みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
mtc
mtc

2018年05月18日

体質


最近ワイドショーが食い付いているアメフトの話題

悪質なタックルで負傷した学生にどれぐらいの保険金や示談金が支払われるのか個人的にはちょっと気になる (^^;

スポーツの指導や監督をしている立場から言えば、チームを勝利に導かせる為に相手チームの主力選手のマークを厳しくするような指示を選手に伝えたりする事はよくある

スポーツの世界はそんなに健全できれいな世界だけを理想に優先していたんじゃ維持はできない

ただ最近日本の場合、個人種目や接触競技でない分野のスポーツが注目される傾向にあるので、スポーツへのイメージの分岐点にあるのかもしれない

悪質なプレイとはいえ接触競技である以上試合に出ている選手はいつなんどきでも相手選手と喧嘩になる覚悟も必要でプレイの切り方に対しあの無防備な状況も実は怖い

個人的に1番責任と改革を感じる必要があるのは、あの悪質なプレイを審判の目の前でやれているアメフト界の体質にあるのではないだろうかと俺は思う

バスケ界であれば目の前であのような悪質な接触プレイをされた場合審判が黙っちゃいない

選手は一発退場、コーチ、監督への厳しい指導、もしかしたら次の大会が不参加になる可能性だってある

審判の目の前であのような悪質なプレイが平然となされる段階でアメフト界は残念ながら終わってる

審判は何の為にフィールドの中にいてゲームを裁いてるんだろう、審判の存在感が無いスポーツなんだという環境であるならば競技者が増える事は日本の場合永久的にあり得ない

審判の存在感から先ずは改革していかないと国内のアメフト界が終る可能性を感じる

選手、監督、指導者への責任追及問題の前にアメフト協会の審判の権威、尊厳に対する各チームへ
の教育がスゴく大切な事で、審判がゲームを制御できないならばスポーツでは無い

喧嘩になってから退場させるなんて相当に甘い世界で残念な感覚しかない

藤間議長でした

アメフトの人気が地方に拡がらない背景にアメフト協会の体質の問題がある気がしてならない  

Posted by mtc at 12:29Comments(0)