みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
プロフィール
mtc
mtc

2020年01月03日

心構え

心構え

オーバル開業以降のオリンピックイヤーを2000年シドニーオリンピックから振り返ると

色んな大きな出来事が起こり人生の分岐点の1年になっている事に気づかされます

オーバル開業以降の商売的な最大の大事件は2011年の新燃岳噴火による売上打撃、口蹄疫、に続く大丸倒産でしたが、開業当初のHスポーツ出店、大型スポーツチェーン店ヒマラヤの出店等々、本当に開業前からの環境の変化がスゴすぎて、今振り返ると、もしただの区画整理に準じて売場を縮小して、売上補償金を手にして普通にテナントビル化させていた場合、今の生活力はどんな環境になっていただろうなんてふと想います

シドニーオリンピックイヤー翌年に結婚したようにオリンピックイヤーの翌年や前年も結構大きな分岐点となる決断をする運命にあるようです

商売上の解散伝達や会社の終了等々様々な決断だけでなく、プロバスケの準備委員会が始まったり、ノルディックウォーキングの活動、サポート事業オルティスとの活動がスタートしたのも実はオリンピックイヤー

更にはこのブログやフェースブックをスタートさせたのもオリンピックイヤー

そして、離婚につながる事件が起きて離婚してのもオリンピックイヤーなんて驚きです

出会いと別れが相互するオリンピックイヤーとその翌年にとにかく環境の変化につながる何かしらの大きな出来事が発生している以上、かなりの心の準備を新年から整えている自分がいます

特に随分前から意識してきた東京で開催されるオリンピックイヤーなんで、いったいどんな事態の変化が待っているのか、ちょっと不安を持つ内面もありますが・・・

今の時点でわかっている業務上の大きな事の1つに
姫城地区活性化事業のスタートとまちなか交流会事業のスタートがありますが、自分の中では8年置きにスタートする分野が先々につながる内容としては継続性が高いようなので2024年からスタートするであろう内容が今の時点で気にはなってます

オリンピックイヤー、前後に様々な変革が起こっている事は偶然かもしれませんが、心構えとしては分かりやすい巡る人生のようなので、命ある限り運命とは向き合っていきたいものです

藤間議長でした

何事も心構えがあるか、ないかで
対応策には大きな違いが発生するものです





 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
心構え
    コメント(0)