みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
mtc
mtc

2015年07月25日

代償

松山英樹が福島で開催されている日本ツアー、スリクソンオープンに出場している

松山英樹が今年日本の大会に出場するのは今週の福島での大会と多分宮崎のダンロップフェニックスだけ


2つの大会とも契約するスリクソンのダンロップが後援する大会なので主催者推薦での出場みたいだけど、彼の行動には信念を感じる
現在の世界ランキングレベルの世界トッププロが今回の福島の優勝賞金1000万の大会に出る事も異例なので東日本の大会に出場する事は恩返しの意味もあるのでは…と言われている


優勝した場合でも、しない場合でも多分賞金の全額を寄付するんだとも思う


大会後、日本で休養を取って8月13日からの今年最後のメジャー、全米プロゴルフに挑戦して、シーズンの後半戦へと向かう


全米プロゴルフ選手権の成績によってはランキングベスト10入りも見えてくるので本当に日本人がそのポジションにランキングされる時代がくるなんて個人的に信じられない


ただ残念な事は日本人選手全体のレベルに飛躍がみられている背景ではないのでテニス界同様に日本のスポーツ業界の課題はとにかく沢山ある


メディアや広告業界への経済効果は物凄くても、正直スポーツ業界への効果は小売業に至ってはほとんど無いと答える経営者が多いとも思う


松山英樹はスリクソンとの契約を継続してはいるが、来年以降は当然わからない

世界ランキングに位置しているトッププロの契約にスリクソンダンロップのみならず、ブリジストン、ミズノの名前も挙がらない


アシックスのゴルフスパイクは今後益々契約プロの要望が増えそうな予感もするけど、信念を感じないその他の国内ゴルフブランドはシェアが益々厳しくなる予感がする


バブルの時代に会員制ゴルフ場増え、バブル崩壊後市場が暴落した日本のゴルフビジネスはとりあえず会員権制度は残ってはいるが、今後株と同様な会員権投資の時代が再来するような感覚はない


宮崎のフェニックスCCも先頃他界された佐藤さんが全身全霊を傾けた宮崎の宝でもあったが,経営権売却後はコースのフェアウェイの緑のジュウタンは影を薄め会員権価格も安くなり、ただ戦略性だけの信念を感じないゴルフ場へと変わった

現在宮崎のゴルフ場の会員権価格が一番高くメンバーシップの意識が高いゴルフ場はゴルファーの中では、UMKカントリークラブだと言われている


当店もゴルフビジネスは、とりあえず年輪は重ねているのが、昨今のゴルフ販売の場合、大型店やゴルフ専門店、通販とのパイプを強化するメーカーや卸の方針は変わらず、適当に自らが赤字をかぶらない程度にお付き合いを続けている


ここ数年間の様々な負の連鎖的な背景の代償は国内のスポーツ界の場合、影響は小さいとは言えず、多くの仲間を失い、大型スポーツチェーン店と通販のお店に外商・学納主体のお店が生存する形へと移行した


九州の沢山あった老舗の中で、転換手段を決断して、現在も形を残した小売店は当店含めて約3分のいち…

都城の当店の売場は形を残した1つにならないかもしれないけど、強い信念によって、今のやり方ならこの先も競争に巻き込まれる事なく、かなり高い確率で生存していく事が可能な転換を達成している


いわゆる、卸売業に、どうしても頼らないでも継続が可能な形態に切り換えた全国でも例の少ない転換店だという事は間違いない


現在一番メリットがあると判断した卸売業とだけ契約を継続させていただいているけど、このやり方にもう少し早く気づく為にいかに外商のやり方が無駄だったのか…と、後悔と悔しさは自分の中で消える事は無いんだとも思う


ホント外商が為に出納の管理や経理、手形が発生した現実でもあって、同様にお取引の指導者等に値引き体質も蔓延する結果となった仕入れ努力を無駄にする傾向に歯がゆい想いの日々でもあった


現在のお客様は自分の作りあげたノグスポの品揃えの世界を共有していただけるお客様


営業時間がまばらな現実でも、売上は安定している


信念の成果を確実に実感する結果となるように、ここからの転換が最大の山場ともなる


藤間議長でした




強い信念で取り組む事は簡単な事ではない !
  

Posted by mtc at 13:06Comments(0)

2015年07月23日

迷惑

こういう人がトップにいると問題だし、様々な転換な時代に変化のない発想力


本当にこのままの組織に任せておいて大丈夫なのか…と心配に思う


こんだけかかるではなく、これだけかからないように努力に努力をしようという意識、税金の負担は国民だという根本の意識の本質の欠如にトップである資格は既に無い


東京都の桝添知事は新国立建設問題に至る以前にその他様々な競技場の予算を見直し、現時点で計画から随分の予算削減を実現しているとテレビでも説明された

何もやっちゃいないのに、新国立建設予算の比較にボート競技場を引き合いに出されたり、多分、自分には関係ないし、迷惑だと思っているだけで予算削減等にはそんな興味もないと思う

この方総理経験者だけど、年功序列的な就任だし、問題発言の山で失脚、自民党が支持率を落とす引き金にもなっているお1人でもある


政治や選挙には興味ないけど政治家には知り合いも多いので、彼等が所属する自民党が嫌いではないけど、はっきりと自民党支持だと発言しないのは、この方々のような既に意味を持たない税金泥棒だと個人的に思う政治家さんがまだまだ自民党には所属しているからでもある


この方を不支持の国民は結構多いと思うから、今回の発言が引き金となって、様々なトップから退任して、政治家からも引退すればいいのに…


ただこんだけしぶとい方は何が降りかかっても権力で握り潰すんだろうね


藤間議長でした




ドラマによくある影のドンのような臭いがプンプンする
(笑)
  

Posted by mtc at 14:10Comments(0)

2015年07月21日

find

ゴルフは何が面白いと聞かれたら、先ず第一に脳と神経を動かすと俺は答える


ゴルフはミスを減らすスポーツ、戦略や分析には性格も出るし、どこでチャンスを待ってチャンスを掴むのか…ビジネスにも似てるかもしれない


クラブに追及してこだわるのもスコアアップの手段


一生懸命練習して満足する球を打つ為の努力も手段


色んな手段や方向性でゴルフは上手くなる変わったスポーツなので指導も様々に上級者によって変化するのが当たり前


理由は止まっているボールに対してコースでは様々な条件が変わる事で、とにかくパターンという分類が難しい


ラウンドスコアが81以下でラウンドできるとコースメンバーであればハンディキャップが認可されシングルとなるが、現代は会員権を持たない隠れシングルプレイヤーが沢山いる時代


自分もシングルプレイヤーのスコアでラウンドするから隠れシングルでもあると思う


20代の頃シングルプレイヤースコアでラウンドしていたので、復活シングルでもあるけど、若い頃と比較するとゴルフに対する考え方は随分と異なる


様々な年代が同じ土俵で競争できるゴルフの真髄は本当に深いからこそに面白い

例えば自分は本気でスコアメイクを意識した場合、今回全英オープンで優勝したザックジョンソンのような低い球から高い球まで打ち分けるゴルファーが目標でもある


状況に応じ、最良のコースに対して対応できるボールを打ちたいと常に思って変化球を打ち分ける練習もやっている


そんな隠れシングルプレイヤーの自分が昨晩ふと…


ある事に気づいた


そっか、ゴルフはそんなふうに変化球な考え方をしてるのに、ビジネスに関してはかなり真面目すぎて頭が固かったのかもしれない


新しい道、気づいちゃったのかもしれない




藤間議長でした


(笑)
  

Posted by mtc at 13:03Comments(0)

2015年07月20日

キャディー

全英オープンを昨晩みていて、解説者も言ってたけど疑問な選択が一ヶ所あった松山英樹の14番ロング、ティーショットドライバーでフェアウェイをキープしてセカンドのレイアップがラフに結果的に入った場面、結果的にレイアップのセカンドショットがミスとなり初のボギーを叩いた事が最終的にスコアメイクに響いてしまった…、(^-^;プレイヤーの選択なので、しょうがないのかもしれないけど、そのミスを最低限にサポートするのはキャディーの責任でもある、自分は全米も全英も進藤キャディーのポイントでの選択にちょっと疑問を感じていて、ラウンドでの大切なポイントに最高のサポートができなければ、ラウンド中他のキャディーと笑ってる場合ではなくトップキャディーの仲間入りは厳しいように思う、


プレイヤーは途中でスコアボードをみて当然先をみて打数差を目指す目標を立てる


キャディーはテレビを通じてみてる感覚同様にその日の選手の感覚を当然に読みとり的確なアドバイスをしなければ役割の意味がビミョーとなる


松山英樹の性格はわからないけど、メジャーで勝つにはジョーダンスピースの名キャディー、マイケルグレラーのような優れたアドバイザーが必要なように思う

世界ベスト10内にランキングされ、メジャーに勝つ可能性がこの先に拡がる為には厳しい選択も必要なのかもしれない


ちなみに今回注目をあびる事になったアマチュアゴルファー、ポールダンのキャディーは在籍したアラバマ大学のゴルフコーチ、アラン・マレー


この方アラバマ大学をNCAAトーナメントに導いた実績がありゴルフウィークの年間最優秀監督に輝いた方


つまりそれだけスゴい監督がキャディーにつくぐらいポールダンの実力はアマチュアの時点で評価が格段だという事


日本人の経験値なんて世界と比較すれば、今回の日本ツアーメンバーの結果をみればまだまだ一目瞭然な現実


正直、これまで沢山の日本人プロ選手のキャディーを務めてきた経験値だけでは越えられない壁がどうしてもある


最終日に成果が達成できなかった場合、キャディーに関する意見が様々な関係者から噴出するような気がしてならないです


一度日本人から離れて経験値を高める必要性も世界的なキャディーになる為には必要なのかもしれません

あくまでも個人的意見なので、悪しからず




藤間議長でした


  

Posted by mtc at 16:24Comments(0)

2015年07月20日

シャドウ

組織とかチームの中には、自分がリーダーとかキャプテン的なポジションに位置する事なく、強い意見を放つ影のリーダー的シャドウが存在を誇示する場合がある


こういうタイプの人間は良い方向性をアドバイスしたり、間違えないようにナビゲイトしてくれる存在ならばリーダーにとって有難いが、意見でかき回す存在の場合は様々をややこしくさせる存在となる


自分もこれまでの組織やチームの中で、今、俺、シャドウになろうとしてる瞬間に気づいたりもして、気づいた場合は一瞬で控える意識を持ってきた


意見が強ければ知らず知らずの内に組織的にはクライマーになってしまうという事だ


シャドウの存在が最悪の場合はリーダーのプランニングを大きく変更される事態になるので厄介な存在にもなる


つい最近ある事で、シャドウの意見によってプランニングが狂わされた事があった


自分はこれまでの経緯からシャドウの意見を尊重する選択をしたけれど、やはり結果が好転する事はなかった


このシャドウとはこの先に関わる事はないので、そういう感覚でいたけれど自意識が無い事で、プライドだけは大きい性格の場合、揉めるとややこしい存在だと思ってきた


多数のリーダーを務める場合はそんな1人1人の性格分析は必須で、バランスをキープする事で全体の方向性を良い方向へと導かなければならない役割が成果を大きく分ける


意見を放つという事はシャドウにとってリーダーの決めている方向性が気にいらないという事でもあるので根本的に意見が過剰な場合は長期的な関わりは中断する事が賢明なのではないのだろうか


専門家が、リーダーシップのやり方とか、アドバイス講習を講演されたりしてて参加した事もあるけど、実際に長く経験してきて、シャドウの存在の影響力をどのように制御して味方にして対応するのか…、


なかなか専門家にも見えないポイントだと俺は思う


シャドウは突然存在感を打ち出してくるんでノーマークの場合も多くて侮れない

自分がながくリーダーシップが継続できている場合はシャドウをうまくコントロールできている場合だとも言えるかもしれない


藤間議長でした




政治やヤバい世界等の影のボス的なイメージとはちょっと違う… (^-^;
  

Posted by mtc at 12:58Comments(0)

2015年07月16日

仮想やゲーム、映画の世界ではよく世界最終戦争が起こったりして、地上に人類は住めなくなるなんて想定のストーリーが当たり前にあったりしてもその公開される娯楽を問題視される話は日本では聞こえてこない

自分があまりゲームやその手の映画や漫画をみないからかもしれないけれど、過激すぎる描写は日本の社会の中にはかなり制御なく増えているように思う


いじめも安保の問題も国立競技場の問題も含め大事な議題だけど、年金問題、景気回復への課題、国会議員の定数問題、拉致問題等々、ずっと前から解決されてない問題が政治家さんの意見が多すぎて解決しない事ばっかりのように見えてならない


安保の問題なんてつい最近にでてきた議題で、自分達の理想にそって進めようと思えば進展していく現実をみてると、その他の議題に対してどこまで危機感がないのだろうとやっぱり疑問だ

もし今回の制定の裏にどうしても緊急に配備しておかなければならない世界的実情の問題が急務ならば、オリンピックだ、ワールドカップラグビーどころの問題ではない


なぜ、今さらそこまで最近の日米対談後に進む事になったのか


そこの本音の疑惑が解決されない限り、危機感の叫びは消滅しないような気がする


昨日、観測衛星がはるか彼方の宇宙空間の中から送ってきた太陽系の果て、冥王星の映像ニュースがあっという間の取り扱いで、世界的にロボット工学技術やミクロの技術等々、世界が憧れる程に優れている事が沢山ある日本の未来が国民にどこまで認知されているのか…不思議にも感じた


ロボットが作れるのならば自分達の子供の頃の人造人間なんて発想を本気で考えている科学者がいるかもしれないし、タイムマシーンを作ろうと研究を続けている科学者だって存在するかもしれない日本の科学技術の将来


もう少し様々に質をあげていこうよ…


なんて思っちゃいます
(;¬_¬)


藤間議長でした


  

Posted by mtc at 17:17Comments(0)

2015年07月13日

希望と願い

いじめとか○○ハラスメントとか学校のみならず、社会にだって常に存在している現代病の環境社会


その場所や環境を継続する事で、そんな行為を受けたり、精神的苦痛があるなら場所を変えればとりあえず回避はあるのかもしれない

事件性は違うけどストーカー被害の場合は逃げても逃げても追ってくるらしい


警察の知り合いと話すと、対応・対面問題はこじれた場合は確率的に死という結末にたどり着いてしまうと聞いた


感情や精神力を制御する事はスポーツの世界でも難しい事


もし自分が関わっている事で、いじめとか○○ハラスメントに近い現実を目撃した場合自分にどのような感情が生まれる事だろう


オーバルの運営のスタートから5年を経過した頃に、とにかく内情に様々があって○○ハラスメントに近い孤独に近い環境の状態を責任者・代表でありながら、しばらくの期間経験した


正直現実を嫁さんに相談もできないで、もし死んだら楽になるかなぁ…なんて、よぎった日もよくあった


そんな寂しい環境の時代にプロバスケとノルディックの話をいただき自分の消えかかっていた闘志に実は時間もかかったが火がついた

色々あったけど、プロバスケ活動のきっかけをくれたk氏を自分は心の底から憎めない


大変な被害も残念な結果もここ数年間とにかく沢山あったけど、自分はとにかく今新しい目標に向かって前を向けている


65歳の自分の理想像は高い高い難しい壁の目標だけど

たった1つしか無い大切な命だと考える自分がいる


命の尊さは自分で気づくか気づかせてもらうのか…


2つに1つしかない


命に関してだけは、もし自分の周りに同様の事があれば気づかせてあげたいと、心から思う


そんな環境が近くになくて命を失ってしまうツナガリに関する厳しい現実が蔓延している現代社会が残念だし、寂しくてならない

生きたい目標や希望さえあれば、人は健康である限り簡単には死ねないと思う


今、85歳迄は絶対に死にたくない


藤間議長でした




そんな希望と願いをもって一生懸命頑張れている (^O^)
  

Posted by mtc at 16:26Comments(0)

2015年07月08日

御影

スポーツ業界、みかけが派手でブームとかあったり、楽しい商売にみえるからか…


結構趣味と実益で楽にやってるし、やってきたと思われがちな点が多々ある


実際にやってみないとわからない部分でもあるけど、スポーツ用品の仕入れって安くても55掛か60掛、競技専門等々多くの特殊なメーカーは65掛〜70掛


そうすると、外商等で値引きを嘆願され、仕入れの支払い責任の無い担当者や運営意識の薄い販売員が簡単に値引きを受けいれ安売りで通常掛け率の仕入れ品を販売したとしたら経営は黒字倒産に向かってひたすらに進む


九州のみならず、多くの老舗スポーツ店が外資系スポーツブランドのブームにのって多角経営や出店=スタッフ拡大の道を選んだ


当店も延岡地区への出店を決めスタッフを増やして売上を3店舗で10億近くまで積み上げていた


社長の方針は出店するならば土地を購入して店を建てやる以上真剣にその場所に骨を埋める覚悟で事業をやる事でもあった


よって宮崎のお店は宮崎店の返済の為に利益を積み立てていた資金を延岡出店資金に活用したと聞いている

当時自分はその判断に疑問で、同じ出店をするならば宮崎よりも人口のある市場で延岡のお店は小規模でも十分に売上の確保は可能だと意見していた


宮崎のお店が宮崎安定の路線を決定した事で、福岡への挑戦路線に燃えていた自分は都城のお店を退職して福岡に店を出す事を強く決意していた頃に話が持ち上がった都城市の区画整理と共同事業案


あそこは本当に人生の分岐点だったと思う


どっちに転んだのかは、わからないけど、外資系スポーツブランドのブームが終わり、市場は外商分野の安売り競争となり、銀行の貸し渋りは業界を一気に負債業界へと追い込んだ


老舗仲間だった当時の経営者の方々が今何をされているのか知らないが、当店は荒波の中を何とか老舗として残った


いくら理想はあっても地味に地道に確実に転換の改革をやってきたからこそに今がある


これまでのお取引先をどう取り戻せるのかはわからないけど、親身に今やれる事を継続していく事で必ずや数年後新しい入り口が開くと自分は思っている


とにかく現在の現実は現在の身の丈に合わない事は我慢する


これにツキル (笑)


藤間議長でした




それは恋愛だって同じ事


今は、そんな状況などではないという事にツキル
  

Posted by mtc at 15:18Comments(0)

2015年07月03日

ミスジャッジ

春の仕入れ・部活のシーズンスタートの納品で支払いの決済に手形決済を活用していた頃


自分の仕事にお店の接客時間は1日にほとんどなくて、メーカーや業者の対応にスタッフミーティングと商品管理に経理的作業、支払い業務、発注業務管理に追われていた


あの頃自分が手形決済していたので、月末にいくらお金が必要なのか管理していて6月、7月の月末は本当に怖くて酒を飲まないと寝れなかった


店売りだけなら社長になるけど、外商を含めてならば社長にならないとオヤジに嘆願していた意見も外商分野含めてでなければ発起人保証人にはならないと言われ仕方なく外商分野を受け入れて代表になった


自分の判断・決断のミスは結果的に振り返ればそこ


あの時店売りだけを独立採算で外商と分離していれば現在の自分の負債になっている借入金は発生しなかった事だろう


まぁ、外商担当者に甘かったオヤジが現実を知って、本体が倒産していた可能性もあるけど…(^-^;


ゴルフの分野もそうだけどオヤジは部下に恵まれなかったイメージが自分にはあってイエスマンだらけな環境が居心地が良かったのかもしれないけれど、ちょっと可哀想だなぁ、と思っていた


自分と弟が地元に残って結果的に家業を継続させてるから本人は結果的に満足なんだろうけど、当時のスタッフがオヤジに会いにわざわざ顔を出す事が全然ない背景には複雑も複雑な現実がある


自分の手法が自らが裏方の意識で、スタッフを主人公に考えた経営を考えた事で、退職後も売場に遊びにきてくれたり、手紙をくれるスタッフがいてくれる事に心が癒されたりもする


沢山の人に働いてもらってきたけど、雇用する側からすれば、それはそれで思い出以上に大変だったヤリクリを忘れる事はない


自分が経理上計上されている給与を所得しないで、支払いや社員の給与に補てんしていた長い間、結婚生活費に嫁さんに渡していたお金は毎月貯金の切り崩しで苦労かけたくないと自分の責任を追い込んでいた分、あの出来事の反動の感情には相当の憤慨があった


あれからもう3年、昨夜実はたった一度だけこの娘とならもし恋が芽生えたら、浮気してしまうかもと思った女性と再会した


彼女の前ではカラオケもふざけて歌っていて真面目な部分をみせるのが恐かったピュアなバカ


彼女はまだ独身で全然変わってなかったけど、オレは明らかに好みが反転したのか、あの頃の感覚は全くなかった


元嫁さんの顔にも何の感情もないので気持ちって面白いもんだ


今定期的に検査している血液検査の結果は時代の背景を見事に反映していて、様々な事が起こる7年前、自分はとにかく宮崎にも週1は行ってたりしてバスケットを純粋に頑張っていた


タバコをやめる決断をして丁度2年目の数値


まだまだなんの異常も認められない純粋な数値


自分の体調は奇跡的な努力でその頃の数値に近づいている


多分9月の健康診断には驚異的回復の数値を叩き出す事だろう


あのミスから始まった暗黒の7年は終止符を今年遂げようとしている


1つの判断ミスは本当に怖い


藤間議長でした




たった1つのミスもコワイので発注1つにしても慎重に慎重になった今


様々な視点からも検討した上で物事を進めるように変わった


異性に関しても当たり前の事


とにかく冷静に臨みたいものだ (笑)
  

Posted by mtc at 12:35Comments(0)

2015年07月01日

ジジィ

何に不満があろうが、走行中の新幹線で焼身自殺なんて、ある意味他人を巻き込む殺人犯だよね!勝手すぎるバカタンじじい


都城の夜の酒場でも頭抱える事があるとすれば身勝手なジジイな客の態度だったりもする


弱者には優しい自分が牙を向く場合これまで大体ジジィでもある


乱暴な口調とか上から目線の言い回しとか、田舎のお山の大将のようなジジィ


気にいらない瞬間からできたら無視もするが、大体しつこいジジィが多いんで、カラオケ勝負とか後日ゴルフ勝負とかで手加減なし、二度と関わってこないぐらいに徹底的にやっつける!(笑)


これからの日本、周りのジジィへの優しさが命取りにもなるやもしれない寂しい社会が待っている予感がふとした


今回の焼身自殺のジジィに子供や家族がいたとすればその影響は多大な事、その原因が家族構成にあったとすれば家系に対し社会からの敵だとマスコミや記者が追い続ける


平和な日常が一変するかもしれないような事件となる

数年前宮崎シャイニングサンズの運営活動の際に、金銭トラブルや負債・資金の件で様々なトラブルが沢山あった頃、とにかく誰かが死を責任に変えるような事があっては絶対にならない想いで取りくんだ


あれ以来挨拶にもこないあの代表の事なんで、まだまだご迷惑をかけ続けている方も沢山おられるのだろうけど、とにかく生きていつかご迷惑をかけた方々に正式なお詫びをしてほしいとは心から願いたい


情けないジジィ化したとしたら、俺が死ぬ前に半殺しにでもしてやりたい (笑)

まぁ、そこまでの怨みはないが、とにかく関係者が誰も死なないで良かったとは心の底から思っている


これからの日本、年金はどんどん減って安定した収入も当然仕事も格差だけが広がり最悪な社会となる可能性は高い


もし自分が85歳ぐらいまで生きていたいと考えた場合自分ぐらいの歳であとどれくらいのお金がないと目標まで生活できないのか…、考えていない奴がいるとしたら考えておくべきだと思う


自分は今独身となったので、そんな理想的な将来設計も含めてやっぱり冷静に色々考えている


女性に何を望むのか…


結婚の経験があるだけに、そこんとこが一番のポイントでもある


とにかく寂しいジジィにはなりたくないものだ


藤間議長でした




まぁ、ジジィよりババァの方が元気でとにかく様々に逞しい事は間違いないとは思う… (笑)
  

Posted by mtc at 15:27Comments(0)