みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
mtc
mtc

2013年12月31日

サヨナラカリスマ

我らが時代のカリスマ大滝詠一様が亡くなられた…


信じられない年末の悲報となった


ニュースによるとリンゴを喉につまらせ病院に搬送されたらしい


65歳はまだしも早すぎるし10年以上噂ばかりで発表されていない新作を待っている同世代は多かったと思う

学生時代ロングバケーションのアルバムは数百回以上聞いた


メロディーが流れればほとんどまだ自然に歌えると思う


1年の最後の日、今年も例年のようにやはり営業しているが、昼食を多分人生で初めてラーメンで締めている


通常ランチで今日営業している事もスゴいと感心したが、なんといっても衝撃的に驚いた事はお客さんの層

30代前後の夫婦で小さな子供は2人から4人の家族もいる


少子化とは言われているがこれだけの所帯の方々を沢山目にするとちょっと社会問題を疑う思いにもなる


1年の最後の日の昼飯が何故にラーメンなのかもやはり世代の感覚の差なのだろう


小さな子供達は口を揃えて早く帰ろうと言っていて、なんか店内は凄まじい協奏曲状態になっていてある意味新鮮な経験だった(笑)


外を回ってみると、忙しさにはやはり大小の差はあるようで、スーパー等のパニックはハンパではなかった

年末の最後の日まで開店している理由は実はもう1つ

チームで納品している分の商品を現金交換にしていて取りにこられない方が必ず数名いて、出来る限り営業しておく必要があるからである


チームの売上はお一人お二人でも取りにこられなければ利益がゼロ、もしくは赤字の可能性も残す、完全に集金して商売が完了する


その昔の当店の外商はそんな売り方が特にサッカーの分野において沢山あった事が資金繰りを苦しめていた

来年新たなる大型店の出店があれば、都城地区は更に激戦になる事は明確な状況で、どのような事態が引き起こされる事だろう


気合いを入れて臨む次第である





藤間議長でした





当店2階の飲食店の契約は今日までで終了となった、2階スペースの新たなる活用法はオーバルの今後を大きく左右する事になる気がしている
  

Posted by mtc at 16:17Comments(0)

2013年12月29日

2013年の瀬

自分はいくつかのブログを書いてますが藤間議長日記は一番のベースメント


日々の想いを綴って今日があります


書き込んだ内容から受け取られ方が違っていたり、非難されたりもしたり、特にサンズ関連では色々あったりもして継続を悩んだ時期も正直ありました


しかし、お知り合いになった方がこのブログを知っていたり、よくそこまで本音ぶつけられますね…等の意見を聞かされたり等して、アクセス的にも発信力の影響力があるのならば自分に様々な事がふりかかったここ数年の経験から様々な真実を発信するツールとして活用する事を考え始める事となりました


ただブログをスタートするきっかけとなったのはプロバスケットの準備活動でもあり情報発信ツールを生活に取り入れるきっかけとなった事は感謝してます


2013年は過去に忘れる事はないほどの大変な1年だったと振り返りますが、心から前を向ける有難い事がいくつかあって、悪い事ばかりではないけれど身の引き締まる思いで年末を迎えています


毎年年末になると昨年一昨年何があったのか振り返り悪い事は来年に繰り返す事が無いように反省するように自分はしていますが、外的要因は想定しない分野等からもとにかく四方八方から降りかかるものだと、とにかく30代は経験する事がなかった、40代での大きな違いを思い知らされます


30代の頃はとにかくお知り合いになる社会的背景は、諸先輩達からのサポートも強く期待を背に追った感覚で頑張ってきました


結婚した当初もオーバルが開店したりして商売的には色々大変な事もありましたが、自分の自信もプライドもまだまだ誇れる感覚が正直にありました


しかし、結婚した相手によってこんなに人間関係も自信も覇気も内面は自然に遮断されるものである事に最近回顧すると考えさせられます


彼女の影響されている人間関係から自分のストレスは最大限に侵され様々なバランスが気付かない内に自然に壊されていました


離婚のきっかけとなった信じられない事件もその人間関係から生まれたものなんですが、最近離婚という結果となった事に感謝の思いもあります


自分の曖昧な力量レベルで本当に生活を守っていけたのだろうか?


自分がどれだけ情けない男なのか、気付かされた事も沢山あります


反省に反省を重ねなければ新しいスタート地点を模索できない40代の後半に最近自分の中に大きな変化を感じています


女性に対して恋心も生まれるようになったし、イベント起こそうと起点したり、新事業の事を真剣に計画したり、体質改善に取り組んだり、毎日ちゃんとトレーニングしたり、楽器の練習を始めたり、明らかに内面の意識が変わってきました

来年はずっと始めないとと考えていた中国語と韓国語を頑張ってもっともっと毎日勉強しなければと思っています


先々に経験値が向上した40代だったと振り返る事が出来る為にはここ2年の行動力が大きなポイントだとなる事でしょう


降りかかれば戦いますが、しこりばかり残しても前進が無い事は大切な基準です

自分が自分である為に、何をしなければならないのか戦う相手は先ずは自分自身

そんな決意を強くした年の瀬です





藤間議長でした





来年はゴルフの自己最高スコアの更新と今年25年ぶりに参加した宮日予選のきっかけから真剣に予選突破を意識してゴルフに取り組んでみたいと思います





  

Posted by mtc at 12:46Comments(0)

2013年12月28日

盲点

今日から31日までプレ半額セールと勝手に題して、


3000円以上の商品に限り、半額のセールをスタートした


半額というアピールはチラシ等に経費をかけなくても掲げておくとかなり目立ち沢山の方がご来店になる


こんな時に強い情報となるのが巷で求められている本当の商品というもので、安いなら欲しいんだというアイテムになる


昨年の初商半額セールを開催した時に気付かされた今お客様が求めている商品を知る作戦でもある


今日早速様々な情報が飛び込みなるほどなぁーと感心した


スポーツではアルペンが業界ナンバーワン、ゼビオがそれに続くが、アルペンのスポーツデポはやはりポイントを外さない、


田舎のお店的にはピンポイントでスポーツデポが出品した場合外商の個人販売にも大きな影響がある可能性は高い


やはり市場の動向を確信もってつかむスペシャリストを雇用しているという事、

絶対に戦えないという結論でもある


彼らの手法は既に何割引等とは表現せずに魅力的な決着価格を表示している


田舎のお店の仕入力では当然戦えるレベルではない、(笑)


そんな事を痛感するプレセールの初日となった


スポーツに盲点はホントかなり少なくなったと実感する


藤間議長でした





この先大型店が出店した街でスポーツの商売のみで、運営を継続出来る方を探す方が既に難しい時代に突入している


継続の為、スポーツ店を副業に転換する自分の発想は必ず盲点をついていると思う


  

Posted by mtc at 19:45Comments(0)

2013年12月27日

参拝

今回の阿倍首相の靖国参拝劇場型のやり方に賛否が舞う


社会的な背景、様々な影響を受ける分野もある事だろうし参拝善し悪し以前にその突然の手法はもしかしたらだが色んなバランスを乱す


自分ももう関わりたくないと思わされた突然の聞かされていない発表を宮崎シャイニングサンズの代表からやられた


おそらくだが、選手も説明を受けていないbjリーグ退会の発表だった


こういう影響の大きな発表は慎重に様々が決定され全て解決した上に事前に関係各位に伝達を済ませて行動する事、そういう約束の上に自分は意見していた


その発表の行動は色んな事が沢山あっても出来るだけの事を応援してきた人間関係の最後のつながりを断ち切る決定的な事件となった

今回の阿倍首相の行動の背景にそんな人間関係の信頼関係に大きなヒビが生まれてない事を願う


藤間議長でした




それにしても毛沢東の生誕120年の記念日に行動しなくてもよかったのではないのか…と


個人的には思う  

Posted by mtc at 14:15Comments(0)

2013年12月24日

ストリートフットサル大会ブルーヤード

23日はオーバルでの初の試みとなるストリートフットサル大会を開催


打ち合わせを数回続けていた若いメンバー達の情熱的想いに感化され様々に自分的にはサポートをさせていただきました






ある程度の範囲内で諦めているので、facebookに投稿等はしませんが残念だった事が実は今回も起こりました


しっかり伝言していたはずの駐車場の問題


出店の飲食店から出る煙の問題


そして一番残念だった事がストリートバスケットでは苦情のこなかったマイクでのかけ声による地域からの苦情です


マイク音量の注意に関してはMCの本人もどこまで事前のセーブしなければならない伝達事項があったのかはわかりませんが、度々の会合に出席していなければ知る由もない事


苦情を言われ、謝罪して、制御した自分からすれば誰にもこのストレスを発散出来ない結論であり、とても打ち上げに参加する気持ちにはなれなかっただけの事

多分そんな背景や裏方で怒っている施設側の色んな様々にも誰もきづいてもいない事だろうし、やってる側は幸せだな、という感想だけです (笑)




楽しんでいる方々の気分を害するのは自分も嫌なのでfacebookへの投稿は控えますが、イベントというのは様々な想定外の事があったりした場合の対処が一番に重要で、注意を受けた場合控える事が最優先だとオレは思います


ストリートフットサルのイベントは残念ながらオーバルの各店も周辺住民からも次回賛同される事は相当な説得が必要になる結果になった可能性が結果としてはあります


なんで、あんなにゴールと叫ぶ必要があったのか?


何事かと沢山の地域の方々は思うし、迷惑な行為は自分の事だけ一生懸命だった場合に残念ながらよく見られます


多分MC本人も運営メンバーも当然頑張ったのに何でぐらいにしか思ってない可能性は高い事でしょう






特に密集地の街中でイベントするって、ホント様々にケアして挨拶して廻って大変な事はきっと中々ご理解出来ない結論が今回の自分の心中です


唯一商品券をゲットした皆さんがオーバルの各店でお買い物をしていただいた事が救いとなりました


当店の売上は残念ながらゼロでしたけど…


まぁ、自分がサッカーの商売を諦めている背景も含めそんなもんです (笑)






藤間議長でした


相手の事や周りの事を考えないでイベントを発信したり継続する事は自分の中にはないので、オーバルのイベントはそんな部分を更に考慮して今後とも検討していかなければなりません



  

Posted by mtc at 21:01Comments(0)

2013年12月21日

初霧島盆地大会

高校バスケットの全国選抜ウインターカップの開幕日都城では、霧島盆地大会がスタート


鹿児島・熊本からもチームが参加して男女高校生同士の試合が開催されてます


帯同している高専低学年チームは今回鹿児島の松陽と熊本の球磨工業と対戦


何とか1勝1敗で終わりましたが、初戦は勝てた可能性が十分にあっただけにちょっと残念でした


明日の決勝トーナメント、そのレベルでの2試合は正直厳しそうですが、経験は必ず今後につながるし自分の指導の信条は全員バスケとにかく練習量のデメリットは要領でカバーする


ミスは起こって当然ですがいかにプレッシャーをかけないで楽しくバスケをさせるのか、緊張感をどれだけ楽しませる事と満足感を与えられるのか、そんなバランスの指導を目標に取り組んでいます


自分は仕事人の立場でOK


実力に明らかに差がある場合はどうしようもありませんが学生時代の実力なんて基本やってみなければわからない


そんなもんだと経験値が自分の底辺にあります


明日は年内最後のバスケット関わりの仕事


悔いを残さないように頑張りたいと思います





藤間議長でした


一応バスケットビジネスの商売も考えながら関わってはいますが、中々話を切り出すタイミングが難しいもので商売は難しいと改めて思います (笑)


  

Posted by mtc at 23:37Comments(0)

2013年12月20日

記憶の記録3

記憶の記録として2013年に残しておきたい事の最後は指導者、インストラクターとしての今年唯一沢山のご褒美を自分にあげたい記録である


商売もバスケ関連もサンズも方向性が散々となっていく傾向の中で自分がしっかり前を向いて取り組みを強化出来たノルディックウォーキングイベントと高専バスケット部への帯同と指導

特に指導の部分は結果として中々成果は出せていないけど楽しみな素材を沢山に感じどんなアドバイスが効果的なのか、考える機会はこの先もワクワクもする


ノルディックウォーキングの指導方法も様々にオリジナリティを開発してバリエーションを増やす事ができた


イベントが今シーズンはかなり満載な1年となった


サンズがなくなってイベントへの関わりが春以降倍増した


サンズに関わっていた事でシーズン中、様々なイベント行事に出席出来ないし、企画も出来ないタイミングを逃した


売店の売上なんて毎回微妙で都城以外の会場の場合は往復のガソリン代と高速等を使用した場合はっきり言って運営会社からは補てんは無いので赤字だった


役員として関わっている責任は選手との個人的コミュニケーションにもチアやその他ブースターとの個人的感情も封印しなければならない日々で給料を貰い気楽にマイペースで煙草を吸いたい時に吸う体質等々運営の仕事をしているスタッフ各位の責任感に対し自分の持っていた正直な感情は、雇用創出事業の補助からスタートしている運営会社へのやるせないシステムだけであった


規律を正す発言は可能で、たまには発言していたが、自分に対する運営会社の待遇を冷静に考えると、自分にはどうしても線を越える仕事を自分がやる事はおかしいと思う自分もいて、振り返るとボランティアの体質がそもそも異様な形だったのであろう


様々を振り返るとどうしてもサンズの話題になるが、それぐらい自分の中での格闘の日々だったし、疑問点の詰まった関わりだった

ただ指導、帯同のきっかけはサンズを背景にスタートしていて、感謝をしなければならない部分だと思っている


新しい扉がなければ色んな転換も生まれる事はない


2014年、新しい扉から沢山の窓を開いていかなければならない





藤間議長でした


数年ぶりに新春からゴルフでスタートして、ノルディックウォーキングのイベントからチェンジの1年が始まる




  

Posted by mtc at 11:23Comments(0)

2013年12月19日

記憶の記録2

昨夜のバスケットで自分の年内のバスケプレイは終わった


今年は後半からある事を理由に都城夜間リーグに顔を出す事を控える事にした


理由は膝の調子が悪いからと、とりあえずは名目は言っているが、大きな理由は実は別にある


とにかく県民大会都城代表チーム3連覇、あの達成段階で自分には考えている事があったのでトウギャザーをスタートする事しか頭にはなかった


都城の場合夜間リーグに関わらなくてもバスケットは出来るし、自分に対しての大きな誤解があったとしても、そう考えられた時点で情けない関係なので、直接ブツカル事事態もバカらしいと県民大会前から思っていた


王様の邪魔をすり気はないし、王様的な発想を持つ方は根本的に苦手だという話だ


どちらかと言えば王様的な体質や流れに反抗するタイプで学生時代から威張っている奴に飛びかかるタイプだった(笑)


大人になって自分の喧嘩の弱さもわかっているので、相手によっては無茶な衝突は避け早めに逃げるようにもなった(笑)


ブツカル可能性のある方とは一定の距離を置く自分の付き合い方もある


大人になりこの年齢になってつくづくに思う事は人間の種類、性格等々タイプの違いを感じる事で、色んな人間が存在する


そして、そこに渦巻くお金

お金を稼げる人、稼げない人、根本的な違いにも気づかされた40代となった事だけは現実である





藤間議長でした


自分は様々に対人間関係に対してホント甘い人間だった



  

Posted by mtc at 11:47Comments(0)

2013年12月18日

記憶の記録

昨日の定休日は雨


今年最後に予定していた年内のゴルフの予定はとりあえず終了した


毎年の事だけど年末年始は2週間以上ゴルフの無い日々となる


休養期間みたいなものだ、(笑)


ゴルフ代はほとんどカードで支払うので売上の厳しい2月3月を想定しての予定でもある


それにしても今年も沢山ゴルフをした




サンズに自分の中でケジメをつけた1月末、サンズの事はとにかくボランティアで設営、撤収の作業をシーズン最後まで責任を果たすのみ、シーズン途中結果的に自分のみに最悪の役回りが回ってきたセカンドシーズンのあの延岡興行の悪夢だけは自分でまいて離れてはならない意地だった


自分はとにかく自分のやる事やれる事は無給でやりきったと思っていた後の最悪の銀行との事態に春のゴルフはスコアの安定はなかった


最近サンズを振り返ると、撤収の際に急げばそんなに時間がかからない事を関係者と喋っていたり、作業の手を休めこちらのハードな撤収作業をヘルプする気持ちさえ見せなかった数名の給与が発生しているスタッフに怒りさえ蘇ってくる


大体なんでオレが単独で撤収作業をしなければならなかったのか

一度直し方の順番を設営の際に尋問され責められた時のメンバーへの不信感やヘルプする思いの感情のブロックはその時から始まった

いいように都合よく利用される事だけは自分を強く持っていなければ大変な事になると思った瞬間だった


シーズン終盤、分岐点にケジメをつけなかった事で、大体想像は出来ていた事態が起こり、ある事で自分に連絡が入った


予想していた都合のよいある手段の依頼だった


自分のチーム運営へのケジメは整理出来ていたし、スタッフ各位も含め体質が崩壊する兆候は自分には何となくだが解る部分がいくつもあった


全ては自らが意見に反して継続を決めた決断なので自分にはどうしようもない事だし、自分はある男の意見を重視された体制事態に強い矛盾を感じていたので、どうなっても知らないぞ、という思いが強くあった


その依頼を自分がお断りした事で、多分スタッフ間信頼関係崩壊への道がスタートしたと思うし、自分がチームを離れると宣言した事で選手間にあった大きな不平や問題点を関係者が口に出すようになった、自分がいたからまだバランスがとれていた色んな事や思いが崩壊するよと聞かされた


自分は正直、組織に大きな転換がなければ継続は不可能だと思っていたので結論ケジメをつけたが、まさかここまで関係者とこじれていくとは考えもしなかった

誠意を見せない事は自分にも同様だったので、多分様々に揉めていく事へは疑問は無い(笑)


自分がなぜヘルプをしているのか、よく問われていたが、奥さんは福岡から嫁いでおられてホントよく頑張っていた


自分も福岡に愛着があってもし彼女が地元っ娘だったらそんな応援する感情にはならなかった事だろうとこれだけは思う


彼に嫁さんを大事にしろと常に助言していたのは、自分の嫁さんが自分のヘルプをしてくれない淋しい想いからだったのかもしれない

自分にとってやはり離婚の原因になったきっかけにはサンズへの関わりもあるので、自分はサンズに対してケジメをつけて一刻も早く離れたいと強くは思っていた


サンズに関わった数年間は人間関係への勉強だったと割り切りたいし、自らの未熟さへの苛立ちは耐え難い苦痛の時間でもあった


記憶の記録だけは自らが再び甘い道に引き付けられない為にも記録しておかなければならない





藤間議長でした


ついこないだ地元の新聞にJリーグを目指す下部組織が宮崎は唯一無い事が掲載されていた


Jリーグの運営維持費は、バスケの10倍以上の経費が参入までにかかると見込む必要がある


バスケで継続出来ない事をサッカーで運営出来る為には巨大なスポンサー企業が沢山必要で当然


自分には夢と理想を掲げ、強い野望によって最終的に地獄をみるチャレンジャーの登場はみたくはない


大企業のかけ声によってスタートする事業でなければ道はないと断言する!
  

Posted by mtc at 12:01Comments(0)

2013年12月17日

起点

なるほど、そうだったのかという理由を昨夜聞いた


その背景は宮崎県の主要なバスケ関係者ならば皆報告されている事だったんだ


結論何も聞かされてないし何も知らなかった自分は、ただののけ者だったという話とも言える


知らぬが仏とも言えるが…(笑)


ただ推測していた事とは、ただ1つの予想外の考え方を除いて自分の推測していた現実だった


なるほど、だからいつまでも継続論が消滅しなかったんだ…と確信した





それにしてもそれによって沢山の方面に迷惑がかかる事態が長期化したとは考えられないだろうか


責任の意識は当人はないのだろうが、被害が長期化している側からすれば、別に何の投資もされてない方の判断の術のみでここまで結論が延ばされたという背景に、この事を知った上でのアクションはバスケ関係者ならば立ち止まって当然とも言える


協会とは各位の意見によって成り立っているものだ


結局自分もサンズ時代に聞いていたNBLの開幕スタートが理想像とは随分異なる形になってしまった事等もバスケ界の現状を浮き彫りにしている


誰がいいとか、悪いという議論ではなく、統一できない事が長期間のもったいない時代を継続させている


その行く末に自分はもう興味もないが、7年後の東京オリンピックは女子代表は華やかな優勝争いを競うレベルにあり、男子はもしかしたら出場さえ叶わない現実も想定される


男子が牽引してきた人気スポーツは昨今女子のトップチームや選手の人気が向上して部活動数の現況とは全く反比例する事態が突出している


特に部活動女子の減少は計り知れないぐらい市場キャパとしては厳しい


そりゃ、これまでのような形式のスポーツ店では当然として生き残りは厳しい話だと思う


色んな事が統一できてたり線引きがあったり、ルールがあったりすればスポーツ業界もメーカーや人口数の地域のみ利点がある業界に変わらなかったのに…、なんて悲観もする


地域に進出している大型店がこの先競争を激化させ全てが撤退する地域もアメリカに事例があるように必ずや引き起こる


スポーツ用品はネットで当然買えるが、競技用の最低限のアイテムはスーパーやコンビニの取り扱い項目に並べられる可能性もある


日本のある意味独自の文化であったスポーツ店は数年後過去にも消滅した紙屋さんのようなお店の存在と同様に歴史的店舗文化として語られる存在となるのかもしれない






藤間議長でした


冷静に様々を考える事には自分は才はあると思っている(笑)
  

Posted by mtc at 13:30Comments(0)

2013年12月16日

再開

システムが変わったのか?

今までの便利だった投稿の為のログインが手間になりみやchan日記ブログがここ数日疎かになった


ここ数日色んな事があったが簡単に投稿できる内容ではなかったので後日改めて冷静に投稿したいと思う





今週は大きな決断の実行がスタートした週にもなってもう後戻りは出来ない危機感で日々を向かえている


正直今日明日以降いつゴルフが出来るかさえわからないが、せっかくここまで上達したのだからせめてゴルフだけは継続したいものだ

結論ノルディックウォーキングもこの先どこまでビジネスとして関わっていけるのか…、売上高はポイントになっていく事だろう


本業の意地の3年間はホント様々に地獄でもあり、出口を探すあてのない道のりでサンズに尽くした事もその気休めだったのかもしれない、どちらにせよ、3年目の業務提携がなければもう関わらなかった事だけははっきりしていて、業務提携費が年間契約を交わしたのにも関わらず、1回しか入金されなかった事で自分の中でのケジメは正直あった


入金されなければ、最低限の事しかやらないのは、彼のこれまでの経緯をしるので自分の中で大きな線引きが実はあった


運営会社は現時点で終了させていないみたいで社員もいないので休眠させるつもりなのかもしれない


終了にならない限り請求権は残るという事になる


今彼に何をやっても1円も出てはこない、自分も同様にサンズにほとんどの私財をサポートしたのでその背景はわからないでもない


色んな方に色んな思いがあろうが、とりあえず年内で運営が止まった事はこれ以上被害者が増えないと思うので、良かったと自分は考えている


彼が本業の営業車に乗っているのを最近見かけちょっと正直に安心している


ちゃんとリセットして、様々にご迷惑をかけた方々に当然お返しをしなければならない


それが最低限の筋だとオレも思う


藤間議長でした


人生は長くやり直す事は必ず出来る、諦めたら試合終了の考え方は視点を変えれば様々にある



  

Posted by mtc at 08:06Comments(0)

2013年12月10日

トウギャザーの思い

再度スタートしたトウギャザーイベント




昨年スタートをきったプロバスケットチーム、サンズと街との交流企画から1年後に再開出来た事は嬉しい事です


トウギャザーは初めサンズの販促の一環としてサンズプロジェクトの名称でスタートしましたが、資金を自己資金で運営しなければならない方向性がみえた時点で自分のプロジェクトにする必要性を感じました


テレビ局へのアプローチも自分達がやったのですが、どのような弊害があったのか、放送される約束まであったのに放送される事はありませんでした


終わった事なので整理はついてますが、サンズへの不信感がかなり強くなった事は宮崎でのトウギャザーは分岐点かもしれません

とにもかくにもサンズというプロバスケット興行のサポートに関しては、自分は一生懸命やりきりました




これまでの経緯の色んな事を知りますが、現在制作中の小説では当然フィクションで仕上げますので、関係各位に迷惑がかかるような事は無いと思います


暴露本が売れるほどの影響を県民に与える事なく終演した興行が残念だと回顧するだけです


昨夜もサポートをしていただいた関係の方とお会いしましたが、つくづくに残念な思いを口にされていました


なぜあんなに色んな方々のサポートを受けていながら直接的に揉めてしまうのかそことこじれれば当然そこから関係するサポート企業は広がらない事は当たり前

そんな事を嘆かれておられました





自分も確かに自分がよく知る方々にサポートをお願いする事をあるきっかけから保留しました


特に金銭的サポートがあったわけではないし、交通費交際費等に特別枠があったわけでもなく、全て自腹の上紹介をしてトラブル起きたりしたらたまったものではないとは考えない方がおかしい


様々な経緯でとにかく都合よく利用だけされるわけにはいかないとは正直な部分思ってました

ただそれはそれとして経営にシビアな金銭感覚は大事な事、準備委員会時代から代表はそれを持っていると自分は感じていました、初年度スタート時点の人件費を含めた経費の発案の根源だけはおそらく後悔を残す汚点のように自分は彼らしくないやり方だったと振り返ります


自分の考え方だったのか?誰かのアドバイスだったのか?


それは自分にはわかりませんが、当時無給でボランティア精神でサポートしていた関係者もいたし、感情的な部分を今でもきっと強く残しているに違いないと思います


捉え方によっては強い憎しみが生まれた場合刑事事件だって起こるかもしれないと思っていました





トウギャザーは語源のごとく、参加していただく沢山の方々と共に歩みます


スポーツの枠にとどまらず色んなコラボレーションを考えています


今回は沢山のご協賛やサポートをもらったおかげで、自腹金は前回の4分の1程度で終えました


次回は自腹が無くなる事を先ずは目標にしたいと思います


藤間議長でした





次回はメディアサポートも当然視野に入れています


  

Posted by mtc at 10:37Comments(0)

2013年12月03日

俺たちのナンバーワン

プロバスケ興行のシーズン中はここ数年間、あまりバラエティー番組をみていない


今夜はロンブーの俺たちのナンバーワンがあると番宣で知り久しぶりにテレビの前に3時間 (笑)






初回永作博美に決定した時から今夜の放送まで過去に3代が決まっていた


2代目が上戸彩、3代目が石原さとみ、4代目が長澤まさみ、そして今日5代目のナンバーワンが決定した


5代目は綾瀬はるか


注目すべきは2年連続の2位となった優香


この番組はあくまでもロンブーに登場するレギュラー芸人によって選ばれるナンバーワンなのでなんの全国的影響力もないが、彼らは現在のテレビ界のバラエティーを引っ張る売れ筋芸人でもあるので新しい女優等チェックポイントはみていて面白い


今回、さすがにあまちゃん大ブームという事で能年と有村の2大看板の名前は挙がっていたが、あれだけNHKの話や話題を語るバラエティー民放番組も珍しい、(笑)


今回上位に残った武井咲、香里奈、北川景子、剛力等の中で関係予測でフルネームが出るのは北川景子と香里奈


過去ナンバーワンになっている女性は全て名前が出る

来年新垣結衣、佐々木希、吉高由里子等関係予測で登場する女性がテレビ番組やCMで話題性を高めるのか、今年のように突然登場する女優やアイドルがいるのか

今年の番組内で名前が挙がった来年以降爆発の予感のする女性が大ブレイクするのか…


来年も楽しみである


無事平和に来年以降このようなバラエティー番組が楽しめる環境である事を願う

藤間議長でした





今日ちょっと一件気になる方から突然電話があった…

人に運も与えるが、人の運も吸い込む人がいる


さて、今回どっち!?


  

Posted by mtc at 23:34Comments(0)

2013年12月02日

進路

キャベツの形をした皮の中にクリームをつめた洋菓子
シュークリーム

この名称は和製語、フランスではシュー・ア・ラ・クレームと呼ぶ



シューとはキャベツの意味
英語ではクリームパフと言う

シュークリームがいつ頃から作られたのかは定かではないが、他の菓子を作っている時に失敗して偶然にできたのではないかと伝えられている




失敗作がたまたま世界的な菓子へと成長した




このような例は稀にしても失敗には学ぶべき点は多くあの本田宗一郎氏も1%の成功が現在の私という言葉を残している

山ほどの失敗をした結果、成功に到達したという換言等の実例は失敗は宝の山という格言を生んだ

大事な事は失敗は学ぶべき最高のノウハウを内包しており、それを収穫すれば失敗によるマイナスを補い余りある利益を貯蔵する可能性を残す

【ホンダ】ズーマー/Zoomer★新車★ ブラック

【ホンダ】ズーマー/Zoomer★新車★ ブラック
価格:220,500円(税込、送料別)



ビジネスでも、スポーツでもあの場面ではこうすれば良かった、 なぜこうできなかったのかという失敗箇所にこそ次の作業を成功させる種子がツマッている


それを懸命に探り、様々に反省して、充分に検討することの経過は重要だと思う

自分は成功に遠のくという事は失敗を恐れるという事だと思っている

消極的になるという事は停滞をうむ

自らがトライ&エラーに挑まなければ色んな気付きも創出もない

ただ、がむしゃらに目指す為には謙虚に反省する事は大前提の話である




いくら失敗しても結局起き上がる数が転ぶ数よりも最後に1つだけ多ければ、失敗は停滞や無為よりもましだという事になる


日本という国は敗戦という大きな失敗をして、そこから多くを学ぶ事によって現在の平和な国を築いた

あまりにも平和すぎて社会的には様々な首を傾げるニュースも本当増えたけど…(苦笑)




2013年11月、当店の決算は無事に終わり、この先に向け自分は大きな決心をした

スポーツ業界様々な変化にとにかく向き合い、失敗は宝の山だと自分を鼓舞してきた毎日だった

これまでの沢山の経験からこれからの準備は整ったと思っている





はっきりとわかっている事はこのような形のスポーツ店形態のみに向き合っていては進展は無いし、オーバルにとってもプラスは無い

老舗の名を残す方法への気付きにこれまでの失敗は結果的につながったと考えている


来年から忙しくなる覚悟に燃えている自分がいる


可能性を秘めた50代を向かえる為にも大事な1年となる事だろう


先ずは1つ昨夜大きなチャンスを頂いた (^_-)





藤間議長でした






  

Posted by mtc at 14:15Comments(0)

2013年12月01日

12月

オスプレイが初宮崎に来た今日

毎年開催される新田原基地での航空ショーには10万人の人手が集まったらしい

ゴルフはリコーカップも開催されているにも関わらず我々開催のノルディックウォーキングイベントにもそれなりの参加者があって、好評にイベントを終了させる事ができた


とりあえず年内のノルディックウォーキングのイベントは現在のところ年明けの毎年恒例の新春ノルディックウォーキングまで予定をいれていない


実は今夜ちょっと面白いご提案をいただいた


自分もちょっと燃える関連性の話でこれをもしも自分がやりきれば確実に名は売れる


こんなビジネスチャンスは二度と無いかもしれな


めらめらとしてきた自分がいる(笑)





藤間議長でした





イベントをやってきた背景の経験をプラスにするきっかけとしては凄くやりがいのある12月のお話である
  

Posted by mtc at 21:19Comments(0)

2013年12月01日

12月

  

Posted by mtc at 17:12Comments(0)