みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
mtc
mtc

2015年12月30日

目標

あるゴルフ場、年末早朝スルー6000円別のゴルフ場お正月3日のラウンド9800円

都会に比べたら当然安いのだけど

今月初めて行ったあそこが難しいし、面白すぎて

来年あそこに何回いけるか冷静に考えたら…

あそこで30台を出すまでは他のゴルフ場に今の俺は全く興味無い


あの狭さの540ヤードロングホールに2オンできるようになりたい


今のレベルをさらにあげる努力が当然必要だけど、来年前半にクリアできなかったら、遂に真剣にクラブの買い換えを考えるかもしれない


それぐらいタフなフェアウェイに速い速い砲台でベントなグリーン


あー、早く行きたい


他のゴルフ場でずっと3オーバーから6オーバーでラウンドできていた調子の時の初ラウンドでOB無しで15オーバーやられた


プラス9ホールでも5オーバーで、とにかく悔しいしから面白い


女性に対しても自分の場合は難しい相手だからこそに燃えるところが昔からある

ただ手に入ると拍子抜けするところもあるから、それは相手に申し訳ない短所だとは自覚している (^-^;


とにかく久しぶりに出逢った何敵ゴルフ場に気持ちは高ぶっている


それは今のレベルのゴルファーに成長したらこそに燃えているのだろうけどグリーンが難しい場合、点で攻めないと中々成果のスコアは出せない事だろう


とにかく年明け記憶が鮮明なうちに行きたいので今夜の飲み会の席でスケジュールを決めたいと思う


藤間議長でした


来年は再びゴルフが忙しくなりそうだ v(^o^)
  

Posted by mtc at 14:12Comments(0)

2015年12月23日

夢絆

年末と言えばミステリー系映像の特別番組が毎年あるけど、最近になってミステリーな番組等の内容にこれまでの検証されてきた流れに加えちょっとかなり古代にさかのぼった仮説ではない高い可能性に基づいた情報が発信されている


金属反応を出している古代地層から出てきた円盤型の化石や海底に眠ってきた古代文明の証につながる遺跡の発見等々


人類の夢につながっていく火星金星、冥王星のクリアな写真や情報の採取


宇宙の情報や未確認飛行物体の存在は単なる宇宙人の可能性や憶測なミステリーを越えた分野にたどり着こうとしているような気がする


もし本当に時空間を短縮するワープなんて技術が可能だったりすれば、夢を越え理想や夢物語は現実的問題という姿ともなり、その技術はエネルギー問題も含め、各国間の異なる方向性へのスタートとなったりはしないだろうか


日本という国は世界レベルのロボット技術を所有し、世界レベルの医療開発や、エネルギー発生技術を備え蓄え、人口は少ないけど、貧富の差がはっきりとした強国と変貌していく可能性も感じる


夢絆が地球の楽園化につながる様々であればいいけどISのような存在であったり世界の格差は益々問題を複雑化してもいく事だろう

何か最近世界中で発生している事件のみならず、自然災害も世紀末や予言されている戦争の引き金になりそうな事が沢山あって嫌な感じだ


地球という星の歴史の中で現在の文明が生まれるずっと昔に何があったのか…


現在の文明では解決できないのかもしれないけれど


個人的には人類の文明は愚かではないと信じたい


藤間議長でした


出来れば後30年以上は人生として地球の将来をみていたい


それは自分の夢絆でもあります
  

Posted by mtc at 23:15Comments(0)

2015年12月22日

未解決事件

日記としての事であってもあまりこういう事件の内容に意見を書き込むのは好きじゃないけど、世田谷一家殺人事件と島根女子大生殺人事件、上智大女子学生殺人事件の3件はインパクトが強すぎる未解決事件として覚えている


数日前にNHKで未解決事件の特番も放送されていたけど、昨年末テレビ朝日で放送された世田谷一家殺人事件に関するプロファイリングの番組は鮮明に覚えている


最近の新聞であの放送の内容に被害者遺族の女性の方が名誉侵害をBPOに意義申し立てをおこされた記事を読んだ


確かにあの番組の内容はプロファイリングによって、犯人は強い怨恨を持つ顔見知りの犯行だと位置付けられた感を感じたし、警察の目撃証言による初動ミスも表現されていた


あくまでも求められ指摘されている申し立ては謝罪のみの報道や記事なので、民放テレビの誠意が問われてもいる


可哀想な未解決事件を解決させたい願いは警察もマスコミも一般人も同じ思いなんだと思うけど、そんな事件が引き起こされる社会背景を考えると日本は世界中の他の様々な国の現実や状況と比較した時にそんな事件が日々に発生するような環境だと思えないだけに、人間関係形成力の鈍化した教育とあまりにも自由競争主義を重視した社会背景が様々な歯車を狂わせているみたいだ


自分のような、ふりかかる火の粉に対しても前向きに打破する努力を続けられる負けず嫌いだったり、精神的根性を持てる性質だったらよいけど、最近は根性を鍛える教育も微妙な時代なので昨今の若者は世界基準でどれだけ戦えるのか…


20代のスポーツ選手等々を見ていると活躍できている選手達が素晴らしすぎる分、同類と勘違いされるのも可哀想なぐらいに残念な格差も感じる現実逃避の若者も多い


自分達の時代は同世代が芸能界や世界のスポーツの分野で頑張っていた場合に自分も負けられないな〜と奮起していたものだけど、最近の若者に意見を聞くと、テリトリーが違うし、所詮別格だからとゲーム等の仮想空間の中で戦おうと考えるみたいだ (--;)


30年〜40年後自分達世代が生きていれば90歳を向かえる時代に日本の人口ピラミッドの形は大きく変わり、人口は減少している可能性は高い


未解決事件の様々な要因の前に一番問題だった部分は時効という意味不明な刑法でもあり、殺人の場合は時効そのもの適応に関して法改正がなされてはいるものの求刑の厳罰化迄は至ってはいない


法の甘さが被害者家族を苦しめている報道番組等をみてほとんどの一般視聴者が犯罪者を敵対視すると思うけど、日本は基本的人権を主張できる民主主義国家なので複雑な感情が社会に蔓延している情緒不安定な方々が普通の顔して社会に存在する平和でありながら不安感の多い国だと感じる


自分が都城に帰ってきて仕事を始めた頃、友達がとにかく街にいなくて1人寂しく1人カラオケしていた話をネタにしていたけど、今はそれが当たり前になっていて1人カラオケ専用の部屋までカラオケボックスの中にはサービスとしてあると聞いて驚いた


自分の場合は環境がそうさせていたので、当時1人カラオケが唯一の田舎での楽しみで休み前は都城を出て友達の多い宮崎に行ったり福岡に行ったりしていた


当時ゴルフは練習代もラウンド代も高くて手軽なレジャーとは言えなかった時代で年に10回以上ラウンド出来ればホント贅沢だった


未解決事件の話題とは離れた話のようだけど、自分は個人的に当時ライフスタイルの中に感じていた孤独感の延長に残虐な事件を引き起こすきっかけになるような孤独な感情というか…?寂しさのようなものが異なる事へのイキドウリに転換して憎悪とか僻みの拡張とでも言うか…変換している気がしてならない


関係性がある人物ならば、可能性として何らかの手がかりから事件は解決に向かうはずなので、こないだ発生した中学生2人が拐われて殺害された事件のように逮捕されても自供しないほどの闇の中にいる男のような全く関係性の無いストレスを溜め込んだ予備軍がうようよと当たり前に存在している現代社会


日本の体系は大変な時代だと心から思う


藤間議長でした


未解決事件の話題を毎年年末に考える度々、社会の溝がどんどん深くなっているようですね
  

Posted by mtc at 12:34Comments(0)

2015年12月20日

悔やみ

故人に捧げる功労賞に異論はない
ただ、生存中に全体として称えてあげるべきだったとオレは思う

発想の格差だけは埋まらない田舎だから諦めもあるけど…


自分がそこに意見する事はこの先二度とないだけに、気のきいた奴がいないのは寂しい現状


変革が無い限り必ず先行き暗黒だとオレはずっと思っています

わかる方に届けば構わない個人的意見の記録ですが…

とにかくやり方が情けないい


藤間議長でした


なんで、この街に戻ってきちゃったかなぁ…


なんて


最近今さらに強く悔やむ


諦めてるから仕方ない背景なんだけどね… (-_-)


年末に知らなくていい情報知っちゃったなぁ…(苦笑)
  

Posted by mtc at 17:25Comments(0)

2015年12月19日

ビジョン

イベント事業の場合、継続性を考えて長期的ビジョンで収益の計画を企画するのか…


定期的な企画で随時収益を確保するのか、大きく分けると2つ


その他の手法にはタイアップとかコラボとか様々にあるけど、イベント内容にはそれなりの企画力が求められると思います


企画能力に対して専門業者に依頼すれば当然経費が発生するので、その経費が不要に成功するイベントが成立すればイベント事業としては魅力的な事業となります


自分がこれまで企画したイベントとして赤字化したイベントはサンズ応援プロジェクトとして企画したトウギャザーのみ


その理由には継続性を計画にあげていた背景があってイベントとしての第一弾は大変好評で第二弾、第三弾と当然企画する予定だったし、宮崎のまちなかを活用するイベントとしてその他いくつもの企画内容を準備していただけに残念でした

こればかりは今だからこそ裏事情を公表するとテレビ取材タイアップの背景や、自分が運営会社スタッフをほとんど絡ませなかった事で運営会社内部からのヒガミのような意見があって、やりにくい環境へと変わりました


数名が能力不足だと自分の中で判断している以上、自分は外部事業の強化の為に3年目も関わる事を決意していたので、関わる覚悟が違いました


ただ給与をもらう為の意識と、継続させる為には何とかしなければならない想いにはとても酒を酌み交わせない裏事情が存在しました

北郷監督が辞任され、代表の継続、スタッフを含めた組織変革も変わらないと決定された時点で自分のサンズプロジェクトは幕を閉じ役員の辞任も決意しました

3年目のシーズン終盤の現実的予想はその時点で自分には手にとるようにわかっていた事で、自分も最後迄ボランティアで会場に関する応援は約束したものの、意見を発言する事は封印されたような状況になったので、一番の問題は誰だったのか…、自分は確信をもって思っている人物もいますが、その男も最終的には自業自得にせよ、とりあえず被害者なんで自分の中ではただの二度と会いたくない男としての記憶に留めています (--;)


サンズプロジェクト前に自分が企画したサンズの会場を使ったイベントは全て収支を合わせ成功しているので、いかにイベントが企画能力なのかという証でもあります


プロバスケ活動と同時期にスタートしたノルディックウォーキングに関するイベント企画は年月をかさねる度々、内容のグレードは充実してきて、年間20回以上のイベントが協会全体として企画されるようになりました


協会に所属していただいているインストラクターの皆様のコミュニケーション含め情報の共有やサポート活動が輪を広げているように思うので、成功している事業と成功しなかった事業を比較した場合に一番自分が感じるのは輪とか協調性とかチームとしての基本の部分を代表がしっかりと舵をとれるかどうか…という事で


残念な話ですが、それも現実的に能力の格差なんだと思います


ビジョンだけあっても1人で出来る事には限界があって、最終的に簡単な言い方をすれば仲間や友達の作り方に行き着く結論でもあります


簡単なようで性格的にはそういう単純な事も難しい事なんだ、という現実を教えられた経験にもなったとは思っています


ビジョンだけではイベントは成立しない経験をした自分は確実に経験値をアップさせて、プロバスケ関わり終了後のイベントは全ておかげさまで成功させています


バスケットに関しては色んなイベントを企画してほしいとか売り場も含めて要望もありますが、ビジョンの限界を経験したバスケットに関しては自分の中でケジメができていて、それ相応の理由が見つからない限りは無いと断言します


それぐらい都城エリアのバスケットに関しては、自分の中で許せないほどの断絶感が消える事なく残っているので、バスケットに関しては指導者の立場でしばらくは頑張りたいと思います

競技も現役で動く限りは当然出来る限りビジョンを持って継続します (笑)


藤間議長でした


商売も当然ビジョンを持って新しい分野にも挑戦する来年となる事でしょう♪
  

Posted by mtc at 15:27Comments(0)

2015年12月09日

新展開

ついに…


という表現はおかしいのかもしれないけれど


運命のまま、この道へと踏み込む事になった?


この方向性は自分が店の代表とならない場合の手段として頭の中に判断材料としてはあった事だったし


運命を感じている事に遠回りをしてきた判断なのかもしれないけれど、明らかににいずれは一緒に何かしら取り組む事になると気持ちのどこかで感じていた


そう考えると、これまでの人生で知り合ってきた方々やプロバスケで築いた県内人間関係も含めつながってくる可能性はスポーツの小売店を地道に続けるよりは答えは見えてくる


ここ2,3年自分は自分の中の何かが死んで、再生するべき頭の中の何かが動き始めるのを待っているような時間を過ごした


遂に眠りから起こされるタイミングが来たんだなぁ〜

そんな感覚にいる


既に序章のように動いてはいるが耳に入る言葉や用語が聞いた事無い言葉が多くてタブレットの有難さを強く痛感している


昨年東京で路線図が全くわからなくてもタブレットがあれば多くの事が解決された経験から、今年はタブレットのおかげでの解決策が沢山あって、自分的解釈の中で様々なビジネスの活用方法に一歩抜け出したと思っている


様々なツールを持っていても充分に活用出来ない人間も沢山いる時代の中で活用できる者が勝ち取るチャンスが世の中にはこぼれている


時間とチャンスを見失う奴はきっかけのタイミングを逸するもので、個人的にはパチンコ等々賭け事に時間を費やす時間やだらだらと早くから酒を飲む時間等があれば別の時間の活用方法を考えた方が得だと気づいた24歳の頃から何かしらの目標を見つめてきた


今自分には変わらない大きな目標があって、プロバスケの活動もその大きな目標に向かって少しでも近道にしたい願いがあった


結果的にちょっと遠回りをする結果が降りかかったけど自分の目標が変わるわけではない


大事な事は経験値をつなげる事


新展開は必ず自分を夢の目標へとワープさせてくれる確信と決意をもって臨みたい


藤間議長でした


スポーツ店は趣味の世界の分野として辞める事は無いので、悪しからず (笑)
  

Posted by mtc at 11:06Comments(0)

2015年12月05日

唇をかみしめて

唇をかみしめて


黙って聞いてきた事はこれまでの過程で沢山ある


自分にも発言したい反論が沢山正当にあっても、発言する事で感情論をややこしくさせた場合、結局自分にもプラスは無いので黙って唇をかみしめて聞いていて済む時間ならばと感情を押し殺し続けていた事も結構にある


そういう背景や内情に確信の無い意見や情報量で批判を繰り返していると、同じような事態がふりかかった場合に、この感覚の対応力・忍耐力では数分ともたないだろうと推測はしていたが、予想は現実へと向かい残念ながら予想していた事態となった


自分の文章の表現はよく曖昧で主旨がよく伝わらないとも意見される事もあるけど、日本にはそれぞれが尊重されるべき人権がある限り、相手がどう考えても悪い立場であったとしても、交通事故の事例のように、一方的な責任は追求出来にくい社会とされている


自分がグレイに近い形での表現を意識している背景はそんな日本社会のグレイな法整備社会を意識しての事で、弁護士さんのプロとなれば、どう考えてもがどうやっても違う形へと裁判官に伝達されてゆくのだから結果的に正義という形は言い回しの判断によって大きく捉え方が変わってゆく


法律のプロを相手にした場合は当然素人ならば秒速で粉砕される話は当たり前なんで微妙な言い回しでの表現を自分は意識している


ある方に自分の表現が遠回しすぎてあまり好きじゃない等と投稿ブログに意見を言われたりする事もあるけど、当時者でない方にはわかんないんだろうなぁ…ととりあえず意見を黙って聞き入れてはいる


内心は、じゃあ読まなきゃいいのに…と思っているけどね
( ̄O ̄)


色んな意見や表現に首を突っ込んで自分の主張だけをしたい方って、ネット社会が整備された現代にはとても増加していて、結局口だけで行動力が微妙な方であろうが、自分の意見が自由に発信できる日本の民主主義はなんて素晴らしい環境なんだろう…とも思う


唇をかみしめて、色んな事に我慢を知る人間の根性の本質は自らの意見だけを自由に発信する方には一生わからないだろうと思うし、そんな発想力の人間に本音の意見を言いあう事も自分にはないだろう


人生まだまだ50年と考えるのか


人生もう50年と考えるのか

当然人それぞれでもある


ただその50年の過程の中でどんだけ唇をかみしめる瞬間が多かったか否かで、これから先の人生の分岐点は大きく左右される可能性の確信がなんとなくある


そこにつながっている我慢強い精神力や根性という背景は必ず基盤となり、この先の人生のまだまだ成果への道となる


他人は他人


オレは唇をかみしめてきた過程を忘れる事なく、大きな夢である目標に向けて、精進していきたい


藤間議長でした


今年も残り25日


ホントあっという間だったけど


理想への道は確実に歩んでいます
  

Posted by mtc at 12:51Comments(0)