みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
プロフィール
mtc
mtc

2019年01月13日

ついに・・・

ついに・・・

景観的問題物件の課題が継続されてきた

まちなかある場所の改善工事がスタートしたようです

ついに・・・


この解決により残された3つの物件は残念ながら全て中町のみとなりました

自分の使命を勝手に位置付けて色々取り組んではいますが、ひとつ大きな課題をもって成果を願って進めてきたある事業者と物件との取組が昨年末に正式に破談になり、課題は再び暗礁に乗り上げました

中町には出店物件エリアに対して厳しい制約を決めたコンサル意見の背景が存在するので、空き物件の解決は困難な課題が多く、様々なお声やご意見を周囲からいただきますが、直面してなんとかしたいと取り組んでいる側からすれば外部コンサルは結局顔は見えず、専門的意見が結局のところ不要の産物なのではないのか、と自分は個人的に思っています

オーバル設立の際も資料づくりにコンサルへの協力の必要性を市や県から進言され、とりあえず契約はしましたが、その1000万を越える経費は申請団体の負担でもあり、自分達はその契約内容を最低限に削減した事で現在のゴールへの道が見えます

あのスタートに盛り上がっていた頃の様々な判断ひとつひとつがオーバルの場合他の他県の事業とは全然違うのです

専門家や建築士、設計士は自分の関わった物件は自らの作品なので理想のみに当たり前にこだわります

そのプランにNOだと言える強い信念と判断力をもっていないと結果的に一方通行の方針が進行してしまう経験をしました

現在のまちなかのplanningにコンサルの意向が強く存在して、その方針をトップが支持してるのならば正直どんだけ色んな試案があっても全て無駄になる可能性を高く感じてます

オーバルの場合は自分達の負担への危機感がコンサルに対してありましたが、行政の場合各自の懐に負債はないのでこのようなあり得ない制約を基準にコンサルの意見を真面目に反映させておられるのでしょう

ルールと制約に合わせて様々を取り組みという事はそれだけ時間と労力もかかるという現実です

現在はタウンマネージャーがおられて、その制約を把握された上で皆さんが見えない部分で懸命に取り組んでおられますが、とにかくその意味不明な制約は完全にスピードに様々な壁を作ってる事でしょう

コンサルの定めた行政の制約は自分も最近知った事だし、もしかしたら中町の様々な地権者もご存知ない事かもしれません

希望や依頼はあるのに物件に優遇条件で入れないとすれば、どんだけ仲介人が動いても物件は空き物件の状況が継続されてあたりまえ

現実的背景を知れば怒りさえこみ上げる方もおられるかもしれませんね

この制約が継続されている限り誰がどんなアクションを試みても時間が必要以上にかかるので、タウンマネージャーとの契約終了後の不安は個人的には強く感じてます

まぁ、自分に利があるわけではなく、真剣に心配する事ではないのですが・・・笑

ついに・・・といえば
ついにたどり着いたゴールド免許

ついに・・・

複雑な感情はありますが、いやいや車を購入した7年前

昨年無事になんとか完済を向かえましたが、このマイカーに変えてから交通違反で警察にお世話になったのは運転中にかかってきた携帯電話を触った瞬間を見られた不幸な一度のみ

あの怒りのキップ以来、車の中で電話に出る事は無いし、停車の状況でも相当な理由や背景無しには電話に出る事はない自分です

ゴールド免許になる事でこれから5年、様々な特典が増えるし保険料も大きく影響します

とにかく長い道のりでした

藤間議長でした

優良講習

いい響きです



 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ついに・・・
    コメント(0)