みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
mtc
mtc

2017年03月20日

興ざめ



選抜高校野球を観ていて、知らなかったルール

コールドゲームが無いのか・・・?

初出場が21世紀枠なのかもしれないけれど

21対0はヒドイ

放送が全国放送のNHKなのでさらに最悪な事態だと思う

個人的にもっと残念に感じた事が、この一方的な点数差で負けて、相手の校歌を聞きながら笑えてる事

参加する事に意義があるとか

思い出づくりとかもあるのかもしれないけれど

負けて悔しい思いははっきりとした形で伝承された方がよいと俺は個人的に感じた

自分達の未熟な部分が悔しくて泣くのならば、イライラはするけどまだ理解できるものだ

高校野球甲子園においても、ハッキリとしたコールドゲームのルールを定めるべきだし、選抜に関しては選抜されるチームの選定委員会に、このような結果になった場合の罰則だって必要だ

21対0はあまりにも興ざめする内容で、自分が、もし卒業生であれば学校名をしばらく他言できないかもしれない

コールドゲームは力の差を短時間で決する素晴らしいルールなので、国際試合WBCにも採用されているのに、何故、甲子園は採用されてないのか、
疑問でたまらない

そもそも高校野球ビジネスが日本のスポーツビジネス界を微妙におかしくしてると自分はずっと思っているので、こういう試合を見てると、参加高校の寄付金集めの大会にみえてきてさらに冷める

地元でもその野球ビジネスの現実と脅威を数回思い知らされたので、ミズノへの疑問符はそもそもそこから始まっている

正直者、ナチュラルな考え方の人間は排除されるゾッとする現実がそこにはある

興ざめする、高校野球ビジネスの世界である


藤間議長でした


  

Posted by mtc at 14:43Comments(0)

2017年03月16日

スキルアップ

[photo:1]
[photo:2]

バスケの指導を開始して今年丸5年を向かえる

スタート当初まさかこんなに長く関わるなんて
想像もしてなかっただけに、考え中なんて不思議なものだ

もし、指導を継続してなかったら、今までと変わらない発想力のままでスポーツ用品販売の外商営業をやっていたかもしれない

指導への関わり、チームがベスト8に進出する等
地域で強くなる現実に比例して、従来のチーム納品の取引は無くなっていく現実的な不可思議

対戦相手になるチーム、ライバルチームの指導者から商品を買う事はおかしいという意見が現実的に人間関係の浅さにおいては存在する地域

ひがみ根性の強い地域なので、わからないではない背景に自分はほとんどの現実を受け入れて今に到る

今さら、大概の寂しい現実を許容範囲として受け入れるようになった

ただ考え方次第では、おかげ様という感謝の感覚もあって、完全なる負の連鎖のビジネスからの自然な脱却を開始するきっかけにはなった

意地張って継続していたら破産の道を選択する事になっていたかもしれない

自らのスキルアップを決意してコーチングライセンスのレベルアップに挑戦する事を決めた2016

バスケットに関して、10年継続に向けたこれからの新しい5年

目指す事を決めた新しい夢や目標へのチャレンジ

もっともっと勉強せねばです

藤間議長でした


  

Posted by mtc at 11:28Comments(0)

2017年03月16日

スキルアップ






バスケの指導を開始して今年丸5年を向かえる

スタート当初まさかこんなに長く関わるなんて
想像もしてなかっただけに、考え中なんて不思議なものだ

もし、指導を継続してなかったら、今までと変わらない発想力のままでスポーツ用品販売の外商営業をやっていたかもしれない

指導への関わり、チームがベスト8に進出する等
地域で強くなる現実に比例して、従来のチーム納品の取引は無くなっていく現実的な不可思議

対戦相手になるチーム、ライバルチームの指導者から商品を買う事はおかしいという意見が現実的に人間関係の浅さにおいては存在する地域

ひがみ根性の強い地域なので、わからないではない背景に自分はほとんどの現実を受け入れて今に到る

今さら、大概の寂しい現実を許容範囲として受け入れるようになった

ただ考え方次第では、おかげ様という感謝の感覚もあって、完全なる負の連鎖のビジネスからの自然な脱却を開始するきっかけにはなった

意地張って継続していたら破産の道を選択する事になっていたかもしれない

自らのスキルアップを決意してコーチングライセンスのレベルアップに挑戦する事を決めた2016

バスケットに関して、10年継続に向けたこれからの新しい5年

目指す事を決めた新しい夢や目標へのチャレンジ

もっともっと勉強せねばです

藤間議長でした


  

Posted by mtc at 11:28Comments(0)

2017年03月07日

いよいよ、WBC






いよいよ、WBCの日本代表侍ジャパンの初戦の日となりました

ほとんどのスポーツの日本代表チームのネーミングの何とかジャパンの火付け役となった侍ジャパン

現状子供たちへの影響力にサッカーの人気に完全に押されてしまっている野球なので、WBCの成果は野球関係者、スポーツ業界関係者にとっては
これから先のスポーツ用品販売ビジネスに結構大きな影響があるかもしれません

スポーツ業界の分かりやすい個人的には残念に感じてきた現実に野球ありきの背景があって底辺の小売業は野球ビジネスか学納ビジネスかで売上を形成してきた現状がありました

現在地域でも大型スポーツチェーン店大全盛の時代に小売状況は変貌してますが、卸売業が大型スポーツチェーン店に在庫サポートを協力する背景には自社野球ブランド販売の為の理由もあります

そう、野球の人気がもしWBCでの残念な結果によって低迷への分岐点となればスポーツ小売、販売業界の崩壊の一歩となる可能性は否定できません

特にミズノは自社ブランドの影響力として、野球は最後の生命線

強気な体制を維持する為には、関係者は祈るような想いである事でしょう

いわゆる高校野球ビジネスが生命線だという事なので、底辺の競技者の影響や減少は直接的に数年後の売上影響に結びつきます

こないだ久しぶりにあったスポーツメーカーの高校野球の担当者の方が、侍ジャパンの選手達の調子の悪さや不安材料に・・・

首からチャラチャラ金属的なアクセサリーを付けて野球やってる場合じゃない、影響力があるんだからどうせ打てないなら、あのチャラチャラ感だけはどうかしてほしいと嘆いておられて自分は全く異なる矛先の発想に大笑いしてしまいました

あんたも、肩こりヒドイからと言ってファイテンネックレスしてんじゃん

流行りの中心をリード出来ない側、思いつかないレベル側の発想力が業界の競争力をただのデフレ競争へと進行させている業界なので、現状のようなユニクロにポジションを奪われているスポーツアパレルの状況にあまり先は無いと考え、自分はやり方を転換した成果も事実な事

異なる発想力に同調しない業界トップ集団に何らかの転換期が訪れない限り変わる事はないと自分は思っているので一緒にドボンは御免だと常に考えてきただけ

そういう意味ではサッカーも含めて今月は業界にとって大きな意味を持つ1ヶ月となりそうです

藤間議長でした

そういうお祭りスポーツの売上競争からは撤退した立場なので

かなり冷静に楽しめそうです
・・・笑

  

Posted by mtc at 08:51Comments(0)