みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
mtc
mtc

2016年12月31日

制御

自分はいまここではっきりとした方向性を主張しなければならない大事な分岐点でズバッと発言したり行動できる性格です


これまでその分岐点決断力で様々をつないできました

だからそれまでの過程とは状況とか背景等々、結構冷静に色んな角度から様々な視点からとか、見てないようで見てたり聞いてないようで聞いてたりするけど、当たり前にあまり気にしないように流してます


結論結果を重視する性格なんで小さい事、細かい事はあまり気にしないように、普段から強く意識もしてます


過去のプロバスケ活動においても、ある日分岐点の大きな決議の瞬間があって組織の転換に賛同し社長の交代を説得しました

ただそれを説得させる為に地道につなげてきた人間関係も、ある部分からの信じられない主張によって完結せず、チームが無くなるという最悪の方向性に進んだ事はあまり自分からあの日あの時何があったのか公開する事なく現在に至ります

自分にとっての自身初のミステイクは第三者から生まれた経緯を経験した事で、自分の危機管理予測というか、自分自身がある程度の距離感を意識する人間だと感じている方との関係性においてはその関わり具合の不安に間違いはないという結論に至っています


継続できているバスケに対する指導においても同様で細かい事はあまり言わないですが、気になる今後の成長につながると思うどうしても気になる部分だけは何回も同じ事を伝えます


学生にとって技術力の優先順位は自分がアドバイスする部分とはかなりズレてるケースもあったりしますが学生自身が気づけるレベルに達する迄は何度も何度も伝達します


自分もそうでしたが、学生時代の視点の段階にあまり沢山の事を伝達しても何が自らの最大の長所なのか、やりたい事を上手くなりたい部分を集中的に練習したくて当たり前な頃でした


だからこそに指導者が学生のペース配分を考えた上で大切な分岐点にこれまで言ってきた事を初めて詳しく説明する時がくる事を信じて指導しなければなりません


3年目からは常にその分岐点を意識して時間配分を各自に考えて指導してきました


自分なりの独特のスタイルは今ある1つの形式を確立して、練習試合やその内容に再確認する時間が大切になります

巧くは説明できませんが、伝達という手段は1つではないという事とその手段1つ1つが意味が重要でつながっているという事です


ほとんどの学生団体チームが指導者、監督トップダウンで同じ事を全員に伝達してる光景をよく見ます


自分は試合中ならばゲームメンバー全員に伝達しておく必要性を重視しますが、普段の練習ではほとんどやりませんし、不必要ならば指示する事なく観察のみしてます


多分、多くの学生が、これまであまり出会った事のないタイプの不思議なバスケオヤジだと感じてる事でしょう(笑)

その性質でまちなかの色んな事や、様々な分野に名前があったり、役目とか存在感を間接的に知らされたりするので、加えて不思議な事でしょうね


結論、結果とか成果に対して様々な視点とか色んな可能性から模索ではなくある程度の確信を意識しておく事は過程においてかなり大切な思考であってその決断力も同様に過程があってこそのものだと思って様々に取り組んできました


大樹した事の方が確率的に多いからこそに、達成できる可能性が高い事なのに、達成できなかった事例は本当にいつまでも心に残ってしまってます


人生の中でプロバスケ事業の関わりはたった数名の発想レベルで終演しただけに悔やみも自分の中で大きく残ったままなのでしょう


その数名を自分が言葉や態度で公開したり追及したりはしませんが、二度と関わりたくない人達なので、自分が築いている壁とか境界線は相当に高いものである事は間違いありません


もし今後境界線を破って寄ってくるような事があれば、自分が自分で一番怖いと思ってる性質が顔をだして牙を向く事でしょう


正直自分を制御できない怖い面を封印してる自らを知るだけに、とにかく近づいてきてほしくないと願います


制御からの決断力


バスケットのターンオーバー


攻守の切り替えの理想的なスピードに似ています


現実的にチームスポーツの場合、理想的なチームのスタイルは5年経過しても正直築くのはなかなかの難題ですが… (^-^;


藤間議長でした


ビジネスの方が切り替えは容易だと自分は思ってます♪
  

Posted by mtc at 07:42Comments(0)

2016年12月30日

解散

さっき、遅ればせながらYou Tube でSMAP最終回の最後に歌った世界に1つだけの花を観ました(苦笑)

メンバーのぎこちなさの伝わる歌い方にスゴく色んな背景が伝わりました


あんな感じの関係性に変わってしまったのならば、大人になってしまったメンバーの感情論もわからないではない話で自分も仲間だったメンバーからの人間関係も経験した経緯があるので、若い頃とは異なる大人のお互いの気持ちの譲りあいの難しい部分を感じます

おそらく解散の理由は感情的な関係性だけではないのでしょうが、なぜ生放送で歌えないのか

なぜコメントを出さないのか


なぜこんな結末なのか?


全ては色んな感情を制御できる事が可能になるある年代になるまで難しいでしょうが、ある日雪解けがくる日がやってきてファンの前で再結成される日は必ず来るような予感はしました


ところでSMAP話題で言うと全国的に話題性の高い番組をフジテレビキー局でありながら放送しなかった宮崎のテレビ宮崎


この遅れた放送の年内決定に話題が全国的ニュースになってる事を知って、時代ってわからないもんだなぁ…なんて思います


都城市民、テレビ宮崎の放送が映るエリアからすれば録画しなくても2回見れるという事である意味全国的にも珍しいラッキーな地域だとも言えます


考え方次第なんですが、全国的ニュースになるという事はなんにせよ話題性からすれば勝者という事です (笑)


ファンのみならず、色んな意見が飛び交い、ネットでもメディアでも言いたい放題の社会背景の中、様々な感情は世界的なグループであればこそに解散前に目立つ事で推測が過熱して独り歩きしてゆく事はわかってる事


自分たちの冠番組で最後に揃って歌う曲を収録して、終わるなんて現代的で通説にあてはまらないスーパーグループらしい終わり方で自分はよく世襲がおわかりなんだなぁ…ってちょっと大人目線で感心しました

この先各々がどんな方向性でどんな活躍を目指しているのかはわかりませんが、頑張ってほしいと心底思いました


藤間議長でした


やっぱ、正直歳をとるって色々大変ですよ


特にアイドルは…(^-^;
  

Posted by mtc at 14:00Comments(0)

2016年12月27日

日常

昼飯に行くにも、ちょっと用事で向かうにも、まちなかでの場合、自分はノルディックウォーキングで行ったり、普通にできるだけ歩いたりしてますが、都城の街中はここ数年で街中の歩道がスゴく整備されて歩きやすくなりました


都城は一般的な地方らしく車社会が当たり前な環境ですが、日々歩く事がベースの考え方のウォーカーにとっては、本当に感心するぐらい歩きやすい素晴らしい環境のまちなかに変わったと思います


これが行政の成果という事なのだと自分は思いますが田舎の場合、整備=賑わいとはならないのが当たり前でもあって、田舎の現実と長い間直面してきた自分にとっては日常そのものに残念な感覚を感じて生活してきた28年を自分なりに今後の人生にどう整理してゆくかという発想を持って目標の歳に向かう日々でもあります


2016年の残りが1週間を切っても日常の生活習慣には何の変化もなく朝起きて、ネットとにらめっこして、トレーニングして、ノルディックウォーキングの定例会がないと歩いて昼飯に向かって、午後からサポート事業の仕事がなければ色んな整理作業をしてバスケ指導があれば指導に行って指導がなければ午後からノルディックウォーキングして夜になります


お店がとりあえずあった日々は店を開店させる使命が少しはありましたが、先月でとりあえず終演して以降は気持ちも想いも情熱も見事に消滅しました


正直なところ昨年からお店の売上なんて不良在庫の消化に努めていただけで、新しい仕入れをする事はなく商品を少しでもお金に変える為にと自分なりに懸命にやってきただけ、そしてゴールがみえた事でケジメがついただけなんです


昨夜のSMAPの終わり方を動画でみて何となくですが、自分の終わり方と共鳴する感覚がありました


大人になるって事は日常を受け入れ、若い頃とは違って、とりあえずでは限界があるという事でもあります

勢いでやれていた時代を思い出すと最近ちょっと涙腺が弱くもなりました


55歳で東京オリンピックを迎えてその後の10年間は大変な変換期、変換後の競争力の時代を向かえる可能性を専門家が予想されてます

とりあえず準備を怠らないように考えておく事が必要なんで、まだまだ来年以降も我慢の日常になる事でしょう


藤間議長でした


平和な日常にとりあえず万歳です
  

Posted by mtc at 15:50Comments(0)

2016年12月17日

厄介

実は今月の初め頃、都城のバスケット界を守ってこられた都城のスポーツ小売店界の重鎮のお1人、元当店の店長のAスポーツの社長に都城バスケの事、自分が思ってる変わる必要性があると思っている事、色んなメンバーが都城バスケの事で関わりやすい環境づくりの為に今の都城のバスケット協会の事務局が考えなければならない事、色んな事への個人的意見をかなり大胆に伝達させていただきました


いつか自分が言わなければ誰がいう…なんて個人的に思ってきた内情の見えない問題点なんで、正直A氏は様々な背景の現実に相当に驚いておられましたが、自分達が何か大義をやられたわけでもないのに、都城からスタートしたプロバスケの事の噂話が耳に入ってしまうと、そもそもスゴく変われるきっかけがあった話を俺は持ち出します


すでに体制が変わらないのであれば協力する情熱は自分の中で燃える事はない内情を打ち明けているので、都城エリアが変わらないのであれば宮崎とか小林に応援、サポートしたいエリアを自分が変えるだけの話なんですが・…


Aスポーツさんがサポートされて積み上げられてきた沢山の事を自分が引き継ぐか否かは不確定ですが、自分がもしやらないとすればこの地域は大変なチーム難民が続出します、


低い利益率で安く受けおるなんて事は自分ならば絶対にやらないので、各チームの負担額やこれから先の活動資金や現実的課題に相当な格差が生じる可能性もあります


本当かどうか知りませんが都城に出店したあるスポーツ大型店の撤退の噂話もされていて、この業界の改善されない深さを感じます


判断力の高い自分に言わせれば、利益率が楽しい商売ならば当店が様々から撤退したり、売り場スペースを減らしてテナント事業を加速させたり、指導とかカルチャーの分野の強化をする活動に力をいれたりシステムを変貌させたりはしないという話です


今日もサンズサポート時代に知り合いお世話になったある業種の社長に偶然お会いしました


自分は以前から問題ありな人間に関わり続けたり、その性質にストレスを感じ続けるぐらいならどっかのタイミングでケジメをつける決断力が人生には必要な事を色んな方々に主張してきました


そのケジメとか期待値な部分に諦められなかった方々の残念な現実もここ数年間よく聞かされます


可哀想な事なんですが、人の性質はそう簡単には変わらないもの、合わない人間と合わせる無理な気持ちの格闘は多分一生涯のストレスとなります


その巻き混まれるストレスで大事な生き甲斐とか夢とか目標を失う悲劇を誰がつないでくれるでしょうか…

多くが自分の事で精一杯の現実を体験した以上、自分の判断力はかなり研ぎ澄まされています


問題の引き金だった男が今何をやってようが、何を目指してようが、自分の人生に絡ませないと決めた人間とは一生出会う事もないほどの境界線に自分はこだわります


それは自分の大切なたった1つの人生の中で偶然に遭遇してしまった只の邪魔者としか、見えていない証でもあります


ちっぽけな遭遇だったと発想を変える事ができれば、場所や出逢いはまだまだに未知数に存在するのが人生なんです


いまイジメを受けている可哀想な人も、何かしらに追い込まれて一杯一杯の人達も、長い長い人生の距離で考えてほしいと思います


毎年この時期になると、昨年の12月に書き込んだブログの内容を読み返します


昨年の自分のブログには、新しい活動への期待や転換へと向かう前向きな文章が綴られていて、今大きな転換から次のステップへと向かう常に上昇思考の自分のポリシーの起点をつかみとれました


とにかく1年1年確実に成果をつなぎ、それを信頼性に変えてゆく事ができた実績が全てなんで、誰が為のものでなく、自分の為に必死にやらなければならない時期は必死にやらなければ何もなし得ないという事なんだと俺は思います


完全な縁切りだと自分が判断してる方々の現在には全く興味もありませんが、第三者から悲報が聞かされるような根性なしな人生の終わりであってほしくはないとは恨む事なく思ってます

藤間議長でした


自分は口先だけの奴、都合のいい奴がとにかく大嫌い

都城って結構それ系の方々多いから関わり方によってはとにかく厄介な地域


様々な責任ある担当者の方々はきっと大変な事でしょうね (¬_¬)
  

Posted by mtc at 15:56Comments(0)

2016年12月13日

宇宙ビジネス

こないだNHKの番組で宇宙ビジネスの話にワクワク


UFOとか宇宙人とかは普通に遭遇してこない理由がわからない限り自分の感覚では信じたくはないけど、


宇宙ビジネスに関しては、これから先にも色々新しい仕組みが生まれる分野だけに地球規模で考えると地方でも、特に高専がある都城においては場所は必ずしも県庁所在地でなければならない背景が無い事からも推進してもマイナス要因は少ない事業


是非、都城は宇宙ビジネス企業の誘致に取り組んでいただきたいです


目先ではなく数年後を見据えた事業はまだまだ他の地域との競争も少なく都城には高崎に展望台があったり山之口のあじさい公園では素晴らしい星空を体験できる街です


九州では鹿児島の内之浦や種子島にロケットセンターがあって、都城はその宇宙につながるセンターとも交通手段は近いし、関連企業にとってもメリットは相当にあるのではと思います


六次化産業の推進事業も大切な事業ではありますが、全国様々なエリアでも取り組んでる事業でもあるし、その競争率は相当なもんです


是非未来への事業として、宇宙ビジネスへの参入を検討してもらいたいもんです

そんな企業の誘致やサポートも関連するのはIT産業の一種でもあります


藤間議長でした


まちなかの民間スペースで未決定のスペースでは市民がワクワクするような新規の事業改革を始めてもらいたいもんです
  

Posted by mtc at 11:42Comments(0)

2016年12月10日

10年計画

Bリーグが開幕してもうすぐ3ヶ月


民放での試合中継放送はほぼないけれど、BSでも数試合放送があったようですがケーブルテレビと契約しているおかげで日テレジータスやJスポーツやガオラ等でかなり試合を夜再放送等々で見れてます


生中継もやっているようで生活の中に日本プロバスケの試合観戦が田舎でも観れる事が嬉しい


日本のプロバスケ選手達のレベルは、正直世界レベルと比較すればまだまだだけど、サッカー界も環境からレベルが変わったように、10年計画で日本市場に浸透していってほしいと願う


バスケットは華麗なプレーだけが視点にみられがちなんですが、とにかくスピードと判断力とそれなりの頭脳力が求められるスポーツなんで、日本人が野球を頭脳戦で語る方々が沢山おられるように、ツボがわかればかなり酒のつまみになるような戦術的な試合の深さが時間単位であります


バレー、バンド、フットサル等のインドアの球技とはちょっと異なる残された試合時間を戦術テーマにしたNBAの人気の根源にある深い部分が大衆的に理解されるようになると日本のスポーツ界の観戦レベルも向上するのになぁ…なんて個人的に思います


よく、大リーグになぜ選手が次々と流出するのか…なんて話題になった時代に、一番の理由が環境という意見が多くて、大リーグの各チームはそのエリアに根付いた経営戦略が定着していてそのチームに所属する事そのチームで試合に貢献した成果に対する喜びが日本の環境とは異なるらしい


当然成果=の収入の結果も比例して随分と異なる


多分その背景には日本のプロ野球球団の一軍と二軍の管理運営費の考え方に大きな格差があって、日本のプロ野球の環境は育成という分野にかかる費用がかなり高い


歴史的な背景もあるので、一概に極端な意見は言えないけど、これから先のプロスポーツビジネスは更にシビアな運営と能力の格差を示される環境へと進んでゆく傾向は、一流選手が活躍出来なかった場合の大幅減額の査定でも示されている

毎年結果を出してゆかねばならない環境に比例して、野球人気の為の国際試合への参加等々


現役スター選手に保証される背景が構築される前に、負担だけが素人発想のメディアの後押しもあって勝手に期待だけが進行している

侍ジャパンに参加しなければならない風潮に加え、プロ野球監督として実績のない小久保レベルが指揮をするチームに拘束されるスター選手が可哀想だと俺は思う


所詮一番儲かるのは企業であり、ミズノである背景を崩して頑張った選手達とか未来の野球少年の育成にその利益が廻るシステムならば、侍ジャパンの意義に納得しないわけでもない


過去数回の参加でわかっている事はアメリカは超一流選手でチームを固めてはいないという事と固める必要とか参加の意思をあくまでも選手の意思、所属チームの意思、マネージメント会社の意思を重要視されている日本との大きな格差がある事


誰が参加しないとか、その参加しないニュースをいかにもその決断が悪いかのような内容をワイドショーで議論するスポーツ素人の意見等々、日本社会のスポーツ選手に対する尊重のなさには本当に呆れる


そりゃ、海外、世界で活躍する選手達もなかなか帰ってこないのは当然だ


藤間議長でした


永く関わってきたスポーツ小売り業界もしかりな話なんだけど…


今誰でも素人でもフランチャイズ契約によりどんな商品でも規制はなく売れるスポーツ用品


そりゃ、明るい未来は自分には見え無い

スポーツ小売り業界の場合将来を見据えた10年計画なんて死語である(笑)
  

Posted by mtc at 11:30Comments(0)

2016年12月09日

二極化

最近の新聞に掲載されていた最新号週刊現代の広告記事


東京オリンピック返上と書かれた記事に日本人記者の現実であってほしくないレベルの低下を感じた


例えその案がウルトラCであろうがなかろうが世界は日本中心に回っているわけではなく、世界的な発想で考えた場合、日本から返上的な意見が議論されただけでも世界は日本の経済水準に疑問を投げかける事だろう


掲載記事が告知された週刊現代は歴史のある雑誌だし発行先の講談社も歴史ある会社であって、売上高とか話題性の為ならばその影響を思案しない危険運転の高齢者のような判断力状態のように個人的に感じた


日本は2019年のラグビーワールドカップを皮切りに今世界的なイベントをおもてなしにより迎える準備が全国各地で進められていて、直接的には競技に関係がなくても、田舎の宮崎においてもラグビーイングランド代表チームのキャンプが決まったりオーシャンドームを取り壊してスポーツトレーニングセンター建設の計画が進む等既に全国の地方行政は活性化に向けて動いている


そのような現実的背景を考えるべき現代と名のつく影響力を持つ雑誌記者が発信すべし内容だとは…?かなり情けない違和感と不愉快な感情を持った


おそらく日本中の世界的イベントに関与されたり、楽しみな興味を持っている人からすれば、怒りさえ感じる記事と言われて仕方ない

この記事が問題視され、こんなレベルの記事を発想した記者にはそれなりの自覚欠如が指導される事を願う

とにかく書きたい放題で、このようなレベルの執筆を放置するから規制等という政権からの処置が生まれる

自業自得な現実に情けなささえ感じる


昨今のカジノIRの話題も、原発のいじめ問題しかり、何か少数意見を拾い上げる風潮に関して、真っ当な意見記事の雑誌もテレビの番組もキャスターも減っていて、色んな判断力に二極化の大分裂の傾向のような流れを感じる


昔都城のこの街でも二極化大分裂のような選挙が実際にあって、様々な担当部署の方が変わり、政策や街づくりに関しても色んな事が起こった


オーバルパティオは厳しい荒波も経験してるし、追い風も経験して存続している商業施設なんで、出店を繰り返す大型スーパーや大型店舗とは危機感に対する心構えが違う


ギャンブル依存性の方なんかがこのような活動のメンバーにいたら基本運営なんてとんでもない話で、そんなギャンブラーの雇用を判断できないトップは人選能力がそもそもに無いと俺は思っている


大人になるという事はお金のけじめを覚えるという事でもあり、ギャンブル依存性で楽しむ程度が理解できないのであればそもそもお金を与えてはならない話でもある


その問題とIR議論が肩を並べる事事態が低レベルであってメディアがわざわざ取り上げる話題なのであろうか…?、そんなレベルの方はそもそもにパチンコ、競馬、麻雀レベルから先のスタートの投資が会員制の高級カジノになんて海外でも入れない(笑)


規制に関して、マイナンバーも施行されている限りに誰でもカジノができたからといって参加できない事をわかってる上で議論している時間に対して野党の政治家の自意識が本当に情けない


これからの時代の新しい規制はそもそも甘くてはならない


藤間議長でした


吸い続ければ吸わない人より高く税金を払う事を理解していてもタバコを止めない人が沢山いる日本社会


恐ろしい格差の社会となるその将来への貯蓄の意識が少ない人達は既に年配者でも年金を昼間運動する事もなくギャンブルスペースに身を置く現実がある


そもそもに、自分には共有できない性質の人達でもあるし興味もない


日本も二極化は更に加速する事でしょう
  

Posted by mtc at 14:39Comments(0)

2016年12月03日

称賛と不安

タクシーが総合病院に突っ込んで死亡者をだすなんてあってはならない事…

福岡の色んな闇が何か最近スゴい


タクシー運転手のブレーキがきかなかった、という言い訳がもし本当なら福岡全体のタクシー車両の安全性も信用できん

福岡で生活していた頃にも色んな事件とかトラブル的な事も様々なエリアで結構あったけど、人気も影響力もある都市に変化した事で福岡は全国でも何かしらあればトップニュースに報道される街になった


山笠はユニスコ祭り遺産にも登録された事で世界からのインバウンド効果を生み出す観光客は来年から更に増える

色んな体質の甘さはもしかしたらテロリストの対象にもなる脅威がある


九州を代表する都市として福岡を第二の故郷だと思ってる1人として、しっかりとした社会管理体制強化に福岡の行政は努めてもらいたい


取り返しのつかない大事件が起こってからでは遅いです


藤間議長でした
  

Posted by mtc at 20:47Comments(0)