みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
mtc
mtc

2013年07月31日

宮崎バスケ現状

昨日連覇を目指す延岡学園が大阪学院に敗退した大分インターハイ


残念な結果だが、昨年までの外国人留学生のエースに頼りきったバスケットは全体的に正直あまり成長したチーム力を感じなかった


宮崎県代表の椅子は決勝戦を見るかぎり小林の方がチーム力として成長がみてとれた


高さに頼ったバスケットからの脱却はそう簡単にはいかないので、そのスタイルを継承するのか、全く違うチームスタイルに徐々に変化させるのか指導する側も大変だと推測する





全国3連覇を達成したチームであるだけに、素人から玄人まで結果だけが注目されていて、実力以上の期待をされたりもする事だろうが、一番悔しいのは選手達なので、温かい拍手を送ってあげたい


宮崎県の高校バスケットはこれから数年近郊した上位チーム同志の争いが繰り広げられると予想され、自分も関わっているが非常に楽しみでもある


現在の中学レベルもグレードが向上していれば、それぞれに分散され、今後も面白い展開になる事であろう

女子は全国優勝メンバーの数人が入部している小林高校と留学生のいる延岡学園がしばらく数年は決勝戦を盛り上げる事でしょう


宮崎県の高校バスケットはこれからが本当の盛り上がりである





藤間議長でした


我が高専も頑張って上位で戦いたいものだ
  

Posted by mtc at 10:56Comments(0)

2013年07月30日

手法

今年も売れに売れ完売状態の1980円インナーシャツ


常に時代の最先端の売れ筋の人気商品はある







スポーツ業界を引っ張る最近の人気ナンバーワンスポーツブランドはアンダーアーマー、スポーツ系問屋を介さない直取引の形態は、問屋業の厳しさを浮き彫りにもしている






数年前の外資系ブランドブームの時代、外資系らしく強くなればなるほど取引先への要望が進み取り囲む戦略で問屋は在庫負担を強いられ、その余波は小売業の底辺まで無謀な取り扱い条件が提示された


数十万、数百万、の展示会発注条件は思い返せば惨劇でもあった


過剰な供給に人気はいきなり下降し、アウトレット店の拡大も定価販売の厳しさに追い討ちをかけた


今外資系ブランドシューズカジュアルシューズの商品名の問い合わせはほとんど無くなった


外資系ブランドブームの終焉はスポーツ店の人気低迷でもあり、参入を強化した野球で外資系ブランドの人気はナンバーワン国内人気ブランド、スラッガーには遠く及ばなかった





現在小売業において野球を強化するならばスラッガーとアンダーアーマーの取り扱い条件は必修で、今までのやり方では顧客を満足させられない事例が増えてきているそうである、





当店は野球用品専門店の方向性とは自分の戦略的にこれまで違っていたので、売上への不便性を感じた事はないが、グローブ型付けからグッズを販売する野球用品専門店にとってスラッガーの有無は大きな部分を占める環境が現在である


ただ当店はスラッガーに直接出向き、オーナーや店長からお話を伺いスラッガーのグローブの型付けはこの直営でなければ実証は無理だと実感した


型付けあってのスラッガーであれば、技術力の無い型付けは商品の効果を最大限にいかせないという事を勉強させていただいた


あの日以来自分は勉強させていただいたあのスラッガーの型付けされたグローブに近づく為に独自の手揉みを取り入れた型付けを常に研究して現在に至る


当店のグローブは品揃えは少ないがそんな型にこだわっている








藤間議長でした


型付けは物凄く疲れるので年間30個から50個が限界である (笑)



  

Posted by mtc at 13:41Comments(0)

2013年07月28日

サポート

蟻とか、蜘蛛とか、蜂とか鳥とか・・・


風とか、雨とか、とにかくもうすぐ約15年色々な自然界と向き合い続けて現在に至るオーバル


しかし、今だにあまりオーバルパティオの全体名称としての認知はされてはいないようで、当店があるところとか他の各店舗があるところだとか口にされる事も多いし、せっかく広場があるしもったいないともよく言われる


当然今まで何もしなかったわけではないが、大丸閉店の影響、2つのイオン進出の影響の度合いは顧客以外の来客を狭め現在に至る




自分は20代の頃からアメリカのスポーツ大型店の事を知り大型店の流れは日本全土に進出して、普通のスポーツ店は生存する為には必ず変化を迫られきっとスポーツ業界は大きく様変わりするに違いないと思ってきた


通販ショップに力をいれる判断も10年以上前にあったが、そこまでして人件費と見合うのか、自分の仕事や作業が更にいっそう大変になるだけではないのかと、迷って冷静に様々を考えて10年計画で色んな事を対策として真剣に考え始めた


現在の判断し至った結果がこの先々どうなるかわからないが、当店の施設は異例の10箇所以上の出入口をスタート時に作った


それは将来もしかしたら当時のスタッフ全てが独立して店舗を賃貸契約で経営してもらう事が理想像だった





スポーツ業界のメーカーの偏りがちな販促傾向はメーカー独立ブランドショップの増加には進んだものの、都会や海外型の競技専門店の傾向には進まなかった


少子化は更に価格競争を拡大させ競技専門店ではとても生き残れない背景となり宮崎県内でも閉店や退店したお店の傾向からみてもそれがわかる


当店は2年前より決断を決行して売り場の縮小を進めテナントスペースの活用を始めた





スポーツの売り場スペースにこだわりはないので、理想的なお話があれば様々に変化していく可能性もある

最重要に考えるのはオーバルの施設としての魅力であり、もしスポーツの売上高が低迷すれば、売上を確保できないスペースの維持は絶対的にないと数年前から既に基本割り切ってもいる

主力をネット販売に移行したりと手段は多方面にある






スポーツ店舗の数は大型店の進出で店舗増加はあっても一般小売スポーツ店を開業する流れは九州全体でもネットショップ以外ほとんど皆無でもある


老舗以外の若く夢を抱いた小売店の育成を進められなかった大手スポーツ企業の活動意識不足はこの先将来の部活動サポートに不便性を引き起こす事になるかもしれない


ついこの間もあるスパイクの修理を持ち込まれたが、修理後ある苦情をいただいて以来当店で修理後対応不可な他店でお買い上げになられた商品のサポートは、かなりのお知り合いからの依頼でない限りお受けしていない


スポーツ業界はつながっていてスポーツ店は皆知り合いで、どこでどんな手段で買ってもサポートは同じだという考え方を否定する事はできない


残念な苦情だったが、受けない事が賢明だと判断せざるをえないのでよい経験だったと考えるようにしている


基本自由競争には反対ではないが、曖昧なレベルの価格競争が続くのならば、発想の転換は重要だと思っている


サポートは成り立ってこそのサービスである





藤間議長でした





最近は新しく始めてみたい新事業の事もよく思考するようになった自分がいる


オーバルという施設の中では何に転換するのも自由である





  

Posted by mtc at 09:40Comments(0)

2013年07月27日

昔話プロローグ

今日も当店内1階にある事務所に地域の色んな会や様々な方々がやってきて議論されている


大体先々こうなる事はわかっていても、王様は自分ではないし、意見ややりたい方向性があってもとにかく迷惑かけている事が事実なので売り場をさせていたたけているだけで有難いと思うようにしている


歳を取った年輩の方々の意見を聞いて、それが人生の先輩でそれなりの資産がある方の意見なのかと首を傾げる事もあって複雑だ





最近のニュースを見ると、若者の信じられない殺人事件も多いが高齢者トラブルの事件も多い、40代には家族間や夫婦のトラブル事件が目につく






ただ30代や50代の事件は少ないように感じるのは何故だろうか?




ある関わってきたイベントやノルディックウォーキング協会等は50代が中心になって30代がサポートする形で現在まで活動してきている


活動トラブルはゼロではないが、歳相応の順応な対応力でスクラムを強くして現在に至ったいる感覚がある

関わってきて休止状態になってしまっているサンズはまだまだ若い30代メンバーと40代メンバーが中心となってスタートした


まだまだ一緒にほとんどの趣味や情報交換の交流が可能なメンバーの活動意識は映画ココリコ坂からのように大志を抱いた活動のようであった


未だに都城市内のスナックや飲食店のオーナーの皆さんから、あの頃メンバーのみんながキラキラしていてホント羨ましかったよ




何か大儀をやるって難しい事なんだね


そんな感想をホント最近になってよく言われる


自分はちょっとやり方に疑問と力量不足を感じたので一番にグループから離れたというと、それがいけなかったんじゃないの・・・ともよく言われる


そう言われる意見は有難いが、自分は必ずこう答える

プロバスケットチームが出来たら、自分は作る為の活動スタートから運営にもグッズ販売にも興味はなく、とにかく試合を毎回観戦したかった


好きな選手が出来たら後援会を作って盛り上げたかった


ただそれだけだったんです




だからこそ、運営における様々なスタートの部分にもユニフォーム等の冠サポーターメーカーの選定にも、初年度のグッズ制作にも一切関わっておりません


運営に関わらない強い意識は各自に初めから伝えていたので、売店での関わりも相当迷っての決断であった

あの頃GMに就任した彼からあそこまでお願いされなければ、普通のブースターでのサポート側であったと言い切れる


彼は自分の力量を認めていて、グッズ販売も初めは売れても、売れなくなった場合の事を考えていたに違いない


自分の売店売場に来てよく毎回毎回面白い商品持って来られますね、と感心していた


高い単価の物は売れないので自分が仕掛けた売店戦略は500円コーナーであった

設営から店をほぼ3日留守にする以上往復交通費と1人分の人件費ぐらいは収入をあげなければ売場を守ってくれているスタッフに申し訳ない思いが強かった


初年度の実績は後半かなり数字は厳しくなったが、まぁまぁ自分では満足のいく結果だったと思っていた


売店業者として基本外部的存在だったので内側のそれぞれの感情にはほとんど気付く事はなかった


あの日、あの時、あの瞬間日にちは覚えていないが、事態は大きく動いた


これから先は簡単には書き込めない


現在小説を書いているが、この展開をフィクションでどう切り替えた内容や展開にしているのか注目してもらいたい(笑)


藤間議長でした




bjリーグからの発表によれば宮崎シャイ二ングサンズは現在休止状態であり次回シーズン終了をもって退会という事が発表されている
  

Posted by mtc at 12:00Comments(0)

2013年07月26日

リミット

来年の4月ロンドンマラソンに挑戦する為に18年ぶりにトレーニングを再開した

どこまで力量をあげていけるのかわからないが、自分の中でとにかく色々あったこの数年間を精神的にリセットしたいし、自分なりに前を向く為に決めた


18年ぶりに開始した霧島にある登山道のトレーニング頂上に18年前繰り返す度々積んでいた石のかけらが少し残っていた


あまり人の目にふれない場所においてはいたが、何かあの頃、様々に充実していた日々を思い出し、まさか結婚して離婚したり、商売がこんな状況になるなんて考えてもいなかった


人生とは振り返ると波乱万丈とはよく言われるが、とにかく一生懸命色々な事や様々な事に関わり活動範囲や人間関係が増えたら増えたで起こりうる原因と結果が発生して、運命とか定めとかいう結論を人は考えるようになるんだなぁ、としみじみに思う


全ては人と人が関わりあう事で発生する機会であってコミュニケーションの成果やプロジェクト次第によって結果の形は複雑に変化する事を経験した数年間でもあった





ここ数ヶ月日記に書き込んだ感情や思いはとにかく様々にあってリセットされたわけではないが、水曜日をもって1つの方向性に向かう事になった


全く考えても想像もしていなかった自分に降りかかった事案に悩み、どうしようと頭を抱えた、なぜシーズン終了後なのか?、シーズン中知れば売上を作ってカバーする事は不可能ではなかったかもしれない等々、カバーする手段のない苛立ちの思いは募った


自分はボランティア精神で関わったがセカンドシーズンの教訓から営業力の厳しさは認識していて外部部隊の確立を目指した


そこにうまれた残念なレベルの競争意識は外部部隊のスムーズな活動の方向性にブレーキをかける事になった


どうしてこうなるのか、自分には理由も背景もわからず一生懸命売上をサポートしようとする情熱はスタッフ間の変な方向性によって冷めていった事を覚えている


そこまで自分達でやるというならば、やればよい、


それがこの結果である事を忘れてもらっては迷惑だ


自分達でやると言った事、自分が担当だからと上から目線で色々横やり入れられると迷惑だと発言した責任は重い

都合のよい判断力、甘い認識から招いた責任を忘れてもらっては大問題だと思う

ある書面がある方には届かず、ある方に届いた事を聞いて、もしかしたら大きな問題に発生する可能性を感じた


人権もあり、それぞれに立場もある、何でもOKであるはずがない


自分には当然ある切り札もある


リミットがくればアクションがスタートする可能性を感じながら、行く末を待つしかないが、自分は自分の考える起承転結を全て事後報告でも公開したいと思っている


藤間議長でした





このような事態を招くに至った経緯を絶対に忘れてもらってはならない



  

Posted by mtc at 12:57Comments(0)

2013年07月25日

リアル

生を得る、という確率を考えた事があるだろうか?


宮崎駿の最新作風立ちぬでも、生きて、がテーマになっている





映画の中で現代では考えられないぐらいどこでも煙草を吸うシーンが沢山あってスモーカー宮崎駿の今の社会環境への無言のアピールにも感じるが・・・(笑)


煙草は生きるには確実に害だとは思うのでちょっと矛盾もあるにせよ、映画の内容は好きだし素晴らしい作品だった


あのぐらい美味しくどこでも煙草を吸っていた時代に俺達も生きた


煙草やめて8年になるが、まさか喫煙家にとって不遇で不便な環境にここまでのスピードで変化するなんて思いもしなかった


特に都会では自分が喫煙していた時代から分離化は進んでいたが、まさか田舎まで流れがこんなに加速するとは意外も意外だった


今まさに飲食店禁煙の流れも加速していて、禁煙ラーメン屋も随分と増えた


オーバル内や近隣の飲食店店舗も禁煙が随分増え、スモーカーは黙って外に吸いにいく


言いたくても文句も言えない社会的状況や環境が複雑だが、自分はスモーカー時代海外の影響でマイ灰皿を常に携帯していた事を失笑していた奴らに責任の必要性を話していた


当時賛同する奴、無意味だと意見する奴いたが、各自がマイ灰皿が普及して自ら処理する常識が浸透していれば環境のスピードは少々違っていたのではないのか、と個人的には思う


生を受け、生きるという事を生を受けとる確率からみれば、そうやすやすとした考え方には絶対にならない

生まれ変わったらなんて発想がどこでどう伝達されたのか、無宗教日本独特の考え方である事を伝達する大人や親、指導や影響がホント多すぎるのではないのかと自分は考えてしまう




人間も虫も動物も植物も、もし地球外生命体が存在すれば、それら全て生である

もしかしたら明日突然寿命が訪れるかもしれない、全うする事だけを考える事が生だと思う


自分はどんな辛く大変な事が背景にあろうと自らの判断で自殺して生を放棄された方に向け残念だとは思うが、供養とか、哀れみを余り感じない


特にこんなに平和すぎる日本での自殺なんて、無念な思いで死を迎えなければならない悲惨な社会環境の国は世界に沢山沢山ある




いじめがあるならば助け合わなければならない環境に全員を放り出せばよい


誰とでも仲良くしようなんて、自分達大人もできない事を教える方が間違っている指導だとオレは思う


人として、やりがいとして助け合わなければならない時に金銭的背景は関係なく嫌でもスクラムを組まなければならない事はある、


しかし、全員と酒をかわしたり、コミュニケーションをとる必要はない


共に酒を交わし話題が盛り上がるには、やはり相性だけは避けられない


又酒を交わそうと思わなければ誘わないのが正直な感情なのではないのだろうか

ゴルフなんて、そんな部分がわかりやすい (笑)




藤間議長でした





金と感情に固執して、何の為のスクラムだったのか、理念を見失い、人を追い込んで仮に誰かが生を失う事になっても、追い込んだレッテルを貼られ、何も解決しないし、何も変わらないのではないのだろうか


オレは誰かの為でなく、自分の為に全うしてあの人の分も懸命に生きると強く心にひめた信念があるので、根本的発想には大きな違いがある


  

Posted by mtc at 12:13Comments(0)

2013年07月24日

問答無用

お前何考えてるんだ


この先どうするつもりだ


そんな問答が月末が近づくと繰り返され続いていた10年前


スポーツの売場の売上は全て仕入れ先の交渉、ルート開拓、商談のほとんどを自分がやっていた





外商販売は値引きなしには商品は売れず、結局は商品の確保の仕入れをしていたり、未回収金を発生させていた現実等、特にサッカーの分野は売上をいくら作っても常に支払いの手形に追われていた


外商の担当と話をしてもわからないでもない解答しかもらえず、いつも自分の能力が会社から問われた


独立を指示された時、店売りだけならばと意見を述べたが結論外売り部隊も押し込まれたような形でスタートとなった


今思い返せばあの時自分がNOと言っておけばと思い返す


結果、売場の売上が大型店進出以降影響を受け下降を続け外商の危機感不足の販売方法は恐ろしい手形の金額を生んだ


その支払いの為、銀行に借入交渉を行ったり、とにかく様々な術の負債がまだまだ残っている


今日はその環境に似ているわけではないが、何というか、判断判断状況状況の答が積み重なって至るところまできたなというデジャブのような感覚であった


この先どうなるのかわからないが、自分は自分の返済手段を真剣に向き合い考え続けてきたので、この先も同様である





返済期日はあっという間に訪れるものだ


藤間議長でした





時の巡るスピードは問答無用に早い
  

Posted by mtc at 16:24Comments(0)

2013年07月23日

依存

選挙が終わった


あの数年前の小泉総理時代のように独裁的政権の形となった


この結果消費税やら様々な法案はスムーズに定められていく可能性は高い


自分は沢山の世界の諸外国にこれまで行ったが、いくら不景気とはいえ日本は裕福で平和な国だと思っている




言い方は悪いが社会との関係性を断った女性と子供の部屋での餓死のニュースはあってもホームレスに身を委ねた場合、その皆さんが集団餓死した話等は報道された事はない

プライドを棄てれば食の余り等は都会でも田舎でも溢れかえってている背景をコンビニ弁当の余り等をみるとつくづくに思う


家電製品を破棄出来ず、無料回収の場所に持ち込まれている大量の数等をみるとまだまだこの国は平和にしかみえない


世代の発想力なのだろうが戦争が終わりバブルを経験して現在年金を手にしていたり、間もなく年金を受け取ったり、あと数年後に年金支給が始まる世代は国の責任とか根本的に国の生活保証や社会保証に頼った意見をされている光景をテレビの街頭インタビュー等でよく目にする


もしかしたら、自分達がそれなりの年代になった時に年金支給等無いかもしれないのに納付している世代の選挙への興味や投票率はあがらない


ある芸能人立候補者の選挙戦でのインタビューでボランティア支援活動のメンバーが1人じゃないとか、ボランティア活動ではなく何とかワンです、と英語のフレーズを並べ賛同している光景をみた時、大変申し訳ないがアメリカの〓〓〓街で不平等性を訴えている団体の光景を思い出した


主張はわかるが、ホントに何が変えられるのか疑問と違和感を感じた


自分達世代はちょうど支払ってきた納付額を年金としてほぼプラスマイナスゼロのボーダーラインだと専門家がテレビで以前に言っていた


自分の感情の本音は国に対しても政治家に対しても正直信頼性は少ないし、国に頼っていても多分何も変わらない可能性を随分感じている

タバコをやめたり、酒をやめたり出来る事は精神的な強度を測れる指数でもあるのでは、と勝手に思っていて依存性から離れる難しさは大変な精神力を必要とする

自分が選挙や国、行政に対し一歩進んだ意見だったり様々な直面する事に冷静な目線で意見を考えられたりするのは多分精神的強度が強いのかもしれない


絶対的に何事でも自分は依存型ではない


だからこそ、依存型の方々の意見や考え方もよく判る

自分的には依存していても何も変わらないし、変えられる事も何も出来ない時代としか述べる事は出来ないが・・・、


藤間議長でした





昨晩、又様々な情報が耳に入った


何がなんだかさっぱりわからないが、とにかく結末なんて全くみえない


依存型の方々の暗闇の出口はあるのだろうか
  

Posted by mtc at 11:46Comments(0)

2013年07月21日

続思い

前回の日記から大変だねと言って下さった方々も沢山おられた


ただ誤解しないでいただきたいのは、自分が収入を得る程の利益が営業力で出ていないだけで、延長してきた借入返済の支払いに向けた積み立てもあるし、継続していく為の手段である


続けていく事の重要性と厳しく大変な時に本当のスクラムや信頼関係とは生まれるもので、上辺のみの簡単な話では当然ない


自分の現在の経験や環境は大変な事だが、自分は決して下を向いてはいない




ゴルフのレベルに今こだわる事も当然意味がある


ゴルフはプライベートか、企画に協力している飲食店対抗コンペにしか出ない


銀行コンペや企業コンペ等は相当なお付き合いがない限り出場する資格等無いと思っている


コンペ企画してみたらなんて言われたりもするが、状況からいってとんでもない話である


ただ自社の業績は無駄を省き、経費を最大限に縮小して運営しているので数万の赤字で半期を終えている


決算期の11月までには、数年来の僅かであろうが黒字を記録する可能性もでてきた、あくまでも可能性であるが・・・


売上をあげて始めて様々な事項が生まれる事は公務員的感覚でない限り当然の話で、もし売上を確保する為の営業活動やイベント活動の必要性を重要視されず、参加義務でなく参加希望等を確認する背景等があったとしたならば、この考え方やその行為は売上を確保する機会の損失につながり、このような結果を招いたとも判断されかねない


もし、偽り等が1つでもあれば、自分が現在与えられている精神的ダメージも精神的ショックも〓〓だとか〓〓〓〓だとか、様々に捉えられても誤解もない話だとも思う


今回の件に関し、ちょっと気になる部分もあるので知り合いの〓〓関係の方には相談してみる事にする


名前が入っている方と提出された方が、もしも異なる場合、これは確実に〓〓となるような気がしている


藤間議長でした





現在本業の県への報告期限提出期限のある資料と計画作りにも毎日追われている

事業を継続する事、計画を変更する勇気は大変な決断があっての事で、働く側にもそれなりの覚悟が当然必要となる


自分はもうサポートが不可能と判断して辞表が受理されたが、自分にお疲れ様、有難うございましたの握手を差し出した男はあるシビアなナイスガイただ1人であった


あの握手は関わってきた中で一番印象的な有難い行為で忘れることはできない


結局主張とはそういう事なんだ


俺はそう思う


方法を間違えてしまうと、大変な事になりかねない
  

Posted by mtc at 18:41Comments(0)

2013年07月20日

思い

このブログは思いの丈を書き込んできた日記


基本オープンに続けてきた

facebookのように様々な機能はないので、書き込みに目を通す事は誰にでも可能だ


自分は基本あまり群れをなさない、群れをなすと考え方に偏りが生まれたり情が芽生えたりもする


そんな事を知ってか知らずか、次から次へと何も知らない、聞いていない事態が今舞い降りている




自分の現状はここ数年本業からもほぼ無給、僅かな収入で必死に凌いでやってきた、そんな中で時間をさいて応援してきたつもりだ


感情的ダメージはかなり大きいし、なんかそれだけのスクラムがあれば何とかならなかったのか、という思いは強い


お金も貯金も現在ほぼゼロ、ほぼ破産状態で日暮しの自分にとって、どうしようもないが、ゼロになって見えている事は、今の自分を求められていたりする感謝しかない、


コツコツと生きて、生きている証を感じながら今はチャンスをじっと待ちながら夢を追う





妻も子供もいない自分は、孤独で、このような行為に対し何を考えるのか自分が正直怖くもある


正義とは何だろう


権利とは何だろう


サラリーはいらない
そう決めてボランティア精神で関わった事は絶対に間違えてなかったとは、今、このような行為をされる方々に対してはっきりと思える


自分は弁護士を依頼するお金もないので、何も自分から対応したり、答える事は出来ない




藤間議長でした





罪を問われれば刑に服すしか手段はないのだが・・・

全ては何故か一万城から発送されている


深い憎しみやしこりが残れば信じられないような大事件へと発展するかもしれない


ブログからの発信は真実を伝えていかなければならないと思っている





  

Posted by mtc at 12:46Comments(0)

2013年07月19日

意図

今日は残念な日だ、壊れたバスケットリングみたいな感覚だ


記事投稿もしたが、とりあえず削除した


怒りもそうだが、精神的ダメージの方が大きい


この信じられない件に関してはやっぱり俺も〓〓となって対応するしかあるまい

藤間議長でした





このリアリティーはツールを持つ側としてそれなりの対応で臨みたい



  

Posted by mtc at 21:21Comments(0)

2013年07月18日

体力

今日は宮日ゴルフ都城最終予選会


高校野球もベスト4が決まり今週中には夏の甲子園宮崎代表が決まる


高校野球といえば、予選の開会式で球児が数名日射病で倒れたと聞いた





プラカードの女子の方がタフとはちょっと呆れた話に聞こえるが男女では随分と温度差に関しては体力の差はあるみたいである


女子は暑さには強い


この間の高専大会も男子は冷房が稼働された体育館だったが、女子は冷房無しの市民体育館だった


聞いてみれば女子は男子より全然強いよとの解答、


学識の高い方々が言われるのだからそうなのだろう、

体力と言えば自分は体力はある方であまり最近は風邪もひかない


だから病院も行かないし、社会保険証はここ数年間免許証に重ねて閉じられたままだと思う


それももったいない話で、保険もそうだが活用できていないとつくづくに思う


当然もしもの場合の医療保険なのだが、最近ちょっとどうなんだろうと考える自分もいる


だだ年齢を考えると有利ではないので、慎重にもなる

体力がありすぎるのも考えもんだ・・・(笑)


藤間議長でした





最近また若くみられるようになった
  

Posted by mtc at 20:34Comments(0)

2013年07月17日

復縁

昨日は炭酸泉に入り長くつかりながら色んな事を考えた


中濃度の露天風呂は約20分ぐらいつかっておくとよいと教えられ実行している


最近考える事はやはり人間関係に関する事が多く、そんな歳になったんだなぁ、とつくづく思う




昔からややこしい人間関係模様に立ち入る事事態を出来るだけ避けてきたので、こういう感情はあまり記憶にないが、人は間接的に知り合いがツライ目にあった場合、当然知り合い側からの情報しか信じないので、事実と異なる話が伝達されるケースは多く、当人同士の会話はないままにややこしい事態になるパターンを様々にみてきた


誰に問題があるのか、と問われると難しい問題で、ややこしい人間関係の感情伝達の妙が発生していく


大体感情的に結論揉める方の場合、自分の場合は初対面からの相性もちょっとあるのかもしれない、挨拶とか、会話とか、その内容とか、非常に微妙な部分ではあるが相手から感じる部分もある


何の事態か、創造が膨らむ事が沢山ある環境が今更に不思議で、それぐらい人間関係模様の中にいる立場やら存在になったとも言える

闘うという表現は大げさかもしれないが、そんな感覚に近い感情的な変化になってゆくものだ


出会いから奥底に感じながら積み重なっていたりもして、こじれると根底の深さにやってはややこしい感情も顔を出す


何気ない普段の会話やスポーツの場面の中で片方が口にしてその場は流したりした事でも蘇ってくるから脳内記憶恐るべしである


そんな事を思いながら炭酸泉につかっていると、スイスのローザンヌマラソンに参加した時にマラソン後の観光でツェルマットに登った事を思い出した


あの頃も様々な取り巻きからの人間関係が色々とあり両親との関係も複雑だったりした


他人とのトラブルと比較すると家族間の感情のもつれの方が辛かった


全てはあの離婚前のパート先のオーナーがきっかけであった


あの頃の人間関係トラブルと比較すると、今回のトラブルなんて比較にならない

あのツェルマットの頂上でいかなるトラブルがあろうとも、そんな大きな事ではないといっそうさせる絶景を観た


それは大きな心の支えでもある


藤間議長でした





もう少し溜まるようなら、山に登るとしよう
  

Posted by mtc at 11:35Comments(0)

2013年07月16日

宮日大会

毎年開催される宮崎日日新聞主催の宮崎県のゴルフナンバーワンを決める大会
宮日旗

団体戦と個人戦が開催されます


20年ぐらい前に一度予選に出場した事がありますが、まだまだ若くとにかく荒れに荒れ恥をかきゴルフを自分の中で封印するきっかけにもなりました


今年予選、本戦の舞台になっているのはフェニックスカントリークラブ


自分はメンバーなのでこのコースでやってはいけない事や危険な事を知ります


今回の参加は実は開催がフェニックスカントリークラブである事もあってボランティア的な参加の予定だったのですが、最近ゴルフとちゃんと向き合っているので、それなりの成果が出ています


予選には4回中最低2回出場して合計スコアを提出、代表が決定されるという事です、代表に選ばれたら9月に本大会が開催されると聞きました


とにかく色々あったこの数年、ゴルフを再びやるきっかけになったサンズの活動にケジメをつける思いでもちょっと頑張ってみようと思っています


あさっては最終予選、頑張れば代表メンバーに残るかもしれません


自分の強みはミドルアイアンの距離感、しかし弱点はアプローチ、(笑)


少しはマシになりましたがホントグリーン回りが下手くそで致命的です


ハーフ37、38、でラウンドしてもお約束でアプローチミスしてダブルボギー打ちます、


一緒にラウンドすると何やってるの、とよく言われるぐらい別人のような自分がたまに顔を出します(笑)


ズルズル悪いスコアで回る事もよくあり、掴めない奴とも言われます


結論バーディーを何個捕ってナンボのゴルフという考え方でラウンドします


ボギーもダブルボギーも打つので、バーディーがこなければスコアは普通です


グリーンを外してもアプローチでリカバリーする方々には憧れます、自分のアプローチで寄る確率は50%と自信もって宣言できます


最近のワンラウンドでの最高バーディー数は8


ミドルホールでバーディーを連続で捕ってくるし、トラブルからもバーディーを捕ってくるので、相手は嫌がります


お前のゴルフはメチャクチャや、と真剣にコツコツとスコアメイクしてラウンドされる宮崎市内のあるゴルファーに叱咤された事もあります


そんな事言われても・・・

それが自分のゴルフスタイルなんだから仕方ありません


一緒にラウンドした女性やキャディさんからも上手いのか、下手なのか?よくわからないですね、とはよく言われます(笑)


ラウンドすると必ずそう言われるので、俺ゴルフうまいよ、とラウンド前に必ず言っておきます


ラウンドの後、教え方上手いですよね、とはよく言われますが、ゴルフ上手いですよね、とはあまり言われた事はありません


そんな破天荒ゴルファーのスタイルは自分で嫌いではありません


藤間議長でした





もし予選に残って代表になったら大会までの期間、死に物狂いにこれまでやったことのないアプローチの練習にチャレンジしてみたいと思っています
  

Posted by mtc at 10:46Comments(0)

2013年07月14日

感謝

昨日のバスケット試合会場で実はある方と久しぶりにお話をする機会があった


すると、


えっ?、そこですか、?


という意外なお話が出た


改めて人によってやっぱり様々な視点からみれば捉え方も異なるもんだと思った

現在の自分の状況などは話ても仕方ない事なのでその話題は話さなかったが、以外な見方にこのような方もいるんだなぁ・・・と思った


もし自分がこの方のような考え方を持っていれば保証人を承諾する事はなかった事だろうし、このような形で資金調達に苦労する事もなかったかもしれない


経済や金融機関との向き合い方にまだまだ甘かった自分の知識が今は情けない


数年間かかるかもしれないが、キミのその経験がもしかしたら将来の宮崎のバスケットの新しい再チャレンジのアドバイスになるんじゃないのか


響くものがあった・・・


昨夜は結構不思議にハイテンションな自分がいた、






お前がいなかったら大変だったとか、お前は頑張ったとか、有難うとか、感謝の言葉を今シーズンは誰からもそう言えばかけてもらう機会がなかった終わり方にその時に気付いた


セカンドシーズンは死に物狂いに確かに頑張ったが、サードシーズンは会長の就任もあって自分の努力はかなりいまいちな立場であった自覚もあった


だからこそ、業務提携ビジョンも宙に浮き、やりたい事が出来ずにもがいた後の保証人の件に感情的になる自分がいるのかもしれない

全く予想外の考えてなかった言葉がもの凄く嬉しくもあった


人の為自分の時間を惜しまずやるなんて事は誰でも出来ない等と言われると光栄だが、社長や代表的な役となると人の為にどれだけやれるのか問われたり、自らを鼓舞したりして自分が先陣をきってやる事が当たり前の感覚になる


全然凄い事なんて無い


この先保証人問題が解決しても関わりたいとは思わないし、一生懸命やってきた事の結果が残念でひっかかってもいたが、少し心がハレルエールは嬉しかった


藤間議長でした


誉められる事は忘れていたが気持ちのよいものである
  

Posted by mtc at 17:37Comments(0)

2013年07月13日

高専大会終了

今日の高専大会敗戦によりとりあえずバスケットに関するハードな日々から約1ヶ月は休息となる


夜間リーグもバスケットの練習も参加日を絞り込むバスケに変更を決めたので随分と気持ちは楽になる


コーチングライセンスの取得に向けて色々と検討するよい期間ともなる


最終的にはやはり資格の時代だから、出来るだけ資格は取得したいと思うようになった


もう少し早く気付くべきだったのか、気付いた事がこれからの人生を左右するのかはわからないが自分の中で基準の何かが変わった事は間違いない


やはり自分に対しても人に対しても、ビジネスに対しても様々に甘さのつけがきたとちゃんと考えられるようになり、何が必要で何が必要でないのか、とにかく考える時間があれば考える事が増えた


ゴルフの調子が多分良いのは、ゴルフの時はゴルフの事だけを考えられるように集中力のイメトレで臨んでいるからだと思う


何故ならば練習場では集中力が中々難しく確率的には当たりはよくない (笑)


ゴルフとは不思議なスポーツだとつくづく思う


藤間議長でした





資格取得に向け又様々に忙しくもなろうが、暇よりはマシである・・・


さぁ、明日先ずはヒゲ剃ろう
  

Posted by mtc at 20:02Comments(0)

2013年07月12日

議論

当店はこの部屋の先に会議室がある


スタッフが沢山いた頃はとにかくよく個人ミーティングをやっていた


当然駄目だったり、やり方が悪ければ叱咤したりもよくしていた


今日の銀行での議論中に、スタッフとの問答のようなシーンがあって昔声を荒げ怒っていた事をふと思い出した


なんか人に上から目線で注意できる立場でもそんな人間でもなく人を育てる為だなんて滅相もない事だよな、なんてふと思い始めてスタッフの増員にブレーキをかけた時代がよぎった


何か悪い事をしようとしていたわけではないが、結果的に理想は離れ、どうにかしたくてもどうにもできない状況に自分が追い込まれた場合自分ならばどうする事だろう


全く想像すら出来ない





売上をあげろと言われても要望される商品がないので無理です、当時よく議論になるスタッフがいた


結果的に解決策が出なかったので議論はあらためてという事になったが、最悪の場合借用書の必要性も法的義務はないので法律にのっとって請求が保証人になされる


親への迷惑を考えると、回避したいところだが自分の現状には限界がある


今日の話し合いで自分にはちょっと気になることがあったので、それが今実はひっかかっている


いよいよ、ではなく、まだまだ、であった


それにしても、バスケット関係者のあの方の発信はこの先もし裁判に持ち込まれた場合に大きな問題になる可能性がある


自分も名誉棄損が一番怖いので書き込みにはそれなりの後々トラブルにならない言い回しを考え事実確認を自分が確認した事以外はやはり万全に注意してはいる

とにかく自分は自分がボランティア精神でずっと向き合ってきた事、様々な助言をやってきた事、迷惑はかけないと言った男の約束、これまでの事をフィクション小説にして先々発表する事を述べている


どのような展開になるのか今は全くわからないが、とにかく本業やらなんやら忙しく今月時間は簡単にはとれない


藤間議長でした





勘弁してほしい思いである



  

Posted by mtc at 15:09Comments(0)

2013年07月11日

いよいよ

いよいよ明日である


午前10時銀行に集合する事が決まっている


借用書もいただくし当然保証もいただくつもりだが死に物狂いで自分の期限内負担分は揃えた


自分の保険やカード、積み立て全部引き出しこの額しか準備出来ないメールを送信しても無視されたまま、残り負担はどうにかして自分で準備せねばならず、貴重品を売ったりして何とか間に合わせた


ここまで無償でヘルプしてきたオレがなぜにこんな事になるのか、給与を取得していた方々とはちょっと感情的な感覚が異なる


実際に所得していたか定かではないが経理上の明細に代表の所得記録は残されている事は会計的に必修なので真意はわからない


借用書は残るが返済計画書と保証人を立てていただいて明日はサンズとの縁切りスタート初日となる


代表のやり方に対し、とにかく色々知らない事も聞かされたり出てきたりもするが、自分はもう関わりたくはない


それが本音だ


様々なバスケット関連も区切りがつけ、高専の指導とカジュアルな場所でのみバスケットは続けられるまでは続けていこう


バスケットの商売は現行のお取引が継続できればそれでよい


噂を聞けば自分の事を悪く言って伝わらない方には全く連絡をとっていないようで、その方々は当然状況もしらない


自分が伝達する事ではないと思っているので、自分が何か切り出す事はないが、都城の場合は敵だらけの状況にどうすればそこまで異なる方向に向かうのか、?

可哀想とは思わないが惨めにも思う


誰が裏でこんなシナリオを想定してるとか、こんな事を考えているとか、とにかく色んな事を色んな人達が言っている


自分も法律等々色々調べて自分なりに想定している事があるが、一番手放したくない物はなんなのか


その基準は責任を追及する上で、誰のせいでこうなったとか、被害妄想の議論を除外して自分は考えている

今日まで微塵の誠意も感じられなかった事はとにかく残念である


藤間議長でした





愛する人が本当にいるのなら真意に向き合い解決に向けて死に物狂いの態度と誠意をそれぞれに示して、社会的責任に全うしていただきたいとは思っている


このような社会的責任は必ず子孫にまで受け継がれ逃れられない現実が待っている事を家族、親戚含めどこまでご存知なのであろうか

額を考えるとホントゾッとする・・・


本業の様々な権利にも影響が出る可能性もあるのではと思っている


彼が牙を向いた相手の方が明らかに自分には賢くみえる



  

Posted by mtc at 13:55Comments(0)

2013年07月09日

3連覇

連覇の試合はホント名勝負

物凄い試合だったが、正直今年はポイントは初戦だと思っていた通り、準決勝、決勝戦と結果はやる前からわかった


対戦相手には悪いが今年の相手はベストメンバーの宮崎チームではなかった


昨年の試合、奪回して優勝した3年前、ホント大変な試合を都城代表メンバーは経験してきていて大舞台に余裕さえ感じられた


監督の情報が足りない部分をサポートした数年間であったが今年は初めからちょっと様相が違った


自分は鈍感ではないので、結構過敏に気付く


なんかのけ者だなと感じてもオレはオレの出来るサポートをやろうと決めたし、大会当日にオレがベンチにいないと転勤になった彼が残念がるだろうと思って、ちょっと腹立たしい想いも封印した日々であった


加えて1つチャレンジに参加させたい学生の存在も理由にはあった


大会後、打ち上げの件の誤解からちょっとトラブルになってはいるが、引き際には丁度いいかもとは内心思ってもいる


来年からは大好きなリーダーシップを発揮して新しいスタートをきっていただきたいものだ


練習スタート時点セレクション時点から自分の感情的な気に入らない部分はあるし、正直夜酒を囲みたくはなかったのでこれで良かったのかもしれない


シニアも同じような状況になるであろうから、そっちの部分も自分は今後遠慮する事であろう


ダメだと思ってしまえば、人間関係修復はかなり難しいものだ


写真をみてもらえばわかるが昨年中心にいた自分は、ひっそりと後ろに今年はいる


そういう立場がわかる人間でありたいものだ


藤間議長でした





バスケットを卒業するわけではないが、夜間リーグのスケジュールが無くなると予定はカジュアルになって自分には多分プラスである
  

Posted by mtc at 01:54Comments(0)

2013年07月06日

県民大会

今日からバスケットの県民体育大会が開催されます


自分はシニアの都城チームでは選手として、都城一般代表チームでは例年同様にベンチワークメンバーの役割で監督の補助として試合に臨みます


都城代表チームは3連覇がかかっているので気合い十分です


実は代表チームにはサンズの面々がチームのメンバーに登録されています


都城チームは高橋と福水、宮崎チームには重永


彼らの久々の勇姿をみるのもよいのではないかと思います


朝から当然お約束のように呼ばれ色々聞かれますが、自分は自分の知ってる情報しか知らないのでなんか申し訳ないとも思います


とにかく今日、明日は試合に集中して頑張ります


藤間議長でした


  

Posted by mtc at 08:34Comments(0)