みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
mtc
mtc

2019年02月12日

跡地


昨日の連休最終日は
朝夕ちょっと長い距離のウォーキング

ロングディスタンスウォーキングの場合、いつも分岐点にするのは都城の通称城跡、歴史資料館

島津の家紋も掲げられていて、公園内に狭野神社擁する都城の方なら寄ったことはなくても皆さん知ってる姫城地区のシンボル地帯でもあり歴史資料館は都城のランドマークの1つです

昨日は4月に取り壊しが決まった都城市民会館をこの高台から記録に残しておこうと思い資料館の裏側に回り込んでから写真を撮りました



近代建築物である建物の解体議論賛否に関しては色々様々な意見があるようですが、歴史ある神社とか、石碑とか、幕末や歴史に関わる史跡であれば当然自分も大反対の話

今後、日本現代建築界の力がどこまで世界基準に成長するのか知りませんが、そこは建築家の功績とか建築界の作品の話であり、結果的にこの段階に至る迄放置していたイコモス含め建築界の誤算とか失態でもあるとも言えます

もしこの維持管理費が市民負担となれば、格差社会の現実的背景を想定すると大問題となって都城の進展のここまでの良い流れが急展開する可能性だってあります

個人的には近代建築物はまだまだ歴史は浅い物でもあり、再活用に安全性の問題や現実的背景が無いと市民が大多数賛成ならばこれまで沢山の建築物が国内で壊されてきたように仕方ない事なのかなぁ、とは現実は寂しいことだけれど自分の意見として思ってます

城跡から都城の風景を見渡すと、変わりゆく街の景色を思い懐かしい記憶が甦ります




城跡の近くの道の公園には沢山の子供たちや家族が集まっていて、不便だった道路は夏までに新しい橋が開通してこのエリアは河川敷の公園に生まれ変わると聞いてます




活用できない物を放置していく方が大問題なのはあたりまえだし、南九州大学やそれ以前から放置を黙認していた建築界の問題も今さらに大きい責任だと30年都城の変化を見てきた1人として思います

個人的には今更にSNS等でこの問題に異論を発信されていたりする建築関係の方が責任持って解決策を提示されているとは思えず、結局、自分自身の活動背景の為に自分はちゃんと反対活動していた事を発信する為の今更の行動にしか自分には感じません

この議論は実は南九州大学に活用を委ねる契約が終結する以前から出ていた話でもあり、ある程度の活用案は自分も投稿提案した事もあるし、市民の多くが課題に向き合った時代もありました

だからこそに市民の多くが解体に反対しない理由だとも自分は思います

イコモスの動きに対して都城市からの解答は無いと新聞を読ましたが、現実問題イコモスと検索しても都城市民会館解体とか都城市民会館解体異論とかいくら検索してもイコモスと都城市民会館の話題が多く議論されているような話題に全く不思議なほどヒットしません

イコモスという会議そのものはパリに存在し、国際的な非営利組織のNGOのようですが、日本イコモス国内委員会のが主動での活動であるとすればHPからはあまり多角的な活動報告は記録されておらず、影響力自体不明確だとすれば、もしかしたら大変迷惑な背景がふりそそいでいるのかもしれません

自分は関係ない立場を貫く予定ですが、とにかく情報や過程のあいまいな意見とか、中途半端な関係者の都城への意見発信とか、大した案がないなら、解体後の跡地の活用方法を議論する事も大切な活動です

今解体前に様々な市民会館の内部や外観や空間を映像に残す事でVRを活用して再現する事は可能な時代なので、自分の本音は解体後の伝達の事を真剣に考えてほしい想いです

この先、少子化が更に進行すれば近くにある小学校だって多分統合される議論になるし、公民館の統合だってあたりまえに進行します

まちなかには今後様々な文化や歴史的な博物館の必要性も必ず議論され新図書館や商工会議所が移設された以降は様々な関連施設が中町、上町、牟田町、周辺には検討される可能性を自分は感じてこの年代から公民館館長に就任する事で活動を開始してます

市民会館に面する敷地や市役所前の明道小学校の廃校後は公園や宿泊施設として活用される可能性の事迄議論されている可能性もあるので、とにかく目先の事だけ今更いくら議論しても遅いという
ふうにしか思えません

まちなかリノベーションの活動影響はまだまだあいまいな存在ですが、強い意見ができる立場として関わるならば自分はこの段階が最終スタートラインだと思います

それなりの影響活動となってからでは都城には特に多いただの乗っかり君の椅子になっちゃうかもしれません 笑

藤間議長でした



小学校跡地のリノベーション事例は
既にお隣の鹿児島大隅にてスタートしています











 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
跡地
    コメント(0)