みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
プロフィール
mtc
mtc

2019年12月06日

新語

流行語大賞の話題のみをほとんどのワイドショーがとりあげる民放局の競争力の世界

充電期間中日々にテレビ番組を見る機会の生活を
送っていると相変わらずに愛想がつきます

流行語大賞が悪いというわけではないけど、流行には終わりがあるので流行語大賞は言い方を変えれば1発屋大賞と自分は捉えてます

いわゆる流行語でにわかと称される様々な話題の根源を知らないにわか層が、ネットに自由に意見を書き込めたり人の批判ができたり人権が強く主張されるにわか層主流社会環境の日本社会

適当ににわか層に支持されれば成功をおさめる商品や商売が増える時代だとも言えます

自分の感覚は正直ちょっと異なっているので、本質がブレている今の時代に勝負に出る事を控え、まだ本質が語れる方々とのスクラムを重視した活動を選択してます

毎年自分が注目するのは、流行語大賞ではなく
新語大賞

今年も様々な新語がノミネートされ、この1つ1つをちゃんと理解できているのか、改めて自らの情報力を見直します



今年の新語ベスト10の中で自分が知らなかった
電凸

これデントツって呼ぶのですが、
はたして周囲の人達にどれだけ浸透してるやら

ここ数日いろんな人に聞いてデントツって読めた人はいませんでした

自分は広告代理店業務の経験値から読めはしましたけど・・・苦笑

そして1位がこれ



なるほどの新語大賞です

藤間議長でした

新語大賞ノミネートは来年以降の
国語辞典に採用される確率があがります

タピるなんて
来年の今頃は死語になってるかもしれませんね


  

Posted by mtc at 14:42Comments(0)