みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
mtc
mtc

2013年11月29日

新しい話題

最近どんな業種や業態が社会から注目されているのかを真剣に考えるようになった


イコールそれがお金にも生活にもつながり、時代を生き残るキーワードにもなる

スポーツ業界は全てが昔から基本的に売上重視、戦略も地域一番店主導の政策で進んできたので、自分のお店の現状だけでなく、他のエリアでも地域一番店の消滅が続き永くコツコツと築かれてきたスポーツ店の関係図は懐かしい思い出と変わった


世の中は成果主義であり、外資ブランドの台頭を後押しした地域一番店各店の意識は結果的に日本ブランドの変化につながり、小売店とメーカーとの間にクリアな関係の現在を作りあげてしまった


自分は現状の責任の全ては当時の地域一番店の小売店の代表の自業自得だと思っている


自分達の力で様々なブームが築かれたのではなく、売上高に勘違いした小売店の個性による大きな差別化は成長なく、むしろ安易なブランドコーナーに溺れた


振り返るとメーカーコーナーに簡単に進んだ代表の地域一番店から順を追って消滅してきたような気がする

当店は比較的セレクトショップのような意識で売場の品揃えを提案してきたのでここまでなんとか踏ん張ってきた意識はある


しかし、さすがに安売り競争と大型店の影響をカバーしていく事に限界を感じるというか、先々に好転を感じない


ここ数年少しずつテナント事業の可能性について真剣に色んな事を思い始めて、スポーツも含め多種な業界のこんなお店があれば…、と綴ってきたブログがある

そんな話題もこの日記に随時残していこうと思う





藤間議長でした


理想的な夢の商店街にこんなお店があれば面白いという話題である




  

Posted by mtc at 12:04Comments(0)

2013年11月28日

願望

2014年ブラジルサッカーW杯
2015年イングランドラグビーW杯
2016年リオデジャネイロオリンピック
2017年野球のWBC
2018年中東地区初のカタールでのサッカーW杯
2019年日本ラグビーW杯
2020年東京オリンピック




これらのスポーツイベントを見るまではオレは絶対に死にたくない (笑)


スポーツ店だからとか…、時代はもうほとんどグッズ販売的な商売には関係ないけど


スポーツに関わってきたからこそ、特別な感情がある

できることならば、全て会場で生の試合を体感して、人生の素晴らしさを実感したいものだ





藤間議長でした


全部観戦に行ったら一体いくらかかるのだろう…
  

Posted by mtc at 14:02Comments(0)

2013年11月27日

世渡り上手

猪瀬東京都知事の様々な説明を聞いていると、きっとこの方は世渡り上手な生き方をされてこられたのだと思う


世渡り上手な方は商売にも取引のタイミングにもたけていてチャンスを逃がさない


世の中の全ての人が世渡り上手だったら社会は成立しない


世渡りややり方がへたくそで常にマイナスが降りかかる人だっている


世渡り下手(よわたりべた)な方が人間の性質的にとても悪い人間かといえばそのような事はない


性質だけを考えると世渡り上手な方の方が人間的に毛嫌いされる可能性だってある


独身になって、自分は一体どうだったのだろう…と1人で考えたりする事があったりして、失敗とか不安的要素をわかっていた上での結婚ではなかったのかと、最近自問自答する自分がいる


結婚してからの嫁さんとではなく、あの方の存在との格闘は自分の様々な判断力を鈍らせた


彼女への想いがあればこそジレンマの連続に襲われた

あのような事件でもなければ自分の嫁さんへの想いは絶ちきれなかったと思うので結果的に良かったと振り返る自分も今いる…


嫁さんと結婚当初からスクラムを組んで仕事をしなかった事は世渡り下手の判断だったのかもしれない


あの当時自分が強引にでもパート先を辞めさせ自店でスクラムを組む判断をすれば、色んなバランスの悪い事は起こらなかったかもしれない


自分の責任の甘さは重大だったとも考え直す事がある

いずれにせよ、どうしたってしょうがない回顧なのだが、後悔があるわけではないのに、何か色々脳が落ち着かない


不思議な感情がふっと降りてくる


あの日以来別れた嫁さんと会いたいと思った事はないし、あのパート先のオーナー同様に偶然でも出来るならば会いたくはない


裏切られた感覚は第三者が思うほど簡単に消えるものではない


藤間議長でした


クイジナート ソルト&ペッパーミル SP-2JBS

クイジナート ソルト&ペッパーミル SP-2JBS
価格:13,990円(税込、送料込)







ただあの2人の結束力はスゴくて物凄く羨ましい関係だった、男としてその枠に入れるものか、過酷なチャレンジに臨んだ結末が離婚だったとも言える


オーバルのスポーツ売場のチャレンジも含め、自分はきっと世渡り上手ではないみたいで過酷なチャレンジを選択する性格のようだ!(笑)



  

Posted by mtc at 13:48Comments(0)

2013年11月26日

虚心格闘

公開している藤間議長日記には、スタートがプロバスケ活動ブログだった事もあって、色んな思いや感情的な事等々、自分が知っていて公開する必要を判断した内容のみを書き込んでいる

公開している内容が問題だと削除を依頼され削除した事も当然何回もある


当然そのような場合、削除する事に自分的に抵抗はない


続けている理由はランキングの価値にあり、継続されてこそのキーワードの為が大きい


だから、このブログで公開されている情報や本音なんてものは自分的には腹一杯ではない


公開したくないその他のとにかくこれまでの人生の様々な感情は非公開でずっと非公開日記に定期的に書き込んではきた


とにかくオーバルをスタートしてから都城での人生は色んな感情的な事が沢山ありすぎた


後悔だけはしたくないし、自分なりに一生懸命やってはきたが、さすがにちょっとここ数年の我慢はこたえた


本音の悔しさなんてずっと胸の中に男として長男として閉まってきているし、他人のせい等にはしては情けないと思って頑張っている

今まではこのブログを商売やビジネスにつなげていこうと考えた事はなかったが記事の内容を転換していく事は公開日記なので自分の自由だ


facebookは商売のアピールにつながらないものかと、まめに投稿活動はやっているが実績にはなかなかつながらない


ただこれも継続なので、やれるだけの事は続けられたらと思っている


11月の終わりの転機に自分はたった一度の人生を今一度真剣に向きあい考えてみたいと考える1日に今日はなった


そりゃ〜 楽になりたい!

先に死んでいった方を羨ましいと思う事だって、正直いうとある


離婚という結果になって子供もいない、ネット関連の作業をコツコツと継続している事を親、兄弟から批判される事が一番辛い


継続する苦労や大変さが理解されない環境と結果や成果が達成されない現実には相当に悩む


この世界は孤独の世界なので、充実感を持って作業しついる奴らはオタクと呼ばれる


中野オタク仲間達と議論していた時代が一番幸福な時代で中途半端な責任感で田舎の街の為、都城の中央商店街の為と正義感で立ち上がった事が大きなマイナスの分岐点であったのだろう

振り返ってもしょうがないのだが、オレは何をやってきたんだろうと虚しい


藤間議長でした



クイジナート ソルト&ペッパーミル SP-2JBS

クイジナート ソルト&ペッパーミル SP-2JBS
価格:13,990円(税込、送料込)








人生は一度しかない


何歳まで生きるのかは寿命のみぞ知る


やり残している事を整理して、強い目標を掲げて、まだまだオレは頑張っていきたい


オレは負けない



  

Posted by mtc at 21:44Comments(3)

2013年11月24日

行方

今日もそうだが、あの発表以来とにかく色んな方に聞かれるサンズに関する事がある


選手達はこれからどうするんですか


チームの来年以降の活動が白紙になり、選手の行方を心配しての質問である


動向も様々な行方もこれまでの方向性もとにかく誰の判断でこのような経緯になっているのか何も聞かされてないし直接的な情報等々一切ありません


これまでの事が常識的になんでもかんでもおかしすぎて自分はもう何も意見を述べたいとも思わない状況ですが、つい最近まで頑張っていた支援者の方からの話からすれば選手を数名契約していた等という事実は無いと思うし、経済的にそのような資金があっては債務者に対し問題になるぐらいの状況だと思います


チームがこの先に向かうべき可能性にどのような事を考えているのかわかりませんが、とにかく関わりたくない事が第一!


地雷を踏んだ銀行借入金の保証人となった返済を会社の代表は1円も払わず保証人メンバーで完済した事が現実です


その借入も根本は選手達の給料を補てんする為の資金

給与体制の見直しを強く要請した3年目だったのに関わらず、とにかく意味のわからないチーム関係者への出費体制の新編成に自分が大きく冷めた原因もあります


意味のわからない聞いてない決定がとにかく多すぎて様々に自業自得の結末なのではと自分は思っています

給与未払いで会社代表と揉めている問題も噂では聞いてはいますが、結果的に給与をもらっていた側とボランティアで尽くしてきた側とでは感情が根本的に異なると思います


自分は結果的に3年目のスタート当初様々な一抹の不安から友人等に自分から増資提供の話は一切しませんでした


もしそんな事に加担していたかと思うとゾッとします

相談を受けた事はありますがそれぐらいの捨て金があればの覚悟で出費した方が賢明だと助言してきた


今後は増資に関わってきた方との折衝も大変な問題となる可能性もあると思います


説明責任不足のツケは選手・スタッフの給与未払い問題よりも大きな問題とならない事を祈ります


藤間議長でした



クイジナート ソルト&ペッパーミル SP-2JBS

クイジナート ソルト&ペッパーミル SP-2JBS
価格:13,990円(税込、送料込)




増資を強く提案してセカンドシーズン終了後に継続を促したのは会社代表のご両親でもあり、ご自身も相当の出費をされておりますが様々に開放を許したツケは大きいように自分は思います


健康にはご自愛下さい


  

Posted by mtc at 15:04Comments(0)

2013年11月23日

食品表示アドバイザー、其の弐

食品表示偽装の問題で消費者庁は一般主婦層から偽装がないかチェックをしてもらうモニターを募集する検討段階にある事を発表した

そこで自分は大きな疑問が浮かんだ


この問題が発覚するまで、偽装に気付く事なく消費してきたのはそのような主婦層も多いはずなのにどうやって検査するのであろう…?


様々な問題が山積みの昨今与党の主婦層への点数稼ぎ的な解決案の臭いがプンプンする


本当にこの問題を真剣に考えて解決させたいのであれば策は必ず異なる


そのような表示をする必要性がそもそもの問題で販促の為そのような表示を意識づけさせた側にもどこかに問題の原点もある


限定とか差別化とか日本人の大好きな説得力の落とし穴はオレオレ詐欺が様々な手口でまだまだ横行する現代の寂しい社会的問題もかいまみえる


モニターには当然謝礼もあり税金を活用される事だろうが、主婦層に限定されるのはちょっと個人的には賛同出来ない


男性側からすれば羨ましい差別政策だと思う







さらには間違いない食材を使用しているのに疑惑等を投稿されたら大迷惑な話でもある


藤間議長でした


もう少しレベルの高い解決案を提案する所得に見あう官僚さんはおられないのだろうか…?





  

Posted by mtc at 16:34Comments(0)

2013年11月21日

皆も残念な事を口ずさむ


あの発表以来、耳に入ってきたり、直接言われたりする事は、お前が辞職してから何か全て悪い方向だね


自分は無給でボランティアで応援してきただけなのではっきり言って傷はずっと深いままですが、その覚悟で応援してきた人間が離れるにはそれなりの理由が強くあるので、悪い方向性が出てしまうのははっきり言ってあまり驚かない結果だと自分は思ってます


個人的にはとにかく挙げればキリがない事も沢山ありますが、今は未だ我慢しなければならない格闘もあります


第三者的感覚で、そのような発言を上から目線でするあなたには何もわからない

あんた達のような方がそれなりの場所に居座っているから宮崎と鹿児島の差は全く埋まらない


その拡大を続けている傷に気付けないのでしょうね!

自分達はあの興行で鹿児島、福岡、大分のチーム関係者とよく交流しました


九州ってホント本州と比較すると全体的に陸の孤島の状態で新幹線で本州とつながっている福岡、熊本、鹿児島との情報の格差は益々広がって当然だと感じます

ブームが去り、まだまだ傷の癒えない宮崎はこれからどうするのか?


サンズの参入の時期宮崎は東国原知事による宮崎ブームの真っ只中で同時期に参入を決めた島根・秋田の現在までの実績と比較するとあまりにも厳しい結果が初年度から起こりました


bjリーグにとって延岡学園・小林高校と全国的に高校バスケット界ではメジャーな宮崎が参入するプラスは可能性を拡げた事でしょう

しかし、現実は様々な力不足や勘違いもあり、最後まで好転する事もなく現在の状況を向かえています


好転したかはわかりませんが、チェンジの可能性が数回あった事は現実です


プロチームが宮崎に出来るように一生懸命頑張りたい、ただ、チームが出来たら運営はその道のプロに任せて自分は興行を楽しみたい

結局強く頭を下げられ運営に関わる羽目になりましたが、ボランティア精神を守り抜いた意地はプライドとして言い張りたいと思っています


誰が自分達でやろうと威勢を放ち誰かさんを持ち上げたのか知りませが、どんどん冷めていく自分がそこにいた事だけは、傷として忘れる事は出来ません


持ち上げられ勘違いした男は様々に迷惑をかけ続けて何一つ解決の道は見えていません


周りの受けた傷の根底の責任には初年度のあのスタート時点の過ちがあると自分は自分の傷も癒えない以上思い出す度々に発信し続ける事でしょう


それぐらい宮崎のバスケットの将来的に夢をかけた活動を台無しにしたバスケットに携わっていないメンバーの甘い判断力の初年度の運営姿勢の責任はやはり重い事を自分はこの問題が解決を向かえるまで主張したいと思います


自分は最悪の状況にバスケ界の事だけに目を背けられずにボランティア精神でヘルプの手を差し伸べたのに精神的にも大きな傷を与えるられた側です


何かあのような言葉を聞くと、大変な時に救いの手を伸ばさなかった事が良かったように聞こえて、やはりだからシャッター街からずっと進展しない田舎の抱える根本的問題点に近づいたような気がしました


お金も行動も起こさないで文句だけは人一倍…


何様ですかね〜


藤間議長でした






傷の1つでも譲ってあげたいものです



  

Posted by mtc at 14:27Comments(0)

2013年11月19日

初耳

中日ドラゴンズの首脳陣が一新され色んな変化が表れている


なんと10月に戦力外通告をした川上選手と再契約をしたようだ


こんな話は異例も異例であまり聞いた事がない


やはり落合の存在は注目だが、初めから無能で安全パイの監督だった昨年度とは明らかにチームの士気は高まっていきそうだ


中日が強くなると確実に来年以降セリーグはパリーグのように混線になる


感情的にはちょっと複雑だが、その混線の中で巨人には優勝してほしいと願う





藤間議長でした


中日にはまだまだ動きがありそうだ…



  

Posted by mtc at 18:55Comments(0)

2013年11月19日

交代

柔軟な考え方があれば難しい話ではなく


時代は常に交代を繰り返す

トップが墜落する事によっての交代劇もあれば、自らが場所を譲る交代もある


昨日ある業界の交代の可能性を確信する光景を感じた

彼はスポーツを通じて知る知り合いだが、多分あの業界の地域のトップに立つ高い可能性を周りの仲間達との交遊関係からも思った

自分は彼とは深く語りあった事はこれまでないが、リーダーシップの才能は個人的に認めていた


これは自分の知る情報も考慮した仮説だが、そうなればあの業界も更に開放的になって様々なコラボが発生する事だろう


現在トップに君臨する方を知らないわけではないし、決して悪い方ではないが、交代に向かうパワーは避けられないのではないだろうか…


なぜそのような部分に気を止めるのかと言えば


自分が自分の地域の業界で自らの判断でその位置を降りたからこその視点がある

交代を自ら仕掛けたのは生き残りの為、その時その位置に立った小売店の現在は想像にお任せする


楽に商売を継続しているわけではないが、あの位置を固持していたら確実に現在はなかった確信はある


ただ終われば頭を大きく切り換える事もできるので、しがみつく必要からは解放される


数年後どっちが幸せかは、定めのみぞ知る


人生は色々だが、だらだらと結論を先送りにすればするだけ無駄な時は過ぎる


人を利用する事ばかり考えていると、重要な助け船に気づけない


残念な展開の中、色んな情報が耳に入れば、それは様々に伝達されていく


一体どこまでいくのか…





自分には既にその展開事態に興味はないが、とにかく自分がお願いしている事だけ、恩を忘れなければ、ちゃんと遂行してほしいと思っている





藤間議長でした


昨夜、たまたまある都城の大変お世話になった方に遭遇して実情を聞かれたので知る限りの情報と体験からこれまでの経緯をお話しした


柔軟性がなかったんだなぁと言われた時に自分は返す言葉がなかった


交代のきっかけは様々にあっただけに自分の関わった使命には情けない失望感は残り続ける事だろう


人の為、正義感にかなりのためらいを持つ自分がいる事だけは間違いない現実である




  

Posted by mtc at 12:45Comments(0)

2013年11月18日

公約

実は東日本大震災の被災地選挙で自民党の影響力は非常に微妙な立場が続いている


アベノミクスの効果は一部の製造業のみで、かなりの格差を発生させている


年末から来年の消費税UPに至る景気変動を懸念して報道番組に政府から牽制が入っているのでは…と疑問を投げたくなるぐらい景気が変わったとは田舎等では到底思えない


夜の街も9月ぐらいから冷え込みが続き、やりくりが限界だと知り合いが口を揃える


思い出すのは昨年の世直し選挙、公約は自民党か民主党が争点だったが、約束された議員定数の削減は1年経過しても一向に進展は見えない


消費税の議論の前に無駄な議員の削減は絶対だと国民の誰もが思っていたはずなのに…、野田さんのイメージはかなり民主党にダメージを残し、これ以上議員が減っては困るのは言い出しっぺ側となっている


ただ存在し、税金から生活を約束されている野党では使命そのものがブレテいる昨今、行動力や発言力のある存在感のある野党政治家はいないのであろうか


情けないとつくづくに感じる





藤間議長でした


早く議員削減やって下さい無駄金を国民に押し付けてほしくはない



  

Posted by mtc at 08:03Comments(0)

2013年11月17日

超タイプ

観たいと思いながら中々観ようとしなかった邦画


黄金を抱いて飛べをついに観た




映画も面白かったけど、個人的にヤバいと思ったのはこの女優


あえて名前は投稿しませんが、井筒監督の映画に登場する女優さんは比較的毎回かなりヒカレル


スタートはパッチギの沢尻だったが、映像内で女優を魅力的に引き出すのが上手い監督なのだろう


今回も見事にやられた(笑)




藤間議長でした





名前を知りたい方は是非とも映画をご覧下さい


旧作邦画でレンタル中です




  

Posted by mtc at 08:36Comments(0)

2013年11月15日

抑制

ちょっと前に気になった事だが、新生侍ジャパンの初陣があった


選抜メンバーをみると、日本シリーズに出場した楽天選手からはメンバー選抜があったのに関わらず、巨人からはなんとゼロだった


今回の台湾との3戦を見なかったのは、それも理由にある




若い新戦力の腕試し的な大会だったのか、民放局は生放送、生中継で答えたにしては疑問の残る試合だったのではないのだろうか


視聴率はどうだったのか


侍ジャパンの試合にしては話題にもあがらなかった不思議な感じが残る


契約メーカーのミズノはこのタイミングで侍ジャパン関連商品の受注をとろうと不要な無駄なFAXを10枚近く送り込んできた

プリントのインクジェットがもったいないので情報をの必要性を確認してから送ってほしいものだ


野球のジャパン関係の商品はイチローが最後に出場したWBC前にイチローのレプリカを自分は100枚発注した


ダルビッシュの大リーグへの動向が話題になっていたので、イチローとダルビッシュに人気が集中する事は馬鹿でもわかる


信じられなかったのは、発注後のミズノの対応だった

人気が集中して配分になると担当に告げられ、当店に配分されたのは3枚


希望サイズを教えて下さいとの決定であった


その時から、自分はミズノとは商売にならないと考え始めた


商売とは売れる時に売れる商品をどれだけ売るのか、

田舎の場合、株の投資に近い商品の仕入れの先読み発注は生命線である


それを生産出来ないとコントロールされるのだから商売相手ではない


当時のWBCは大盛り上がりとなりイチローのユニフォームは全国的にあっという間に品切れとなった


聞いたところによるとミズノは直営サイトでのみレプリカの受注をユーザーから直接受注したみたいである

ミズノは昔からメーカーであって小売業なので、自分は担当者に色んな情報を話さないが、べらべら口の軽い問屋の営業マンや商売の競争意識の低い小売店は存在する


ミズノの商品構成は業界にいると、とにかく個性がないと思っている





藤間議長でした


今回の侍ジャパンのモデルチェンジはどれだけの販促費を計上しているのか知らないが、都合の悪い赤字の場合の補てんはミズノを中心に一生懸命販売している一般小売店に様々な負担となって提案されているように感じる…



  

Posted by mtc at 11:18Comments(0)

2013年11月13日

閃き

今回のは日記を越えた投稿に近い


本当に始まった…





あるスポーツ問屋業より通達されたある小売店への取り扱い終了のカウントダウン通告


継続する場合は先払いに加え、メーカーからの送料と問屋から小売店への送料も加算される通告のようだ


契約する為には年間2500万以上の取引が必要だとの話に、自分が数年前に体験した業界の本性を思い出された





スポーツ業界は華やかにみえるが、様々な業界がある中で自分は小売店にとっては明るい未来の無い最悪の業界だと体験談として思っている


自分の撃ち破った体験は多分凄まじい打開力だと自負しているが、あまりにも気づかない低レベルの小売店への決別的通告に、遂に最新兵器に出たかという思いだ


このような条件が突然に提示された場合、どうやって打開するのか、自分は多分サバイバルの先駆者なのだが、その発想はある日突然閃いた


この発想は既存レベルの九州の小売店には絶対に無理な切り替えだと思うので、数年後もしかしたらスポーツ小売店は更に減って3分の1ぐらいまで減少するかもしれない


流れは必ず加速する


数年前に自分はかなり悩んだし、第三者に苦しさは見せないが、捨てられる物は全て捨てた


唯一の期待でもあったプロバスケもデメリットだけを残して関わりあいから決別した


しかし、ある日閃いたきっかけだけをつないで今少し独特の自分の道が見えている


自分は全ての理由も背景も全てわかっているが、わかっていたところでどうする

自分の本音はライバルのスポーツ小売店が次から次へと自爆して廃業してもらうのが、競争力が緩くなるので当然有難い


凌いでも凌いでも中々見えない出口に早く決断すべきなのに、決断力のあるようなオーナーが九州のスポーツ小売店に本当に存在するのか…?


存在に期待があればこのような措置にならない話だ


都城の自分が代表を努める本業は絶対に守り続けたい

もうとっくに終わってるんじゃないのと、指され続けた後ろ指への悔しい思いをぐっとこらえてやってきた感情なんて誰にわかる


自分は何も悪い事等やっていないし普通に真面目にまっとうにやってきたつもりだった


しかし、現実は突然に雷のように落ちてくる


ズルい奴がスクスクと稼ぎ私欲を肥やした業界に遂に転換がくるかもしれないと正直期待もしている


将来やりがいのある業界に進化してもらいたい


その為にはオリンピックも決まってメーカーの考え方問屋業界の危機感からみて消費税UP半年前の今なんだろう


前払いの仕入れでどれだけの資金が消えていくのか、経験者の経験値に勝るものはない


回収が遅れるような外商なんて基本もっての他の話だし、あっという間に大変な事態へと変わる


銀行からすればスポーツ小売業界はまだまだグレイ企業だし、売掛金は致命症だと思う


当店との信頼関係を継続いただいた取引先には、実はあるメーカーの納品をお断りして現在がある


そんな事を閃き考え行動する奴は先ずはいない


藤間議長でした





生き残る奴の考える発想はホント信じられないから始まる発想なのである (笑)

最後に笑う奴になりたい


それぐらいの覚悟あっての行動力となる






  

Posted by mtc at 02:24Comments(0)

2013年11月11日

借金

今年の同窓会で結構言われた自分が離婚した話


聞かれるのは基本理由だが再婚についても話題は進む

自分は離婚の理由を明確には語らないが、借金の背景は結構伝達する


再婚に関しても借金が背景にあると告白する





その借金は6年ほど前の事外商の手形が数ヶ月後決済出来ない厳しい事態に陥り、当時は人件費も結構あったし、大型店舗の都城出店はお店の売上を激減させ、仕入れの支払いも重なり、いくらセールをしたところで一時しのぎにしかならない推測が出来た


当時銀行に借入をお願いに行った借金がそれなりの額であり、当時から現在まで様々な手段を用いて返済を続けている


自分は借金が嫌いなので、その残額が頭から離れないが、今回の同窓会ではなるほどな意見を聞いた


ほとんどの奴等が家買ったり、学資ローン組んでたり、とにかく自分の借金なんて可愛い額の借金を家族で抱えていた


ボーナスも毎月の給料もその返済があるし、子供への仕送りなんかもあったりして、お前みたいに週何回もゴルフなんか出来ないよ…

そうか…、子供がいたら基本そんなに簡単に色んな事を自由になんて出来ない


自分のオヤジをみて育ってきたから月にそれなりの回数のゴルフをする事に抵抗はないけど、家族となると色々ややこしくて大変な事は想像ができる


自分が今周りの奴等に比べてまだまだ恵まれた環境にある事を気付かされた同窓会となった


皆もうすぐ50歳になる


気をつけなければならない事は甘い誘惑とお金の臭いのする誘い


自分はそれも40代で経験したという事になる


昔昔よく当たる占い屋で、あなたは55歳から大きく道が開けると言われた事があってずっと何となく信じている


先々道が開けるのだからお金には固執しない馬鹿な発想力が自分の中に呆れてしまうが多分どこかに存在しているようだ


最近物は言い様だという事も考えるようになった


伝え方というのは大事な要素で言い方で相手の印象は随分と変わってくる


それが出来ないとビジネスの輪を拡げていく事は難しい


詐欺師の手法は上手く巧みでもあるが、伝え方を理解しているか、否かでも騙され方が異なる


よって借金を増やす奴にはその自分自身に必ず理由がある


藤間議長でした


この歳で大きなお金を借りるような事は、貢ぎたくなるような女性と出逢わない限り絶対にないと思うが、人生は何が起こるかわからないほうが当然面白い!
  

Posted by mtc at 20:33Comments(0)

2013年11月10日

商売人

商売人は売場に立って色んな事を感じとる


色んな事を理由に売場に顔を出せなくなったりしたらそれは自分にとってのマイナス作用が起こって当然


そんな意識を忘れる事なく自分は何があってもちゃんと売場を開け売場にたつ





沢山スタッフがいた頃は開店準備は任せていたけど、毎朝朝礼を欠かす事なくやってきた、外商を除く売場スタッフの組織システムはスポーツ小売業として九州を代表するお店として名が響いていた、25年前お店のやり直しにスタッフが誰もいなくなった事を都城でのスタートに経験しているので、どんな状況でも自分は基本的に強い


ただあの頃は全てが勉強だと思っていたので、依頼を受けた事は全部やった


特に多かった事がテニスやバドミントンのガット張りと野球のグローブやスパイクの修理


全て必ず翌日には引き渡して依頼を受けると決めたので好評でもあったし、その数は数ヶ月で何十倍にも増えた


都城の場合利点として口コミの早さにはデメリットにもなる場合も多いが、メリットと考えた場合は強い


消費者にとってお得な情報の伝達はとにかく速い(笑)




だからというわけではないが、半額セールも売場縮小の為の閉店セールも、ある意味でリセットの意味合いに活用し処分に成功した


部活的なサッカーの分野を大幅に縮小する事を大きな目標にしていて、バスケットの売上減少は予定外ではあったが、バスケの部分もとにかく万引き犯罪が多く学生好みの品揃えや学生が集まる売場をヒマラヤの出店のチャンスにとにかく早く辞めたい思いが強かった

せっかく一生懸命仕入れにこだわり魅力的なラインナップを考えてきた側として万引きはその情熱の大半を奪った


インターネットはリスクもロスもないので、戦略を変更する事は難しい話ではなかったが、せっかく集合体の施設を作った意義の整理には個人的に時間がかかった


商売人の品揃えというこだわりが分岐点の邪魔をして現在に至る


今日も朝から完全に当店のターゲットユーザーとニュアンスの異なるユーザーがご来店いただくが、中高生の来店比率はかなり減った

理想的な展開に向かっている


藤間議長でした


多分田舎の場合に限らず、スポーツ店の大きなターゲットは基本的に学生なので、こんな逆転発想をする奴は間違いなくいない


商売人としての究極のやりがいに自分は向かっている


  

Posted by mtc at 14:20Comments(0)

2013年11月09日

井戸

今日昼飯に向かう時にはっと気づいた不思議なもの


駐車場の中に井戸があった

井戸を残したまま駐車場にされたわけだが、多分経費的な問題なのであろう


そこからしばらく走ると、今度はポンプ式井戸の残りに気づいた


最近ではあまりどこでもは見なくなった光景だがもの凄く懐かしい


こんなポンプ式井戸は現在でもちゃんと販売されている


ちょっと形式が変わったタイプもあるみたいだ


汲み上げ作業のお手伝いも大変だったが風呂を沸かす手伝いも結構大変だった


そんな時代をギリギリに知る自分達は自給自足に抵抗はないが、こんなに便利な時代に生きる世代は何もかも自分でしなければならなくなった場合、どうなるのか心配である


藤間議長でした





昨夜、スナックの若い女の子スタッフに深夜お腹すいたらどうすんの…と聞くと

我慢するだって…(笑)


我慢出来なかったら…


コンビニに行くって…


コンビニ無かったら?


しばらく考えて…


友達に電話するだって…


電話無かったら?


しょうがないから自分で作るだって


それが最終手段なんですか…(笑)


食材なんて無いだろうに…



  

Posted by mtc at 15:57Comments(0)

2013年11月08日

思い出話

あれはそう現在では日本人に浸透した海外スポーツブランドがまだ日本の商社の契約ブランドであって、都会ではとっくにナイキのマイケルジョーダンのブームが爆発していた頃、自分はアディダスが当時デサントの契約ブランドだった時代に九州で初めてストリートバスケットの大会を開催する実行メンバーに抜擢された


九州の各県で予選会を開催して決勝は福岡タワー前の特設会場


宮崎の会場は宮崎港をおさえてDJは東京から黒人を呼んだ


優勝チームはなんとバスを1日チャーターして日帰りで連れていった


資金はデサントからのサポート以外全て自己資金と当店協賛で開催したので、思い返せばバブリーな大会だった





2回目のストリートバスケットの大会はシーガイヤとのコラボ企画で、現在では無くなってしまったコテージ広場を会場にしてストリートバスケット大会を開催した、スノーボードが流行りたての頃で景品にはそんな関連品を並べた、ゲストに呼ばれていたのは名前は忘れてしまったけどビートたけしの冠番組で人気になった3人組、参加チームは確か両大会とも30チームを越えた事は忘れない


時は経ち、そんな自分がこの歳になって3度目となるストリートバスケットの大会を開催しようとしている

サンズ運営会社のサポートで関わった大会以外では、都城では初めての開催となる




なぜ今さら都城でストリートバスケット大会なのか…

根本的な考え方として宮崎で開催してきたので、正直宮崎ほど人を集められる自信は一切ない


沢山バスケットの知り合いも仲間も出来たけど、参加賞を払って参加してくれる保証も当然ない


もしかしたら大きな赤字となる可能性もあるが、サンズに関わって活動をしてきてどうしても現状の都城のバスケット環境に直面して感じた事がある


ミニバスケも中学バスケもレベルはトップクラスなのに高校バスケの競技者は激減していて女子の競技者は危機的状況になっている


個人スキルはベースから鍛えらているだけに、本当にもったいない


聞いてみるとバスケが嫌いなわけではなく、その理由はとても投稿できない…


都城にはやはりちょっとした変化が必要で、せっかく夜間リーグという、男女共県内では貴重な一般バスケットの出来る環境がある


ストリートバスケットはスキルを維持するのには有意義な大会で、もし部活を続けていようが、いまいが、高校3年生にバスケットを復活するきっかけを与える大会にしたいと考えている





自分も高校バスケ卒業後に27歳からバスケを復活してまだやっているので20年を越えた


バスケットの本当の楽しさは絶対に継続にあるので、出来るだけバスケットを覚えた方々がいつでも復活できる環境を都城に育てたい

そう考えた時、ストリートバスケットはフリースタイル、バスケットの楽しさを再発見できる競技だと思います


理想は年3回の開催で、バスケットリングを設置されている環境で開催したいと考えてます





藤間議長でした




主旨がその部分にありますので参加料は一般のチームのみ、高校生チームからはいただかない大会です


一般チームは高校生とのコミュニケーションによって自分達のチームに勧誘するきっかけにもなると思います


大学生、専門学校生と一般、高校生との男女コミュニケーションは色んな化学反応を引き起こす事でしょう








  

Posted by mtc at 10:06Comments(0)

2013年11月07日

食品表示アドバイザー

次から次へと発表される一流デパートや高級料理店の食品原材料の謝表記のお詫び会見のオンパレード!


このニュースで一番に自分が感じるのは不平等社会の象徴でもあります


日本社会、デパートはスーパーとは異なりブランドイメージを頑なに維持してきていて立地もイベントもそのテナントに関してもそのデパートの品位を重視して選別されてきたように思います


そのテナント料はどれほどの相互関係か知りませんが、現代の場合優位性にも随分と変化があってデパート側が立場が強いのか、否かは微妙な状況になっている部分も現場にはあるのではないのでしょうか


今回、チェック機能の不手際が責任問題にもなっていますがデパート側がテナントの体制にどこまで踏み込んで意見を言える立場の契約になっているのかかなり複雑な環境も想像されます

ただ、消費者庁や食品表記アドバイザーと言われる方々の存在意義も含め、あやふやにされたり責任転嫁されたりする発言を聞くとたらい回しな日本の社会システムがとても残念に思えてきます


しかし、もしこの偽装が小売業だったり、中小企業だったり、卸売り業者だった場合偽装工作という事で刑事的な事件となり逮捕されたりする事態になるように感じるのは自分だけでしょうか


今回の一連の事はたまたま知らなかった事と発表されお詫びされていますが、結論内部告発の可能性も高く知っていた上で表記していた可能性はやはり完全には否定出来ません


頭下げたり、返金すると言っ説明だけで終わりなんてちょっとズルいとも思います




藤間議長でした




このタイミングに便乗したような暴露大会、どこまで続くのでしょうか


この先食品表記アドバイザーの責任や存在意義には、きっと更に注目が高まるような気がします


  

Posted by mtc at 12:49Comments(0)

2013年11月06日

時間

昨夜はかなり振りに先輩のBARに寄った


自分ではそんなに久しぶりの感覚は無かったが5年ぐらい来てなかったんじゃない…、と言われ時の流れに愕然とした


そう言われてみるとプロバスケの活動前と活動中では行動範囲は随分と変化したのかもしれない


呼び出しがあるお店、愚痴を聞いてくれるお店、メンバーが集まるお店、とにかく色んなパターンのめくるめく数年間だったという事だけは間違いない (笑)


加えて離婚前と離婚後でも習慣にきっと違いがうまれた事だろう

昨年の今頃サンズではとにかく色んな事が自分にとって理想的でなくて継続して関わるべきか、どこでケジメをつけるべきか、自分の本業の方向性もあり、とにかく日々考えてもがいていた


自分は知らないし、特に納得も説明もない状態で色んな事が進んだ


もう過ぎてしまった事だし自分では整理したつもりの事でも昨夜のようにご意見をお聞きすると、何回もとにかく色んな事が甦る


しばらくはそんな事の繰り返しをきっと感じて生きていくのだろう


秋の風景やちょっと冷え込んだりする季節は毎年毎年思い出す感情的な部分は様々な解決が成されない限り続いていくのだろう


あまりにも駆け抜けたこの時間に募る事は数えきれない


そんな想いのメンバーで集まる事はきっと無いのだと思うが、あの活動は一体何だったのだろうと思うと本当に寂しいものである


藤間議長でした


お前が社長だったらもしかしたら随分方向性が違ったんじゃないか?…と言われる事が一番辛い言葉である



  

Posted by mtc at 17:02Comments(0)

2013年11月05日

又ヤられた

今日は定休日なんですが、閉まっているのは売場だけ何やらかんやら、お店の事以外でもオーバルに関する事等々もう14年も経過するのに毎週毎週ホント色んな事があります


大体定休日は午前中事務的作業に始まり、午後からは色々やりますが、今日は午前中から昨日無事完了したノルディックウォーキングイベントの続編イベントの為の試走をやって、午後からは宮崎で次回のイベントの打ち合わせや本業の営業をする予定でした


しかし、開業後駐車場をこの形式に変更されて以来よくある事ですが、駐車場のトラブル処理には毎度自分が呼ばれます、この形式の駐車場の設置に猛反対の立場だった自分が、たまたま機械に強かっただけで駐車場に関する事は全部自分がする流れになってしまいました…(笑)





設置が決まった以上自分はしっかり向き合ってやってきたつもりですが、中々全体作業として向き合ってもらう事は厳しくて、結論事務局に作業は現状一任されています


結果的に事務局は当店の中にあるので自分に回ってくるという結論に至ってます

もう慣れた事だし、誰かがやらなければ仕方ないと思っているので別にいいのですが、様々な雑用に動かないで意見だけは当然のように発言するのは自分の感情的にはどうかと思っているので、自分の中ではその意見を真意に受け止める事はやっぱり複雑に思います


理解をいただいていているだけではやっぱり理想的な素敵な関係ではないですね



藤間議長でした




運営に関してあまり頼ってもいないし、期待も忘れてしまいましたけど、そんな管理に関して管理費をいただければ全てちゃんと自分がやりますが、といった提案はしっかりと宙に浮いたまま


多分この流れで約10年後に運営の協同組合は解散になると思いますが、管理会社に委託された場合に経費は必ず発生する事になるでしょう







  

Posted by mtc at 11:00Comments(0)