みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
mtc
mtc

2016年04月24日

ACCEPT(アクセプト)

どれだけの想いがあっても

人生には受け入れなければならない現実がある


立場的に自分の意見を強く主張する事はなかった宮崎の売場の終演


判断した方々の判断に異論はないけど、都城の店への宮崎からの問い合わせは今でも減らない


そのほとんどがミズノ商品の問い合わせでもある


宮崎市内のスポーツ店は老舗だった多田スポーツ店とか経営者が高校の先輩である堀之内スポーツ店に宮崎の野口スポーツ含め結構ミズノの商品を販売されていたのだろう


宮崎市内の各お店がミズノ商品を主力で販売していた理由はよくわからないけど都城の当店も外商の担当者だったスタッフのミズノ販売へのこだわりが意味不明にあって改革には相当に苦労した思い出がある


自分はミズノが嫌いとかいう事ではなく、ミズノの取引条件とか担当者との関係性とか、様々なビジネス背景を冷静に検討した結果、外商担当者の退職のタイミングでミズノの取引をほとんどゼロへと向かった


当店がスポーツ用品の売場主力品をミズノとの取引がなくても運営できる顧客のお客さまと対応する手段にこだわった背景には、都城のお店に自分が帰ってくるまで当店の店長を長く勤めておられた方の存在がある

その背景は卸売業との取引選別に関しても重要な判断材料だったし、あの時の判断力が思い出したくもないものすごい状況の中を売場継続できてきた理由でもある


その方の独立されたお店は決してキレイで大きいわけでもないけど、ミズノとの取引無しでも、しっかりと地域に根づいた商売を確立されている


自分が主力に考えた分野とその方がサバイバルに選択された分野は種別は違えどその方にしか出来ないサービスにこだわった発想は多分同じように思える


ミズノ商品の問い合わせは土日に集中するので、イベントが無くて売場を通常営業している場合には不愉快な気持ちになる問い合わせの電話も多い


宮崎には大型チェーン店の売場が都城よりはるかに多いし、ミズノ商品も沢山陳列されているはずなのに、自分にとっては宮崎不思議の1つと宣言できるぐらいの問い合わせ数でもある


小売店のミズノ販売愛が高かったエリアは、実は宮崎よりも鹿児島県でもあったのだけど、大型チェーン店が遂に鹿児島に出店した後のミズノの鹿児島営業所の撤退のスピードは神風なみの早業でもあった(笑)


消費者の方々にはスポーツ業界の様々な背景なんて関係ない事なので欲しい商品を問い合わせる行動は当たり前の事でもあろうけど、取り巻きの環境が変化していく事を受け入れざるを得ない現実だけは、これから先の時代になればなるほどに変わらない


申し訳ないけど、懸命に継続してゆく術に一生懸命取り組んでいる地域の弱者小売店の側の視点もアクセプトしていただきたい


藤間議長でした


ミズノの問い合わせで営業中不愉快な気分になる事を自分は受け入れる事ができない
  

Posted by mtc at 14:16Comments(0)

2016年04月19日

PEACE

今から10年後に前進している県は色んな事が当たり前のように変わった社会環境となり、制度も仕事のやり方も変化しているかもしれない


じゃあ、宮崎はどうだろう

九州の中でも宮崎は特に食に関わる分野と観光につながる分野をキャンプ誘致を含め県の象徴としている


それに異論があるわけではないが、冷静にそれしかない現実もコワイ


宮崎県内には優良企業は確かにある


当店もオーバルがスタートした当初は姉妹店も合わせると宮崎、延岡にも同名の店舗があり、副業としてレストランも営むアルバイトをいれると、雇用従業員は50名に近づくそれなりの企業形態に向かっていた


3店合同で社員旅行をしたり年1回は合同懇親会を開催したりと会社として福利厚生への取り組みは優良企業としてかなり評価されていた


冷静にあの12年前の自分の決断を振り返った時、死に物狂いに革命を選択するべきか、リセット後に再検討するべきか…、舵をとろうと思えば選択権があった自分を思い出して今でもその時の決断に問う時がある


結論タラレバの話なのだがあの頃ナイキブーム、サッカーブームを経験し、売上の発想力の背景の80%は学校とか部活、自分の現在の売上を支えている分野になんてほとんど興味もなかった事は間違いない


あの8年前のふとしたきっかけのおかげで自分のリセットへの勇気は常に前進できたタラレバの成果でもあり正直ここまで安定力のある方向性に向かう確証も自信も何もなかった


自分達のように年間を通じてイベント活動を各インストラクターが企画して実施している協会は全国でもまだまだ少ないし、その成果は県内から南九州の鹿児島エリアにまでイベント力へのサポートに力をいれる方向へと向かっている


これまで取り組んできた部活や学校関係と向き合ってきたスポーツ売上の分野をゼロに近づける努力をするなんて考えもしなかったけど、取引を無くす手段という部分は進め方を間違えれば人間の発想力や想像は非難へと簡単に変わるので、とにかく色んな意味で気を使ってきた


こんな考え方はおそらくあり得ない発想だと思うけどイベントを企画して実行してきて個人の力の限界に気づいた時に初めて本当の消去という手段に気づかされた自分がいた


リセットという響きは自分の中で内容や発想に2つ重さが存在する12年でもあった


自分にはバスケットのコーチライセンスもあるので、部活に関してはコーチでの実績を深めて、いずれは色々と野望を持っている事は当然ある


その為にはこれまでの人生で出会った絡んではならない危険人物を排除した形での取り組みが理想的だし、その判断力に関して二度と同じような過ちをしたくはない決意もある


自分は確実に4年前に抹消され殺されかけた人間の1人だとも思ってるんで、自分のエネルギー源にもなったその方々への反骨精神は一生消える事はないし、感情的に同じような暗闇へと堕ちてしまえと願ってないかと言えば嘘にもなる(怖)

あり得ない人生経験を積んで完全なるリセットに向かい自分でも信じられない完了へと進んでいる今、不思議なほどにあれだけ常にまとわりついていたいた不安の虫がいない


それはそれは清々しい春の日々を今年は過ごしている

大変だった時期にたまたま観た好きな映画の1つに、

荒川アンダーブリッジという邦画がある


その映画の中の村長の言葉が当時の自分にはかなり心に響いた


人はいつからでもやり直せる


今回の大震災で絶望的な気持ちになっておられる方々も沢山おられると推測する

強い気持ちを胸に、たった1つの人生を生き抜いてもらいたい


藤間議長でした


宮崎は10年先も変わらない平和な県であってほしいものだ
  

Posted by mtc at 08:58Comments(0)

2016年04月17日

決意

今日も朝から何となくゆらゆらと、しょっちゅう揺れてます


東日本大震災を経験している人に聞くと大震災の起こった後数年はこんな微振動の日々が続くそうです


とにかく地震列島に住む以上は災害とは強く向きあい前を向いて生きるしかない

当たり前だった道路も


便利だった鉄道やバスも

こんな時に交通手段の有難さを再認識して普段から活用する術を生活にも考えておかないと路線が消滅していまえば手段は更に削られてしまう時代です


ここに住んできて良かったと思ってゆく為には楽しい事、愉しくなるような事をこんな日々が続く時には考えていかないと、と思います


こないだ約15年ぶりに民家を改装した、最近流行りのリノベーションの先駆け的な古民家の店に食事に寄りました


自分が今年からスタートするあるスポットでの楽しいイベントの為に着々と下準備を進めていますが、本気になった以上はそれなりの成功するイベントにする自負があるんで、様々に前だけを向いて頑張りたいと思います


藤間議長でした


自然災害に人間は無力で、とにかく脅威である事を忘れないように、自然と向き合うイベントに自分はこだわっていきたいです♪

(^.^)b
  

Posted by mtc at 12:54Comments(0)

2016年04月16日

混乱

数ヵ月前の台湾地震では明らかに手抜き工事の原因による倒壊マンションの大被害


台湾での今回の大地震による混乱パニックや大変な事態がニュースになっていた

そんな事態をニュースでみていると、東日本大震災の際の日本人の対応力には誇りさえも感じていた


今回の熊本地震でも昨夜に続けて起こった大地震による被害拡大でも、ちゃんと避難、対応されていたようで死亡のニュースは本当に少ない


九州の方々は毎年おこる台風や豪雨の自然災害の影響等でも備えや対応の準備力はあるので、例え防災用品の備えまでは完璧ではなくても災害の大きさへの感度は相当にある事が証明されている


自分は命さえあれば、人生なんとかなると考えてきたけど、今回の止まらない地震を初めて経験して、早くやり直す為の準備次第では大きな格差もそれなりにある可能性を知った


昨日の段階から当店が災害時に役立つグッズを幾つか在庫している情報を知っていて買い物にこられるお客様もいるぐらいだから都城の災害対策意識のある方々はそれなりに多いんだと実感もした


話は変わるけれど、昨日から今朝にかけて地震の発生する場所が徐々に上にあがっているのは活断層に沿っての地震が起こっている可能性を感じる情報が飛び込んできた


もしそうならば、今回の地震はかなりの高い確率で南海トラフでの大地震への警告でもある


藤間議長でした


混乱は更に拡大してゆく可能性も考えられる


くわばら…くわばら…
  

Posted by mtc at 12:17Comments(0)

2016年04月15日

大地震初体験

とんねるずのみなさんのおかげでしたの食わず嫌い選手権をみていて…


いきなり緊急地震のサイレンが鳴った


その数秒後、グラッと大きく揺れて、初めて経験する長さの地震だった


大きめの地震があると自分は必ず外にでて正面の高くて細い建物をみる


昔からの自分の個人的な感覚なのだが、この建物の耐震性がスゴく不安なのだ

初めての経験の地震の影響は何回も余震を繰り返し、3時間初体験の大きな余震でも結構揺れた


最初の地震の後余震の続く数時間後、正面の建物を利用している外国人の方々の多くが外に出てきて、皆でワイワイ討論を始めた


彼らからすれば、周りの他の建物から外に出てくる日本人は全然いなくて多分不思議で不思議でしょうがなかった事だろう (笑)


このあたりの方々は桜島の噴火の大きな揺れに慣れているから並大抵の揺れぐらいでは多分驚かないし、慌てる事はないのだろう


それにしても、しばらく見ていてその議論と慌てようがちょっと映画のシーンのようで滑稽でもあった


地震後のテレビの中継をみていると、大きな2回目の余震後にさすがに危険を感じて避難に動く方々の映像もあって、夜なので被害状況も把握できないだろうしながく不安な夜が続いたに違いない


今回の地震に関して実は数日前に自分はNHKの地震の特番を見ていたので本当にこれからの日本の状況が不安にもなった


あの地震特番によると、この地震は南海トラフ地震が確実に発生する事につながっていて、もしこの地震の影響により数年後に日向灘、もしくは四国近海で地震が発生した場合、10年以内に物凄い災害を引き起こす事が想定されている大地震が発生する事になる


そうなるとたった1度の人生の中で阪神淡路大震災から始まり、中越、北海道、東日本に今回の熊本に加え60歳で6回の大地震を経験する事になる


生きていればの話だけれど物凄い話でもある(苦笑)


藤間議長でした


今回の大地震は九州が1つの島である事が改めて証明された災害でもある


九州は1つになってこれからの未来の事を真剣に議論しなければならない時期にきているという事なのではないのだろうか
  

Posted by mtc at 15:44Comments(0)

2016年04月14日

アカツキ

暁という名称には思い出があります

日本バスケ代表の呼称が、隼ジャパンからAKATUKI FIVEへと変わりました


県社会人リーグに参加していたチーム暁というチームが都城に出来て活動していたのは多分約8年か9年前

自分がバスケユニフォームをデザインした一般社会人チームの中では、これまで最高の人数が所属していてユニフォームを作ってくれた気持ちいいチームだったし、バスケに対して情熱的なメンバー達でした


メンバーを構成した代表の男の子は今のバスケイベント、モンスターバッシュの都城でのスタートにおいてイベントの開催活動に頑張っていた、初代のメンバー
本人のバスケの情熱に都城代表チームのセレクション練習に参加してもらったのは自分からの感謝の想いもありました


暁ファイブと聞いて


彼らはきっとあの頃のチーム活動の時代を思い出した事でしょうね


もし先々、自分の指導ライセンスのレベルアップに比例して都城バスケの一般チームへのサポートを自分がやりたいと思った場合、当然夜間リーグ以外の新しい活動を考えたいと思っているけど、あの暁のメンバーのような若者達と出逢いたいもんです


プロバスケチームの運営は経験値から厳しい現実だと思ってるけど、プロバスケ選手になる為の参加への近道は経験値をいかして必ず作ってあげられるとは思っています


宮崎に例えプロチームが無くても選手になれる可能性がつながる環境作りは必ず強い思いがあればできます

藤間議長でした


アカツキのボールマークは部活チームみたいで個人的には大笑い…、この頃のバスケマークロゴがデザイナーの作品らしくて個人的には一番好き


選考委員会のビジネスの感覚がこのロゴ選定感覚からちょっとかなり遅れているようなので、販促ビジネスに関してはかなり不安になりました ( ̄▽ ̄;)
  

Posted by mtc at 12:07Comments(0)

2016年04月12日

凌ぎスパイラル

毎年の事だけど

4月は入学の季節でもあり一般の方々もスポーツを始めたくなる季節でもある


当店のスポーツの売場の在庫を年間定番に絞りこんで現在に至るけど、毎年毎年この時期にだけ要望が多い商品もある


今の時期の仕入れの考え方が、この商売の実は利益を残す考え方の場合に一番大変な発想力


そりゃ消費者は沢山の商品の品揃えからほとんどの方が買いたい商品を選びたいもの


その声を売場で聞けば聞くだけ商品を仕入れなければという思いが脳に残ってもあたり前


でもお客様の声を聞いた後に仕入れたところで、既に遅いという現実を誤魔化してはいけない


売場スペースが大きかった頃から多分毎年繰り返されてきたはずの事で、その考え方は今の発想力ではよくわからない、ボランティア事業的発想の商売の考え方

スポーツ業界のみならず、1つの時代船井氏のビジネス論は絶対的に消費者始動の理論であり、スポーツ用品の年間生産計画は未だにその消費ありきで計画されている可能性も高いと思う

自分はそれが間違っているとか、悪いとかの発想力に意見があるのではなく、ずっと関わってきた業界の流れを感じてきて、それでは多分毎年の売上も利益率もブームやメーカー頼りで小売としての商売の大きな愉しみにつながっていくのか否か、個人的にずっと疑問だった


同業者同志が売場の箱の違いの中、現在ではネットという見えない競争力も存在する環境の中で結局は過剰サービスや価格提案等をしたりして凌ぎを削る


毎年毎年、その時期の売上にとりあえず安心して、その支払い手形決済の時期に外商納品の見積りを資金繰りに活用して、運営費を維持している小売店も多いとはよく聞く


それも1つの経営手段なんだろうけど、自分はその毎年毎年の繰り返しの凌ぎのスパイラルが嫌で、業界の一般的流れからの脱皮を目指した、珍しい考え方の小売店の形へとたどり着いた

この見えない地図のない旅を田舎で決行するには相当な勇気と決断力ある覚悟が必要であったけど、色んなスポーツ同様に人間開き直ると、結構、度胸も、器量も備わってくる


日本はデフレスパイラルからの出口がなかなか見つからす、長い年月、政治も経済も大変な時代が続いている


これから先もスポーツ業界だけでなく、凌ぎスパイラルが永遠に続く会社経営者も多いかもしれない


自分はそれが嫌で行動を起こしただけでもある


藤間議長でした


自分はオーバルのスパイラルの輪を誕生から今日まで常に下から上へとみているだけだ
  

Posted by mtc at 12:44Comments(0)

2016年04月11日

繋がり

スポーツ業界には聞いてみないとわからないプチな裏情報が沢山ある


一般的には知らされない事が沢山あるので、知っておくと様々な判断材料として活用できたりもする


マスターズが残念な結果に終わった松山秀樹


松山秀樹が契約するメーカーはダンロップスポーツであり販促仕様クラブはスリクソンである事はゴルフファンならば多くの方が知っていると思う


松山秀樹が希望したのかは知らないけれど、現在ダンロップスポーツはアシックスのゴルフシューズをカタログに掲載していてアシックスのゴルフシューズをダンロップスポーツゴルフクラブ契約の選手達が着用する流れになっている


アシックスのゴルフシューズは性能が高いので自分もダンロップスポーツと契約となった背景も嬉しくて、自らもアシックスのゴルフシューズを愛用している


ただゴルフウェアに関しては素材的好みもあってアンダーアーマーをここ数年は着用してきた


そんな背景の中、今日、松山秀樹の話題になって、マスターズの中継中に松山秀樹が着用しているスリクソンウェアの背中に、デサント(DESCENTE)の企業象徴のマークロゴが刺繍されている事が気になっていた


メーカーに確認してみるとなんと公式公開情報ではないけど、松山秀樹着用のスリクソンウェアはデサントが生産しているとの事


松山秀樹がリオデジャネイロオリンピックのゴルフ競技代表選手になる可能性もあって繋がりをもった協賛生産が決まったとの話であった


オリンピック代表選手の着用ゴルフウェアユニフォームはデサントに決定されているようで、オリンピックの際はデサントのロゴがメインとなってスリクソンのロゴが小さくなる事がイメージできる


なるほど…って話でもある

メイドインジャパンに身を包む松山秀樹には益々頑張ってもらいたい


藤間議長でした


個人的には手袋や靴下に関して、メイドインジャパンの製品とダンロップスポーツが更に上を目指してコラボレーション企業の選定の繋がりに努力してもらいたいものだ
  

Posted by mtc at 19:46Comments(0)

2016年04月08日

2016マスターズ

今年も見逃せない男子ゴルフメジャーの1戦目


マスターズトーナメント始まりました

今回日本人選手は松山秀樹だけだから頑張ってほしい

松山秀樹の活躍おかげで、去年からPGAツアーの試合をよく観るようになったゴルファーが日本も随分増えたと思う


メジャーで勝つという事がどれだけのレベルでどれだけ凄い事なのか、日本の底辺にもやっと伝わってきたようにも感じる


世界トップ10のスゴいゴルファー達のひしめく中で、ランキング14位の松山秀樹が優勝候補に期待されている事も同じ日本人として世界に誇れる事


80回目となる最高レベルの競演を4日間テレビ観戦重視で今年も楽しみたいです

藤間議長でした


今年松山秀樹が練習に取り入れている左打ちスイングを実はオレも取り入れている(笑)


ゴルフはすでにチームスポーツの時代に入り、ゴルフ理論は常に新しい理論が追及されているんですね
  

Posted by mtc at 12:46Comments(0)

2016年04月07日

テレビ事情

テレビ局にはそれぞれの事情がある事を昨夜痛感した

都城で収録のあったナイナイのお見合い大作戦


全国各地で企画されている人気企画番組だと個人的には思う


その舞台が都城だったんだから、そりゃ宣伝になるに違いない


番組は3時間番組、系列はTBS系列、宮崎のTBS局MRTは当たり前に3時間放送された


しかし、昨夜は特命9係の新シリーズのスペシャルドラマや中居の窓スペシャルにハンゲキ等々他の局の特番も多くて視聴率争いは激しい夜だったのでは…とは思った


ただその中鹿児島のTBS系のMBCは隣の県で開催されたナイナイのお見合い大作戦の番組を3時間枠で放送しなかった


理由はよくわからないけど宮崎県ではありながら都城の言葉は鹿児島よりで鹿児島の色んな地域の番組でも都城の特集は結構放送されていて当店にも鹿児島からのお客様も多い


この放送が短縮された理由には何となくだけど、男性メンバーのほとんどの仕事に関係性があるような背景がある気がしてならない


後継者不足に悩むアグリの環境はどこの県も同じ事だけど、鹿児島県の場合はA-FIVE支援事業に関しても行政の取り組む姿勢の目は市民には厳しい


宮崎県は比較的県民性が穏やかなので、あまり宮崎県人にはわからないだろうけど、鹿児島県と宮崎県とでは近いけど近くはない県民性の違いがあるように個人的には思う


自分は個人的に異性を考える場合、鹿児島県の女性の方が性格的に大好きなんだけど、なかなかその想いは昔から成就しない


自分が鹿児島県の女性からみて好まれるタイプでは無いのだろうと性質を試行錯誤した経験も実はある(笑)

テレビ事情の裏側の本音はわからないけど…


昨夜のナイナイお見合い大作戦の放送枠には、たいした番組が組まれてなかっただけに、民放の広告の背景も含め、民放らしい大きなテレビ事情がありそうだ


藤間議長でした


今回の番組による鹿児島への都城の影響は少ない感じがしている
  

Posted by mtc at 07:51Comments(0)

2016年04月02日

4月スタートの日の晩に、野球中継ないかなぁ…と思ってつけたテレビ

放送されていた、たまたまのチャンネル番組は金スマ
特集は田中角栄

話題の石原慎太郎氏著書の天才

自分達時代の政治に興味あった人間ならば様々に話題のあった偉大な政治家さんの表と裏

久しぶりにこれ系統のテレビ番組にしては考えさせられる内容だった

やるなTBS


毎年4月のスタートには昨年のブログを読み返す


読み返してみると、感情的な感覚の意識を強く感じるし、人間関係に対しての悔しい想いを表現を変えて綴っている


ああ〜あの方々の事か…と思い出す


すでに自分の中での整理は消去してあるので、今後、何かある事はよほどの理由がない限りないと思うが、ないがしろにも出来ない理由もあるので大人として接する程度ぐらいだろうか…(苦笑)


話題は戻るが


田中角栄と石原慎太郎の意識の格闘は、あくまでも石原慎太郎側の意識であり、田中角栄氏の志からみたら小さな器だったのだろう


最近の政治家の政権主流派の方のほとんどの方が青嵐会や清和会の影響を受けた方々なんで、器は大体想像もできる(笑)


色んな事を決意して始めるにあたり結構重要な部分は器の性格でもあり、自分は自分の器を把握しているつもりなんで、田中角栄氏のような偉大な方がいれば、全てを委ねてサポートしたいと思う側の人間でもある

残念ながら、それほどの器の方にこれまでの人生で出逢う機会がなかった事は田舎では仕方ない事なのかもしれないし、残念な現実でもあるんだろうけど、自分がそんな事が言える立場でも当然ないので、日記の中での戯言にしておきたい


想う事は色々あるけど…


今期はとにかく大事な1年

新しい事業にこれまでの整理、そしてノルディックウォーキングの野望にまちなかでのリノベーションでのリーダーシップ等々、やりたい志的な事は山ほどにある


ガンバランバ (^O^)


藤間議長でした


今日は昔の嫁さんの誕生日

離婚して一度も会ったはいないけど、新しい人生を愉しく過ごしていってほしいと心から願ってもいます
  

Posted by mtc at 10:14Comments(0)