みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
プロフィール
mtc
mtc

2020年02月05日

リバース

ぶっちゃけ、
与えてしまった負目や後悔という物は消えない

与えられた事、与えてしまった事あるんで
双方の気持ちが自分はわかります

どちらかと言えば与えられた側の方が、相手を嫌いになったり、避けたり、憎めばよかったりするので楽のようにも感じます

与えてしまった側はその負目と、いくら誤魔化したり体制を繕っていても真実が公に暴露される可能性を考えながら活動しなければならない可能性があります

自分は昔、結婚する以前に宗教的学会の女性と7年ほど付き合っていて、結婚を考えたお付き合いの中で、自分は学会に入信は出来ず別れを決断した事があります

自分の中では結婚と宗教に対する格闘が長い間あって結果的にはある喧嘩になった事件をきっかけに結婚という決断を捨て別れを決めた負目です

今の自分の環境はその時の判断の酬いであるとも考える事が正直あるので、人間の性格や性質にも
よるとも思うけど負目とは厄介なものだと思います

もう1つの負目はオーバル開業当初に、自分の中での判断で、そぐわないと瞬時に思ったアルバイトに対して数週間でクビを通達した事です

辞めたくありません・・・と、
嘆願されたあの光景は今でも甦る時があります

当時の自分の判断に迷いがあるから2つの事が負目として強く記憶してるんだろうし、その2人が今何をしているのかも正直ずっと気になるもんです

あの30代の経験以来、相手に対して負目になるような行為はありませんが、言葉であったり、行為であったり、かなり慎重になった自分はいます

だから負目を受ける側の人間に変わってしまったのかもしれません 苦笑

なぜ、今そんな想いがめぐるのか、というと
ドラマ、リバースを観たから・・・笑

リバース

門脇麦と、戸田恵梨香が出演していたようなのでレンタルしましたが、なかなか昔の記憶に刺激を与えてくれるドラマでした

最近はSNSや動画の普及から巷で発生している色んな現場が拡散される社会環境になってますが、

世間の現実に鈍感な感覚の人間は相変わらずに存在していて、まちなかの歩道に堂々と車を駐車しているとんでもない奴を見かけました

リバース

こういう行為を平然とできる方は必ずや何かをしでかすと俺は個人的に思うし、基本信用する事は絶対にできません

この方は歩道が整備されているまちなかを田舎の農道と同様に考えているお山の大将的思想の人間なので、もしチームやスクラムを組んで活動されている方がおられるならば、いつの日か手痛い被害が伝達されるやもしれません

怖い怖い・・・

リバースとはそういうものなのかもしれませんね

藤間議長でした

調子にのって、協力者の信用を壊す行為は
大変な事態を招きますよ



 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
リバース
    コメント(0)