みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
mtc
mtc

2014年12月31日

大晦日

2014大晦日です、ちょっと長文になりますが、昨日、実はご来店いただいたお客様との間でこんな会話がありました


営業やってるじゃん!倒産したんじゃないんだ…

あの〜、倒産発表もしてないし、お店も計画的に縮小はしましたが、営業も日々ずっとやってます…(^^;

オタクで働いていた○○さんが辞めるってハガキが前に届いてオタク残念ながらすぐにつぶれるって思ってたんだけどなぁ…


お客さんのつながりって、全部が○○くんだったんじゃないの…、みんなつぶれたって言ってたから…


そりゃ、初耳ですけど…、迷惑な話だし、影響はそうかもしれませんが、あえてお客さんの判断にお任せして取り合いが起こるような値引き競争は自分から避けさせていただきました、確かにサッカー関係のお客様はほとんど離れましたけどね…(^^;(苦笑)


ただ以前の販売体制では現金決済の転換は厳しかったし、何よりお客様がお求めのMメーカーの仕入れをほぼゼロにした事も実は継続できた理由の1つだし、
あの時代、自分は毎月毎月手形支払いに追われて、ホント超大変だったんですよ(笑)




正直、今も商売は決して楽ではありませんが、手形が無いだけでも気持ちはかなり救われてますよ


テナント事業に切り換える判断にもなったし、自分は○○さんに特別な変な感情もないし、取引先を決定されるのはお客様なんで、あそこは大事な転換だったと思ってます




実はここ最近は結構引き合いもあるんですけど、自分がお断りもしてるんです


自分が販売したいメーカーでない限り、例え受けてもメリットがない考え方で、ここまで凌いできておりますから…


そのメーカーならヒマラヤやスポーツデポにも沢山商品あるでしょうに…


大型店は値引きしてくれないから嫌いなんだよ


えっ、それまさか顔パスの値引きですか?


オレは昔スタッフに、簡単に値引きするな、と注意してましたけど、顔パス値引きは中々改善出来なかったから何とも複雑ですね

その商品が無いなら、これ安くしてよ


結局それですか(笑)


全然いいですよ、今は割引販売当たり前のお店ですから(^.^)b


半額よりも安くして…


ハイハイ、わかりました♪

有難う、来年はもっとちょくちょく来るよ


お待ちしております




そんな、こんなで都城の割引大好きのツボに対応した当店は…

日々割引大好きな顧客を確実に増やし続けてます


割引販売できる商品をいかにして確保するのか、


ただそれだけの事ですが、それが商売のコツだし、仕入力を極めた能力だと思います


安売り販売は外商でも店売りでも誰でも出来る事、支払いの為の仕入ネットワークが経営の一番大事な事、雇われている側には絶対わからなくて当たり前の事だと根本的に思ってます♪


来客が減った分野の商品構成は申し訳ない部分もあるけど、大変な時にお買い求めいただいたファンの方に対応する品揃えしか考えてないからやれてもいます、 (^O^)


2015年初商は来年も2日から、11時より開店させていただきます


本年度はご愛顧のほど心から御礼申し上げますと共に来年度も宜しくお願い申し上げます


来年も半額販売のツボにはまるお客様が増えますように…


藤間議長でした




手形は不渡りでエンド


あの時代不渡り倒産がお店のスタッフ全体にも姉妹店にも家族にも兄弟にも迷惑をかけるし一番怖かった事

忘れる事は絶対無いと思います


  

Posted by mtc at 14:27Comments(0)

2014年12月30日

反省

こないだ最近藤間議長日記

オタク系の事とか


芸能系の事とか、いろんな情報とかほとんど無いから愚痴ブログみたいになってない


有難いご忠告をいただきました


今月は久しぶりに中野オタク仲間とも東京で再開してハッと我にも帰りました




どーも、永く田舎にいると環境にも馴染むし、刺激は足りないし、イライラの元凶の関係も無くなり、残念ながらブログ発信のきっかけとなったサンズも無くなった事、商売も厳しかった事で、自分の感性がフラフラしてたような気もします

ただこの大変な経験を沢山積み上げた40代、特に後半の6年間の凌ぎは絶対に自分のこれからの人生に中々お金を払っても体験する事の出来ない記憶を刻みつけました


失敗する過程とか、人間関係の壊れてゆく様、信用の基準、女性の本音、そして社会構造、業界の裏迄…


ありとあらゆる背景を実感したことで、自分が成長したとは思えてないですが、

これだけは言えます




二度と過ちは繰り返したくない


50代は守りに入るわけではなく、色んな事に挑戦はしますが、同じミスをしないように経験を活かさなければ意味がないと思ってます

藤間議長でした




そうそう、3年後アイツをギャフンと言わせてやるんです!(笑)



  

Posted by mtc at 12:43Comments(0)

2014年12月29日

末夢

初夢の前に、


現実的な長編ストーリーの夢をみた


結果的には自分が再婚する夢なのだが…


簡単にストーリーを言うと

どんどん景気が良くなって自分は商品の確保に仕入れにイベントに再度飛び回るようになっていて、さすがに人を雇わないと仕事がまわらなくなる…

そこで、仕事を頼んだ女性と、そういう事になって、結婚したいと思うのだけど

女性と知り合いのある人が色々と問題で


中々2人っきりで将来について語れない


その第三者の人のお金の問題まで絡んで、ヤクザ迄なぜか介入予備校時代に知り合ったヤクザのおっちゃんも登場


おっちゃんに助けられ商売は何とかつながるものの、スポーツ店は諦めなぜか、2人で飲食店をやってると

又来たヤクザ


何かその繰り返し (笑)


リアルだったのは…


ヤクザのおっちゃんと


相手の女性


何とあっちゃん






予備校時代の仲間達しか知らない福岡で初めて好きになった女性


前田敦子にヒカレタのは、多分彼女があっちゃんと呼ばれていたからだと思う


もう、パッと思い出す事も無理だし、はっきりとは顔も覚えちゃいない


多分博多でスレ違っても、すぐにはわからないかもしれない


あの頃、歳は17歳

高2からある女子高の女の子に心奪われ、付き合ったけど、すぐに別れて、傷心な高校時代


博多での出逢いは新鮮で、笑顔がスゴく可愛い明るい娘




今知り合いの明るい娘は、あの頃のあっちゃんを連想しているのかもしれないし性格的な相性も似ている気がする


だからどうなるというわけではないが、自分の中でずっと残っているある女性の思い出と対象が全く違ったこの夢


自分の中の本心は自分でもわからないのかもしれない

藤間議長でした




ただおっちゃんとの出会いのインパクトは一生消えない事は間違いないみたいだ


  

Posted by mtc at 17:55Comments(0)

2014年12月28日

続々と、( 復帰あるんじゃないの〜)

ヤンキースの黒田が提示されていた40億を断り広島に約10分の1の契約金で復帰を決めた


おそらくヤンキースは単年の契約しか提示しないし、出来高で40億の可能性もあるし、単身でのアメリカでの生活の事、将来広島での生活を考えたり、引退後の事を考えて日本復帰を決めたのか…、まだまだ現役の自分を誰かにみせたかったのか、理由は色々あるだろうが、結論を言えば、この先アメリカで挑戦する日本人は若い選手に行ってほしい期待がある


イチローはスゴいけど、決して若いバリバリの時代に挑戦がスタートしたわけではない、


熟年期となり万全を期して挑戦して残念ながら結果をだせず、通用しなかった選手達が続々と日本球界に復帰もしている


挑戦は可能性なので、ダメなら日本に帰ってくる事は全然問題では無いとオレは思う




ただ球界の親玉達は自分達の時代にそのようなチャンスもなかったので、ファンの気持ちを代弁するかのように日本に復帰して再入団する選手達にこれまで暖かい激励を解説で公に発言する事は少なかった気がする

果たして黒田の決断に関しては何と発言されるのか…

再入団は同じには違いない黒田が復帰して活躍出来なかった場合、再入団して優勝に貢献した松井稼頭央や西岡・福留はスゴい功績じゃないのか


ベテラン解説者には本音でイライラするので、年齢の基準に線引きができないのだろうか (笑)




藤間議長でした


広島はここ数年でスゴく興味深いチームに変わったし黒田が復帰となれば日南のキャンプの経済効果はスゴい


イチローの単年オリックスの復帰話もあるし、自主トレであれば、オリックスのキュンプに帯同する可能性も高い


もしそうなれば宮崎清武にキャンプが決まっているオリックスの経済効果もスゴい事になる


ソフトバンクにジャイアンツ


来年の宮崎は早々に賑やかになりそうだ


  

Posted by mtc at 10:28Comments(0)

2014年12月27日

決意

来年50を向かえる前に正月は15年ぶりに


初日の出を見る為、


中岳に登る事決めました


高千穂の峰はちょっと厳しいから断念します (^^;


15年前、15年後がこんな未来になるなんて想像もしてなかったけど、人生の様々運命の様々をめくるめくに感じた年月でした


ずっと前から2015は区切りの年、大事な年となるってどこかに強い想いがあって実際後数日で向かえようとしている今、なんか凄く不思議な高揚感があります


15年後元気に生きていて、又再び登れるように頑張る為にも山登りが出来る感謝を祈りながら登りたいと思います




15年前は女性3人と登って、1人の女性と結婚に至りました


今回は女性と一緒ではないですが、とりあえず初日の出を見た時、どの女性の顔が一番最初に浮かぶのか…ちょっと楽しみです (笑)

藤間議長でした




予報があまり良くないので天気がいい事を願うのみです


  

Posted by mtc at 15:17Comments(0)

2014年12月26日

比較しないで

当店には有難い事に


歴史もあるおかげで


沢山のお客様にご来店いただきますが…


残念ながら昔のイメージの売場の広さでもないし、


久しぶりにご来店いただくお客様の競技関連品の沢山の品揃えではないので…


入店して3分以内に退出される方もかなり多いです


大型店の品揃えが気にいらないのか、お求めの商品が大型店になかったのかはわかりませんが、自分がお声をかけても半分以上は、まず、はぁ…、とか、ほとんど会話にならずして帰られます


昔の当店はそれなりの面積があったとはいえ、大型店と比較すると、どう比べても10分の1


現在では30分の1以上かも…(笑)




何が言いたいのかと言えば

あの大型店の品揃えを知って当店と比較されても…


つーか


あの商品量で満足されないなんて、絶対回転率合わない業界なんだ、とガッカリもします


とにかく当店で大型店の品揃えの愚痴はやめて下さい

当店は回転率の合わない商売に、この先戻る事は絶対にありませんから〜 (笑)

大型店と比較した要望は勘弁して下さいまし!!




藤間議長でした




大型店競争は都城地区まだまだこれから本格的ですよ
  

Posted by mtc at 14:46Comments(0)

2014年12月24日

我慢の先

大人になるって事


人の上に立つって事


人と信用を築くって事


それは異性に対してもそう

我慢という事をないがしろにはできない


自分の器と格闘してきた20代


自信を持つ事ができた30代

様々な転換に本当の我慢という事を嫌というほどに教えられた40代


自分の人生があと約20年ほど残されているとしたら、どんな50代、60代になるのだろう




ちょっとした未来を考えた時、40代に経験した危ない橋に足を突っ込んだりしない限り50代で色んな事がとりあえず終わって、60代の前には新しい生活リズムがスタートしている可能性を我慢の先に信じていたい


30代40代と色んな事があったけど、何とか我慢を重ねて特別な贅沢もする事なく凌いでもうすぐ50の年を向かえる


独身になった事だけはかなり想定外だったけど、自分の選択肢以外の我慢が沢山あった事は事実なので、離婚という形はこれからの残された人生自分にはプラスになると思えているし、彼女も幸せになってほしい

今、もう知り合っているのかわからないが、自分は必ず再婚する女性と出逢うと不思議と確信していて、なんとなくだけどそれを意識する日が必ずやってくるように思う

結婚した経験から思うけど結婚したいと思う女性ってその瞬間から違うもの


自分の場合付きあう事の先では無いように感じる


だから今は付きあう女性は不要だと意識してるし、求めてないから変に誤解されたりもするかもしれない


自分は相手を確かに探してるし、求めてもいるけど…特に焦ってもいないし、そこんとこが微妙な感覚で家族や周りには理解してもらえないみたいだ(笑)

今はたわいのないメル友仲間が癒しだし、全然それでも精神が助けられてもきた

家庭を振り返れば、残念だが理想とはどんどんズレていたから、自分の気持ちや感情や感覚と向きあえて、自分達の将来の事を共に真剣に意見交換できる相手に自分は先々必ずヒカレル可能性は高い(^^;


そんな相手って相性なんだとも思うけど、過去を振り返ると、意外に相性で付きあってきてない自分がいたりもする

自分が惚れてきた基準は何だったんだろうと考えた時、自分の低俗な基準にちょっとここ数年正直なところ自分を責めた


そこに、我慢という気づいた大事な基準がある


オレはしばらく我慢しなきゃならない、それは償いでもあるんだろう


そう考え続けた40代でもあった


まだまだ、しばらく続く我慢と向き合い付き合っていきたいと思う


答えが待っている相手に気づく日がくるまで…


藤間議長でした




考えなければ答えが導かれる事は無い


それも我慢大会だと思う
  

Posted by mtc at 11:31Comments(0)

2014年12月23日

消滅

スポーツの小売店老舗は


ここ10年で全国的に半分以上が消滅…


九州では福岡でも佐賀でも長崎でも大分でも鹿児島でも歴史ある小売店が破産されたり、廃業されたり、色んな事があった


宮崎エリアは比較的大型店の出店が県庁所在地のみだったので、多角戦略で様々な小売店が凌いできたけど…


今回のスポーツデポの宮崎エリアの戦略はヒマラヤがスゴくCM戦略で対抗しているように、大型店競争は様々な分野に影響を出しそう

宮崎エリアで巨大な強さを誇るゼビオはすでに宮崎市内では外商も強化されてるので状況を静観しているが、都城・延岡エリアへの進出を近々計画しないとは限らない


これから宮崎県内はゼビオの動向次第にもよるが、大変な状況になりそうで、どうなるかわからないが、頑張って凌ぎたいと思う




業界もアシックスの一人勝ちの状況に、アンダーアーマーが追走する現状で老舗のミズノに対しアシックスは先日の展示会でライバルと考えているメーカーは国内メーカーではなく、ナイキ、アディダス等の外資系世界ブランドだと表現しているかのような内容やシステムに感じた


ミズノはここ10年で組織も契約手法も小売店への対応も社長が変わり随分と変化した


方向性は明らかに小売店の影響力に頼らず自分達で営業をして自社ブランドの強化を目指す戦略を断行していた


自分は自分の判断として、ミズノの販売に力をいれる状況の回避に動いたし、意識が残念ながら変わらなかった外商部に強行手段にも出た


結果的にその判断は自社の解体につながったが、その判断が現状の継続には確実につながってる


誰でも消滅はしたくはないが変わらなければならない時は変化に対応できる準備とか覚悟を常に意識しておく必要はあると思う


オーバルはスタート当初から理想的な背景やアピール体制が整っていたわけではない


販促費の計画はあったものの、結果的に広場を活用してイベントを開催したり、コンサートをしてもらったのは初めの数ヶ月のみ


開店に合わせて売上計画や営業準備に余裕がなかった店舗からの売上に直接結びつかない意見がそのきっかけになった


個人的には外をみる余裕もない体質に、これらの店舗は長い長い返済期間を耐えられるのか…かなり強く自分は不安になった


結果的には継続不可能となったのは自分の中では残念だったけど、比較的納得してもいる


消滅しなかった店舗もあるので、それはそれで、いい引き際だったのだと理解している





商売は大変だし難しいもの

コンサルタントの発想にしか耳をかさない、行政のお偉いさんがこの悪条件の基本設計を意識的に作りあげた


駐車場の考え方、自店の売場計画はスタート当初全く違う形だったけど、結構強引に変更を強要された


あの当時、このままの計画で進めたら自社売上、下手すれば半分激減もあり得るとオヤジに強く進言したが全体の事を考えろと完全に意見は黙殺された事は忘れられない


結果的に売上計画がズレていくと、責任は現実的に売上を減少させた自分に全てふりかかった


責任ある立場なので自分で何とかするしかなかったけど、あの当時信頼関係は完全に崩壊していた


資金的にも随分迷惑もかけたが、自分も資金は増やせず、自己出費の機会も自然に増えていった


当時の事はあまり正直振り返りたくはない


結婚を決めたのも、感情論の真っ只中でもあったので複雑な日々が続いた


5、6年は結婚した事で自分なりに将来理想的な家族の夢があったり、踏ん張らなければと自分が管理して貯金なんかも頑張った


あの日、あの時、残念な話は突然に聞かされた


6年後結果的に離婚という形になったものの、自分の中で振り返れば、あの理想的な家族の夢や想いが消滅した瞬間に全ての運命の歯車は狂っていたのかもしれない


なぜ、そんな感情になったのか、考えてもなかった気持ちを聞かされた側からすれば、全てが誰かからのの影響だと考えていく自分がいた


歪みには何かしらのきっかけは必ずにある


自分は幸せなんだと気持ちを強がっていた日々を今でも忘れられない


人生なんとかなるなんて、格言もあるが


人生そんなに簡単に何とかなんてならない


俺はそう思う


藤間議長でした




こんな田舎の街でありながら


3億の売上というサクセスを築いた天国の時代から、転げ落ちたオーバルの15年間、地獄と迄は言わないが感覚的には完全にリセット以下まで落とされたような現状だと思っている


リセット迄のゴールが目の前になり、ホント長い長い日々だったとついこれまでを振り返る事が増えた


消滅の不安を体験した自分が、来年から何を築いていくのか自分でも楽しいでもある


諦めてしまえば、なんとかもならない


何事も諦めてはいけないとは自分は強く思える♪
  

Posted by mtc at 15:53Comments(0)

2014年12月22日

オシエテ

毎年、年末この時期、20日すぎの支払いの時期が近づいてくると、

あの手形の地獄に眠れなかった日々を思い出します


薄利多売で業者への支払いに追われる運営側の想いはなかなか外商の立場や営業には伝わらない苦しい年月

いくら売上が激減しようがあの時代のストレスと比較すれば何でもありません


代表になったのも、こういう形になったのも、自分の覚悟だったので、聞こえてくる噂や色んな背景や経緯には特別な感情はありません

ただ、やられっぱなしじゃやっぱり悔しいので、したたかに反撃を考えている自分は確かにおります


やられっぱなしじゃ


つまらんでしょう〜(笑)


何か策があればオシエテ下さい…(笑)




来年は遂に50歳になるので

ずっと思考していた新しいチャレンジの楽しみな試みは2月の誕生日月にスタートしたいとは思ってますが

もう1つの、何か答えや方向性の出ないやりたい事がもう少しのところで引っかかっててはっきりしないのですが…


それがポンと閃く瞬間を待っているかのような2年間だったようにも感じてます

すぐそこまで出かかっているのは自分でもわかるんです


何か、ひょっとしたきっかけとかオシエテいただいたり、気付かされたりしたら等とも思い展示会に東京・福岡と動いたりもしました

なんかきっかけとしては、違うんでしょうね (^^;


藤間議長でした




もしかしたら、先ずは、やりたい試みからだという事なのかもですねぇ…
  

Posted by mtc at 16:27Comments(0)

2014年12月20日

ターゲット

いつの時代も


子供達の反響は変わりません

サンズの売店時代もそうでしたけど…


実は、サンズグッズの販売以外の売上にかなり救われた会場の売店営業


サンズ関連品の売上の利益のほとんどはサンズ運営会社の売上に渡さないといけなかったので、予算をいただけない背景がある理由からも理想的に作れなかったチームの販促商品


それが残念と言えば常に残念だったものの、自分にはガソリン代も交通費も会場設営ボランティアの前日からも何の資金ヘルプはなかったので、そのカバーは売店の自分企画の商品売上しかなかった現実


当店の売場スタッフは自分がサンズに関わって何をしてきてるのか、冷静に見てたので、毎週持ち出しの売上をレジ打ち報告の照らし合わせ


残ったのは、自己出費のみの3年間でしたけど、売店やって会場で子供達と対面するのは自分には子供が授からなかったんで、内心ホントそれなりに癒された日々でした




以前バスケ専門コーナーやサッカー専門コーナーを立ち上げた時、子供連れでご来店のお客様に、子供達が欲しくなる物が沢山ありすぎて目的外の買い物が増えるからお母さんやお父さんだけで目的の商品だけをお買い上げになる傾向がかなりあったものです (笑)


子供達の情報力ってスゴいんで、最近大型店に飽きてきたのか…、少しずつ集まり始めています


自分もそこの部分が獲得したいお客様層のメインターゲットではないので、ちょっと複雑なんですが…


藤間議長でした




小学生、中学生をいじるのは楽しいので、スポーツ店の特典でもありますね


  

Posted by mtc at 18:25Comments(0)

2014年12月20日

現実的背景

昨日あるサッカー関係者に

のぐっさん、マジちょっとバスケばっかじゃなくて、サッカーとかフットサルとか、頑張ってよ と言われ (^^;


これって自分の情熱だけでは結構厳しい業界のメーカーと卸売業、小売との販売条件の問題も現状ではかなりあるけど…

どうしても大型店が出店した地域に出店後何か大きな歪みがでるのはどの地域でも起こっている事


先ずはヒマラヤ出店時期を起点に起こった店売り激減現象、その後、外商分野が激減した状況に対し必死にここまで継続してきた側からすれば、今さらその投資が当店にメリットあるとはなかなか判断できません


サッカー、フットサル関係者には大変申し訳ありませんが、売場復活の為には、先ずはアンダーアーマーのチームを下さいと今はお願いしています






野球、バスケのコーナーが未だ維持できているのは、アンダーアーマーのチームではありませんが、当店の推奨するメーカーのお取引のチームがあるからです、

今、サッカー、フットサルの魅力的な売場を復活させようとすれば当店にできる手段はアンダーアーマーのチームの先ずは開拓です


その他のメーカーがダメだというわけではないですが当店にメリットがほとんど無いので、売場を魅力的にする為の仕入れ資金がほぼ回転しない事が理由です




利益率は商売の基本なので安売りデフレが蔓延していると感じる都城地区のサッカーの分野は一石が投じられない限り、スポーツ店のサッカー、フットサルの売場が増えたり魅力的な品揃えがある売場が提案される事は残念ながらあり得ないし、チャレンジャーが登場したとしても、あの野球専門店の継続が厳しかったように中々厳しい現実に直面する事でしょう


現状が当たり前に思われがちですが、都城地区のサッカー商売はかなり異質な地域だと業界では言われているのがスポーツ関係者の噂です


結果的に県でもここ最近はなかなか勝てないでしょう

基本あるメーカーの蔓延している地域は残念ながら、こんな傾向がとまらないんだそうです




藤間議長でした


内部改革を起こせそうな人物が先ずはふっと浮かばない


実はバスケットの分野にも個人的には感じる事なんですけどね…


  

Posted by mtc at 12:27Comments(0)

2014年12月19日

妖怪ウォッチ

どうでもいいこと


なんですが…


今年大人気の妖怪ウォッチ

あの踊り振り付けたのが、

コサキンと色々やってた


ラッキィ池田氏と知って


あのブームでどれだけ収入が変わるのか…


ちょっと気になる




妖怪踊りのDVDが売れてるのならばわかりやすい話だけど、もし売上がそれほどでもない場合


作者、キャラクター販売の版権業者、作詞作曲歌手等には確かにそれなりの報酬はわかる


火付け役となった振り付け氏にはどれだけの恩恵かあるのだろう


当たったらいくら貰えるなんて上限契約の背景なんてないだろうから、これを契機に仕事が増えるメリットぐらいしか無いのかも…


だとしたら芸能界ありありの光と影だねぇ





藤間議長でした




こないだの東京で久々に再会した、中野オタク仲間の1人は


妖怪ウォッチガチャガチャにもう何百万も使ってるって…


さすがだね〓


  

Posted by mtc at 11:03Comments(0)

2014年12月19日

再会

振り返れば、あれから20年も経ったんだ

27歳から宮崎のチームで、バスケを再開して35歳で結婚する迄のあの頃

バスケ終わって宮崎市内で週に数回は飯食って,あいつのスナックに会いに行って


車で寝たりもして都城に帰ってた



あの頃の思い出の日々を、友達から友達の投稿したふとした内容の変わらない名前に触れ、一瞬に時間が20年ワープした


毎週、毎週、色んなヤツと深夜まで遊んで、沢山の出会いがあって楽しかった


あの頃、青春と言えば青春時代してたよなぁ…(^O^)



悪気は無かったんだけど、ちょっとした事で自分から離れたから二度と会う事もつながる事はないと思うけど、元気そうで安心した

facebook、やってて良かったって今夜初めて思った

つながる事が狭い街だと考えるべきかもしれないけど…


縁があればきっと偶然でもこの先再会する事でしょう




藤間議長でした


あらためて思い出振り返ると


再会してみたい女性、


それなりにおるかもね


独身だからかえって再会しにくいけどね (笑)


  

Posted by mtc at 00:31Comments(0)

2014年12月18日

覚悟

来年から田舎でも色んな変化が起こらなければ、変わらないし、時代に遅れていくみたいな気がするのは自分だけだろうか…


田舎とはいえ、人口は20万近くいるわけで…


もったいない街だなぁ〜
とは…

都会から初めて都城にこられて泊まって会食をした方々にはよく言われてきた





都城はシビアな街、オープンの時あれだけ行列を作った店でも、NOと判断されるとお客さんはどんどん遠ざかる


旧大丸の解体が始まって、最近色んなとこで、野口さん中町もっと頑張ってなんてよく言われる


賑やかな街になる事に期待されている背景を聞くと、野口さん達のオーバルだけはずっと頑張ってきたじゃないですか…なんて言われ悪い気はしないが


都城は田舎だから車社会
だから駐車場の重要性をよく言われてきた







自分も田舎に対応してきたからオーバルスタート当初駐車場の設置方法に関して売上を守る為にも強い主張があった


オーバルの駐車場エリアの設計は根本的に大きな失敗で、オーバル各店舗は初年度から大きな売上損失を計上した


しかし、残念な結果となった大丸再開発・センターモールの事態とオーバルには計画の内容に大きな差があって、その内容はあと5年先にオーバルが大きな分岐点を向かえるまでは公言できませんが、残るには残る理由がある事が社会の現実

その立場でやってきたからこそに、サンズしかり、大丸しかり、なくなったスポーツ店しかり、飲食店しかり、継続できるもの、できないものにはスタートの失敗があったにせよ、転換を想定した準備がスタート前になされていたのか…が重要な鍵となるのだと思います




よく本田選手がちゃんとした準備が出来るのかが鍵なんて代表戦前に言ってたけど、商売もスポーツも恋愛も準備が大事、その準備の方法や過程がまた大事なんだと自分も思います


ただその準備には準備の段階である程度の覚悟も必要なので準備の質は覚悟で決まるのではないのか…とオレは常に意識してます


自分のお店が転換できたのは、まさに覚悟そのもの


今週展示会に久しぶりにお邪魔して、懐かしい方々に変わらんね、元気そうやない、なんてお声を沢山かけていただきました


色んな大変な事がとにかく沢山あったのに変わらないように見せる姿勢に覚悟を決めた差がでるのだと思います


結果論として文章にする事は簡単な事だけど、変わる為、生き残る為には強い信念は絶対に必要です


まだまだ道半ばではあるけど、当店に関してはその道はもうつながっているので、後はちゃんと整備して補強するだけの状況が現在地です


オーバルの各店に同じような景色が見えていれば、それが一番理想的ですが…


藤間議長でした


覚悟と準備


オレは先ずはやるならばやる


その覚悟が準備の前に一番大切な要素だと思います




  

Posted by mtc at 10:57Comments(0)

2014年12月15日

年内ラストコンペ

とにかく、都城盛り上がらなかった


宮崎商人には、ただの逆風となった、今回のとりあえず参加型選挙 (笑)


今日から年内売上のラストスパートといきたいところですが…


本日、2014ラストゴルフ


今年はゴルフ25回、月2ペースで昨年よりナント33回も減りました


しかし、ゴルフ復活してからの最高スコアも記録できたし、自分的にはみそぎの1年と位置付けた1年だっただけに大変意義深い年になったと思います


練習量も激減したので、バーディーの数も比例する事がよくわかるラウンドが多かったです


来年は回数を40回ぐらいに設定して、大会の参加を目指して頑張ってみたいと思います


課題はとにかくアプローチ試合で上位を目指す為にはアプローチのレベルアップなしには厳しい事を自分でも自覚しています


今日はそれを再確認できた年内ラストラウンドとなりました




藤間議長でした


明日からは商売のラストスパートです




  

Posted by mtc at 23:01Comments(0)

2014年12月14日

an election

投票率が低くなる事を狙ったとしか思えない今回の選挙


このような結果になる事、

野党の大物議員排除する為の奇襲選挙


この時期選挙をやれば沢山の厳しい商人が出る事も想定内


安定したサラリーが貰える保証のある方には関係ない選挙なのは当たり前


これからの日本でのどんどん変わりゆくサバイバルに生き抜く為には行政がこれからどんどん攻めてくる改革にどれだけ頭を切り換えていけるのか…


日本のこれからの4年


商売人は商売のやり方の転換もしっかりと準備して取り組んでいかなければ益々厳しくなると確信しました

嫌いではないけど、狸の側面を初めてみせた安倍総理

徹底的な改革がこれから始まり、日本の経済の梶は完全に現自民党の中枢に委ねられる時代となる


これまで安定だった組織もへたすれば色んな天下り的協会も大きく解体に進む事もある気がします




今回被害者になった小売り商売人、我慢できた者には数ヶ月先恩恵があるように願いたい


期待度ナンバーワンの小泉進次郎くん


彼ならきっとわかってる

更に格をあげた今回の選挙

身を切り復活できた方もいる


今回の選挙で沖縄以外…、

目のたんこぶはほとんど無くなった


移設が暗礁にのりあげた場合、安倍さんならもしかして沖縄に決別するかもしれない


宮崎手を挙げたら面白いのに…


都城ならあるよ、あの大失敗のままの西岳のあの場所

基地にちょうどいいんじゃないの〜

(笑)


藤間議長でした


消費税を先延ばした来年は日本国民全体にとって大事な1年になりそうです




  

Posted by mtc at 23:40Comments(0)

2014年12月14日

スポーツ業界の先

今週、久しぶりにスポーツメーカーの展示会に行きました


勢いと安定感のある直接の取引メーカーの戦略性をひしひしと感じさせていただきました


まだまだ仕入れを最先端で頑張っていたつい5.6年前の話


スポーツ大型店を支えていたのはメーカーではなく、これまでスクラムを組んできたスポーツ卸売業者だと気づいたあの時あの瞬間に自分の発想は大きく転換しました


卸売業者はライバルであり情報を与えてはならない、したたかに生き延びる考え方を持って取引に臨まなければ自分の足元を救われる

時代が仕方なくその方向性なのだし自分は気づけたので、特別に悪い感情があるわけではありませんが、後に気付いた小売店には嘘だろ…なんて感覚もあるかもしれません


自分は卸売業が大型店をサポートできない弱点を考え営業マンの短所を考えました


卸売業のシステムを研究して攻めにくい分野を一生懸命検討しました


あくまでも自分の推測ですが、スポーツ業界の場合、人気ブランドを持つメーカーや総合メーカーの強さは絶対的に変わりません


そのメーカーとの関係が直取引な状況にある事は基本的に有利でもあるでしょう

ただアシックスのような、現在経常利益を拡大しているメーカーは、無駄な部分をどんどん削減して、この時期だからこその改革を断行すると予測しています




当店がアシックスやミズノ等の総合企業をメインに取引する事はこの先無いと思いますが、どちらを販売するか選択するとすれば…

ミズノを選択します


なぜならばミズノは直取引

様々な面での融通の可能性があるからです


現在、メインの卸売業を絞りこみ厳しい時代を継続してきました


先々卸売業も小売業を本格的にスタートするのかもしれませんがメーカーが直営店の方向性を更に強く打ち出せば卸売業の小売参入による生き残りは厳しいと、自分は予想します


商売力とは営業力、営業力を失った営業マンが、もし卸売業のサバイバル時代に残った組織ならば先は見えている話かもです


例えば今自分が販売している商品は他の方ではそうそう簡単には売れません、売れない時期を知るからこそに売る為の背景が必要です

だから数字は莫大ではないですが、少数でやるならば安定性は強い分野だと思います





藤間議長でした




例えば、武道の中でも


剣道なんて、いかがでしょうか


大型店なかなかメインにはイタシマセン (笑)


  

Posted by mtc at 17:19Comments(0)

2014年12月13日

コツ

この椅子で、昨日から今日にかけ


2回ほど


男子高校生が一緒に写真撮影してる不思議な光景みましたよ


写真撮る家族連れもよくみますが…

イルミネーションを見にこられるカップルは当然おられ嬉しい事で、色んな場所で写真を撮られてます


どこで写真撮っていただいても自由なんですが…


今日、今月初めのオーバル会議で瞬殺されたイルミネーション時間の延長を30分延長してやるわ…と言われ…


有難いですけど(^^;30分って、何かせこっ

電気代かなり安いからLEDでイルミネーションやるって事が根本じゃないのかな????????????

何か意見すると先ずは大体いい顔されませんが、オレは自分の意見はブレません

でもなんで電気代には頑固に強くこだわる事務局が意見を変えたのかな…


不思議と言えば不思議っす

とても公開できない理由を会議でも言われましたから

世代が違うときっと色々とあるんでしょうね


オーバルの場合世代間ギャップまぁまぁ、存在するんで、引き下がるべきとこの駆け引きのツボを長年の経験で得たのが、オレの場合ストレス回避のコツでもあるかもですね(笑)


ダメならダメで、色んな側面から発想を変えるんです

藤間議長でした


何事でもコツの習得って大事なポイントです




  

Posted by mtc at 20:56Comments(0)

2014年12月08日

本末転倒

最近の納会の席にて


プロバスケの事、商売の外商の事、君が悪い側になってる噂を聞いてるよ、なんて話をよく聞かされます


世の中うまくすり抜ける人は、自分に都合がいい味方を捕まえる判断力もそれはそれでスゴいんです

自分が言える事はどう捉えられても判断はそれを聞いた人次第

オレはやるべき事を判断して1つ1つ真面目にやって、とるべき責任は取って今日まで大変な状況の仕事をつないできましたからぶれてないです


自分から買いたいってお客様、自分と楽しみたいって仲間、自分という人間を理解していただいている方が存在していただければオレはそれで満足です




ねっ、こうやって、今日もお土産当たるんです


自分を貫いてますから(笑)

それにしても本末転倒な噂なんですが…こんな考え方を自分は思ってきました


例えば、仕事でも人間関係でも、どちらかが不利になる事はよくあります


でももし不条理な想いを抱いて追い込まれた側には、強い反骨精神が刻まれます

昔スポーツの業界で言えば独立したスタッフにメーカーに協力しないような通達等があったそうです


最近は再スタートにそういう厳しい背景となる流れが少ない時代になったようで反骨精神でスタートしていない分継続性も微妙だと聞かされます


これあくまでも自分の考え方なのですが…、どちらかを選択するとすれば、厳しい道を選択した方が、先々の出口を自分の力で必死に探す努力をする事を考えた場合に絶対自分にとってはプラスになります


口ばっかしで、非難するのが好きな人も沢山みてきました


こればっかりはいちいち気にしていても、頑張る気力の邪魔になるだけ…


結果的に本末転倒なツケは怖いもんです




藤間議長でした


進む方向性が変わると、これまでの関わりも当然変わり、絡む機会も減るので、本人がそこにいない事で噂の方向性も勝手に1人歩きするって事なんでしょうね…(^^;


自分からもシャットアウトした方に寄る事は二度と無いと思っているので、特に気にする事は何もありません

(笑)


  

Posted by mtc at 10:51Comments(0)

2014年12月06日

プランニング

12月に突入、選挙もスタートし予想どうり売場は今週さすがに暇ですが…


大変有難い事で、10号線側と2階部分のテナントが早速決定に至り来年より契約へと成立しそうです




これが、オーバルの魅力なのか…、中心市街地への期待なのかわかりませんが、テナント事業はテナントスペースが埋まらなければ始まらない分野、大変有難い事です


残すは吹き抜け部分エリアのかなり広めのスペースのみ…


候補者は現時点でおられるので、ここが決定すれば、本業を縮小した計画が本格的な成果となって更に前進する事になります

雨漏りも改善できたので、何とか春までに、テナントを決定できる為にアピール頑張りたいと思います…




当店施設の場合、本業がベースにある事で、比較的賃貸価格をお手頃に設定できている背景も理由にあるのかもしれませんがこのままネット販売効率の売上の分野が大きくなれば活用時間を有効に考えるとこの先更にテナントの要望があった場合、売場は最終的な場所に考えていたスペースへと内装工事をして移設する事も起こります


売場がいくら小さくても、顧客は変化してもスポーツの事業は絶対継続できる事を目指してきたので、色んな感覚のジレンマのストレスはほぼ消滅しました


都城についにゼビオが… なんて噂もあり、都城地区は恐るべし大型店競争に突入し、大型店は既に外商販売も宮崎市内ではスタートしているので、部活系の外商競争の価格戦争も起こる可能性もあります


当店の延岡の支店が継続できているように、判断を誤るとスポーツ業界小売店は簡単に見殺しなんです…


メーカーは絶対に助けてはくれないので、他のエリアでの恨み節をちゃんと聞いてきたからこそに都城は生存しているんだと思います

したたかな考え方って


結構それなりに重要な部分なんだと自分は考えます




藤間議長でした


とりあえず5年先ぐらいはみとかないとね…
(笑)


  

Posted by mtc at 11:18Comments(0)