みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
mtc
mtc

2015年08月31日

Bemolo(ビモロ)

今回の世界陸上もそうだけど、スポーツの過程で結果がでたりすると、テレビに新聞にマスコミはこぞって取り上げ、異様な迄に国民は結果に期待をする






国民性なのだろうが、人気の高いスポーツや選手として知名度の高い位置に位置付けられる為の過程としては必要な過程なのでしょうが…、


テレビでは分析基準にならないのが当たり前だけど、テレビ番組の中でもCS放送ぐらいのレベルで、トップアスリートが使用しているグッズやギアの分析や効果を論ずる番組なんてあればライバル同士のスポーツメーカー企画担当者が意見をぶつけあったりして面白そうだ、


個人的に大型店優勢の時代のままではスポーツ部活部分の底辺の強化は絶対に進まないし、本当に良い商品が市場に伝達されないと思っているので、新しくスポーツ小売店を始めてみたい方々が増えていただく背景のような起爆剤がほしいと心から思う


自分の理想的だと考えている新規小売像は卸売業の営業を経験値にした方への独立支援体制とか小売店FC事業とかメーカーの支援背景による小売店研修過程とか、とにかく流通に何らかのメスが入らない限りスポーツの販売分野はスポーツ大型店か外商の店に、通販、メーカーの直営店のみの形態変化に歯止めはない


間違いなくスポーツの分野は各学校の予算は削られ、学生は強豪チームに片寄る傾向は変わらず、売上は伸びず、ただブームにブランド人気だけが流されてきた環境からの変化はないままの寂しい業界だ



今でも20年ほど以前によく売れていたような上下で約15000円を越えるような個性的でカッコ良かったジャージを求め来店される方々も当店には多いけど、あの時代の良さを振り返ると、やっぱり心地がいい


あの時代を知らない大型店で安い賃金で働く若者スタッフを見ていると最近は可哀想にもなる


スポーツ業界、どうにかならないもんだろうか… (^^;


なんて考えていたら…


とんでもない新しい流れが始まろうとしていた




今年のイチローの契約メーカーが変わっている事をご存知の方は少ないと思うがある地方のスポーツトレーニング器具販売からスタートしたメーカーの商品を使っている


その名はBemolo(ビモロ)




元々イチローは初動負担理論に興味があり、その為の柔らかい理想的な筋肉にこだわりこのメーカーのトレーニングマシーンを愛用してました


世界のアスリートの多くに現在そのトレーニング理論を活用している選手達が存在する背景はイチローの影響を受けていると考えてもいい


まだまだ販売は直販体制のみで市場に商品が並んでいないので10年前のアンダーアーマーど同じような状況だけど、アンダーアーマーがテーピング1本でここまで成長していったようにスポーツ業界は常に新しいブランドや新しい流れの登場を待っている環境なだけに業界変革の波の1つとなるかもしれない


野球の世界では既に知ってる人は昨年から注目しているBemolo(ビモロ)の今後の拡大を確信してる業界関係者は絶対自分だけではない

藤間議長でした






Bemolo(ビモロ)が野球の次の戦略として提案しているアイテムがランニング、トレーニングの分野で、今後はアンダーアーマー同様にアパレルも気をつけてチェックしておきたい


  

Posted by mtc at 18:36Comments(0)

2015年08月31日

夏の終わりに

8月末、株価も変動も世界経済の影響等々まだまだ厳しい景気に事業者には負担のかかる運営費・人件費の支払いが迫る月末


あの頃考えると思い出すだけでゾッとする


今月はお盆ぐらいから売上が厳しくなる可能性を強く感じていたから、外食も遊びも当然ゴルフも控えていた


宮崎は7月末迄の倒産、破産件数は少ないようだったけれど、今の現状を考えると8月、9月と危険な業者もおられそうだ…


今月は台風もやってきて、対する備えに追われ、大変な夏の終わりともなった




店内売場の雨漏りはもうほとんど無いけど、裏側はまだまだ雨の量によってはひどいので毎回それなりの覚悟で臨まなければならない(笑)


実情は大変な環境の背景の中でも、昨年とは異なり、指導の合宿もちゃんと3日間帯同できたし、1年生大会の目標もクリアできたし色々工面して8月も何とか乗りきる事ができた




昨日は中学卒業後に初めて再開した中学時代のバスケ部キャプテン、高校時代には会ってないから35年ぶりなんだけど部活を共にした同級生って何の違和感も無いから不思議なもんだ…


1年生大会帯同終了後店内に来てもらって店内に野口カフェコーナーを作って座談会 (笑)


昨日改めて、そんなコーナーを作っておくのもいいかなぁ…なんて新しい発想も浮かんだ




売場はそれなりに広いのにそんなコーナーに活用使用なんて考えてもいなかったから瞬間の展開に驚いた


どんだけ発想に余裕の無い歳になってしまったんだろうと深く反省した夏の終わりとなった




藤間議長でした




大変は大変なんだけど何とか生き延びてきたんで、車の支払いが終わるまであと数年、そこから先は必ず蓄えが可能だと信じて頑張りたい


  

Posted by mtc at 13:03Comments(0)

2015年08月29日

作戦

本日8月最終週末土曜日、オーバルのスタートからの同志コットンハウスABABさんの年に一度のはぎれ市




毎回オーバル広場にテントを並べて開催されるのですが、今年は朝から大雨…


急きょ、オヤジからの提案をくみ取り当店店内のスペースを活用していただき、イベントを開催していただきました






実は、自分の中でも活用を真剣に様々に検討しているこのスペースの色んな作戦

今日は突然のお話でしたが考えている雨の場合に活用していただきたいイベントスペースとしての提案スペースなんで、様々なご提案を考えられる実案を確信した日となりました


本業も大事ですが、今日はバスケットの1年生大会の帯同も午前中はあったし、8月はお盆から売場は暇も暇で売上も散々な実情


今日は1年生大会の試合会場でも関係者から商売は大丈夫ですか…と聞かれました (^^;


自分はバスケットの大会会場で他の指導者に商売の話はほとんどしないし、商売の為に大会会場に顔出しして関係者ずらしてるメーカーに興味も昔のように業界の話をする事もないので、逆に周りから不思議がられたりもします(笑)






理由は簡単、値引き商売に興味が無い事、利幅少ない上値引き販売してもメーカーの支払い作業の自分の仕事が増えるだけ、それならば効率の作業を自分の時間で確実にやります


ある時期にスポーツに関する商売は完全に割りきった事で、試合会場にはアンダーアーマーをとにかく着ていく事をベースに自分イコール、アンダーアーマーのイメージを浸透させたいと思ってます、


そしてコーチングのライセンスを向上させ、可能ならばレフェリーライセンスまで取得して自分とアンダーアーマーのイメージを強化させてアンダーアーマー指導者のグループを形成したいと考えています




個人的に無いと考えている側の方々との交流は自分からは絶対に無く、必ず自らのグループを理想に向かって立ち上げます


どの世界にも派閥とか連隊とは存在するもので、その群がりが苦手だった人間が本気でそのグループを作るんだと考えた場合、その本気度は相当なものだという事は比較的わかりやすい作戦です(笑)




藤間議長でした


今日の1年生大会、高専は初戦を勝ち上がる事ができました


スタートからファールトラブルとなる中、自分が考えていた作戦に上級生も意外で驚いたかもしれません…

作戦は3つのパターンを考えておく事


その辺のしたたかさは、さすがに性格的にありますよ
ヽ(^○^)


社会は基本様々に平等であるべきだとは思ってないので、そこんとこは昨年とは差があってゴメンなさい!
  

Posted by mtc at 22:18Comments(0)

2015年08月28日

ジャイアンツ

ジャイアンツがおかしい


アンダーアーマーと契約したチームは日本の場合、アマチュアの世界の成果は悪くはないけど、プロチームの場合はバスケもサッカーも野球も成果が微妙で、世界的に個人アスリートの活躍がゴルフも含めてスゴく目立つのでブランドの勢いは今日本では複雑に微妙である…

ジャイアンツがおかしい事とアンダーアーマーと契約した背景とは実際全く関係ない話なんだけど(^^;


今年のジャイアンツがおかしい原因はやっぱり原監督

明らかに采配のおかしな判断ミスが目立つ


エースと主砲の給料取りがほとんど機能しないし、カバーする若手が打者にほとんど出てこないのでは、ヤクルト、広島等の若手が主力になってゆく過程のチームが羨ましい


パリーグも沢山の若手が沢山いてシーズンオフの侍ジャパンのメンバー発表が、かなり待ち遠しい


ジャイアンツから選ばれる可能性がすれば菅野、高木、山口、坂本ぐらいなんだろうけど、はっきり言って主力じゃないし、チームのエースとは言えない


それ以外の高級取りは来年以降ごっそり大幅減給にしてほしいし、ジャイアンツは新しい若手をもっともっと育てないとただの古株チームになってしまう


もしかしたら原監督体制だって来年はわからない


プレイオフに残らないとかプレイオフの成績いかんでは辞任発言だっておこるかもしれない


原監督が辞めたらジャイアンツの試合は今以上にみなくなるかもなぁ…




藤間議長でした


ジャイアンツの監督は生涯ジャイアンツの方でないとなれないそうで、コーチとして他のチームのユニフォームを着たら監督には指名されないそうです


江川さん、ずっと自分の番をきっと待ってるんですね…


さすがに、原監督の下では働けないですもんね(^^;
  

Posted by mtc at 14:26Comments(0)

2015年08月27日

未来判断

世界陸上観てると足元もユニフォームもナイキとプーマだらけ、日本のスポーツメーカーは唯一アシックスが日本チーム以外の販促にちょっと頑張ってるけどミズノなんて中国に売場だけ進出して影響は薄い感じ…

日本のスポーツ業界はミズノの体制に元気よかった時代は振り返れば本当に良い時代だったけど、社長が変われば方針が変わる事、ファミリー企業の場合はよくある事、


話題の16歳サニーブラウン君のスパイクはミズノみたいなので、とりあえず日本スポーツメーカーとしての意地はみせてるけど、学校のチームがたまたまミズノだった事や日本のメーカーで販促できる30センチサイズのスパイクを作っていたのがたまたまミズノだった可能性もあって履いているだけの可能性もある

まぁ、ミズノにとっては棚ぼた影響だけど、世界レベルのトップアスリートが使ってるスパイクにいずれは影響を受ける事でしょう、

世界を知れば日本のスポーツメーカーの位置付けなんて明らかにわかるし、アシックスがいかに世界基準でミズノがアジア基準であるかという現状を知る


だからミズノの商品が悪いとかダメだという話では無いので、商品の品質に関して勘違いはしてほしくはない







動向の時代に、自分は九州の端に位置するスポーツ小売店なんで、しょうがないのかもしれないけれど、ここ10年ぐらい以前からミズノの南九州エリアに配属される担当者にもアシックスの担当者にも残念ながら恵まれず、自らが日本のスポーツメーカーに対して強い疑念を持っている事は正直間違いない


大型店主流のエリアに変わるとこうまでに環境やサポートが変化する現実を痛感するオーバル開業以降の15年でもあった


そういう意味ではその厳しいとされる時期にスポーツ組合の役職を継続、もしくは継承しなかった危機感は甘い未来への状況判断だったのではないのか…なんて自分は個人的にはずっと思っているけど、今更どうこう考えても仕方がない事、オーバル事務局の作業自体が大変な15年だった激動の期間で、その激動はまだまだ続いているのでオーバルへの転換=新しいビジネスチャンスとはっきり割りきらなければと思い続けている


現在はテナント事業をスタートしてるけれど、スポーツ売場のエリアはまだまだ広く、このエリアを最大に活用できなければ将来の夢にはつながらない


今年からの3年計画、大事な期間に突入してるので、街の変化や期待に合わせて自分だけが極端に走らないように未来に向けて気持ちを制御してる部分もあるんです( -_・)



藤間議長でした




宮崎がスポーツ強化施設誘致を発表して、多分シーガイヤのオーシャンドーム跡地の計画案を考えている事を発表した


将来の国体開催にとっても必要な計画案だとは自分も思います


都城はスポーツに関してはとにかく施設環境含めて20万人口がいる背景にしてはかなり整備が微妙だと個人的には思っているけど、なにせ合併によって広い地域を管理しなければならない状況になっているので市政は大変だろうけど未来判断は待ってはくれない…


  

Posted by mtc at 08:47Comments(0)

2015年08月26日

揺れ

地震の揺れって、やっぱ台風の強風揺れとか桜島噴火の揺れとは根本的に違う、スゴい立て揺れと横揺れが同時にきて倒壊したらどう逃げよう



朝を襲った突然の結構大きめの長めの地震に率直にそう思った


昔から地震の場合瞬間のズレに気付くほうで、その数秒後に揺れ始める


多分過去にスゴい被害を及ぼした地震はその始めの瞬間の揺れが落とし穴に落とされるようにスゴすぎて、建物の倒壊はその瞬間にドンと崩れたに違いない


命を守る為にはその瞬間に逃げる意識を強く持たないと助からないな…と今朝は改めて思った


近くに家族がいる方ならばホント自分の事のみならず家族も助けないといけないのならばその危機感は並大抵でなければとても助けるなんて余裕は作れない気がする


大変な事だ




大きな地震があると推定されている地域である限り、日頃からの意識は本当に重要な事ですね




藤間議長でした




宮崎の場合は津波の心配もあるから


ホント大変だ (;゜0゜)




  

Posted by mtc at 08:41Comments(0)

2015年08月25日

可能性

色んな意見や考え方があるのかもしれないけれど…


自分は勝手に石川遼はスランプを脱出して、いつか必ずゴルフのメジャータイトルを取るような気がしている




とにかくデビューが若かったので、ジェイソンデーのように20代の後半になるのかもしれないけれど…


たいしたもんだと思うのは今年も満足感あるゴルフを4日間できなかったシーズンであるにも関わらずシード権内に残り松山同様にプレイオフ出場を決めた


最終戦の決勝ラウンドのゴルフネットワークでの中継を自分の知り合いゴルファー達がどれだけみてたか知らないけれど、最終戦の決勝ラウンドで自分は石川遼の躍進の可能性をかなり感じた




ゴルフは数メーターのバーディーチャンスのショットが打てても、パーパットでもボギーパットでも、とにかくパターが入らなければ上位に位置付けされる事はない


パターがゴルフの生命線である事はイップスの経験がある自分は嫌というほどによくわかるし、ショートパットが入らないとゴルフはホント、イライラするし、面白くないので、楽しくもない向上心もかなり凹む




石川遼はとにかくパターが世界レベルに上手い選手だった


それはライバルの松山選手も、遼は自分よりも断然にパターが天性に上手いと答えている


松山選手もスゴい選手なんだけど、何となく石川遼の復活と、一緒に優勝争いをする事なしにメジャーチャンピオンの道は簡単には開かないように感じる


石川遼のメジャーチャンピオンの可能性へのもう1つの理由として、幼なじみと理想的な結婚をしている事も大きい


自分も結婚経験があるから結婚相手の存在感は男にとってはやはり大事な事

結果的に自分には残念な結論がうまれたけれど、結婚を経験して色んな議論があった事や嫁さん側の考え方や生き方を聞いたり見たりしていて誰かの為に生きて頑張るって事が自分という旦那でなかっただけ…、自分の中では理想と現実のギャップに加え自分の力量や魅力の無さ、情けなさを痛感しているので、ゴルフや仕事に没頭して頑張って、子供がいて、夫婦で同じ目標に向かっている家庭は心の底から羨ましい


石川遼の背景には何となくだけどそんな雰囲気を感じる


自分もまだまだ残りの人生を諦めていないし、可能性を持って頑張っていきたいから再婚相手への理想だけにはやっぱこだわりたい


藤間議長でした




ランキングの上位を維持してきた藤間議長日記のブログは可能性への生命線


近い将来の理想に向かって記録していきたい


  

Posted by mtc at 15:02Comments(0)

2015年08月24日

紙一重

都城に帰ってきた若い頃、同級生は都城にいたけど、高校が宮崎だし、都城には長い間仲良く交流のあった友達も当時は少なくて、8月と言えば周りは結構同窓会なんてあったりして羨ましくて、孤独と言えば寂しい日常ばかりの時期と比較すれば今は有難い日々



とにかく当時は気持ちをぶつける事が少なくて、凄く燃えていたゴルフ


関係ないけどクラブの飛距離が今とは全然違う時代だけど、若い分今よりはボールは全然飛ばしてました!(笑)




都城で仕事をするようになって、福岡で広告代理店の現場の仕事を経験してきた自分は強く意見を主張する事が当たり前感覚で、都城のような横の関係を重視する町では多分反発をうみ、もしかしたら直接的な原因は別にあったのかもしれませんが、当時のスタッフはほとんどが辞職されてしまいました


当時のハングリー精神を忘れた事は今でもなく、とにかく全てをほとんど1人でやらないといけない環境からスタッフを1人1人育てて最大10名、店売りは最高売上3億を叩き上げる店に迄成長して、分岐点となった1996年、当時31歳、区画整理事業によるオーバルを開業させる為のプロジェクトへの参加を決めました


その頃都城ではやりきった思いと、これから先売上が拡張していくとは考えられず、自分は県外進出、彼女は福岡にいたし、理想的には福岡で勝負したいと真剣に考えていました


結果的に都城を選択した事で、結婚も都城の女性と結婚したけど、あの時代の選択が今でも頭をよぎるのはきっと複雑な思い出が自分の中にはあるのでしょう


人生色んな事が引き起こる現実を経験したからこそに尚更夢にみたりもするのでしょうが、冷静に今の環境は有難い事だと思っています


オーバルの現状には本来ならばという事も沢山あるけど、とりあえず毎年返済計画見直し案等の便宜もあって最低額の返済計画で今は有難い背景で運営されています


返済計画が延長する事イコール都城にいなければならない期間が延長される事なんですが、そのような事にならないように、当店の施設はいち早くテナント事業に切り換えている背景もあります


オヤジからは正直店の売上もこのような現状の背景になって、お前の人生なんだからこの場所にこだわる事はないぞ…と告げられてもいます


その言葉は本当に有難くて自分も新しい道を真剣に検討もしました




振り返れば、数年前の当店衰退の原因の根本に外商ケアの甘さがあって、担当者が親戚だっただけに退社後、昔の店長が独立する際には発令した業界ではよくあるメーカーや問屋への取り引きへのプレッシャーを通達する発令等をするような事はなく、時代背景もありますが、外商の取引先関係先に対しても特に担当者変更の通達もしませんでした

甘いと言われればそれまでで、外商背景には感情的な部分も沢山ありましたが、どちらにせよ当店は転換しなければ厳しい背景だけは変わらなかったので、転換できた事は奇跡的に有難い事だと想い続けています


自分が今でも残念な部分として、バスケの分野の中学指導者のほとんどが取引を当店から他店へと移行した事が一番の驚きで、自分がずっと裏方で個人投資してきた野口スポーツ杯へのサポートは一体何だったんだろうと、悔しい想いが消える事は一生無い事でしょう

バスケット協会事務局からば野口スポーツ杯の復活を促された事もありますが、当時の商売背景の残念な悔しい想いだけはどうしても自分の中から消えないままなので、トウギャザーのように高校以上のサポートイベントを開催する事はありますが、自分に子供ができてバスケでもしない限り、中学以下にバスケイベントや販促サポートを今後する事自体、もう1つの可能性として自分がオヤジに変わって協会の何らかの役職に就任でもない限り無いとは思います


都城バスケ界の背景は正直世代間の中継役がいるにはいますが性質も関わり方も中途半端で(自分は個人的にある事件の背景以来性格的に×)彼がやっている限りは進展や強化される事は絶対に無いと断言してもいます(笑)


自分は×ですが、その取り巻きにもこれまた残念な奴がいたりもするのでその方面から人脈もツテも影響力も薄い事で強化には時間もお金もかかる事でしょう


お金の影響ってやっぱり何事にも背景に関わってくる事で、根本投資を知らない方、ケチな奴、俺が俺がのお山の大将には土台無理な話でもあるし、個人判断でお金を動かせない方には厳しい事が自分には手に取るようにわかります


有難い話から残念な話に話題が変わってきたので終わります (^^;


藤間議長でした




有難い事と残念な事


その現実は紙一重なのかもですね


  

Posted by mtc at 12:16Comments(0)

2015年08月22日

超オススメ

何となく機能性はわかるけど、あまり実体験された事は無い商品なのでは…なんて思うんです




このボールリターンは体験すればほとんどの方が欲しくなる可能性が高いアイテム


自分もナメテましたが、設置して体験後、シュート練習をこの歳にして久々に毎日再開、最近のバスケの試合ではシュートのリズムも戻ってきてロングシュートも随分いい感じで打てるようになってきました


やっぱり練習器具で意識は変わるんだと改めて感じてます




バスケ大好きな方で密かにあの頃の感覚を取り戻したい方も自宅に子供の為に買ったリングが使わないままで放置されてる家庭もあるようで、これがあるとシュート練習が本当に楽しくなります


当然お子さんのレベルアップにもご活用できますが、バスケットのシュートってどうやって遠くに届くシュートを打つのか…


指導の方も未経験者だったり3ポイントシューターでなければ、基本中の基本の話ですが、知らない方もいるかもですね


自分は技術的なコツの部分の指導とか長年の経験者であり現役プレイヤーであったりするので、練習中に個人個人にそんな長所を伸ばすアドバイスはよくやります


ゴルフもそうだけど、大事な事はフォームイメージとやっぱりコツの修得が近道なんで、練習方法はかなり重要なんです


藤間議長でした




オーバル広場のリングで練習方法カルチャー体験できるんでお申し出下さい


  

Posted by mtc at 10:46Comments(0)

2015年08月21日

制限

実はお盆突入前ぐらいから禁酒、禁欲、食事制限を決めて、約10日




10日間完全に我慢したビールにその味はものすごい甘さを感じた


禁欲はさておいて…(笑)



食事制限はとにかく昼飯の考え方を変えた


毎月の昼食代は大体予算を決めてマイナスしていく計画で食事を選んできたのでその予算を半分にすると、そりゃ食べられる量を制限するしかない


予算を半分にして2か月後目に入るけど、それなりに苦労しないで一定量が食べられているので、追い込むにはちょっと甘かったかなぁ…とも感じる


元々の昼食予算を約半分に制限して、これで余らせる事が出来るのなら来月は更に制限にチャレンジしてみよう (笑)


何となくだけど自分の場合自分を追い込んでやると決めたら多分絶対にやる♪


もし年内をそれでクリアしたら食べない食事制限による改善は大きい事で、多分血液検査の数値は更に大きな改善数値を示す事だろう

いくらあまり食べない、とどれだけ主張しても食べなければ太る事はないので、体型が変わらない場合は何かしらの手段でカロリーを摂取しているという事、

それなりの体型をして維持していてあまり食べないんですけど…なんて主張する奴はちょっとよくわからない(笑)


カロリー消費と摂取の数値だけはそういうバランスの人間生命体である限りは裏切らない


今の大きな目標は10月からスタート予定のノルディックウォーキングステーション(NWS)に向けて営業的な準備を始めていると同時に自らの体質改革の為目標を立てて追い込んでもいる


ゴルフに行けば、実は外食とかお酒も飲みたくもなるのでゴルフ練習は一定の期間にやってはいるけどかなりラウンドを我慢している事も本音だ


ノルディックウォーキングステーションに関わる営業は自分の中に閃いた自分にしかできないと考えた手段でもあって、体調の問題がでて春から秋にズレる事になったけど、体調には正直春だとまだまだ不安もあったので、良かったんだと、プラス志向に考えている

藤間議長でした




今回の制限は成果へとつなげなければ、何の為のリセットであり、必死に前を向いているのか、理由にならない


フットステッパーによるノルディックウォーキングポールを使ったトレーニングはインドアトレーニングとしては結構ハードなので、自分の提案するオリジナルトレーニング手法としてのご提案を何種類か考えている


  

Posted by mtc at 15:54Comments(0)

2015年08月20日

道のり

今日は夏の甲子園大会高校野球の決勝戦


将来期待の逸材が沢山出場しただけでなく1回戦から接戦も多く好試合が続いたものの大会は後半戦に期待してた以上の接戦とならず、個人的には盛り上がりがちょっと低調なまま決勝戦を向かえる


ただ日本は野球が元気がないと根本的にスポーツ全体に影響する背景だけは変わらないようで、プロ野球の存在や影響力の課題を問う専門家も多い


自分はプロ野球の人気の低迷はプロ野球球団を増やせていない様々な道のりの状況もあると思うし、この球団の数で上位3チームでプレイオフをスタートした事が一番の原因なのではないのか…と考えている


アメリカプロスポーツも個人スポーツであるゴルフもテニスもこれからのプレイオフ、ナンバーワンを決めるシリーズに突入して頂点への道のりへ一番盛り上がる


多分ゴルフやテニスに関しては松山や錦織のような世界的アスリートが登場したからこそに一般の方々に情報や興味が広がった時代へと変わってきてるけど、スポーツアイテムに関してはまだまだ影響範囲が特に田舎の場合は相当に低い


スポーツ大型店での購買が多いという事は要望が最新ではなく価格とかとりあえずという感覚の商品で満足するいう地域だとはこれまでの道のりでよくわかった(笑)


影響に自身のあるメーカーは大型店の取り扱い条件に賛同しないので、大型店に商品が大量に並ぶ事はほとんどなく、大型店にコーナー等が出来る場合にはブランドの人気は分岐点から下降線の位置にあると自分は分析している


地域の小売店の代表者のほとんどが自分の地域に出店したスポーツ大型店に出店翌年から見学に行ったりする事はほとんどないようで、ある意味そんな感覚にいつまでもお山の大将商売に守られてるんだなぁ…と思う


外商が強く手形で回せば、とりあえず資金は回るので安全と言えば安全だけど、個人的には通販を基盤にFCを拡大するスポーツ店も増えてきているので、これからの競争相手に見えない相手が突然登場して、指導者影響力が変わればあっという間に価格戦略でやられる可能性はかなり高い


自分はそんな経験の道のりも強く、たった数年で厳しい環境に追い込まれたこそに、その怖さは確信する


頭を瞬時に切り換えられる長所がなければ、意地張って、更に最悪の方向へと向かい人生が終わった可能性だってあるし、こんな窮地を誰しもは打開できないと心底に思う


よくこんな時にこそ犠牲を払ってくれた仲間がいた、なんて美談としてあったりもするけど、そんな仲間等はなく全て自分で被り自分で道のりを打開した


その自負は自信となり、必ずや大望に前進するハングリー精神として自分の足元を支えている


アメリカのプロスポーツのプレイオフは長く険しい道のりで、とにかく優勝する事の厳しさを毎年痛感するからこそに盛り上がるし、それに関わりたい方々に多くの影響力を与えるんだろうと思う


盛り上がり方も、盛り上げ方も微妙な現在の日本のプレイオフ


Jリーグの今シーズンの新しいプレイオフの取り組みには注目してるけど、個人的にはもう少し道のりのやり方にアイデアが必要なのでは…と思う


自分がリセットに向けて、自分なりに勝手に想定したプレイオフのトーナメント表の道のり

対戦相手を課題に変えて、3年戦ってきて現在地区パートの決定戦


決勝戦迄はまだまだ3年あるんです (笑)


藤間議長でした




プレイオフって響きも発想も素晴らしいから、個人的には日本のプロスポーツのプレイオフはもっともっと盛り上がってほしいもの、そして今回のミスインターナショナル最終候補に日本人がいない事、やっぱりどこか寂しい現実だったよね

この世界の頂点も相当に厳しい道のりだからね〜

( ̄▽ ̄;)


  

Posted by mtc at 11:55Comments(0)

2015年08月20日

てんかん

こないだの自動車暴走運転で人殺して、人はねて、店に突っ込んだお医者さん、

てんかんという神経系の病気だったようで、とんでもないゾッとする原因がとびこんできた


てんかんとわかっていて、免許更新ができたり、この方お医者さんなら当然普通に治療もやっていた可能性も高い


この方に治療を受けた方の中にもし医療ミスとかの過去等があったりすれば、もしもそんな背景が飛び出したらこの方危険運転の刑だけでは済まず、ある意味社会的責任ある立場の仮面をかぶったただの殺人犯だという事件へと変わる


この方の病院名も公開されるべきだし、人の命を任されている医療の世界にも、お医者さん本人への検査という精密な検査の基準も必要だし、免許証交付に関しては脳梗塞発症の危険もある血圧検査・血液検査の証明書や健康情報、その基準に厳しい制約が年齢層によっては示される社会へと変貌していく可能性もある


車社会はわかるけど、障害のある方、過去危険運転で問題のある方等々、そんな方々向けのライセンスとか、スピード制限とか、買える車に買えない車、走れる場所とか走れない場所等の規制は先々に日本社会環境には登場するかもしれない

車が無くても生活できる環境作りを考えるとマレーシアのような新しいタクシーサービスや移動手段のバスや電車の充実はこれからの地方には絶対に必要になる部分かもしれない


田舎と言えば車社会へと環境が進んだ時代から移動手段を田舎から見直す社会へと発想を変える指導者が地域にも登場するかもしれない


是非とも宮崎から検討してほしいものだ


藤間議長でした




個人的に車は嫌いだし、財産にしたくはない経緯に悔しい想いや思いだしたくもない関係等も沢山あったけど、とにかく車を所有しているだけでお金がかかる田舎は本当に不便でたまらないから、支払いが完了するまで悔しい想いが消える事はないだろうなぁ…
( ̄▽ ̄;)


  

Posted by mtc at 10:22Comments(0)

2015年08月18日

遠慮

今日色々あった事の全て


偶然参考資料をいただいた事も、予想外の出会いがお店であった事も新しい売上作りの可能性が開けた事も最近定休日返上で営業した事で生まれている


定休日は頭を休めリラックスしたり、趣味を一番に重視してきた自分が色んな事を考えながら色んな事を始めていて、とにかく時間が足りない


多分無意識に体調は大変だけど今は懸命にあれこれやる事で必ず答えが見つかると何かを感じて行動をおこしてるんだろうと思っていた


リノべーションの資料に目をとうしてみて、自店をいち早くテナント事業へと転換を考えた自分の発想力が間違えてなかった確信、自らへのメリットが微妙な状況になってる背景に違和感もあったけどこの資料を読んでとにかく意味不明に自分の中にあったジレンマは消えそうだ


オーバルは今事務局主導でとにかく何かイベントを開催する意識に取り組んでいるけど各店は自分が色々取り組んでいた時代と同様に相変わらず他人事の感じもする


今日は当施設のテナントのほとんどが当店含め営業していて、このリノべーションの中身も含めて自分の足りなかった大事な意識に気付き、勘違いした方向にこだわっていた愚かな自分が夜情けなくなった、


まるでプロバスケの二の舞

プロバスケでの後悔は正直リーダーシップをとる事は苦手なわけではないのに…その立場に向かう事を恐れ遠慮していた自分


準備委員会時代から別人へと割りきったあの時の意識

全ては遠慮から始まった


これが自分の長所なのか、短所なのかわからないけどその遠慮がたまに顔をだす

宮崎県ノルディックウォーキング協会の立場の場合でも高専の指導にも、遠慮の場面もあるが、その遠慮に違和感がない事でバランスのいいリーダーシップが継続できている可能性は高い

その遠慮が苦手な感じで顔を出す状況は多分周囲の関係性にも影響があるのかもしれないけど、今の自分の状況や立場はそんな事をいちいち気にしている時ではない


思い返すと、都城に帰ってきて何すればいいのか…、あの頃とにかく死に物狂いに色々に取り組んだ日々に遠慮なんて言ってる場合じゃなかった


あの頃は誰も仲間がいなかったけど、今は沢山の仲間もいる


背景は全然違うんだから、勇気を持って遠慮を無くしてみよう


藤間議長でした




リノべーションの家守の意味を強く意識して物事をみなければならない気合いの入る1日となった


  

Posted by mtc at 23:51Comments(0)

2015年08月18日

戦後

戦後70周年、だからこそに特番も多いお盆期間でもあった…


今年の場合は特に沢山の方々が戦争と向き合い色んなこれからの日本の先の事を考える機会となった期間となったのかもしれない


15日の知覧特攻記念館には4300人もの方が来場されたようだ


当然自分も行った事があるけど、特攻隊出撃前の数日間を過ごした三角の舎やが名前は忘れたけど、様々な想いが蘇ってくるみたいで忘れられない




広島原爆ドーム、長崎の平和記念公園でも、そのたびに感じるけど、日本は戦争に負けた敗戦国、他国を攻め沢山の外国人を殺害した事は事実で、国は人命を犠牲にしてまで沢山の殺人を犯した現実は非難されて当たり前の歴史は変わらない

現代テロリストがテロだと声明を発表する自爆的な行為は日本がお国の為家族の為と飛び立った特攻隊を意識した行為から学んだ作戦のようにも思う

否定は許されず、命を捧げる事が天命な現実がまだまだ現代にも存在している事が大きな問題でもある


そんなイスラム国やテロリスト達が日本もその標的であると宣言して半年以上が経過しようとしている


日本の場合時がすぎれば、なんとか…って事は平和ボケな方々が多い国なので、テロに対する危機感なんて特に地方では皆無に等しい意識である事だろう


昨日も書きこんだけど、携帯通話運転を街中で取り締まる警察の仕事を日々見てきて、とても危機感を持って警察が市民の為に頑張ってるとは思えない


あっ、またせこい点数稼ぎやってる…って感覚しかない


お盆中に多分新任の真面目な感じの交番警察官が台帳を持ってお店に寄られたのだけど多分数年ぶりの調査かもしれないし、本当は毎年やらなければならない作業を前任者がサボッていたのかしりませんが、随分と変わっているみたいなんですよ…なんて嘆いておられた


この辺りの最近の治安状況をとりあえず聞いてみるとアル中で徘徊されるお年寄りの方が1人おられて、お店に入ってきて色々言ったりするみたいですね…だって…


それほっといていいかもね…(^^;


思わず言ってしまった(笑)

話題が脱線してしまったけど…


知覧にもし行った事がないならば、行くべきだし、行って初めて感じる事は計り知れないと思う


向かう途中には風流で美味しかったそうめん流しのスポット唐船峡もある


藤間議長でした




戦争には色んな考え方もあるし、去年初めて靖国神社に行って、又新しい感覚を学習した


安保法制の改革、憲法改正に関しては自分は基本的に賛成だけど、まだまだ平和ボケで現実がよくわからない国民は自分たち世代にさえ多いように自分は感じる

とにかく、当たり前と言えば当たり前なんだし、全然悪い事でもないんだけど、田舎には地方以外の国内も含め、世界を知らないヤツがあまりにも多すぎる


だから先々の将来自分は都城を出たり入ったりする生活をするって主張してるし、郷土愛があるヤツが地域の事は頑張れってずっと伝達している


24歳から都城にスポーツの新しい文化を伝達して、色んなイベントもやってきたし、オーバルという空間も維持してきて今がある


貯金を無くした厳しい40代の経験の分、50代は理想的な60代を過ごす為の貯蓄の10年


自分の事向き合って考えていい年代だと思います


追伸、都城にも戦争の傷痕的スポットいくつかあるんだけど…あまり紹介されてないのにはきっと理由があるんでしょうね (^^;


  

Posted by mtc at 12:21Comments(0)

2015年08月17日

謎の多い不気味な事件と、しばらくは話題となりそうな大阪高槻市の少女殺人遺棄事件


30箇所以上も刺されてグルグル巻きにされ殺された上車の下に遺棄されるなんて当然朝になって車が移動すれば発見される事は馬鹿でもわかる話なんで、何らかの感情的背景はありそうだ

事件から3日経過しても、被害者の身元さえわからないという事は事件というものは、犯人がわかっただけでは解決されない社会法律なんで物的証拠を固めなければ立証に進められない現実もあるから警察も慎重なんだろうね


この手の事件は被害者の身元がわからなければスタート地点になかなかたてないので、行方不明者でない場合は時間がかかる理由にもなるのだろう


それにしても、この事件だけでなく昨日は呆れた自動車事故事件も起こった


池袋のお店に車を突っ込んだ53歳の自称医師、数時間前にラーメン食って、地下駐車場を出た後に車を突っ込んだ上に路上の人をはね殺し、数名をはねておいて、よく覚えていないとか、現場で暴れるなんて愚かなる醜態で、目撃者も多かったみたいで、この男の背景は相当な報道が明日以降日本全体を駆けめぐる事だろう

助手席に乗車していた女性がもし社会的にまともな関係でなかった場合、とにかく色々家族や仕事先にまで様々に後に引きずりそうな予感もする


謎とならないように情報が公開される必要を感じるし被害者の為にもこの馬鹿たれが簡単に社会できないようにしっかり証拠を固めて重刑を科していただきたい

今日のニュースになっている女社長の社員暴行殺害事件といい、よく理由がわからない原因に不明確な謎が沢山ある事件が最近増えてるから警察も大変な事だろう


単純に解決に苦労する難事件の多発する地域と田舎の理解不能な謎的取り締まりをする多分同じ給与や就業体制の警察官


なんか行動や意識にも個人的に謎を感じる


藤間議長でした




相棒の見すぎかな…(笑)

このマンションの電気が最近夜中とか早朝によくついている事も個人的には謎である


  

Posted by mtc at 14:19Comments(0)

2015年08月16日

売場

毎月数百万の売上を記録していた時代とは随分変わったけど、売上と比例してそれなりの支払いがあった時代とは運営は大きく異なる当店


言い方は悪いけど、いつでも売場をやめてもいい覚悟で転換を決めた5年前


スポーツ店を自分はやめてサンズの運営会社に正式に入社する事を検討した時期だって本当にあった


店の在庫高は昨年決算500万をきり、今年度は400万をきるぐらいに減る可能性は高い


店の在庫は現金にどんどん変わる在庫ばかりではなくずっと昔からの不良在庫でもあるので、競技アイテム以外は必要性が無ければお金にはなかなか変わらない

売れない在庫の中でも特に売れない商品を毎日眺めてきてスポーツ店の商品って生活には不要な物だらけ

スポーツウェアやシューズはお金に変わるけど、競技者の為に在庫を準備してきた備品やアクセサリーは競技者が来店しなければ何の役にもたたないし、ネット販売では価格が微妙で送料の方が高くなるので通販もできない


そんな競技アイテムを日々眺めている事がこれまでは苦痛な日々だったのですが今年度秋から大きな転換を決意した


この3年間で現状の中でも売れるアイテムはよくわかったので、商売の深さも感じて、部活関連の多くは大型店や地域の外商、小売店さんにお任せしようと割りきった意識を持つ事にした

自分が活動している背景からの売上が現在の売上の大半を占めているので売れる商品も今では確実に外さない

今は売場をやっていて確実に数字がついてきてるので新しい転換には大きな可能性も感じている


昨年迄は定期的に返済額に追われる月日だったし、店内部の解体や体調的な部分もあって、思い出すと知り合いには誤魔化しの日々でもあり苦痛の毎日が続いていた


立場の難しさや様々なヒガミっぽい感覚の制御は自分の中ではスゴく嫌な日々でストレスは凄かったんだとも思う


今年はとにかく昨年の同じ時期に何をやっていたのか振り返るように意識していて同じ過ちを自分が繰り返さないようにと強い意思を継続するようにしている

お盆営業の成績が悪くたって外食を控える制御力は基本的にあるので、とにかく我慢したり、やると決めたら辛抱強い根性と意思力だけは備わっている自負がある


タバコを完全に絶ちタバコを止めたら100万という約束をした方にそれを要望したり口に出したりもしないんだから、そんな性格の部分の自分は嫌いじゃない♪(笑)


タバコを吸ってると仮定してタバコ代を貯金していたとしたら1年に10万貯金できる事にもなる


有難い想定でもある


65歳までタバコ貯金スタートしてみても面白い


藤間議長でした




今年はいち早く春夏から秋冬物への売場の移動を開始しよう
  

Posted by mtc at 16:27Comments(0)

2015年08月15日

違い

昨年とは明らかに異なる8月

忙しさもそうだけど、私生活が根本的に大きく違う


昨年の今頃は自分の体調の状況に対する意識に不安はあったけど、状況に対する改善策は何もなく、なんとかなるとか…、なるようになる…なんて本気で思っていた


正直経験者から言えば、事態は素人本人が想像するような甘い事では済まされない


自分の中ではツラい期間だけど必ずトンネルには出口があって人生は山あり谷あり…こんな事で凹んでいてもこの先更なる困難があった場合に向き合っていけない…なんてカッコよく思ってもいた


人間の身体というのは自然の摂理でそれなりに強いもので両親から健康体の命をいただいた事に再び感謝する事にもなった


自分の人生は普通に考えれば昨年で終わっていて、あの24歳で体験したトラックとの正面衝突の事故から生かされ、ほぼ同年25年後の49歳にまた生かされた

昨年のあの時ふと…、ずっと事故から理由があって生かされたと思って生きてきたので、プロバスケやらノルディックやらテナントへの転換やら、それが理由だったか、と考えさせられた

再び生かされたという事はまだ自分には使命が残されている可能性もある


残りの可能性を考えた場合多分子孫以外には考えられず、残りの人生で子孫を残す女性と出逢いきっと子供を授かるのだろうと勝手に推測している (笑)


この藤間議長日記は自分の激動の期間を記録した日記でもあるので、毎年数年前を読み返すたびにちょっとウルッとくる事もある


読み返すと自分のストレスの原因、追い込まれてきた原因があの方の存在にあったのかと…よくわかるし、お盆のせいもあるが、無くなってしまったあの方のストレスを考えると胸が痛い

親戚でもない無関係な方の存在や影響力をなめていた自分の甘さでもあるので、常に自分の意識に渇を今でもいれてるけど、そんな関係性の過ちだけは二度とする事はないだろう


自分の甘い部分として、昨年ちょっと同様っぽい事があったけど、自分も大きく救われた事も多々あったので、そういう感情へと想いが転換しないように努力している事もある


ただこちらのそんな想いとは逆に色々持ちかけられるので、その個人個人の事態というか…、様々な背景には残念なため息しか出ない

このように冷静に感情を制御できる年齢となった事もあるけど、ブログという存在は有難い事で感情を書き込む事で気持ちは随分違う

日々書き込む回数が減ったこの日記ブログは一時期ランキングが下がったけど、ここ数ヶ月の書き込みで、ランキングが上昇してきた

藤間議長日記は実はこの先、新しい展開の為のブログとして活用したいとも考えていて、都城の中心市街地やイノベーションによる変化も最前線として記録していきたい


藤間議長でした




新しい記録の継続も様々な転換を常に考えています


  

Posted by mtc at 12:40Comments(0)

2015年08月13日

土下座

今日午前中、鳩山元総理が韓国にて土下座した画像がニュースとして報道され、様々な意見がSNSで飛びまわっている


土下座する行為は、昔学生時代にイジメられている奴がイジメている側に許しを乞う態度として見ていた光景でもあり、イジメている側もイジメられている側にもいつも腹が立っていた


自分達の時代のイジメは現代のイジメとは違って、イジメられてしまうのは弱かったり、貧乏な奴、イジメるのは強かったりお金持ちの奴


生活の強弱の影響が学校生活に及ぼされていた


自分は当然、イジメを制止したり、イジメられている奴には逆襲しろとよく言っていた


自分も都城から宮崎の学校にいった際にイジメに近い経験をされた事があるけど限界値の瞬間にクラスで一番影響力がありそうな奴に飛びかかった


最近のイジメは卑屈で、やり方も巧妙だし、事件の背景が報道されると時代達の時代はクラスの隅にいた陰気な存在だったり、無能な奴がイジメの主導者だったりして、その理由や背景がよくわからない


たちの悪い環境は指導者側のバランスも破壊され日本の教育の現場には様々な問題が解決されないまま継続されているように思う


イジメを苦に自殺が起こる事件の報道にストーカーによる事件と高齢者同士のトラブルは、家族・兄弟・親戚のトラブルよりも増えていて事件ニュースのベスト3のように感じる


鳩山元総理の行動にふと、もしかしたらこの方自分達世代でいえばイジメられた経験をお持ちではないのかと感じた


土下座する行為は昔よくやっていたか、何らかの宗教でもない限りそうそう気持ちがあるからとできる行為ではないので、経験値ではないのか…とよぎった


いずれにせよ、この方が日本の元総理大臣だという現実は変わらないので、この先も日本の汚点は国民についてまわる


あの最悪の時代民主党を支持して国政を変える意見を投票した国民の意見者達はその責任を認識すべきだしその代表に選ばれた総理大臣に高い支持率を現実に与えたのだから、いかに日本人の気質の中に選択を誤る人種や性質を持った方々が存在するのか…という問題が今も潜んでいる


自分の知り合いの中にも当時都合にあわせて民主党支持に回り今はくら替えして自民党支持みたいな、とりあえずイジメられる側にはいたくない派の奴等は沢山いる(笑)


自分はイジメも差別も事件も全ては都合的人種達が引き起こす問題で、信念とか発想がブレない者には関係ないけど、その背景の優しさとか恩恵とか言葉にすればキレイなものが結構足かせとなって問題は引き起こされるのではないのかなぁ…と推測している


藤間議長でした




多分鳩山元総理のような方はまだまだこの先に色んな事をやらかすと思うけど、

国民思想の敵だと標的にする団体から最悪の事にならない事を祈りたい
  

Posted by mtc at 11:53Comments(0)

2015年08月11日

再稼働

厳しい安全基準をみたしているとはいえ…、福島での例だって想定外の脅威であったはず…、専門家の想定なんてどこまで信じれる?

様々な論争があろうとも、今の政権下であれば全ては犬の遠吠え状態


個人的には反対派の中でマイクパフォーマンスをやるあの判断力の根源菅氏にはかなりの違和感を感じるけど…


川内は原発で栄えた町


市民が望む再稼働への大きな理由の1つには街の賑わいの復活もあると思う


反対の方々の大きなデモはそれが街にとっては異論でも経済効果とはなっていたのではないのか…


再稼働によって可能性がある事は反対派のデモの終息でもあり反対派の市民は川内市市民もおられるだろうけど、再稼働しても景気は戻らないなんて愚痴だけはやめてほしいものだ


大体根本的に日本の原発は地域おこしを名目にスタートしてる原発も多い事も問題だと思うし、電力を原発に依存してきた国の公共事業的政策に大きな問題がある


民主党が政権を取った時代に大きな公共事業の見直しを政権公約にしたものの、あの話題になったダムの町でさえ、公共事業は民主党時代も続き橋は完成しているし、とりあえず工事の止まったダムのみの工事も、自民党政権に変わり今年度工事の再開が決定している

この予算4300億なんて、新国立競技場予算からすればいかに予算案に対して現在の政権の公共事業へのメスが甘いのか…と愕然とする

この先、数年間川内原発に特に問題が起きなければ、存在は震災以前の当たり前の環境となり、普通の生活が戻ってゆくのだろうけど自然災害というものは突然に再び人類に警告を与える

自分が一番コワイのは火山活動であり、あまり想定したくはないけど、鹿児島県の環境が原発設置場所として適しているのか…という疑問だけは離れない


藤間議長でした




政権に新エネルギー政策に転換する大きな勇気がない限り原発依存性社会は変わらない事はまともに考えれば理解しなければならない事で、災害を最優先に考えた場合一番大事な条件は立地条件の見直しでもある


原発を安全な場所に新しく立地する予算と新エネルギー政策の予算を冷静に考えればやらなければならない筋道は無駄な公共事業の見直しを再検討すれば難しい話ではないとオレは思う
  

Posted by mtc at 11:01Comments(0)

2015年08月09日

祭りのあと

盆地まつり翌日の日曜日、今日はオーバルイベント、色々やっておられますが、実は久しぶりの二日酔い…

我慢してたビール1杯だけど飲んじゃったし、昨夜は牟田スナック数件行って、色んな種類の酒結構やっちゃいました


祭り売場の準備も含め疲労困憊だったんだけど、やっぱり8時には暑くて目が覚めるオヤジの習性


長くてツラい1日となりそうです


藤間議長でした




それにしても、安倍総理、なんで非核三原則の内容を長崎では述べて広島では述べなかったのだろう


やっぱ、来賓の関係性なんでしょうかね ?


少しずつ少しずつだけど、再び自民党の雲行きなんとなく怪しいね


なぜに、同じ過ちを繰り返すのか…、やっぱ根本的に政治家は給与とりすぎだし多すぎだよ ( ̄O ̄)


関係ない話題だけど、これも二日酔いの影響です(笑)

毎年の事だけど、祭りのあとは、なんかふっと気が抜けますね


来週はお盆へと突入…


忙しい1週間が待ってます σ(・_・)
  

Posted by mtc at 12:38Comments(0)