みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
プロフィール
mtc
mtc

2018年12月24日

クリスマスイブ前に、
昨夜は久しぶりに夢をみました

夢

プロバスケチームを作る為に色んな活動をしていた頃のある日の出来事が夢の内容でした

思い出の内容をほじくりかえす事は今さら無意味なんで書きとめませんが、プロチーム参入が決まる迄の努力とか沢山のお金と時間の投資の思い出は大変だった40代の集大成でもありました

30代でのオーバル開業含め、理想を実現化する運とか導く影響力は自分の内面にあって関わった事が結果になっている現実は自負してもいい事だと思っています

不思議な事は自分がその事業から離れる決断をするとプロバスケの事例がそうであるように、その事業が残念にも消滅してしまうので、もしかしたら守護霊の影響力が関係している気さえします 笑


死んでおかしくない事に何回も遭遇して、とりあえず何らかの犠牲は払ってはいますが、とにかく身体に不自由な個所なく生きてるんで自分でも不思議な強運を感じてます

組織づくりに理想の夢を感じて頑張った20代から30代を今振り返ると不思議な感覚が残っていて、
その組織を自らの手で理想的解散を目指す目標に変えて今があるんだから人間の考え方なんて環境や変化の風に気がつけば突然変異するもの

夢も同じようなものだと自分は思ってます


今自分が関わって取り組んでいる事の比率として公民館活動が大きな時間を割かれる背景にありますが、ここ2年間の活動で理解できた事を整理して
継続が決まった場合、早速とりあえず身近な夢と称する改革に着手しようと考えています

とにかく旧公民館館長時代が長かった事から、いきなり大きく様々を変えてゆく事が得策では無い判断をさせていただき1期目はほぼ据置の活動を重視して取組ました

現在姫城地区内での様々な役職活動が拡がる兼務に就任した事で権利が増えているので、

その背景によって、2期目を向かえた場合、
その活動に大きな余裕も生まれ更に大胆に行動力が加速してゆくと感じています

都城の新しいまちかなの流れが加速する中で中町への期待は大きく、自治公民館の活用案等も含め
まちかなの回遊性を促進させる為のアイデアを専門家等の協議会に頼っていても仕方がないと自分は思っていて、自分達の事は自分達でやらないとというオーバルで築いてきた自らの精神を再び目覚めさせようと考えています

六月灯や、中町祇園山車、盆地まつり、等の神事つながりのイベントがまちなかで定番化されている事は大きな基盤でもあるんで、しっかりと活用できるツールは更に色付けをしていかなければなりません

まちなか含め姫城地区での色々な活動は、これまでに関わってきた社会的事案とは背景やペースが全く異なるので、取巻きの複雑な意見が耳に入るような弊害もなく、ちょっと不思議な感覚があって本腰になるのに時間がかかった自分がいるような気がしてます

そういう意味で昨夜の夢は本気スイッチ迄時間がかかりましたが、これまで関わってきた事業同様のスイッチが入ってきた感覚を思い出す夢

藤間議長でした

夢がきっかけになるなんて、まだまだ若いなぁ 笑










 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
    コメント(0)