みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
mtc
mtc

2017年08月31日

ホップ

昨夜吉報が届き

ある事業が1つ決定しました

これまで色んな事に取り組んできましたが

何事にも容易い道が無い事はわかっています

大変な作業だからこそに燃える部分もあります

期待を込めて指名していただいた以上気合い入れて頑張ります

期待有り、不安有りですが、何事も当たって砕ける精神の体育会系です

事業内容は未だ明かせませんが、都城を盛り上げる為のまちなか以外の大事なポイントにも関わる


まちなか事業と周辺事業に同時に関わる事から様々な架け橋の立場が必ずや拡がります

65歳までの残り12年

いよいよ夢に向かってのホップです

藤間議長でした

  

Posted by mtc at 09:14Comments(0)

2017年08月30日

代物




10年前は年に数回は東京に仕事で行ってた時代

その頃必ず寄っていたのは横浜中華街

毎回お土産の他に自分が何かしら後々楽しめる物を買ってました

この紹興酒も年代物で薦められて購入後、10年以上保存してました

月曜のバーベキュー、みんなで飲もうと持ち込んだら、なんと開けるのも大変な代物

ネットで開け方は調べたものの、開ける道具は無いわ、皆酔ってるし、何か飛び散るという情報から、とりあえず次回まで保留

これだけ密封してあれば味も確かに期待ですが、
中国のらしさを感じます

藤間議長でした

さぁ、いつになるやら・・・笑

  

Posted by mtc at 08:17Comments(0)

2017年08月28日

せごから





都城8月の最後を飾る夏祭りの高城祭り

レイク観音のブースで販売したのは、

鹿児島のせごから


そして、今回ご提案のハムカツ


大変ご好評をいただきました

加えて鹿児島の天然氷で作ったかき氷は大好評で沢山の行列をいただきました



これからの数年間、夏の最後の祭りのイベリアになりそうです

藤間議長でした






皆様お疲れ様でした  

Posted by mtc at 06:19Comments(0)

2017年08月27日

1年生大会




今年の1年生大会、

強豪小林高校に3回戦で敗れて敗退となりました

今年は4年生の学生にE-2ライセンスを受講させて今回からベンチワークを任せてます

タイムアウトのタイミングや選手交代のタイミング等々、コーチの立場と選手の立場では様々な格闘と判断の分岐点があるので、学生時代に色んな経験値を高めてもらえるといいなと思ってます

コーチの立場でなくベンチに座って、各自の意見に耳を傾けたり、疲労がみえる選手にトレーナー的なサポートを施したり、自分にとっても勉強になる事が多くありました

強豪チームといい試合ができたことで次へのステップアップにつなげてほしいと思います

藤間議長でした

何事も経験

これにつきます

  

Posted by mtc at 13:32Comments(0)

2017年08月26日

夏の終わり




夏の終わりに初秋刀魚

高専バスケ指導の合宿が大きな怪我人もなく、無事に終わり、今日からは1年生大会です

指導を6年前にスタートして以来、1年生大会は夏の終わりの定番になった区切りのイベントです

これまでであれば、1年生大会終了後、2週間程で練習再開だったのですが、今年から高専の年間スケジュールが変わり、9月はほぼ1ヶ月夏休み、バスケ部の練習も高専は寮が閉寮となるので通生のみとなり部活に参加するメンバーもアルバイト等の予定に制限が出来ないので、かなり減少します

自分のカリキュラムも1年生大会が終わると、モードは夏から秋へ

秋はスポーツや文化の季節

ノルディックウォーキングのイベントや今年は公民館活動の敬老会イベントにふれあい文化祭、ウォーキング大会等々、多忙な日々となりそうです

この時期はゴルフラウンドも増えるので、春から夏にコツコツと継続してきたトレーニングの成果もここからがポイント

今年も年末まで充実した体力で乗りきりたいものです

更に今年は多忙に拍車をかけそうなある事業がスタートしそうで、本格的に関わる事になれば、経済的な部分も好転するかもしれません

藤間議長でした

来年大きな脱皮を向かえる前に更に安定性を確立させておけると燃えてます 笑

  

Posted by mtc at 09:43Comments(0)

2017年08月25日

セコさの盲点




投資をできるだけ削減したいとか・・・

経費はできるだけおさえたいとか・・・

自分もとりあえず最大は飲食分野のアルバイトを含めると50人を越える雇用をしてきた経験がある

事業には様々な分岐点があって、代表である方のセコさが盲点になる事態を自分は経験している

その行動や判断がどうセコいかを考えるのは本人ではないので、当人には気づいてない場合も多い

お金の怖さを自分は知るので、応援する事を決めた部分に関してボランティアでも構わない意識もとりあえず伝えるけれど、当然期間も伝える

プロバスケットに関するボランティアの場合、1年限定の約束で精一杯応援させていただいた

関わった2年目に契約書を交わしたけれど、残念ながら契約のお金をいただいたのは初月のみだった

根本にある性質はセコさでもあって、器にもよる事、自分の優しや甘さを実感し、経験したプロバスケット運営側の実体験は今でも強い教訓として残っている

セコさの盲点はどんな人間性の高い経営者の方であっても突然に顔を出す

その部分を検索する為に自分はトラップをかけたりもする

セコさを理解した場合は対応手段を加味した状態でかかわり合いを継続する努力をしている

これはお互いにとっての思考でもある


藤間議長でした

セコさに打ち克つ事も努力なのだろうと、俺は思っている



  

Posted by mtc at 14:29Comments(0)

2017年08月25日

穴場



昨日、ある都城市内の比較的大きな温泉に寄った

時間は夕方の6時

自分の知る大きめの温泉ならば大盛況の時間帯

しかし、残念ながら、ここの脱衣場に人の気配は無い

そりゃ、行政も頭痛いよ

藤間議長でした

ただ、ある部分を除けば、ここの温泉は悪くない

リニューアルすれば、全然違うのに、

ただの穴場でもったいないね (^^;  

Posted by mtc at 08:30Comments(0)

2017年08月23日

合宿中



現在高専バスケ部指導6年目

夏休み、1年生大会前恒例の1週間合宿中です

昨年は体育館の工事の為に都城市営体育館を借りて開催したので、部費の削減ややりくりも大変で

それら等様々な要因により不都合もありました

正直なところ、不都合な事態は内心困るのですが、指導側として自分側の理想を主張しても協調は成長しません

長い期間の付き合いによって、なあなあになったりする感覚は困りますが、かなりのご協力やご理解もいただいているので本当に感謝しています

今回の合宿は学生のコーチライセンス取得の希望と卒業生のファンダメンタル研修カリキュラムが学校推薦の認可として申請できた事で練習計画に大きな柱をつける事ができてます

自分やチームキャプテンだけのプレッシャーでなく、分散されている事で中身の濃い合宿が実現できてます

この成果が週末の1年生大会にツナガル事を期待してます

藤間議長でした

年齢的にゴルフの調子を崩すのが怖いので、

学生達と一緒にファンダメンタルや体幹トレーニングができないもどかしい日々でもあります

(^^;  

Posted by mtc at 22:31Comments(0)

2017年08月22日

ふるさと2




ふるさとパンフレットの中のページで紹介されている観光スポット

はたして掲載、紹介の全てが地元にとってメジャーなスポットか、どうか・・・はおいといて

一度も行った事が無い方は行っておいた方が損はない・・・笑




周辺人口を含め20万人規模の人口が報告されている都城

色んな面白い話題を提供してくれるお店も、動いて探せば本当に沢山ある




新しい都城を紹介するパンフレットの登場を個人的には期待したい

藤間議長でした

都城のチャーハンナンバーワン




都城のチキン南蛮のナンバーワン




都城の天婦羅うどん、蕎麦のナンバーワン




好み様々に沢山の名店があふれている   

Posted by mtc at 13:30Comments(0)

2017年08月20日

ふるさと




都城をアピールする

ふるさとと題したパンフレットが全国に配布されているらしい

その中身を見せてもらえる機会があった




アピールされているのは、地元出身の方なら多くの方々が知っているソウルフードや民芸品や文化的な数々




自分が目をひいたのは意外なる観光スポット

このパンフレット製作にあたり絞り出した情報が伺える

そして居酒屋フォトに採用された居酒屋はなんと
過去にはお寿司屋さんを営まれておられたお店

今はスプアリブが美味しくて好評なお店です





ここのお店のオススメはスプアリブだけじゃなくナンコツ煮こみ、久しぶりに食べたくなりました

藤間議長でした



  

Posted by mtc at 14:50Comments(0)

2017年08月20日

飲食業



都城にここぞというアジアン料理の店はまだまだ少ない

そんな中で都城老舗のおでん屋さんが提案しているアジアンフードのグレードがかなり向上している

おでんは鍋専門のお店と同様に夏場の売上が厳しい中での新しいメニューのご提案でスタートされた時点から毎年いただいてきたけど、今年のグレードの高さには本当に驚かされている




都城は肉とお酒の街だとアピールされているけど
昔からおでんの老舗も多い街

おでんの老舗の皆さんはコンビニや一般居酒屋で
大衆化されたおでんが買える環境の中で生きのこりに様々な努力をされていて、本当に頭が下がる

人間の味覚は様々で好みという背景が無限大だからこそに飲食業は面白いのかもしれない

藤間議長でした

オーバルのスタート時に飲食業を始めた頃

スタートから3ヶ月でFCのお店は軌道がブレ始めた

売場を任せた店長への信頼性に甘さがあった結果で、そのバックアップにスポーツと飲食兼用でリカバリーに関わろうとしたけど、オヤジから大反対を受けた

自分は先を見越した最悪スポーツ分野スタッフの解散と理想的なリセットの野望を誰にも話さなかったので、オーバルスタートからの初期5年から8年あたりは孤独の地獄図でもあった

あれから18年、俺は生きている、スポーツ売場のリセットとテナント事業の進行を遂げオーバル事業本体の会社に戻り、両親との色んなわだかまりも消え、怖いぐらいに新しい軌道に乗ろうとしている

そして、今日、もしかしたら、あの時代に関われなかった約20年間の唯一の後悔

飲食関連の事業に関われる事になるかもしれない

今は吉報を待つ  

Posted by mtc at 12:21Comments(0)

2017年08月19日

甘いし




生粋のジャイアンツファンとして処分が甘い

今年のジャイアンツの現状の成績はこの投手への投資の失敗が大きい

減俸は最低収入まで落とすべきだし、

先発復帰なんてあり得ない、中継ぎ、セットアッパーで使えないなら解雇でもいいぐらいの(怒)怒りがファンとしてある

ヤッパ

甘いよジャイアンツ

藤間議長でした

どうしてもジャイアンツでやり直すなら

どん底からやれよ
  

Posted by mtc at 13:25Comments(0)

2017年08月18日

2017 ボンパク




毎年参加するようになった都城の参加型イベント

ボンパク

今年もノルディックウォーキングのイベントを提案させていただいてます

昨年は2つのノルディックウォーキングのイベントを提案させてもらったのですが、1つのイベントは台風の影響の雨でイベント縮小

2つ目は残念ながら大雨で中止になりました

2つのイベントの中止は自分の中でのノルディックウォーキングイベントの考え方に大きな変化を与え、ワンコインノルディックウォーキングの強化や発想の転換のきっかけともなりました

今回のボンパクノルディックウォーキングイベントは原点回帰で、定番のコースを設定してこのコースをノルディックウォーキングするノルディックウォーカーを増やす為の活動をスタートさせる為のイベントです

地元のメルアド登録の方々や姫城地域の方々を限定してチラシによる告知を計画しています




開催まで1ヶ月をきったので、ここからの販促活動で参加者が随分と違います、

販促に関してこれまでのSNSの発信のみでなく、
中町公民館館長になった事で館報による告知発信が販促ツールに増えてます

どれだけの販促効果があるのか、今年はちょっと楽しみな部分があるんです

藤間議長でした

ボンパクノルディックウォーキングイベントの翌週もノルディックウォーキングデーの協会主催のイベントで2週間連続のノルディックウォーキング活動を計画しています

後は天候のみ・・・

秋は一番のノルディックウォーキングのイベント販促期になるんで中止だけはできるだけ避けたいものです

  

Posted by mtc at 07:59Comments(0)

2017年08月17日

変わりゆく霧島




霧島への愛着、霧島への想いには、

都城の人は宮崎県人だけど、特別な想いがある

霧島は宮崎と鹿児島をまたぐポジションで、不思議な存在感を示す

自分は都城だから霧島への想いがあるけど、宮崎県南部の宮崎市、高鍋、日南、日向、串間等では多分行った事がない人も多いエリアなのだと、宮崎にいた頃知らされた

全国的に焼酎名が先行しすぎていて霧島が山で避暑地、温泉リゾート地である事は意外にマイナーな情報でもある




そんな霧島の別荘エリアで20代後半の頃テニスサークルを作っていて毎年合宿をしてた頃に開店した手打ち蕎麦のかわぐち

あの時代のオープン以来数年おきに来店しているけど、オーナーもそれなりに歳をとられた

霧島神宮近くのみたらし団子のそうめん流しの歴史あるお店も今年は開店する事が無かった

時代は後継者を作れず様々が変わってゆく

できる限り毎年食べにこようと

改めて思いました

藤間議長でした

霧島の別荘も何軒が放置物件なのだろう・・・

  

Posted by mtc at 14:56Comments(0)

2017年08月16日

お盆と北朝鮮




お盆は戦没者の供養と戦争を忘れない日なのか?

ご先祖様の供養を再確認して、お墓から実家にお迎えに行って戻れる期間なのか?

日本という国は儀式や慣例の伝達が地域によってあいまいである事を大人になって違う場所の方々等と交流を持てば気づきます

田舎の事しか知らない人達はそれが当たり前だと思っている人々も当然に多く意見交換やコミュニティが必要になります

この時期だからこそに北朝鮮が今世界に迷惑をかけている背景とコミュニティ能力や地方に例える
市民への情報不足の現実を哀しく思います

50を過ぎて人情的な部分が増してお盆の期間はできるだけ戦争の日本映画を観るようになりました

昨日観た映画は夕凪の国と東京大空襲

戦争の悲惨さを伝える悲しい悲しい映画です

本当は知覧にまで行きたいのですが、一人じゃ寂しいし、遠いしなかなか踏み出せません

北朝鮮の行動はあの時代の愚かなる日本軍の思想とダブルので、今こそ日本の民放メディアも戦争に対する悲惨さを発信するドラマや特番を放送してほしいと今年は残念でしょうがない感覚でした

不倫問題や道徳観の問題なんざ、平和と余裕の象徴で日本は最悪の国家状況から70年以上を経過して平和ボケの経済大国になりました

メディアをコントロールしている番組プロデューサーもどこまで伝達と責任の重要性を認識してるのか、ため息をつかずにおれない残念なラインナップでした

宮崎の民放2局しか見れない方は更に悲惨なラインナップに感じました 笑

お盆が明けて北朝鮮関連の話題はワイドショーでも過熱しているようですが、この平和ボケの国のどこにもその危機感を感じません

逆に国民感情はアメリカに頼りイズムで、あの国が日本に対して無差別殺害を戦争の期間中どれだけやりたい放題だったのか

再認識しなければならない発想を北朝鮮の行動を責める放送を繰り返す前に、辛い経験を歴史に残す国の責任として愚かなる行為を今こそ日本から北朝鮮の指導者に強く伝達すべきだと俺は思います

今の国政は何となくアメリカにぼこぼこに殺られちゃえばいいのに、っていう方向性にしか見えず
スゴくレベルの低い方々が政治家になってる虚しい感覚が強くします

議員レベルやその数、議員になる為の気質など諸々

制度の見直しが日本には危機感が無さすぎに個人的に思います

本当に戦争が始まったりすれば、オリンピックどころじゃないですよ

藤間議長でした

フセイン政権を短期間で崩壊させた事例のようには解決しないと俺は思えてなりません

  

Posted by mtc at 09:44Comments(0)

2017年08月14日



なんと、

松山秀樹の入籍と子供の誕生が今日発表された

もし、メジャーに優勝すれば、ダブルの歓びとなり幸福の絶頂の発表を向かえる日となった可能性もある

松山秀樹の女性関係の背景について前回の投稿で軽く日記の文章内でふれていたので、その点はお詫びしたい

とにかく結果論として、家族ができたのだから、子供の為、嫁の為に男は頑張らないといけない

自分もそんな時期を過ごした経験があるので、男にとって所帯を持つ分岐点の覚悟は大きい

ただ再婚してあのような負担だらけの環境の結婚生活は避けたい想いが強く女性とつき合う場合にはやはり色んな事が頭をよぎる

狭い街で知りあいも多く噂はすぐに拡大して流れる

自らで流した宮崎や鹿児島に彼女がいる話は、予想通りに拡散されている 笑

ゴルフを教えていたり酒や食事をする仲間だと言ってるのに結婚の可能性がある彼女だと伝わっている 笑笑

夜の社交場の場合、飲食系を除くと、知りあいのBarには大体月1回

リラックス度数が高いスナックの順に月2ー3回
月1-2回、月1回の割合でお店を決めていて、
それ以外の店は基本新しい店の開拓もやらない

だから月の外遊費はほぼ古定経費なんだけど、
遊び金に余裕が無い月の場合、ほとんど外食しないので、そのあたりの割りきった感覚を以前の結婚生活ではなかなか理解してもらえなかった

とにかくもし、女性と又正式に付き合うとしたら
社交性の感覚か共有できた方がいい 笑笑笑

藤間議長でした

松山秀樹くんの成長が結婚によって飛躍する事を願う



  

Posted by mtc at 19:16Comments(0)

2017年08月14日

課題



松山秀樹が泣いた

悔しくてカメラの前で泣いた

期待を背負う重圧や自らの夢

そして、練習量に裏付けされる制限や努力

その立場で経験をしていなければわからない事が
きっと沢山ある事だろう

そんな気持ちを自分の理論やただ単なる知識欲で整理する愚かな解説者を日本の民放メディアは持ち上げ起用する

ゴルフ界で言えば戸張、サッカーの場合、根性論やを解説するセルジオは、最大のトラウマ的な存在のように思う

例えばゴルフのメジャートーナメントはほとんどがアメリカで開催されていて、現在PGAツアーで活躍している松山秀樹と同世代の選手達は全米のジュニア大会はから凌ぎを削ってきたライバル達

日本のスポーツはほとんどがこれまで閉鎖的で、他国への流出を拒んできた背景もある

スポーツに対してゲームの中の感覚が先攻していて一般素人がスポーツの背景に対して青春とか感動とかドラマティックな部分を期待する

日本のスポーツの強化が結果として発揮される為には国内の日本のスポーツに関わる様々な方々の感覚が改善策として示される時代に変わる事を末長く期待している

自分は日本のスポーツ界はスポーツ用品販売に関わってきただけに思うのだけど、長い期間ある意味に閉鎖的で、学校とスポーツの関係性が企業とスポーツの関連性よりも根付いてきた

最近スポーツの商売を別の視点から見れるようになってとにかく日本は海外の環境に対して随分と遅れていると強く感じる

具体的にどういう部分に課題が強くあるのかを公開すれば大問題かもしれないので、とりあえずふせておきたい

あの神の子だと言われたガルシアが30歳を越えて
今年念願のマスターズを制した

松山秀樹はまだまだ25歳、お国柄なのか?、真面目なのか?、恋愛、女性関係の話も出てこない

ガルシアもメジャーを取った事で所帯を持つらしい

周囲の期待はわかるけど、課題はメジャートーナメントでの勝負どころのパターだと素人視点から見てもコメントされそうで、そんな誰が見てもわかるような課題は簡単には改善されない


本当の改善につながる理由は素人にはわからないもっと深い精神的な部分にある

コメンテイター含めスポーツ解説レベルの改善も必要な要素かもしれない

藤間議長でした

楽しみは来年以降にとっておこう  

Posted by mtc at 08:58Comments(0)

2017年08月13日

指導スキル




昨年から日本バスケット協会所属の指導ライセンスコーチとして参加させていただいている宮崎県の少年、成年、Jrの国体強化合宿

昨年はD級ライセンス取得の為の講習会参加のカリキュラムが主だったので、指導者側として国体合宿参加メンバーのそれぞれをチェック出来ませんでしたが、D級ライセンスを取得した今年の参加は先々野望はB級ライセンス取得、練習の中で各選手達の動きや考え方を聞いていかに指導方法につなげる事が自分に可能なのか・・・

視点も昨年とは随分異なる参加となりました

様々な参加者に聞けば、クラブ連の場合C級コーチライセンス取得のクラブチームコーチも宮崎県はまだまだ少なく、高専が全国大会に出場した場合にのみならず、クラブチームや大学が全国大会を目指すのであれば、そこには必要な人材が不足している事を知りました


今回の国体合宿において宮崎県バスケット協会の会長、理事長からもC級といわず、B級を目指せと励ましをいただき新たなる目標に向かって頑張りたいと思います

現在は6年かけて高専のバスケット部のシステムを理想的な学生主導の形にできサポートの立場としてコーチの立場を確立できたと思っていて、学生の立場でのE-2コーチと審判の資格を取得した学生をチームに存在させる事が毎年4年生の段階で継続できれば、自分は地元の大学バスケットチームの強化やクラブチーム強化のサポートに向かえると考えています


高専への関わりをスタートした3年目にある事がきっかけで気付かされたあの日から色んな事を我慢したり、ビジネス、生活の背景の現実も大変な中で野望野心を胸にひめて頑張ってきました

今年は秋に開催される指導者のみの研修会やU-13の強化練習会にも積極的に参加してスキルを上達したいと思います

藤間議長でした

バスケットの分野は年齢を実感して、プレイヤーから育成への道へと本格的な転換へと向かいます

ただ、プレイヤーからの完全引退はC級ライセンスを取得後に決めたいと思います

シニアでメダルをいただいたので

スーパーシニアでもとりあえず全国大会という舞台のメダル獲得を目指したいです  

Posted by mtc at 23:49Comments(0)

2017年08月12日

制限思想






ダブルの準備と関わりに追われた今年の盆地まつり

裏方的な事を何年もヘルプしてきた盆地まつり

裏方的な部分と表舞台の先頭をパレードする日がくるなんて想像もしませんでした

裏方に満足して疲労と満足感の中、祭り終了後は
牟田町に当たり前のように毎年くり出していたのに、

多分都城に帰ってきて29年目に初、疲労困憊で、風呂も入らずバタンキュー

今日はさすがに6時前に目が覚めて、ここ数日の色んなSNSやネットのチェック

実は最近facebookのアカウントを変えて現在+先々にコミュニティーをとりたい人のみを整理する作業に取り組んでいて、オープンな売場ビジネスをやめた事で人との関わり方に随分と変化がでています

特に情報を共有する必要性を自らが感じてない場合、発信する情報もできるならば公開したくない事もあって、これまでのお付き合いで自分の中で
判断して優先順位にこちらサイドからの申請のみでアカウントをリセットする事にしました

とりあえず従来のアカウントを消しているわけではないので、そちらつながりの方々の投稿には、ちゃんといいねも押すし作業に変化はありません

約10年になるfacebookの登録の中で友達に繋りをもった方は約500人

投稿にいただくいいね、は約50人の10割

深くお付き合いのあるツナガリが無い事がその背景にあるので、いいねをいただく方のみのツナガリでSNSは十分だと考えるようになりました

現在の様々な役を持つようになった背景からも
投稿情報の重要度からも、ちょっと色々ツナガリを考える部分もありますし、簡単に重要情報をフリーに公開する事にかなり抵抗を感じてます

この年齢になると、先々政治への進出への興味や何らかの人脈を重要視する代表になる今後のお付き合いの野心がある訳ではなく、とにかく65歳以降に理想的なシニア人生を送りたいので、交遊関係はフリーダムではなく今からの段階でリミットにしておきたい、人に嫌われる事を恐れない俺らしいと言えば俺らしい判断でもあります

開放から制限への思想の分岐点はシニアならではの発想なのかもしれません

藤間議長でした

この年齢になると考え方にブレはないので、

理解不能な発言や発信に逆にイラッとしたりして

二度と意見交換したいとも思えない近い世代の方々もこちらから制限しないと自分にストレスになったりもするんです


  

Posted by mtc at 07:47Comments(0)

2017年08月10日

パシィオ




今日はまちづくり協議会に朝から参加

健康部会の副会長なんでこの先色んな役が回ってきそうです

今月講演会がある先生は10月からオーバルでスタートする中町シニアクラブの山田先生

会議中何度も連呼されるオーバルの話題は有り難いのですが・・・

オーバルパシィオとしか言ってもらえません



オーバルパティオなんですけどね

藤間議長でした

年配の方には相当言いにくいんでしょうね

それか、スーパーの

パシィオの影響なんでしょうね 笑  

Posted by mtc at 11:12Comments(0)