みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
mtc
mtc

2014年04月29日

悔い

facebookをやってると


イベントを仕掛ける色んな方々がイベントのPRに他のイベントに出掛けてアピールをしている事がアップされているのを見て宮崎シャイニングサンズへの残念な思いが常に回想する


都城では学校にいったり、スーパーに行ってたりしていた事は知っているが、様々なイベント規模は宮崎市内の方が数も規模も違う


シーズンオフでもシーズン中でも、土日の色んなイベントに出て行って存在感のアピールをやる必要性をどれだけうるさく提案した事か


運営会社が交通費の負担の厳しさの問題もあって全く動かなかったので、自分が実費でトゥギャザーという交流イベントを企画したり、街市会場を歩いて選手達を実際に身近にみる機会を作った


内部からは自分のやっている事に、現実、批判ゴウゴウで選手達は臨んでないだとか、それが何につながる等と、裏で相当批判をされていた事を自分は知っている


しかし、やらなければ動員数による収入を増やす可能性が厳しい事は数年間の経験から自分は推測できた覚悟を決めた行動だった





宮崎市内の動員数の増加は3年目のサンズが次につながる為の大きな要素だと思っていたし、2年目のシーズンを何とか終了に導いた同志だと自分は思っている当時臨時役員に就任してくれたH氏とも必ずやらなければ先がないと同意ができていた背景であった


彼は運営から残念な去り方をしてしまったが、彼のような才能のある人間を引き留める力がなかった代表の力量は情けないと今でも思っている


もし運営スタッフに、イエスマンでない、チームを何とか残したい、危機意識の強いメンバーが後数人いればと最近は強く悔やむ


とても公表できないが、宮崎でのアピールやイベント参加等が出来ない理由を聞いて愕然と呆れた事がある

選手達との一番近い場所での交流は大きな勘違いを引き起こし、選手達の為だと言い張りお金を出す側ではなく同じ貰う立場を主張するようになる


貰う為には選手以外の自分達が死に物狂いに売上を作ってサポートしなければならない役割だし、事務所でノウノウとパソコンとにらめっこをしている時間も惜しまなければならない状況だった事が事実だ


自分は個人的にこの方々とはどこまで本気で向き合うべきなのか、正直に物凄く悩んだ期間だった


都合のよいヘルプ要員に捉えられている感が強くて、自分がこの方々の収入源を頑張って作る事に対しても正直強く疑問があった


悪い人達ではないのだが、代表の意見に基本的に賛同側では本音で語り合う事は不可能だった


度々に言うが、自分は代表が代表の立場を自然に退いてもらう為に役員の立場に就く事に同意した


組織が変わらなければ将来性を全く感じなかったからである




サンズの2年目の興行の時、1月1日の正月から設営をして2日3日と試合が宮崎で開催された


特にPRも出来てない正月からお客さんがくるのか…と不安でいっぱいだった


その週末は再び宮崎興行が組まれていて、3日試合終了後撤収して、再び6日に会場を設営した


そのやる気がどこからきたかと言えば、想像を越えた観客動員数だった


やっぱりお客さんがきてくれると商売同様に気持ちで頑張れるんだという体験だったし宮崎に大きな可能性を感じた


自分は地獄の設営経験をした2011年の延岡


2012年正月興行を多分一生忘れない


3年目のシーズンは結局悔いばかりが残ったシーズンとなって、あの男がスタッフになった時点で辞めるべきだったと常に後悔している


自分がスタッフとして雇用するべきではないとアドバイスしていた彼を入れた時点で自分に対して、いつ辞めていただいてもかまわないサインだったのかもしれないと最近は思ったりもする


結局代表は全てのバランスを彼によって失ったと言ってもいいのかもしれない


人をなめていた結果が招いた残念な結末に自分には見えている


自分のサンズへの夢や努力の結晶は第三者に壊された

オレはそう思っている


だからこそ、事実を藤間議長日記からまだまだ発信しなければならないと、最近改めて思うようになった


藤間議長でした





盛り上がった今シーズンのbjリーグのプレイオフは、今週末からスタートする


オレの優勝予想は岩手


初優勝目指して頑張ってほしい !


後少ししたら戦いを終えたヒーローが都城に帰ってくる、慰労会が楽しみだ
  

Posted by mtc at 16:29Comments(0)

2014年04月27日

自覚がズレた晩

昨夜の深夜1時半


いつものように、敬愛する教授から勉強になるお話を聞きながら


先輩の店の窓の外から見える繁華街はGW前だというのに残念な静かな街にみえていた


その道を歩いて帰ると誘惑が多いので自分はできるだけ誘惑の無い道をいつも歩いて帰るのだが…


静かだと思っていた街が、道路2本はさんだ側にくると一転


沢山の若者で盛り上がっていた


唖然としてしばらく歩きを止め、方向転換して繁華街の中に足を進めようとしたが、突然自分の防衛本能がストップをかけた


冷静に自分の歳は既に50前その輪の中では完全に浮いた世代、自覚しなければならない事が現実なのだ


そこに行っても何の科学反応もないし、例え若い知り合いがいたとしても何支店ですか…何て言われるだけだろう


それを自覚する時間となった (笑)





あまりにも格好が場違いに気づいたという事もあるが身だしなみもやっぱ重要だなと改めて感じた


オレのいでたちはやっぱりどこかで田舎の繁華街を完全にナメテるのかもしれない


昔、仕事着のままじゃなくきちんととした格好で飲みに行くなら行ってと言われ続けた事を思い出した


藤間議長でした





いまさらねぇ〜


変わるには複雑な想いもある
  

Posted by mtc at 12:01Comments(0)

2014年04月26日

続編

HIRO 復活…


7月からの月9で、との事
(残念ながら宮崎局では、多分録画再放送)


ドラマ終了後映画の話もあるようですが…

もしこれこけたらショムニに続いて伝説テレビドラマ神話がヤバいフジテレビ

振り返るとあの当時の出演者は皆さん、今ではゴールデン俳優さんばかり

集められたらスゴいけど、主演のキムタク以外のキャストがほとんど変わるんだったら、もしかしたらビミョーな感じなんじゃないかな?


最近ドラマのヒットがないから亀山さんが社長になってるのに、続編頼りはやっぱり苦しいね


藤間議長でした





笑っていいとも終了で話題作りはしたものの、新番組バイキングは最悪のスタート、最近のフジテレビには一時期の勢いがやっぱり感じられ無いよね
  

Posted by mtc at 12:52Comments(0)

2014年04月26日

ミステリーなたわごと

実はオレの色んな事の予想や推測って結構当たったりもする


受け入れなければならない残念な事も、随分前からあり得る話だと思っていた自分もいたりする


でも自分が離れたり関わりをやめたりするとジェットコースターみたいに悪い方向性が加速する出来事だってある


昔からパワースポットの強い場所に通っていた背景があるのかもしれないし、精神的に追い込まれたり、ストレスがたまると様々なパワースポットに向かっていた


多分人生の色んな事の考え方が変わったのはあの事故が原因だし、人生で生まれて初めて女性に対して、ある種あれ以来体験していない感情を持った女性と関わっていた時期だった


振り返れば、宗教っぽいかかわり合いが相手から寄ってきていた時期の背景にも何かあるのかもしれない


一時期は多分霊なのか幽霊なのかわからないが、変な体験を沢山した


死に損ない的経験は何らかのきっかけとなったのかもしれない


そんな最近の予測は色々あるが、そんな事を書き込んだりしたら変人と思われるのでやめておく





ただ1つ最近このブログに書き込んでいるスポーツ大型店の話題もその予測の内で、あと1つのスポーツ大型店が都城に出店すると自分は予測している、それまでに起こる地域のスポーツ店相関図も含めて…


当然当店の将来の予想も、街の将来図も見据えてである…(笑)


これは日記のたわごとなので…


流したい方は流せばいい


藤間議長でした





実はちょっと運命を感じる女性とは既に出会っているのかもしれないと最近思う

50歳迄には色々と面白い事がありそうだ


一度は事故で確実に死んでいた命、果たして何歳まで生かされるのだろうか…
  

Posted by mtc at 01:15Comments(0)

2014年04月21日

それでいいのか

離婚後引っ越しをしてもうすぐ1年、離婚前しっかり社会保険を活用して別れるあたりに女性のしたたかな部分を強くみたあの頃


あらためて2年前のドン底の精神状態からよくここまで持ち直したものだ


あまり人前に悩みを打ち明けたりしないので、強くなければ生きていけない、オレは絶対に逃げないと自らを鼓舞してきた


様々な部分で四面楚歌な環境におかれた立場でなければわからない悔しさは一生忘れない今日までの反骨精神につながっている


当時自分の悔しい思いや愚痴を聞いてくれた男達がいる


あの頃彼等の存在が無かったら自分は終わっていたかもしれない


他にも沢山恩返しをしなければいけない人達がいて、最近早く何かお返しを考えないとと考える余裕もでてきた


どんだけ悔しい思いがあろうとも、苦しい時に関わっていただいた方との感謝を絶対に忘れない事は先ずはやり直す為にはスタートラインだと思う


例えば腕組んで堂々とミニバスケの試合を観戦してるなんて、様々な方の感情を考えれば普通は出来ない態度だと思う


そんな音信不通から1年が経過しようとしている重要人物の残念な話が聞こえてきた


それで本当にいいのか…


様々なツケは必ずや後々につながってきて、小さい街の噂は早い


3人も子供がいればどこかで、被りたくない方と同級生になったりして体裁が悪い事も必ずやある


ツライ思いは様々を直接受ける側で、引き起こした本人ではない


都城がやりにくくなったから宮崎に事務所を沈黙に移設するような考え方等、先ずは隠れる事の発想にしかオレには伝わらなかった


自分が離れ、スタッフもほとんど離れ、その後サポートしてくれた方に対しても様々に迷惑事がいくつかあるようで正直に聞いて呆れている

情報は聞きたくなくても、面白いほどに簡単に聞こえてくるホント狭い街だ(笑)

シーズン終了後、それはそれで何やら間やらに騒がしくもなるのかもしれない


色々あるようだし、巻きぞえやこれ以上の被害はご勘弁なんで、様々を公に公表したり、自分がどういう事になっても猛反撃の準備はしておかねばならない


一生懸命ヘルプした側がこのような感情を持ち続けなければならないなんて、絶対に間違っている


藤間議長でした





見たくもない悪い夢が続いているみたいだ


もう大概にしてくれないか
  

Posted by mtc at 21:23Comments(0)

2014年04月20日

主張

今日はちょっと残念な事があった




自分は都城スクラップという都城のシニアバスケットチームに所属している意識だったが、試合の予定を知らされる事がなかった


ユニフォームはオリジナルマークを考えてマーク代は特別価格で利益をとらないで提供してきた


シニアにメンバーを誘ったり自分なりに協力できる事を色々やってきたつもりだ

そんな自分がスクラップの練習に行かなくなった出来事の1つがある男と会いたくない事であった


その男の名前で差し出された封書の内容に、ボランティアで一生懸命サポートや出費してきた自分に対して、よくそんな事ができるな…と思った


お金にかかわる人間の本性を怖いほどに感じた

多分人間関係の情熱よりもお金が一番のタイプの人間達なんだろう




お金も大事だから悪いとは言わないし、法律的に主張している事も正当だと思うが、チームの為とか選手の為に頑張ったのではなく、自分がお金を貰う為に頑張ったのだとしたら、会社に利益を出す為にもっと死に物狂いに営業したり、給与を手配される為の改革に賛同して変わらなければなかったのではないのか・…、結局代表のやり方や存在が気にいらないだけ、自分がやりたいようにやりたくて自らの発想だけがよければいいと考えるタイプの人間とは同じチームで一緒にバスケをやりたくない


それが練習に行かなくなった1つの理由だが実はもう1つちょっと嫌な思い出となった事件が昨年の県民大会終了後にあった


そいつに悪気はないので、気にしてはいないが、奴はちょっと気まずい事だろう

自分は県民代表チームに関してはやるだけのサポートはやってきたし、そろそろチームは転換期だと思っていたので、数年間関わって頑張ってきて結果を残す事ができて良かった、それだけで、それはしこりではない


組織も人間関係もたった1人の人間が加わっただけで化学反応が引き起こされて侵されていく事だってある

あの野郎とは二度と関わりたくない、それだけが真実だ




藤間議長でした


ただ、この字があの男の筆跡なのかはちょっとひっかかっている


もし違ってたら、違う方が差出人だとしたら大変な事です



  

Posted by mtc at 17:09Comments(0)

2014年04月19日

シーズン突入

さすがにスポーツシーズン突入

お客様には色んなタイプのお客様がいらっしゃいますので、霧島焼酎祭り、開店したスポーツデポの影響等々関係なく今日もおかげさまで14時で目標クリア(笑)

昨日オープンしたスポーツデポの前を通ったらスゴい車や自転車の数


一方では現実的に既に車の台数状況に格差が…





ほとんどの知り合いのバスケメンバーが大型店2つともあんまり変わらんと言う中、


正直なところバスケの売上市場って、よくてベスト10

売上と在庫回転率を合わせる売場として分析すると、業界ナンバーワンのスポーツデポがやはり利益率の高い商品の品揃えで1枚上手

昔、学生の集まる最新のアイテムを揃える売場にこだわっていたので、相乗効果で子供達が沢山来店されたりするとちょっと申し訳ない思いもします…





最新の魅力的な商品だけを並べても商売が潤うわけではないので、複雑な品揃えと格闘した時代を思い出します


こないだ配送業者に最近ん荷物多いですね…と言われて、売上高と配送される荷物は状況のバロメーターだと感じています




藤間議長でした


基本販売も外商もインターネットも全て1人でやってるので、中々やりがいがあります (笑)



  

Posted by mtc at 15:18Comments(0)

2014年04月14日

残念な業界

最近発表された今年も繰り返す統一球飛ばないボールの不手際


個人的にはミズノ独占でアイテムが指定されている事自体が不思議でならない


普通マスコミを騒がせた不手際が続いた場合、我々小売りならソッコー取引停止にされちゃうよなー




現実海外ではアシックスの人気がスゴくてスポーツ業界企業では現在ブッチギリのナンバーワン


野球はミズノの国内人気の最後の砦と思っている小売り店も多いみたいですが、大リーグで活躍する日本人選手達のスパイクはマーくん含めほとんどが選手の意思でアシックスに変わってる





当店は数年前ミズノの特約店から外れ、今はほとんど仕入れなくても商売は成り立っていて、数年前まで外販がミズノを割引して売ってくると回収が遅れた場合正直支払いのみに追われ、特割対象のチーム販売価格をミズノが指定したりして、利益率が悪くてホント大変でした


ミズノ愛のある営業マンが地区担当におられて、その口車に乗せられた都城地区の野球のお店はその責任で数件なくなったと自分は思ってます


メーカーレベルで自分達だけがよければなんて考え方の会社が最近は増えてしまって本当に残念な業界なんです


アシックスのコピーに近い事を続けてきたツケが降りかかって、もしかしたらミズノ愛の小売店は世代交代もあって随分全国的には減少傾向なのではないのでしょうか


自分は状況や感想を日記に書き込んでいてミズノバッシングしている訳ではないので誤解してもらうと困りますが、クリアに商売として利益をうまない商品は売りたくないし、仕入れる時代ではないと思ってメーカーとはお付き合いしています、ただミズノを仕入れなくなった一番の理由は大型店への商品の委託販売を始めにスタートしたミズノの戦略によって沢山の老舗のスポーツ店が苦しんで破産していった経緯があります

鹿児島エリア営業所も大型店が進出と同時にとっとと撤退されたやり方になんか地域とのスクラムなんてうわべだけの話や冷静な戦略にしか自分にはうつりません


最近は大型店に便乗して同時に爆発する事を恐れて、独自の直接販売に力を入れているように思えます


ミズノは卸もやりますが、大阪では元々小売店なのでいつの日か全国展開が始まりライバル店舗になる事だろうと自分は思っています

卸売業の崩壊が加速して、地域の小売店の力が弱まれば、日本の優良メーカーは数社は必ず小売に力を入れ始めます





ネットの世界でのディスカウントは既に始まってます

藤間議長でした





分裂化がとまらない残業な業界なんです…
  

Posted by mtc at 19:10Comments(0)

2014年04月12日

ゴルフ理論

今日はゴルフに関して…


クラブを切り換えてスコアが良くなる方も当然いるでしょう


自分は昔からゴルフクラブの商売には興味が無くて、担当の方に任せっぱでした

イップスになった時代パターだけは沢山買いましたけど…(^^;


初ラウンドは98、ゴルフの本も昔は沢山読みました、オヤジに教えてもらってコツとリズムを掴んで24歳の時これまでの最高スコア76を出しました


でもアイアンで攻めてバーディーをガンガン取れるゴルフではなくて、どちらかと言えば守りのゴルフ、リカバリーのゴルフでした




根本的にパターとアプローチが上手くない (笑)


シュートパットにビビりだして、打てなくなりました

イップスは、たちが悪いゴルフの病でゴルフやってもイライラするので自然に付き合いコンペ等でない限りゴルフの回数も年間で数回ほどに減りました


ただとりあえずコツは掴んでいるのでリズムだけ注意すればたまに80台のスコアはでるレベル


付き合いゴルフのゴルファー時代が長く続きました


そんな自分がプロバスケの活動をきっかけにある男に出会いました


その男のスイングはオリジナルの型でクラブは最新、ファッションも最新、カッコいいゴルフのイメージに時代は変わった事を思い知らされました


その日から自分の型を見つけるゴルフへの取り組みがスタートしました


逆算すると、コツも全てリセットしたので、ゼロからのスタートでした


そんなに練習しなくてもそれなりのスコアを叩き出せる型への追及です




ノルディックウォーキングのトレーニングの取り組みもその1つ、日々の体幹トレーニングも欠かしませんでした


要は身体作りが基本なのです


現在ジムスポーツやフィットネス事業のスポーツ事業は在庫のいらない商売なのでビジネスモデルがどんどん増えてます


まぁ、その分野の戦略は考えていた事なので、先ずは自分の指導レベルを納得いただく為にはそのオリジナル性の高い実績が必要です

今年自分のゴルフのポイントのツボに最適なある機械を見つけました


これによって自分の考えているある戦略イコールの形がちょっと固まってきてます





この間、過去になかった連日の74がでました


人に教えるにはやっぱり60台のスコアが必要で72が出たらクラブを一新します


うまく比例するように頑張りたいと思います




藤間議長でした





ゴルフのツボに関してはまだまだ企業秘密なんであしからず (笑)


  

Posted by mtc at 16:41Comments(0)

2014年04月10日

新大型店進出

今日は都城にスポーツデポがオープンという事で…


売上ほとんど無かろうと、ゴルフしようと思ってたんですが、納品の仕事を午前中に前倒し作業


昼からスポーツデポ寄って偵察がてらヒマラヤオープン時と同様にお約束のある物をいただきにきました…プッ♪





それにしても今日のゴルフは暑くて大変だった事でしょうねー


スポーツデポの感想は都城的には初のスポーツ大型店専用の什器が投入されている最新の店舗でした、都城以外の大型店を知らないお客様にはヒマラヤとは同じ大型店でも印象が多分随分と違うのではないかと思いました


同じような商品がどのように違って見えるか…
小売の生命線は売場作りなんで、オレがヒマラヤの南九州地区担当長ならば早急な売場改装の必要性を本部に提案致します


藤間議長でした





更に大型店が出店して大型スポーツ店の本格的な競争に都城地区は突入する予感がしました
  

Posted by mtc at 16:42Comments(0)

2014年04月09日

スポーツブランド史

アンダーアーマー着用の東福岡高校が4年ぶりに全国の王座を奪回した


最近、ラグビー日本代表をサポートするカンタベリーは親会社の意向からか地域のスポーツ小売店とのスクラムは縮小傾向になってしまってラグビーアイテムの問い合わせもほとんどなくなってしまっているので、日本で開催されるラグビーワールドカップの際には、もしかしたらアンダーアーマーが冠となる可能性も個人的には感じている


バスケットの男子日本代表チームの冠スポンサーも現在アンダーアーマーなので個人的には代表監督に就任された長谷川氏がアンダーアーマーを着用するのか、注目している


宮崎県内では延岡学園バスケットの男女チームがアンダーアーマーを着用していて、その人気は徐々に浸透しているみたいだ


都城には取り扱いはあっても強くブランドをアピールする小売店が今まで少なかったみたいで、アンダーアーマーブランド自体をあまり知らない事が販促していてわかった


多分理由はわかりやすく、上から目線で有りがちな販売店と問屋との関係ブランドでは諸条件等がないからなのであろう


当店は取引先登録後に商品の仕入れ取り扱いに際して1年近くの準備期間をおいた


それはアンダーアーマーとの本気の取り組みを考えていたからでもあるが、販売するにあたりスクラムを組むべき背景を検討していたからでもある


あのナイキの人気を販促し押し上げた当店がナイキの直営店を宮崎でやらなかったのにはそれなりの理由があった


当時結果的にテズカさんが交渉に走られたので当店としてはリスクを回避する事が出来た結果となった


美味しいエサをぶらさげられて飛びつかない方がおかしな発想だが、当時自分は死に物狂いに方向性を止めた


理由は明快でブランドのブームがどの位置にあるか、という判断だった


展示会を開催しながら商品の供給量を調整するナイキに平等な競争や戦いでは無い感情を強く抱いていた


結論スクラムを組むには信用度が疑問すぎた背景があった


ナイキブームから数年後、売場の一角をナイキに委ねた老舗小売店の7割近くが消滅した


地域に出店した大型店の売場の一角には必ずナイキのコーナーが形成された


小売店はオリジナルのブランドを持たない限り競争は優位にはならない


ただ発想力として色んな情報を頭に入れているか、否かでは随分と戦い方は違ってくる


当店がなぜアンダーアーマーを今掲げたのか…


その判断の背景は結構慎重だし深い


藤間議長でした





この続編はスポーツデポオープン1ヵ月後に書き込みたいと思う



  

Posted by mtc at 14:56Comments(0)

2014年04月08日

三つどもえ

リンガーハット長崎チャンポン前に大阪王将ができて

都城ではありがちのスタート数ヶ月の大行列 (笑)


さすがに半年近く経つと、かなり賑わいも落ちつき、火曜日の餃子がお得な日だからと行列の影もなくなりました


自分はリンガーハットが好きなので基本的にずっと食べに行っていましたが、大阪王将ができた当初はホント天変地異があったかのような閑散とした状況で、個人的にリンガーハットには絶対に街中から無くなってほしくはなくて結構利用しました


最近大阪王将に飽きがきたのか、リンガーハットの賑わいも随分戻ってきました

大阪王将の固定客作りはまだまだこれからが本番で、飲食店競争を盛り上げていただきたいと思います


我々スポーツ小売り業界も県内初都城に遂に業界最王手のアルペンスポーツデポが出店となり、業界中堅大型店ヒマラヤ、地域小売店との三つどもえの競争がスタートします


市場は変わらないので、数年後競争の結果がどうなるのかわかりませんが、ヒマラヤ出店後都城から数店のスポーツ店が無くなった事は現実で結果はハッキリと表れる環境です


情報によるとスポーツデポは延岡への進出も決定しているらしく完全にターゲットをヒマラヤ出店地に絞っているようにも思えます


ヒマラヤはスポーツ問屋や卸売業とスクラムを組んだ商品展開


スポーツデポはメーカーとタイアップしたオリジナルアイテムで差別化を図る商品展開


色んな国内外のスポーツ大型店をみてきた自分としては正直ヒマラヤの品揃えで大きく当店の売上が減少した現実に、ずっとこだわってきた当店の商品構成が虚しく仕入れへのこだわりやパワーが奪われたあの競争の現実を忘れる事はこれから先も無いと思います


スポーツデポの商品構成に都城の市場はどのような反応をするのか、これは個人的に当店の方向性においても重要なキーワードです


藤間議長でした





三つどもえと言えば、


大阪王将、リンガーハットの争いに三つどもえで争う地元の老舗餃子のまるおかの戦略も要チェックだと思います


  

Posted by mtc at 15:10Comments(0)

2014年04月03日

増税にて

自分達のような業種は前回の増税の際もそうでしたが生活必需品を扱う業種でないので駆け込み需要には残念ながらあまりアヤカリもなく、


新燃噴火や口蹄疫の災害時も激減した売上に支払い経費の地獄を経験しました


以前開催した閉店セールも在庫を現金に変えなければ危機を乗り越えられないイベントでしたが、こんな大変な時代に様々な苦難を乗り越えなんとか継続できている当店の現状を振り返ると本当に正直ミラクルで信じられません…(笑)


資金繰りの為、金融機関に借入をせずに競争を生存してきた背景にはとにかく頭を切り換えていく数々の手段がありました


多分ほとんどの倒産の経緯となった老舗のスポーツ小売店はそのアイデアも根性も発想力がなかったのかもしれません


スポーツ業界は特殊でほとんどが問屋業を経由して品揃えを構え仕入れていますネットの強い小売業は問屋の在庫を活用してネット販売を精力的に活性化して今日があります


消費税の増税が決定しそうになったあの頃、当店は本当にお先真っ暗な現状でしたが、振り返ると増税をチャンスと考えられないか、と考える自分がいました


物凄い状況の背景の中、色々な活動のサポートをやってきた自分の精神力は自分で言うのもなんですが、中々他の方に真似できる事ではないと思っています


オーバルにおいても、様々な環境においても我を貫き揉めてしまう事は一番簡単な事ですが、自分は最近改めて多面的に対応できる才能があるのかもなぁ…と意識するようになりました


この自分で気づいた才能を残された人生に楽しむ為には、増税がスタートするこれからが本当に大事な勝負の数年間になります


当店がオーバルがここからの勝負の数年でどのように変貌していくのか?期待していただきたいと思います

色々な危機を乗り越えた奴は逆境になればなるほどに燃える変な奴なんです!!


藤間議長でした



  

Posted by mtc at 12:46Comments(0)