みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
mtc
mtc

2011年06月15日

都城WEST

都城バスケット夜間リーグの都城WESTに所属した事から都城でのバスケットの関わりがスタートした


数年前の話で、そんなに昔の話ではない


30代の頃は県リーグで宮崎のチームに在籍し、自分達で作ったチームで県リーグ一部を目指した


二部の上位まではいったが中々壁は厚かった、チームの終わり間際はほとんどベンチワークをこなしチームの勝利にこだわっていた


チーム解散後も基本練習に向かうのは宮崎の様々なチームで当時からのバスケットの顔見知りは宮崎市内にはかなり多い


自分がスポーツ店の代表である事を一部のメンバーにしか明かさなかった背景には当時の宮崎店のやり方や都城店と宮崎店の取り組みの違いや品揃えの違い等々なかなか両店のスクラム関係がうまくいっていない問題等があった


振り返ると懐かしい話である


30代後半になり宮崎の練習にも向かうが、都城のWESTという当時当店で働いていた社員の世代のメンバーで復活させた都城西高のOBチーム(ほとんどが都城西高の卒業メンバーではない)の練習に毎週火曜日顔を出すようになった


初めの頃は練習に参加しているだけであったが、その内流れ的に試合に参加するようになっていった


宮崎シャイニングサンズの代表である鎌田くんとバスケットを通して知り合いになったのはその練習参加の頃である


関わり初めると他人事ではなくなり、都城WESTを強いチームに引き上げる思いも強くなっていった


若い選手が練習にどんどん参加してくるようになり、チームは夜間リーグ内で強豪チームに育っていった


ある意味フリーなリーグなので選手達は新しいチームを作ったり、他のチームにシーズン開始前に気軽に移籍したりと活発化している環境である


都城県民代表チームに関わるきっかけとなったのが都城WESTが夜間リーグで優勝し、都城代表になった際に夜間リーグ上位チームと都城在住選手から代表を選抜して県民体育大会に臨む事を提案して事が進んだ背景からである


提案は都城の一般人バスケットを確実に活性化したし優勝や上位をキープする事で都城チームに対する注目も、都城バスケット協会内で話題になるようになった

強くなければ影響力がない事は自分が一番わかっているが、そう簡単に強いチームが形成出来るものではない・・・


2年前に自分は都城WESTを離れる事を決意してスクラップというシニア中心のチームに移籍した


スクラップは都城メッツという昔から当店とも関わりの強いチームと合同で練習している老舗的チームである


スクラップ・メッツに関わる事で都城代表チームに自然な流れを呼び込みたい事も自分の考え方の中にはあった


代表チームと協会とのスクラムは絶対であると思った

今年も夜間リーグは開幕を向かえ昨晩は都城WEST対若い選手達で編成されているBTZの試合であった


両チーム共に都城代表選手の経験がある選手や今回の代表選手であったメンバーを要する試合であった


結果は最後まで見なかった

複雑な思いもあった


愛着のあるチームの敗退はあまり見たくはないものである


藤間議長でした


都城バスケ界の歴史と流れを変えた都城WESTのユニフォームへのこだわりと思いが消える事はない



 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
都城WEST
    コメント(0)