みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
プロフィール
mtc
mtc

2019年09月30日

意地



優勝がプロデビューから期待されていた
宮崎出身の美人プロゴルファーの柏原ちゃんが
遂に意地の優勝を勝ち取りました

ご両親もチーム関係者も、これまで優勝チャンスをあと一歩のところで逃してきただけに胸をホッとなでおろしておられる事でしょう

これで優勝迄あと一歩のところでチャンスが待たれる女子プロゴルファーは個人的には松田鈴英のみとなりました

あっ、宮崎出身で人気プロゴルファーの三浦桃花
も個人的には大ファンなんですが、彼女はプロテストを合格してのプロゴルファーではないので、
今年のプロテストをしっかりとクリアして益々強くなってほしい選手に思っていて、人気に溺れてお飾りゴルファーで終わってほしくはない意地をみせてほしい想いです

今シーズンも残り試合が少なくなってきて、まだ優勝してない選手が優勝してリコーカップでプレーを観戦できる事が自分の理想です

今年のリコーカップ開催期間は都城リノベーションスクールと宮崎県ノルディックウォーキング協会初の1泊2日企画もスケジュールされているハードな週末になりますが初日の木曜と土曜の午前中にはフリーの時間が調整できそうなんで自分の1年の毎年の恒例行事になったリコーカップ観戦が今年も実現できそうです

11月は毎年かなりのハードスケジュールが決まっている割には収入と出費のバランスがここ最近は悪い月で、長年12月に10万円を支払ってきた車の支払いが既に終えている事に本当に安堵しています

離婚する前の愛車は自分はほとんど仕事や出張が多くて車に乗れてないのに、毎週毎週鹿児島に遊びに行くのにナゼか俺の車を乗り回されてオイル交換の回数も倍増するし、整備費もガソリン補充代も俺には何も帰ってこないまま廃車となりました

自分の中では、あの方々に利用されている当時の嫁さんの感覚の甘さに怒りや嫌悪感が相当にあって、その金銭感覚の矛盾が実は長年の不満にあった事は何度も日記に残したい記憶です

離婚からそろそろ10年が経過しますが、二度と関わりたくない方々である背景にはそれなりのハッキリとした理由がちゃんとあるので、その方々の今の現状にもぶっちゃけ全く興味もありません

ただそれほどに離婚のちょっと前に購入する事になって大変な環境変化の中で支払いを完済した今の愛車には俺の意地がたっぷりと詰まってます 笑

ボーナスは貰えないのに、ボーナス払い10万円が年に2回、月々の支払いが1万円に車検や管理費に保険代、にタイヤ交換、オイル交換費用にあたりまえのガソリン代、車の維持費と管理、支払いに追われ続けた8年間の俺の意地の苦労と怒りを賠償してもらいたいほどの感情は、あの方々に全く意識は無くても俺の中は生涯消えない事でしょう

生き続ける中で二度と関わりたくも再会したくもないので、裁判おこすなんて事は絶対にありませんが・・・笑

自分が15年ほど前の40代スタート時期の行動力と比較した際に、様々なお付き合いに制限を考えたり、関わりあいに慎重な部分の背景は、様々な人間の本音や意地が交錯する社会環境を経験してきた現実にもあって、人間の感情の怖さを沢山見てきてしまった以上、自分でバリアを選定した上に
どこまで解放してゆくべきなのかを判断してゆかなければなりません

ただ、公民館行事に関わり始めて約3年

自分の周りは皆さんあたりまえに大先輩の方々なので、皆さん基本的に年の差のバリアを所持されている方々になります

時代環境の異なる中でいかにしてコミュニティを進めて向上させてゆくのかは、この年代でバリアを保持してしまった自分にとっては意外に自分のバリア状態の感覚をみるようで癒されていく感覚も実はあります

高齢者の相手側からすれば、なんでこいつはこの歳で自分達の領域に踏み込んできてるんだろう、なんてバリアを保持しておられる方々は女性の方が結構多いのですから

ただ認知症という現代病の寂しさを、高齢者と関わる事で実感する機会に遭遇すると、見栄や意地なんてバカらしいものだとも感じてます

今の自分は
公民館活動に関わった事から、凝り固まったものが溶かされていってる感謝の想いを強く感じているので、令和の新時代に自分がこの環境の中で何が達成できるのかをスタートさせています

このやりがいを意地を継続した過去の奮起と照らし合わせて懸命に取り組んでいきたい覚悟です

藤間議長でした





明日からは10月
今年も残すところ3ヵ月

令和2年に地域活性化事業としてご提案している
事業のプレイベントの大事な期間に突入します

この新事業への挑戦を完了した未来には
様々な感情や意地に変化が生じている事でしょう


  

Posted by mtc at 10:46Comments(0)

2019年09月23日

5年ぶり




5年ぶりにジャイアンツがペナントレースを
制覇しました

長い長い厳しい現実を打破してくれたのは
やはり原監督でした

ジャイアンツは資金力があるから良い選手をFAで
補強するとはいいますが

本当に資金力ばかりを考えるならば浅村、西、等々有力なFA選手の獲得に動けばいい事

原監督の補強スタイルを見ていると今年度活躍は出来なかったにせよ、将来的にジャイアンツの若手選手の為になる経験値の高い選手を獲得しています

岩隈、中嶋の影響は間違いなく今年の若手選手達の飛躍に繋がりました

ドアホなスポーツ記者どもがなんでもかんでも
批判的な記事を書き立て、やり方にケチをつけて
るネットニュース等をみるとホントこの国の無能な人間の発信の自由度に呆れるばかりです

パリーグにおいては大量の選手が抜けたにも関わらずペナントレースを連覇しそうなライオンズ

辻監督の手腕の高さを強く感じます

大好きなジャイアンツとライオンズの
ファイナルの実現に期待は膨らみます

九州の人間でありながら
ソフトバンクだけは、どうしても会社の営業のやり方的に微妙な好みなのですが、

親会社が嫌いなだけで、ホークスが大嫌いなわけではないので、選手達は大好きです 笑

親会社変わればいいのに、と個人的に思ってます

ダイエーホークス時代に一生懸命応援してきただけに凄く複雑な感情ではあります

現在日本ではラグビーのワールドカップも
開催中で、

来月からはBリーグも開幕して、サッカーもW杯アジア予選、ゴルフの男女の大会も毎週毎週気になる大会が続きます

テレビ観戦が気になるスポーツが増えすぎて
生中継観戦にこだわるものにはホント大変です

藤間議長でした

八村のNBAデビューによってNBAのテレビ中継を
NHKがどう取り組むのか気になります

楽天に多額のお金が決済されるのでしょうか


  

Posted by mtc at 12:53Comments(0)

2019年09月20日

プラスアルファ



関わっている役目が多いと日々様々な作業がありますが

今週はバスケ指導を最大限に優先するバスケの日々

毎日バスケットボールを触っていると、やっぱり
気持ちが一番安心します

最近は中町マルシェや
敬老の日にあわせたイベントや




来月以降にスケジュールをどんどん組み込んでいるノルディックウォーキング関連のイベント計画等々



今月も忙しい日々を過ごしてきましたが、

バスケ大会が終わった来週は、

マイペースに自分のやりたい事に時間を使える
余裕ある月末の日々が送れそうです

来年に向けて今やるべき課題は

ノルディックウォーキングイベントの通例化に向けた背景への働きかけと

まちなか活性化イベントとのスクラムや
新しいイベントの創出への関わり方でもあります

個人的には毎年収入の背景が苦しい8月、9月を今年も何とか乗りきった事で、次は来年の1月の厳しい背景に向けてできるだけ貯蓄を安定させたい後半戦がいよいよスタートします

今年はプラスアルファの可能性事項が沢山控えてるんで期待しちゃいます 笑

藤間議長でした

毎年8月、9月の大変な時期は個人的には
意外と長く感じますが

10月になると年末年始迄はホントあっという間

令和2年の初日出
どうしようかなぁ、・・・

なんて考え始める時期になります


  

Posted by mtc at 10:54Comments(0)

2019年09月13日

いつか




所属チームは変われど
毎年参加している飲食店コンペ

今年はなべや燗チームで参戦しています

参加する場合ゴルフ場を選択していて
高城のレインボーGC以外の開催の場合のみ参加してる理由は、あの飲食店パートも含め高城には嫌なエリアの思い出が結構あるからでもあります

温泉飲食店での嫌な思い出だけでなく、ノルディックイベントの盛り上がりの微妙な部分や100万円が突然消えたゴルフ場の会員証だったり、バスケの試合は逆転負けしたり、自分にとってかなり方向性が悪く鬼門なエリアなんだと最近は確信しています

そんな鬼門なエリアでつい最近数年ぶりにゴルフをラウンドしました



結果は散々で考えられないミスショットは打つわ
グリーンは最悪で、よくこれで金とれるなぁ、って状態のコースで鬼門の前にメンバーシップコースとしては考えられないゴルフ場の環境に変貌している現実に驚きました

随分昔になりますがハエが大量に発生している中でラウンドした事があって、これからの時期は猿がゴルフ場内を徘徊するだろうし、以前グリーンの芝がグリーンといえない状態の長さの時期があってコースの環境整備への改善が毎年成されているのか、否か更に疑問になりました

ただ鬼門なエリアなんだとしても、まだまだ長い人生の中で避けてばかりでは進展がないのは良い事ではないので、今月開催されるレインボーGCでのゴルフコンペに参加する事を決めてました

すると・・・

自分の守護霊がまるで導く道を遮断するかのように緊急の事態で参加する事ができなくなりました

本音、絶対に打ち上げ参加が必修で、できるならば避けたい流れが確定していて気乗りしない出費が勿体ないとは思っていたので結果的には複雑なんですが、

最近知り合いの店で高城で計画されている音楽系のライヴイベントのチケット売上が厳しい背景を知らされて、関係者の中に自分のように高城エリアが鬼門な方かいるのかもしれないなぁ、とふと思いました 苦笑

個人的な感情としては高城のさくら温泉は好きな温泉だっただけに

関係者の色んな事情を知ったり、内部の実情がわかった事で足が向かない理由は会いたくない人間が沢山いるからである事は間違いありません

ただ、いつの日か
自分の中で気持ちの整理ができて、温泉に出向ける日がやってくる事は希望でもあります

そのきっかけは
多分ゴルフのスコアしかないのだと感じています

藤間議長でした

今後、藤間議長ブログは容量の背景上
容量の改善を完了する迄は
投稿を2週から3週に1回程度に変更する予定です
  

Posted by mtc at 11:22Comments(0)

2019年09月05日

グループライン



公民館の館長の役目は3年目になりますが、

公民館館長就任した1年目に、当時取り組んでいたサポート事業の中で飲食店開業話が持ちあがり、飲食店のスタートに関わりました

奇跡的な流れで開業した店舗は大変な人不足で、
当時公民館の中で持ち上がっていたアウトレイジィな皆様との折衝や対応に追われたり、公民館館長になった事で役目が増えた姫城地区内での作業等々、色んな事が重なって自分のストレスは増える日々に加えて、とにかく常々にイライラに上塗りされたのがグループラインの投稿でした

当時現場でグループラインに参加していたのは
一部のスタッフ含めた開業当時のメンバーで、
とにかくスタッフの中で最大の懸念材料がその中の二人の世界のやり取り投稿

現場からのグループラインへの回答はほとんど無理強いな感じのコメントで翌日の現場はコウザメ状態・・・

そのグループラインへの不満と不信感のみが拡張されていて、自分はその現場の雰囲気作りに相当に苦慮しました

とにかく人不足の中で年末年始を経験したので、
最大に忙しいと聞かされていた桜の季節は凌がなければ先は無いと考えて懸命に取り組んでいた事は忘れられません

そんな中で、一人の若いスタッフに
ジンマシンというストレスの兆候が現れ
自分はすぐに彼を病院に行かせました

持ち上がっていたラーメンを開始する流れは
彼のストレスの状況や公民館の問題が大きな分岐点を向かえようとしていた自分の現状も重ねて相まってグループラインへの脱退を自分は決断しました

数ヶ月前に飲食店スタート当初のラーメンのFCを取り組むはずだったグループメンバーの1人がグループラインを脱退してその理由を現場で相当に聞かれ、本当に苦慮しました

自分の中でグループラインの怖さを体験させていただいた背景を実は飲食店経験値の中で感謝している一部に考えていて、人への本質感は組んでみなければわからない事でもあります

飲食店経験値以降、グループラインは有効性に応じて自分は様々に活用してはおりますが、SNSへの投稿内容に疑問を抱いた投稿メンバーには直接口頭にて注意を払うようにアドバイスするようにしています

自分が開いたグループラインに関しては自らが責任感をもって、参加メンバーの選定を含めて取り組む事が必要だと俺は思っていて、開いて放置できるような人には人間的に興味はありません

人は経験値によって対応力が強化されたり改善されたりするものなんで、今の自分が存在する背景も全て経験値の賜物だと思ってます

あの飲食店開業への道のり、グループラインのスタートが2年前の9月、先週に新しいグループラインがスタートした事で、初めて参加したグループラインのあの頃を思い出しました

便利なツールは活用方法によって活かされるツールだと思ってます

藤間議長でした

あの頃のグループラインのメンバーもスタッフも俺が不要である事をラインで伝達された日から数名以外会ってませんが、事態の情報だけは聞かされてます

スクラムを築く事の大変さは自らの会社で経験してるんで、現実的な公民館作業が本格化を向かえる理由もあって自分は黙って現場を去りましたが

温泉との契約期間の最低5年間は責任感を感じてブログでも意思を公開して取り組んでいただけに残念な思い出です

当時、あくまでも時給制のいちパートの位置づけであり、責任手当も無い立場に対して求められている現場のリーダーシップ状態への不満を発した事は俺は無いので、

今でもラインで伝達された

俺に対してスタッフ皆が仕事がやりにくいと通達された内容が、高城に足が向かない理由です

その真意がホントかウソかは関係なく
なんかそういう手法が最大に残念なんです
  

Posted by mtc at 15:35Comments(0)

2019年09月01日

ヒヤリング



いよいよ9月

今週から姫城地区活性化事業プランとして都城の行政に提案しているノルディックウォーキングとブローライフルの事業案ヒヤリングがスタート

この野望は公民館館長として姫城地区のまちづくり協議会の健康部会に関わる事になった3年前に
発想したプランニングで、公民館館長に就任しなければあり得なかった目標

都城でのノルディックウォーキングイベントの活性化に関して、それまで約10年コツコツ活動はしてきたものの、なかなか大きな成果を得られず、

色んな方がポツポツとは活動されてはいるようですが、自分達が宮崎市で成果を出しているような
浸透度は全くみられず、都城地区の成果を諦めて鹿児島に活動のシフトを本格化しようと頭を切り換えようとしていた時期でもありました

昨年宮崎県ノルディックウォーキング協会の10周年イベントに際し都城の沢山の企業の方から支援をいただき完成したパンフレット制作、実はこのヒヤリングを想定しての活動



昨年第一弾の姫城地区活性化事業案に事業案を提出せずに、1年間プランニングを温めた背景が、
今年想定外に姫城地区のまちづくり協議会の事務局長に就任する事になり、ハッキリとした意思とプランニングで姫城地区まちづくり協議会の役員会の承認をいただけた結果につながりました

予算枠が決まっていて、役員会の承認を得て提出している事業なので、活用する毎年のイベント計画やこれまで関わってきたまちなかでの事業やイベントを全て絡めてヒヤリングに挑みます



10年間築いてきた実績は、
これまでノルディックウォーキングの推進に
興味が薄かった行政のヒヤリング担当者の胸に
響いてほしいと願います

藤間議長でした



10月に開催が決定している

まちづくり会社と市役所健康課と中町公民館で
取り組むまちなか健康づくりイベント内のノルディックウォーキングイベントも大きな後押しとなると信じて準備を進めてます



  

Posted by mtc at 13:12Comments(0)