くにある塾の周りには夜の10時すぎには沢山の迎えの車が駐車している


家ではテレビをつけていてもみているのは留守番の数名、帰りついて録画ビデオをみたり、家族みんなでテレビをみるのは時間帯が随分異なっているのではないのだろうか


注目のスポーツ中継だけが極端に視聴率が跳ね上がる背景にはそんな時代背景もあるように思えてならない

自分達が子供の頃、野球中継があるとオヤジは必ず野球中継をみていた


夜の8時半すぎにゴルフ練習に行くと必ず野球中継のテレビがつけられている


世代は裏切らない (笑)


今日はAKB48総選挙生中継

ゴルフ練習場のチャンネルはいかに・・・





藤間議長でした


前田引退以来AKB48への興味はほとんど無くなった


  

Posted by mtc at 13:19Comments(0)

2013年06月07日

心身症

極度の緊張やストレスから追い込まれた弱い人間が心身症を引き起こし事態から逃避するなんて話をバブル崩壊後によく聞いた


心身症は精神科扱いではなく心療内科に値する


その発症を認証するのは当然専門の先生であるが、よく政治家等が心身症を理由に休息を取る等、ちょっとグレイな診断のイメージも強い


病気と診察されると様々な追求から一時的に逃避も出来るが、病気以前から相当な気遣いがあったり、相手に対しおもてなしの強い信念があったりすればの話だが結論結果は追求からは逃げられないと思う


病気を進言するのは簡単な話だが詐欺行為がさらに深みにハマる例が沢山ワイドショー等で取り上げられるのをみてさらに追求の謎の溝が開いていく


逃げれば逃げるほど追求したりそのような行為を受けた側の感情は高まり事態はどんどん悪化していく





あくまで例えばの話であるが、性格的な行動を推理するとそんな事情を理由にしたりもあり得る事だと考え今回話題に書き込んでいるので、ほとんどが様々を想定していると考えておくべきである、事態はかなり甘くない


昔お金に追い込まれ逃避して結局死で償うつもりだったのか、事態から逃げた命を落とした人を知るが、全ては結局家族や親族に負担は残り、様々が崩壊となり残された方々の人生は大きく狂う


原因となった根本の相手は自分を責めホントの心身症となるのである


そこまで追い込まれなければ精神的な心の病には中々かからない


風呂に入る、髪を洗う、髪を切ったり髭を剃るなんて事は当然ほとんどない・・・(笑)





藤間議長でした


それにしても、離婚した嫁さんは相変わらずパート先往復と鹿児島に遊びにいく生活を継続しているのだろうか、都城での存在を感じない


彼女も人1人の死によって人生が大きく左右した人間なんだよなぁ、と改めて心情的には思っている



  

Posted by mtc at 12:32Comments(0)

2013年06月06日

高校総体終了

高校総体宮崎県予選が終わった


学校によっては3年生はこの大会をもって高校バスケットは終了となる


あの世間で一躍有名になった大阪の桜宮高校バスケット部も無事大会に出場できたようだ 、当時学校に対し物凄いバッシングに近い発言をしていた橋下さんが数ヶ月後にはバッシングされているのだから一寸先はまさに闇で何が起こるやらわからない・・・(笑)


それにしても今年の高校総体決勝トーナメントは面白かった


指導者席で様々な協会関係者と技術指導の先生方と意見交換しながら観戦させてもらったが、ホント目の離せない試合が多かった


力が均衡していくという事は素晴らしい流れである


今回は鹿児島のバスケ協会からも足を運んでおられてちょっと深読みもしてみた(笑)


まぁ、もう関係ないのでどうでもよく、オレはもう知りませんと伝えさせていただいた


ちゃっかり自分が今一生懸命取り組んでいる事はアピールさせていただいたが、・・・鹿児島にはもう既に活動範囲を拡販させていただいているので、何かあれば・・・ぐらいの感覚でお話させていただいた


色々に様々に関わっていた当初から思っていた事だがバスケット界の根は深い





藤間議長でした


何かまだまだこれから色々ありそうだ


  

Posted by mtc at 20:04Comments(0)

2013年06月02日

セオリー

何でうまくいかなかったのか、


あの会見後、ほとんどサンズとはつながりのなかった色んな記者に質問された事と同じ事を今日高校総体バスケットの会場で影響力のある指導者に問われ、自分が離れた理由と個人的な考え方、この先に自分がやりたい事を述べた


初年度から宮崎シャイニングサンズのスタッフやメンバーは試合会場に顔を出して挨拶に回ったと聞いていたが、指導者との交流の場合企業の挨拶回りとはセオリーは異なる


初年度自分に特に相談等があったわけではないので、そのセオリーを伝達した事はない


セカンドシーズン中随分とそのセオリー不足な点をリカバリーして周り、サードシーズンは高専指導に平行して説明不足な点を中々説明が届かない地域の学校まで出来るだけお話の中で説明してきたつもりだ


残念な事はそんな見えない活動を聞いてない事を理由に一言で片付ける様々な流れでもあった


色んな背景や理由もあるので、そんな見えない活動が成果にならなかった事を感情的な愚痴で書き込んだ事はないが今回の金額を明確にした会見は指導の方々にはかなり呆れた内容で、とても書き込めない感想をいただくと同時に自分が離れた事についても驚いている方が多い


金額の発表に関し個人的な意見があるわけではないが6月末の別の部分に関し自分に迷惑をかける事があればこれまで何の説明もないのでさすがにこれは絶対黙ってはおかない


金額の問題ではなく道徳的話で、絶対迷惑はかけないと言った言葉を忘れないでもらいたい


自分にはリアルに様々を発信できる武器がある


リアルタイムにリアルな事を1日20以上毎日発信すれば、ランキングを想像する事はたやすい


もしも敵に回せばかなり厄介な奴だと自分では思う


ご意見番でとまるのか、


明らかに敵に回すのか、


決めるのは自分ではない


これ以上セオリーを誤れば、改善はあり得ない





藤間議長でした


いくらミニと一部の中学、高校の協力があっても全てはあの方次第で代表の影響力ではない


あの方に自分がある事を告げれば結果は既に見える


自分は約束を守らなければ男として認めない


男気としてそう思っている

脅しではなく、これは男の約束なので勘違いしていただきたくはない



  

Posted by mtc at 00:27Comments(0)