みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
mtc
mtc

2014年02月28日

プレゼントアドバイザー

今日で2月も終わり…


プレゼントにオススメのスポーツウェアのご相談等々

半額セール品以外のご注文をいただくシーズンになってきました


このようなお客様とはこれまでの信頼関係で成り立っていますので、当店にご希望の商品がない場合、どのような手段で手に入るのかもアドバイスしたりもします!!





多分相当の事情通でなければアドバイスができないレベルのご相談を、ホントに沢山いただきます


アドバイスで飯が食えれば一番理想的なのですが…


そう考えると昔はドラマで誰々が来ていたスポーツウェアありますか、とかよく聞かれたものです


そんなお問い合わせでないので、時代や興味の変化は面白いものだと最近つくづく思います


藤間議長でした





それにしても、娘さんからお父さんへのプレゼント、今年は多いですね




  

Posted by mtc at 17:41Comments(0)

2014年02月27日

寿命

大丈夫?、大丈夫ですかと励ます方が多い中で、


自分は第三者に対して、


そんなに無理したら死ぬよとか、こんな事を続けていたら誰かが亡くなるよ、とか、多分そんな事助言として言うものは少ない事をはっきりズバッと言ってきた

スポーツ業界、過去にそんな愚かな負担の代償に身内が命をたったのではないのかと考えさせられるような事がバブル崩壊時期に数々にあった


頑張らなければならない時は誰にでもあると思うが、頑張る為の背景をしっかり持ち合わせて考えておかないと、一体誰の為に頑張って色んな事を犠牲にしてきたのに…、なんて事になったり、両親や兄弟、身内にその迷惑がかかったりする場合も多々あるかもしれない


怖い話であるが、生活保護法の改正によって生活保護のリスクが一親等から三親等に改定された事を知り、生活の脅威の原点が多方面の身内の事情にまで関わってくる国に変わっていっている事を真剣に考えている一家がどれほどおられる事だろうか


自民党の政策により会った事もない身内から生活保護法によるお金の請求が可能な国に変えられている


自民党は自ら積極的に議員を削減する政策を断行せず国民負担の削減を第一に考える政策を打ち出してないのに、支持を集めている


全ては代わりの期待の高い政治家や政党が無い事が最大の理由なのだろうが、このまま独裁に近い環境が続くとすれば、つくづくに将来が不安な国だと考えざるを得ない


こないだ日本の平均寿命は毎年記録を更新しているらしい話を聞いて、勘違いしてはならない事は元気な高齢者は確かに増えたが、生活保護を必要とする高齢者や薬で長生きをしている寝たきりの高齢者も多いようで長生きしたいのか、させられているのか…かなり複雑な国だと考えさせられる





個人的には楽しみが多い生活が出来なくなった場合はもう寿命はいらないと思うが、簡単に人間一瞬で楽に死ねるもんではないらしくできるならば、突然何かに巻き込まれ頭を銃で射たれるとか…、事故とか、そんな一瞬で突然な死に方が理想だと本気で昔から思っている


病気で病院に運ばれるのは一番最悪のパターンである(笑)


藤間議長でした






自分は確実にスポーツや体を動かす事が出来なくなった場合、どっと老けてしまい、人生の終わり方を考えるようになる事だろう
  

Posted by mtc at 15:27Comments(0)

2014年02月26日

信頼関係

今日のノルディックウォーキング体験会の参加者は、全く初心者の方々も多くてせっかく環境も整っているので、座学にも結構時間をかけました


5月に開催する世界ノルディックウォーキングディのイベントは今年も木花運動公園に決定してますので、しっかり告知もさせていただきました


最近ノルディックウォーキングの事業に関しては事務局長とスクラムを組んでコツコツやってきた成果が役割分担を含め方向性は間違えてなかったとかなり確信してます

自分が思うに、事業というのは人間関係的な裏切りはやはり怖いですが、何事でも基本的に役割分担という信頼関係やシステム構築がしっかり築かれてなければ良い方向へは向かわないのだなぁ…と、この事業で改めて考えさせられます


相手にやりがいと責任感を与える覚悟で自分もスポーツの本業をやってきた経験がありますが、複雑な裏切り行為に直面したり、残念な体験もしてきました


人を信頼するという事は簡単な事のようで、どこまでの基準でどこまで信頼するかによって随分とその度合いは変わります




プロバスケの運営に関わってきて数年、結婚にしてもあらためて人間関係、信頼関係に直面する自分の器やその考え方や手段を様々に考えせられました


プロバスケに関しては自分は初年度関わらなかった理由の背景から運営会社と信頼関係を築こう等とそこまで考えた事はなかったですが、そこからの収入に頼る者によっては信頼関係の構築が様々に色々代表とはあった事だろうと推測します

上下関係があればなおさらの話ですが、人間同志の心からの信頼関係度は簡単に月日だけで大きくなる事では無い、というのが自分の経験からの答えです


結婚に関しては自分の甘さが全てと考えているので、次の方向性や再婚等を考える場合に優先する事は自分の中で決めている大切な基準があります


信頼関係の重要性を再確認する事が増えてきた昨今です





藤間議長でした





それにしても関係が遮断された事で様々な流れが良くなると関わりあいによって悪い流れが呼び込まれた感さえしてきます…
  

Posted by mtc at 20:19Comments(0)

2014年02月23日

行動力

こないだ、たこ焼パンの話題になって


都城にオレが帰ってきた頃だから25年ぐらい前の話…

モリベーカリーってパン屋さんがあって、たこ焼パンに出会いました


モリベーカリーには美味しいパンが沢山あって…


チョコソボロパンとかモンブランとか、大好きなパンの賛同は会話でいただいたのですが、たこ焼パンなんか知らんと言われ…


いやいやいやいやいやいや

ありましたって!たこ焼パン





都城に帰ってきてモリベーカリーのビルがあった頃、学生時代とはパンの味がちょっと変わったなぁ〜とは思いがらも週に何回かは買いに行ってました


その頃あったんですって


たこ焼パン!!!






すると


ある宮崎市内の知り合いから有力な情報をいただいてお店の名前を教えていただきました


そして,遂にGETしました


たこ焼きパン





味が当時の味にすごく似ていて驚いたのですが…


この店のご主人がもしモリベーカリーと昔関係があった方だったりしたらサプライズな事


閉店前で色々聞きずらくてパンもほとんど売り切れていたので、今度はちょっと早めに行ってみたいと思います


チョコソボロやモンブランがもしあったりしたら感動もんだな〜(笑)





藤間議長でした


懐かしい思い出を解決させる為ならば、こんだけ速攻で動くんだから脳から伝達される行動力ってたいしたものだ



  

Posted by mtc at 14:42Comments(0)

2014年02月21日

失言レジェンド

昨日迄は色々忙しくてあまりニュースや情報を知らなかった


ただソチオリンピックは夜更かしして頑張ってみている


今朝ワイドショーをみて、個人的に大嫌いな政治家の方の発言には相変わらず呆れ、その方がそんな役だとはマジ知らなかった


この問題発言議論が過去に身内が引きおこされた飲酒運転事故の事件が突然抹消されたかのような事の繰り返しにならない事を祈ります


藤間議長でした





まさか大会会長なんて誰でもよかったなんて事はあるまい


何様でどこから目線なのか勘違いにもほどがあるし、速やかに辞職を自ら決断され、アスリートの各位に懺悔される覚悟がおありでしょうか…


アスリートの精神力や能力に意見するなら個人的にはついでに本業もいさぎよく辞めてほしいなぁ…(笑)


  

Posted by mtc at 23:38Comments(0)

2014年02月20日

ファン

ファンなものは仕方ない、

現在開催されているソチ冬季オリンピックの女子フィギュア


日本選手でファンだったのは安藤美姫


日本代表選手達は頑張ってほしいし、応援している気持ちはあるが、個人的ファンとなるとちょっと興味はズレてくる (笑)


これまで一番ファンだったキムヨナや安藤美姫を一瞬でカキケスほど選手を昨夜初めて見た


グレーシーゴールド


その魅力は久々のど真ん中ストレート


キムヨナのショートの最後の演技をみて、明日は早くからイベントだし、今夜はテレビを見ないつもりだったのだが、そういうわけにはいかなくなった…







多分グレーシーゴールドを見なければ寝れない(笑)


藤間議長でした





個人的予想だがキムヨナは金メダルは多分とれない


日本勢では鈴木がメダルを取るような気がする


浅田真央には頑張ってほしいが冷静に考えて厳しい点差かもしれない、結果は結果なので、現実を受け止めとりあえず引退してしっかり休んで冷静に今後を考え直してほしい


メダルに挑戦したくなったら又復活すればいい事で、そんなに自分を追い込むことはない


オレ的には金メダルがグレーシーゴールドだったら最高!


明日の朝が楽しみだ!!


あくまでも個人的ファンの日記的意見なので、ブログを読んでしまって気分を害されたならばお許し下さい

浅田真央がプレッシャーに弱い事は今に始まった事ではないので驚きはないが、金メダル金メダルととにかく結果を煽ったマスコミには呆れる感情しかない


メダル予想に時間を取ってきた朝のあるワイドショースポーツ情報はオレが一番的なキャスターの感覚が常に不愉快でしょうがない、
  

Posted by mtc at 13:21Comments(0)

2014年02月19日

冷静に思えば

自分の現在迄の様々な状況にもっと怒りを打ち出してもいいんじゃないのか…


昨年のある晩にそんな事をアドバイスされた日の夢を昨夜みた


自分は残念な思いはあるが実は本心を言えば


これが自分にとって様々な全てがかなり悪い最悪な事だとすれば、もっと怒りを表現しているかもしれない

スポーツ業界の場合の環境は最悪で小売業としての明るい未来に期待は正直この先に出来ない…


ただ自分は随分と以前から警鐘を鳴らし関係者に予感を訴えていた


その流れになっただけだとすれば現在数年かけて取引先の取引ブランドの絞り込みを進めてきたので、人件費を含め方向性への負担は周りの他店と比較した場合にはかなり少ない


相手が取引を切る以前に、いつそのような通達がきてもこちらから切れる準備を進めていたとは誰も信じられないかもしれない


だから大型店が都城に何軒出店しようが関係ないと言えば実はそんなに関係ない

オーナーが自らで販売する力がなく、現在人件費に対する売上で維持しているお店が営業が独立された場合に一番危険だと言えるし、手形での決算や租りの低い売掛け外商販売が強い小売業も資金が無ければ厳しくなっていく可能性がかなり高い

とにかく時代が大きく変わっていくので変化にいかに対応できるのか…経営手腕が問われる


生活に関しても、離婚した事は残念な想いはあるけどもしあの生活環境条件での現在の状況だったとしたら怖い話でもある、とにかく様々に改善の無い負担だけは変わらなかっただろうから考え方次第ではあの日の事件を引き起こしてくれたあの方に感謝しなければならないのかもしれない


様々な経費や不動産の課題に関しては少しずつであるが良い提案が最近あったりもする


固定の収入を失って3年以上経過して、とにかく一番残念な事はプロバスケである事だけは間違いない、負担がわかっていながら負担が様々に散らばり結論まだまだご迷惑をかけている方々が沢山おられるのに何の進展も提案もみせない


自分が言われている悪評等も間接的に聞こえているので、今さらながら自分は何がしたかったのだろう?、なぜボランティアという救い主を引き受けたのだろうと考えたりもする


あのファーストシーズンの終わりにあった事等はいつか違う形のブログで公表すると思うが、自分の中ではそこが分岐点ではなかったという判断だった


それぐらい準備を怠った結果をトップの責任のみで解決に向かうとは思えなかった


チーム自体を売却して全く違う組織に委ねるべきだと主張していた自分の意見を覚えている関係者はほとんどいない事だろう


藤間議長でした





自店のスペースを縮小しておもいきってテナントスペースに切り替える信じられない発想力と覚悟を持った実行力はそんな意見の背景にもあった


やるか、やらないか、口にするのは簡単だが、流行りの今でしょう!!、みたいにいかないのが冷静な現実でもある


毎日みる霧島の景観は想いをきっと冷静に導いてくれているのだろう
  

Posted by mtc at 19:28Comments(0)

2014年02月18日

スピード

大雪の被害が深刻のようだ

このような自然現象に対する対応をみる度に政治家の数が無駄だと思う


自衛隊の派遣に関しても、レスキューの人材に関しても電力の問題や不便な過疎化の状況の問題に関しても政治家なんて大変でしたねって挨拶回りを後々するだけで自然に収入所得を受け取れる


大体なぜそんなに政治家が必要なのだろう


数年前から課題とされている、少子化の問題も自然現象対策の問題も、拉致問題も社会保障問題の問題も、その他様々な問題の前進は少なく、結局成立させた事は消費税等の国民負担を増大させる政策を半ば強引に決定させただけだ


ただ国民性なのか、それでいいのか…と思わせられるのは、今回大雪の被害に直面している関東中越地区の高齢者の人の良いコメントを聞いていると、不思議な感覚で哀しくなる


平和主義なのか、バブル世代を生きてきた余裕なのかなぜテレビに向かって不便な環境をもっと強く訴えないのだろう

最近のゴルフ場の雷警報等に関しても思うが自然の脅威に対して日本の国民性の危機意識はどこまで甘いののか心配になる


大震災に直面した地域は間違いなく自然災害の怖さを実体験から学んでいるものの、地域の意識の格差は相当にあるように個人的には思う


対策に関してスピード力は最優先なのではないのだろうか…


高速や国道に災害危機の連絡がなぜ届いてないのか?この国の統制をとっている組織は本当に大丈夫なのか

人材が様々に足りてないのではないのか…


先々が益々に心配になる


藤間議長でした






ただ少子化のピラミッドを長方形に近づけるには、高齢者の長寿に関してはかなり問題を抱える国の実状である現実は避けられない
  

Posted by mtc at 23:12Comments(0)

2014年02月14日

テラフォーミング

2035年180日かけて人類は火星に最初の専門家メンバーが到達してテラフォーミング(惑星を改革して人類が生活できる環境に変えるプロジェクト)をスタートするらしい…

火星にも北極と南極があるらしく、ロボットアースで火星の地中に氷がある事は既に調査済みで、地球の温暖化の原因となっている温室効果ガスで惑星自体を暖めれば大気と水を簡単に作る事は可能らしい


ただこれまでは途方もない時間がかかると想定されていたが火星に存在する事がわかったC3F8(シースリーエフエイト)スーパー温室効果ガスの発見によって、そのガスは人体にも無害らしく、テラフォーミングは100年で完成が可能だと現在考えられているようだ


更に驚かされたのは合成生物学たるもの、火星に適応する微生物を人類が作りだし火星に持ち込む為のテラフォーミングをサポート、利用する研究計画が始まっている報告でした


ただ微生物の応用に関しては想定出来ない進化等も当然あり得る為、より慎重な研究開発が進められているという事だ


今日午前中に自宅で昨夜に録画してもらった番組を見ると、テラフォーミングのシナリオが解説されていた

人類ってスゴいのだけれども、誰かが警告したり、予言等しているように核戦争の可能性や環境破壊等の回避に関してこれぐらい真剣に研究を進められたら宇宙にわざわざ向かわなくてもいいように思うのはおかしい発想なのだろうか…


宇宙は人類にとって未知のロマンもあるのだろうが、火星の変化が太陽系にもたらす弊害だって考えられている


太陽系は太陽の存在があり成り立っているバランスだと学んだ世代なので、火星移住はSFの世界であってほしいと考える自分もいる


藤間議長でした





どっちにしろ、テラフォーミングが仮にスタートしたとしても自分達世代にとっては死後の世界の話ではある (笑)
  

Posted by mtc at 12:21Comments(0)

2014年02月11日

業界メモリー

今週木曜日からセレッソ大阪が宮崎市内でキャンプを開催する、あの大好きなフォルランがやってくる、…ジャイアンツの宮崎キャンプもいよいよ木曜日迄となりフィギュアにサイン貰う手もある…
ところで、松井氏って現役時代から気軽にサインしてくれる選手なんだっけ…?

プロスポーツ選手とは出逢うきっかけが沢山会ったりメーカーやスポーツブランドの展示会会場で紹介していただいたりしてサインを貰ってきたからキャンプの会場でサイン貰った事は実は無い…


振り返ればホントメーカーと卸業と小売りの連係があって、スポーツ選手も1つのメーカーとの愛着があったりして販促販売に燃えた人間関係をお互いに築けた時代に商売を頑張ってきた

今のシステムが悪いとは言わないが、勝手に迷惑かけ破産したり、民事再生したりして多大な債務や負債から逃げたお店は救済され、何とか踏ん張って継続している小売店の足を引っ張る卸のシステムはもうビジネスの関係が崩壊していると思う


自分は先払い仕入れも経験してきて先払いであれば、卸のリベートは卑怯だと思っている小売店の1人だ


ここ数年間かけ生き残りの為、卸問屋は1つに絞る計画を進めた、


主力で販売する商品は直取引が可能で仕入れ率にメリットがあるメーカーとの販促を勧め利益率を確保したり商売手法を根本的に見直し現在に至る


それが今日迄の当店の生存理由の1つでもあるが、業界の根本的な全体的な問題はガイドラインを構築出来なかった事が全てだと思っている


確実な直取引を構築したアンダーアーマーを主力とするメーカーの手法は厳しい環境のスポーツ業界の勝ち組であり、卸業者に商品を関わらさせずに販売小売店を絞ると共にある分野への販促を拡張させた


独占でありながらその成長軌道に乗れなかった残念な小売店が実は宮崎にはあるが、自分に言わせれば全くもって様々があるコピーであり商売センスの問題なのでイタシカタナイ(笑)


これから先々まだまだ厳しい競争の環境もあるだろうが、当店として確実な事は誰でも知る大型店が主力とするメーカーと強いパイプを築く事は不可能な時代であって既に考えられない


全く新しい感覚のチャレンジに発想は切り換わっている立場は立場上かなり強いかもしれない


藤間議長でした





自分達の想定以上の良い話が現在舞い込んできていて上手くいけば、本当に前期の内に転換が進展するかもしれない
  

Posted by mtc at 18:37Comments(0)

2014年02月09日

15年ぶりの平穏

今日は都城で集客力の高いイベント、神柱ピクニックが開催され、午前中はオーバル周辺では盆地市が開催され2月9日の肉の日にちなんだイベントが開催されてます





沢山人達が来られているのですが、明らかにPRが不足しているオーバル内各店は静かなもんです
当然当店を含め…(笑)




振り返れば2月は厳しい支払いの月で月末迄の資金ぐりに追われた時代、呑気な顔して近隣のセール品を買い物していた根源の責任感を疑う行動にいい気分はしなかった日々も思い出します


運営する側の立場の苦しみを知ればこそ、サンズのサポートを決めた自分が昨年迄はいましたが、今年は正真正銘多分オーバルを開業する以前以来の平穏な月を過ごしている気がします


様々な事をクリアし、会社の代表の大変だった日々の分岐点に向かって今目標を定め進んでいますが、都城地区のスポーツの分野はこれから数年間益々に大変な時代に突入します


人口は変わらないし、外部から人が日々訪れる誇れる観光地でもないですが…
立派な全国区の地元企業が有数存在する、住みやすいイメージが強い平和な街

人生のほぼの期間を過ごしこれだけの日々を生活してきているのに自分には回りの方々ほどの都城愛は多分ないように思えてます


高校のたった3年間しかいなかった宮崎に強い愛着を感じているし、色んな経験をもらった福岡の7年間に将来数年間は又住みたいと思っている自分がいます





なぜ自分が都城にそこまでの愛着を感じないのか、不思議な感覚もあってじっくりと考えた事もありました

でも答えはわかりません


人を好きになるのに理由はないように興味が無いものには興味がないという事でしょうか…(笑)


宮崎には昔から憧れがあって、今でも高校は宮崎に行って良かったと思っているし、仕事は宮崎か福岡でしたいとずっと思っていた自分がいました


ただ冷静にビジネスと考えた場合、都城には自分にとって有利な部分が沢山あって、理想を逆転して考えた場合財産を蓄えられる場所だと考えて取り組んできました


オーバルの完成に一生懸命投資した結果を必ず将来の中心市街地の位置付けとして生存させなければなりません


自分が現場をやるのか、現場を魅力的にしてくれる同志を探すのか


現場は25年も体を張ってやってきたので、いつ卒業してもと数年前から正直思っていて、サンズが5年続けば本気で運営に対し向かい合う覚悟もありました


今は来年の2月に自分がどこで何をやっているのか、想像もつきませんが…





今年と同じような事はやっていたくないとは思います

藤間議長でした





平穏すぎるのは面白くない性格のようです…(笑)
  

Posted by mtc at 14:52Comments(0)

2014年02月08日

地域の未来

最近は忙しさが週末型に変わってきましたので…

週末に合わせネットに出品していた商品を売場に補充して品揃えを増やしました
バスケ関連は、特にシューズはネットにて販売していましたが、半額セールで好評にシューズが売れていますので、春先迄は売場にて格安でどんどん販売したいと思います

大型店主導型のバスケットシューズブランドはこの先売場に仕入れしない方針から格安での販売を現在実行しています


世界にも国内にもバスケットシューズブランドは沢山ありますが、現状の流通環境ではほとんどの情報は限られた範囲が現実です


現状は大型店の存在が特に出店の遅れた南九州地区では一般的な環境なので、自分の手法的には相手とぶつかるのではなく、共存出来る部分を探すという感覚にあります





ただ地域の小売店はこれまで田舎の大将のようなお店が多く、相手の事を真剣に研究もしないで立ち向かい、ほとんどが散っていきました


聞けば出店してきた大型店の売場に行った事もない社長、店長、スタッフがいると聞いて自分は愕然とした事があります





自分は今でもしょっちゅうまめに大型店の売場を見に行って品揃え、主力品、中心在庫をチェックします





同じ商品の販促を強化してしまった場合に大きな損をするのは弱者である事が残念ながら現実の業界だからです


大型店が2つも3つもある環境の20万前後の地域は国内にいくつかありますが、地域の小売店として継続する為には方法はただ1つ、自分はそれに向けて今真剣に取り組んでいます





無駄を省き利益の追及を忘れ薄利多売の入札を続けて自爆する可能性に向かっている小売店のひしめく地域は残念ながら九州は沢山存在しているみたいです


凄く残念な事ですが、少子化や突出した競技集中の日本の方向性はもしかすれば大型店同士の崩壊もいずれ招く結果が引き起こされるかもしれません


その時、地域の競技者に訪れるのは大どんでん返しの最悪な不便な環境…


残った大型店は競争相手がいないので、利益追求型の店舗となり、細かな品揃えや在庫はほとんどが変化していくようです


配達等細かなケアを担当する外商中心の小売店もしばらくは存在するでしょうが高齢化が進み、自然に廃業していく傾向のようです




アメリカは国がデカイので当然大型店の先進国なのですが、さすがスポーツ大国だと思わせるある共存システムが存在します


日本とは随分異なる環境を自分は目にして以来将来の事をずっと考えていました

答えも覚悟も信念も自分で探し追求するもの


甘えた緩い手法の環境で存在を続けた小売店は早めに散るべきだと自分は正直思っているので、助け船のヒント等は絶対に出し得ません


それほど、これまでの地域に存在してきたスポーツ小売店のレベルが残念ながら勉強不足であった結果だという事なのです


スポーツ協会や学校の先生にいくら媚びをうっても、使える予算や購入資金はシビアに変わり、いただく情報は予算計画だけ、先々にメーカーに話を進め他の小売店に手を回しても、信じられない見積り価格で裏切る小売店がいたり、最近驚くのは、ネット会社が見積りに参加していたり県外業者が参加していたりと、とにかく学校側は少子化に直面しているので安く購入する事が最優先の状況です





自分はある日ふと、これまでの歴史を振り返りました

すると、そうする事で見えてきた気付いた道もありました


先日地元の小売店の外商スタッフが夕方に集まるある場所で、自分はある事を各位に伝達しました


彼らは社長からクビを突然宣告されれば大変な荒波へ突き落とされる立場の面々

そんな彼等に先々のメッセージを告げる事をどのような捉えるかは相手次第です

各位自分を先駆者だと捉えているようで、真剣に聞いてましたがさてさてどのように響いたでしょうか…


地域の未来は自分達で築いていかなければね!




藤間議長でした


これまでの自らは汗水かいて働かないタヌキの下ではどんだけ真面目に頑張っても自分の地域の将来や目標は見えないのでは、という事だけははっきりとした答えなのでは、と自分は個人的に思うだけです!



  

Posted by mtc at 12:42Comments(0)

2014年02月07日

堂々巡り

最近藤間議長日記ブログへの書き込みが確実に減っているのは、投稿を携帯からするのにちょっと手間が増えた事と、ちょっとスポーツ業界への諦め的な傾向への感情もあるのかもしれない





特にバスケットに関しては随分と感情の変化は内面にはある


子供がいてバスケットしてたりするわけではなく、とりあえず指導する立場にはあるが、この先ずっとバスケットに関わっていきたいのか、自分に問えばゴルフと比較した場合に、明確な目標は微妙な感情かもしれない


こないだ高校バスケ界に関するある噂を耳にして、もしかすれば又同じ事が繰り返される可能性にちょっともうさすがにもういいかなぁ〜と感じた

変わらなければならない方向性に変化がどこかで引き起こらなければ、自分が携わって残念ながら成立させる事が出来なかった事例と同様に進化も行き着く先もは多分厳しい…


まさに堂々巡りとなる


バスケット界の現状対して先々の可能性含め自分にも当然意見もあるし、推測もあるがあまり最近は意見もいいたくない思いだ


なぜ突然にシニアバスケも夜間リーグにも顔を出す事をやめる事を決めたのか、ある時期がきたら全てを公開したい


何事にも必ず理由があり、自分はある時期迄その方の事を考えて沈黙しているという事だ





意味のわからないしこりは消えないし、説明してもわからない馬鹿には説明する時間も無駄だと俺が判断した


一方通行の話を信じこむ者には何を言っても同じ事を自分は様々な背景から経験してきた


それこそ堂々巡りだ(笑)


その背景にはあるスポーツ店の存在も実はあるが、とにかく昨年のある時期にある事に目をふれ、同業者としてバスケに関して同じ場にいては自分の道徳心やルールがブレてくると意識してきた


やってはいけない事を堂々とやってはやはり問題だと俺は思う





とにかく自分もこういう感情的な部分は離婚もしたぐらい頑固なので、簡単には許せない


藤間議長でした





間違いは必ず明らかになって、その行為が正される日がくると信じたい
  

Posted by mtc at 23:14Comments(0)

2014年02月05日

誕生日に思う事

とにかく今年は6月あたりまでは突っ走ります♪


その先の事は、まぁ、追々考えましょう





人生はとにかく一度だけ、

色々あって当たり前


全てがうまくいく時期もあれば、当然低迷期もあるものだが…


悔しい事や残念な事があっても、とにかく飢えてた寮生時代や学生時代、都城にいた頃から比べるとガリガリだった


都城の生活は自分を甘やかす、


24歳で帰ってきた時、最初の数年は大変だったけど、すぐに色んな事が好転した

あれから25年、今普通なら考えられない逆境から物凄い転機の中で、とりあえず借金はあるものの、家庭も子供もいないノーリスクはいつでも人生をリセット出来る環境に自分はある


それは見方を変えればかなり羨ましい考え方でもある

人それぞれに人生は平等だと思うが、自分は特にもしかしたら最近強運なのでは、と思えてならない


こんな状況で生活リスクがもし存在したらなんて考えると想像しただけでゾッとする


あの方との関わりが先ずは大きな間違った方向性で、そしてその先にそれにくっついてきた結婚、


振り返れば、最近特に昔あの店があった場所の解体された内側をみてどんだけ甘い計画だったのかを実感するし、あのオーナーがどれだけの力量だったのかが推測される


この無駄な経費の設計に当店もずっと頭抱えてきたが一番の戦犯は設計であり、無能な担当をあてられた最悪の市とパイプのあった業者の優遇でもあったのかもしれない


力不足もあろうが、あの方も犠牲者の1人である事は理解してあげたいとは思う

なんとなくだが、ここ数年で必ず様々が好転に向かう予感は漂っていて、自分の予想は結構当たるし、これまでの様々な出逢いも必ずや結びついてくる


長い長いトンネルの先を随分と考えてきたが、プロバスケ活動スタート時期に思った転換のチャンスがこれ間違いだと思った初年度の時期、自分の力量不足から引き起こされる多種多様な想像は間違いなく当たった

何事でも決断力とバトンの受け渡しは大切な分岐点で無理な事に意地をはるとせっかくのチャンスを逸する

今年の誕生日、実は以前迄の誕生日からすると大きく変わった感覚の変化があった


それはご想像にお任せするとして、やはり誕生日にはそんな言葉をかけてもらいたいもので、結婚時代を含め少なくとも10年間はそんな事を言われた事がなかった


そんな当たり前のような優しい言葉1つ1つは長年疲れた心と身体のしこりを癒してくれる


長く長く我慢して頑張った分これからまだまだ沢山のいい事が待っているかもしれない


そんな先々に期待を抱かせる誕生日を迎えた





藤間議長でした


自分の誕生日の事を書き込む感情さえも数年間なかったブログの真実である



  

Posted by mtc at 08:38Comments(0)

2014年02月04日

悲鳴

女性の悲鳴が聞こえた


ただ、助けてーという叫びではない


その内、やめて、という強い声に変わった


とりあえず様子をみるが、何かしら事件に変わってからでは遅いと判断して110番


警察は事件が起こってからでないと動かないと思っていたが、自分達がその車の主と数分間掛け合いしている内にあっという間に数名でやってきた


その事件の可能性の車は急いで駐車場から逃げたのだが、警察は駐車場内の全部の車をチェックしていた


あんだけ早く来るという事は女性の車に乗り込む事件的な事が最近増えているという背景なのかもしれない

事件の可能性のある現場に遭遇した夜となった




藤間議長でした




昨夜の深夜の牟田町


その後、歩いて帰っていると色んなビルから女性の叫びのような悲鳴が聞こえていた


春が近づいているって事なのか…(笑)


痴話喧嘩にこした事はない
  

Posted by mtc at 12:05Comments(0)

2014年02月01日

思い出は美しすぎて

昨夜の出来事は1年半前の思い出を甦らせた


胸躍らせときめいた想いは頑張らないとと、見えない力に背中を押されたあの頃

男なんてホント単純なもの

そんな事で一生懸命仕事へのパワーがみなぎったりする




だからこそ、出逢いとか、タイミングとか、大事だしなかなかきっかけなんて薄いものだから慎重に大切にしなければならないと考えられる歳になった


あの頃の思い出が美しすぎて、なかなか次回はなかろうと、特に自分から踏み出すなんて考られなかった


そんなはっきりした愛しい感情を自覚した訳ではないが、男女関係、ある特別な人間関係が無い限り個人的に食事を全額おごるという行為は自分の場合その感情がなければ発想として無い

男性同士のような仕事関係であれば別話であるが(笑)

昨夜相手がボソッとつぶやいた一言が朝になっても残っている


進展するかどうかは別にして、そんな一言はスゴく思い出の1つになるし、又一緒に食事したいと思わせる

自然にそんな一人言をつぶやかれたら男としてそりゃ本音は攻めたい


基本愛しい想いはそんな会話の積み重ねからスタートしていく





会って直ぐに食事に誘ったり等は礼儀としてしたりはするが、実は自分は簡単にそういう事をすぐ行動したりはしない


大体知り合って、数ヶ月経って、さりげなく真剣に誘う


理由はその方が相手も自分の感情に若干気付いてもいて、ナチュラルに会話が弾む


そこまでのステップが継続していくには大切な相性という事になる


昨夜はとにかく笑顔が絶えない自分がいた事だろう


今日から2月、今年こそは貯蓄の2月3月にする事が大きな目標にある


パワーを沢山もらったからきっと頑張る自分がいる





藤間議長でした


新しい思い出は何ヵ月築かれていく事だろう



  

Posted by mtc at 09:01Comments(0)