みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
mtc
mtc

2013年10月31日

一歩一歩

早いもんで10月も終わり


有難いもんで、昨年の10月よりもスケジュールが埋まり忙しい感じがする


昨年迄はやはりプロバスケ興行の予定をいかに優先させきたのかがはっきりと確認出来る今年である


最近、知り合いの方から、なぜうちの部活の取引先は当店でないのかと質問をいただく


昔からお世話になっていて当店とお付き合いをしていると思っていたら、違うSスポーツさんの集金袋で驚いたと言われる


外商担当だった方が当店を退社してSスポーツに就職されたので、そのまま注文が担当者に継続されるケースは数年前から珍しい事ではない


出る杭を打つような性格の悪いオーナーならば取引先に色んな手を打って納品がやりにくくなるような手段もするそうだが、自分は本人が取引先に様々な手を打っている事を知っていたので、あえてそれで取引が変わる指導者や取引先ならばそれはそれでいつ変わってもおかしくないので構わないと判断した


ただ自分への境界線にもし入ってこられた場合の為に当店時代の時限爆弾はちゃんと準備している


最近はあまりにも納品が集中しすぎて取引をお断りする場合もあるみたいで当店に相談に来られる場合もある


メーカーを変えないならば当店も残念ながらお断りしているが…


自分は外商による支払い地獄に苦しまされてきたので自分が追い込まれる可能性のある商品は絶対に売らない、要望のみを聞き入れる商売で簡単に売掛で販売するならばはっきり言って難しくはない


苦しく追い込まれるのは、経営側の資金操りという事になる


sスポーツのオーナー様には頑張っていただきたい、商売というのは極限は利幅だと自分は思っているので薄利多売で人件費がかさめば、振り返った時に残っている資金は無い


ゾッとするような支払いに追われる運営は今は消えた

自分のペースで自分を信頼していただけるお客様と向き合って商売できる現在の環境が少しずつ増えていく事を理想に頑張っている


今月はそんな当店との取引条件に理解いただいた以前の取引先も数件復活した


一歩一歩でいい


藤間議長でした


今年もあと2ヶ月


当店は11月末今期の決算を向かえる



  

Posted by mtc at 07:59Comments(0)

2013年10月29日

認識の差

人間どんだけの事を成し遂げても、持ってはならない事がおごりであると思う


人は基本自分が一番大事で次に自分の宝物であって当然だと思う


だから他人からすれば自分以外の成果に対してそんなに大切な物や事と考えなくて当たり前だと思っていた方がよい


自分はこれだけの事をやったのだからとか、


これだけ頑張ってきたんだからとか、


成果と評価をはき違えると惨めな結果となる


物事がうまく進まなくなったりすると、特に日本の場合は誰かの責任を追求しがちな国で、誰かの力で成果を成立させてきたりした者は更に誰かの責任にしたくなりがちで、そのストレスは顕著に表れる


自分がどんなタイプの人間に思われてるのかわからないが、あまり人に物事をおしつけたり、頼ったりは基本的にしない分類の人間である


腹が減ったからご飯を要求したり、お金をせっついたりした事は親にも結婚時代嫁さんに親戚にもない


腹が減れば自分でどうにかするし、欲しい物があれば自分でどうにかして車も服も電化製品もとにかく全部賄ってきた


学生時代、親に学費と入学金と生活費を頼ってしまって、いつか返さなければと貯金もしてきた


予定外に海外にいく機会があったり、結婚資金に推測以上のお金がかかったり、最近ではプロバスケでの想定外の出費のおかげで自分の人生資金設計は大きく舵を切った


最近ちょっと思う事がある

日本人と外国人(特にアメリカ)の場合、野球をみていると国民性の違いが顕著に表れていて面白い


日本シリーズをみていても日本の選手はベンチに座ってみている


一方の大リーグはほとんどの選手が基本的に立ってみている、観客席のエリアによっては観客も立ってみていたり、大きなプラカードでアピールしたりと後ろの席とか関係ない


後ろの席の方も自分の順番遅れで後ろの席になった意識があるのか、その全席にクレームはつけない


日本的考え方ならば金額が一緒ならば、不平等性格を訴え見えにくいならば見えないと前席に対し後席の方がクレームを言いそうである


外国に行って発想や文化の違い、認識の違いを見てきて必ずしも日本が最高だとは思わないが、外国かぶれの日本人は増えていて迷惑だとは思う


日本では日本のやり方に沿う事は日本にいれば基本だと思う


外国かぶれの認識の差はさすがに腹が立つ光景である

藤間議長でした


適応力を勘違いしない方がいいと思う



  

Posted by mtc at 18:36Comments(0)

2013年10月28日

シビアな背景

当店は当然修理もやる、ただ考え方としては自分が販売した商品ならば、出来る限り使えなくなるまで面倒みてあげたいという感情があっての作業である


修理には部品やメーカー対応の背景もあるので、基本的には他店で買われた商品のケアはお断りするようになった


一番大きいきっかけとなった事件はヒマラヤの都城進出後に起こった





あるユーザーが商品の修理を依頼され、当時売場担当の女性スタッフには何の指示もしていなかったので、スタッフは普通に商品を預かった


しかし、その商品は当店の取り扱いの無い商品で何かがあった際に当店が責任を追及されるので修理出来ないと判断してユーザーに連絡した


するとユーザーは他店でも断られ、たらい回しにされていたようで、逆ギレである


その商品は公表できないが自分達にはすごく嫌な思い出として残っている


あのユーザーに修理をお断りして以来、他店にてお買い上げの商品の修理は一切お受けしていない





毎月数件は修理のご相談に来店されるユーザーもあるが、最近は子供が勝手に通販で買った商品も多いようで、ちょっと希望の商品を簡単に与えすぎの傾向や感覚に自業自得なのではないのか、とも思う


安くはないスポーツ用品なので修理して活用したいのならば、通販でなく注文対応でも、ちゃんと値引き交渉をして修理の技術を持つ地元のお店を選択すべきだと自分は思う


若い指導者は精神論やチーム力を指導するばかりでなく、用具の正しい使い方や商品の買い方も昔のようにアドバイスする必要がある時代に突入しているのかもしれない


10年ぐらい前までは指導者がよく売場に顔を出されて売場の担当スタッフともよく商品の事を聞きに来られていた


売掛で買うという問題は随分にあったが… (笑)


大型店のスタッフの場合はアルバイトも多く接客知識に関してのチェックに自分はよく来店して突っ込んで聞いたりもする


本部の抜き打ち検査と勘違いしてスタッフが他のスタッフを呼びに言って、最高は3人ぐらいスタッフが変わって自分の周りについた事がある


別に意地悪しているわけではなく、シビアな競争力のチェックで、多分そんな事のを定期的にチェックしている小売店は少ない


競争力に負け外商に皆逃げ結果的に薄利多売の競争に突入していっている


どの部分の店売りを見直すのか、絶対にその方が安定した利益確保への近道だと当店は思っている


藤間議長でした





冷静に考えて自分には子供がいるわけでもないし、少子化問題の解決案も見えない先々に、スポーツ店の部活商売の分野への考え方は他店の考え方次第でもあるが、残念な値引き競争が続くならばシビアにもならざるを得ない感覚はある







  

Posted by mtc at 12:11Comments(0)

2013年10月27日

仕事人

昨日は仕事人としても又呆れた現状を感じる出来事があった


自分は自分に見積りが決定しなかった事に残念なわけではなく、あまりにもズレた感覚にホントこれでいいのか…!、と思う


担当者は流れ作業の感覚なので自分に汚点がつかないように当然業務を勧める


価格だけの問題ならば、手間なしの話で価格はぴんきりにある




自分はちゃんと説明文を読み疑問だったので、ニュワンスに一番近い商品を緊急に取り寄せ担当者に確認いただく為に足を運んだ


見せられたサンプルは残念ながら安いタイプの特に機能性の無いポリ100%の商品だった


自分の取り寄せた商品を依頼した担当者にみせると、ズバリこれです、と告げられ自分はその商品で出来るだけマーキングも交渉に走って値引きをして、見積りを提出した


見積りが決定しなかった事は当然残念だが、自分が何よりも残念な事はその価格の開きである


その決定価格であれば自分が提案した同タイプの商品であればあり得ない話で、赤字どころではない、マーキングまで含むと、とんでもないマイナスになる


自分は決定価格の報告を確認して本当に残念に思った

これは商売ではない、一体何なんだ、馬鹿らしい話と作業に時間だけをとられた感覚もある


怒りをぶつけるハッキリした場所がないだけに、かなり空しい


あってはならない事だが、もしも納品が決定した店舗の見積りにマーキング額が含まれてなかった場合は、大変な事態である




藤間議長でした、





自分が救われた1つの事は依頼部署の担当者の要望にピタリの商品を自分は間違いなく提案した仕事人としての誇りだけである


自分は曖昧な見積り依頼に対して依頼元の理想に応えた商品を見積り商品としてご提案した


価格だけで決定される世界は、既にずさんな背景を引き起こし、大きな問題やトラブルの根底になっている時代で、オーバルの建設や内装でもそのつけを自分自身も感じている


仕事人をちゃんと見分ける眼力で作業は1つ1つ自分はやっていきたいと思っている
  

Posted by mtc at 14:01Comments(0)

2013年10月26日

準備中

今日午前中にご来店いただいたバスケ関係者の方から・・・

3ON3のイベント本当にやるのか…?と問われ、


やりますよ、例え参加チームが数チームでも


これはオーバルの秋祭りのイベントで、とにかく何かしなければならない


誰かが重い腰をあげないと皆皆忙しいし、手一杯だからねオーバルは… (笑)


考えているイベントはいくつもあるけど、これまでは中々スクラムを組んでいける外部との体制もなく、各店本業も小売業は大変で、正直進展も厳しかった


初年度から唯一広場の活用方法に時間を裂いてきた自分も本業が大変な状況になったり、プロバスケの興行もあったりしてオーバルのイベントに注力する余裕がなくなった事は現実的問題でした


しかし、夏にちょっと色々なヒントが生まれ少しずつ気持ちも含め何かが動き始め、先ずは備品の必要性が最低限として頭をよぎりました

イベントは予算編成が第一で、赤を出してしまえば必ず継続性に黄色信号が点滅します、一生懸命やった満足度の結果だけでは必ず誰かに負担がのし掛かる結果を自分の経験も含め沢山みてきました


参加者の皆さんに与える満足感は大事な要素だし、又参加したいと思っていただいたり、口コミが広がる内容も必要です、予算が無くても少なくてもイベントは出来ますが、そんなとりあえずのイベントはオーバル開業から3年間はチャレンジしてきました


イベント事業に関しては自分的にはかなり本気モードでちゃんとしたビジネスとして考えている部分があるので…、第三者の意見は意見、スクラムを組む相手をちゃんと見定めます


やりたいとか理想主義の話ではなく、問題点と成果に向き合っていただく事には慎重に対応していかなければなりません


勢いという感覚は一番危険な要素だと経験しています





藤間議長でした




年内のイベントはあくまでも来年の為のプレリュードイベントと位置付けしてます
  

Posted by mtc at 14:27Comments(0)

2013年10月26日

今日は宮崎では神武様


神武様イベントとは関係ないかもしれないが、神事的な話をして盛り上がる世代で、そんな歴史的な謎に関する話題で盛り上がる


宮崎県に限らない話だと思うが神への新興的な歴史上の伝説は様々に興味深い


この間はあるお店で…


へーと感心するような話を聞いたり最近神事的な話題が会話中によく飛びだす


そういえば、そんな話が出てくるようになったのは、春に西都原古墳に行ってからだ


西都原古墳は行った事はあったがそんなに興味深い視点で考えた事はなかった


管轄が宮内庁だという事であの古墳の中に入った事のある宮崎県民はほとんど無いと推測してもいい


解放される日があったりするのだろうと安易に思っていたが、その神事的な事に詳しい方からのお話からするととんでもない話で西都原古墳博物館の館長さんでさえ入った事が無いかもしれないという事だった


ブロックは強固ではないので自分たちの子供時代のような悪がきであれば関係無しに中に入ってかくれんぼでもやりそうである


西都の子供たちにはそんな昔の思い出はないのだろうか…?


どうでもいい事だが、無性にそう思った事が頭からずっと気になって離れない、(笑)


かなり入ってみたい願望が強いのだろう


藤間議長でした




この門の前に立つと、とにかくそう思う!!


  

Posted by mtc at 07:46Comments(0)

2013年10月23日

ドラフト

明日はプロ野球運命のドラフト会議


日本シリーズの前にドラフト会議というのも時代背景を知る人間として最近は複雑だが、人気実力とも即戦力な選手がやはり少ないという現状もあるのであろう

プロ野球選手である以上に人気球団からすれば常にスター選手の登場を待っている


来場者数は見事なほどに数字に跳ね返る世界で当然なので、もし人気注目選手が獲得出来なかった場合来場者数が成績いかんによっては減少してしまうかもしれない

宮崎産 蜜漬らっきょう 120g【4セット】

宮崎産 蜜漬らっきょう 120g【4セット】
価格:2,812円(税込、送料込)





フロントサイドからすれば祈るような1日だと思う


活躍する可能性はおいておいて注目をあびる事は間違いない選手で、とにかく素材は間違いなくA級である

コーチの才能やトレーニングによるレベルアップによって素材はさらに覚醒する

プロ野球チームに入団する前から将来性を書き立てている様々な記者もいるが、所詮天才的な素材を持った方ではない可能性は高い


凡人と根本的に異なる物凄い素材の将来性なんて絶対にわかるはずのないプロスポーツ選手に選ばれる高い壁がある


記者の記事の中には明らかにヒガミを感じる内容もあってホント腹が立つ





個人的にある新聞社の記事なんて軽蔑しているので、自分はウソつき情報犯罪に近いと思っている


発想力が上辺すぎてホント単なる給料泥棒だ (笑)


まぁ、そんなレベル記事の内容に賛同する人も現実的におられるし、賛同されさえすれば記事として勝ちの世界なのである


どうしても複雑である




藤間議長でした


ちょっとした気付きやコツで素材は大きく変わるらしいが、性格や生活環境に向き合う性質という本質はスカウトには中々見分けが難しい事であろう




  

Posted by mtc at 18:32Comments(0)

2013年10月22日

泣きつかれると、特に女性の場合は弱いようで

独占欲の考え方は単純な事

常に彼女がいる知り合いの男が自分の武勇伝を語っていた夢をなぜか昨夜みた


弱みにつけこむという事は良し悪しの考え方はおいておいて、弱さを巧みに使い分ける才能でもあるかもしれない








昔、付き合っている女性をそんなタイプの男に突然奪われた友達がいて、とにかく物凄く可哀想だった


そのような失い方をするとその後遺症はひどいトラウマになって当然で、彼は女性に対してあまり優しさをみせない、当時の自分の彼女に対しても暴言をはくような奴に変わってしまった

実は夢の中でその彼の彼女が、再びその女性の弱みにつけこむ武勇伝野郎の毒牙にかかった夢だった


その彼が怒りでキレ武勇伝野郎を半殺しにして、その彼女も当然殺そうとしたところで、なぜか自分が登場して刺されて目が覚めた


内容が男女関係だったけど人間関係の詐欺的話も同じような事







ここ数年間の色んな事の中で何か自分の中でそんな強く悔しい内に秘め我慢している感覚は多分沢山にある

自分のメリットより、確実に犠牲にしてきた事の様々な思いに対し自分の想いのリミットがもしかしたらそんな夢に変わったのかもしれない


ある意味不思議な目覚めの朝だ

藤間議長でした

宮崎産 蜜漬らっきょう 120g【4セット】

宮崎産 蜜漬らっきょう 120g【4セット】
価格:2,812円(税込、送料込)





最近有難い事に売上や仕事やイベントがどんどん増えビジネスの分野はかなり良い方向性がみえてきた


この調子でいけば、もしかしたら来年から安定した収入を得る事ができるようになるかもしれない


多分普通、貯金が無くなり、3年以上安定した収入がなく、安らげる異性の存在もない環境に自分の生活が突然変わったらどこか壊れてもおかしくない


大きな転換を知らせる夢である事を信じたい・・・




  

Posted by mtc at 10:13Comments(0)

2013年10月20日

どうなる男子ゴルフ

現在世界で活躍している人気のツートップ



ツートップが不在の日本1の男子ゴルファーを決める日本オープンの来場者数は過去最低の来場状況で、4日間で10000人を割り込むのではと推測されている


人気という背景は正直なもので、影響はリアルに反映され、この状況でスターの不在が続けば女子ゴルフの来場者数が男子ゴルフツアーの来場者数を越える可能性はかなり高い








ただ男子プロゴルフファー全てにその危機感があるか否かはわからないが、プロゴルファーとしてギャラリーに一生懸命のラウンドをみせるしかないとほとんどの選手が答えるに決まっている(笑)


結果的には国内で活躍するゴルファーの皆さんも人気のツートップ同様に世界のツアーやメジャー大会には出場した経験を持つ方々も多い


しかし現実として世界の壁に見事に跳ね返され国内で頑張るしかない状況が一般にも手にとるようにわかるのではないのだろうか


期待値があれば、観客は興味を持つがあまりにも毎回毎回惨敗ではさすがに学習的な問題なのではないのかと感じてしまう


特に松山選手の対応力をみると根本的な才能の世界に世界のゴルファーの世界は達していて日本の甘いコース設定で成果は出せても、世界では絶対に勝てない


国内男子プロツアーの世界はこの先にどんどん出てくる若いゴルファー達の練習ラウンドのような大会に変わり、きっと賞金額も大幅に減額される可能性を感じずにはいわれない


逆にそれほどの転換がなされなければ日本の男子ゴルフのレベルアップは無いように思う






一時期特にジャンボ軍団のアマチュアゴルファーに対する口調が大嫌いでブリジストンのゴルフ用品は個人的に毛嫌いしていた


あのような意識では新しい世代のファン開拓は絶対に取り込めない事は明らかで、これからのプロゴルファーは新しい意味での下剋上の環境に変わるかもしれない


大変な事態となる気がする




藤間議長でした




ダンロップフェニックスとか、VISA太平洋とか、ネームバリューのある大会と普通の大会の格差が広がっていく事だろう・・・


11月のダンロップフェニックスにツートップが出場となれば来場数ギャラリーは確実に物凄い事になる




  

Posted by mtc at 19:42Comments(0)

2013年10月18日

リセット

昔のように仕入れに飛び回りたい等とは思いませんが・・・


ちょっと定期的に都城を離れて仕事をしたいと近年毎年思ってきた10月、11月のこの時期


去年は宮崎市中心に相当通って忙しかったけど、今年は次々にイベントが県内で有るので超ハードスケジュールで県内を走り回る事になりそうです


第一弾の明日は延岡日帰り、そして日曜は宮崎市でのノルディックウォーキングイベント、そして、月曜は定例の飲食店ゴルフコンペ、


現在売場ではあまり売れなくてもネットでは確実に商品が売れていくので、結果的には情報量の問題という時代なのでしょう


仕入れ方法は随分と変革が進んだので仕入れに飛び回る事はもうないと思いますが、後1年かけてとにかく資金運用をもっと楽に変えある販売向けのHPをつくり上げたい目標に向け自分は今頑張っています、


お返ししなければならない事が沢山ありますので、マイナスが永遠に続く事はなくいつか必ずプラスに転じると自分の可能性を信じています




今日から来月の新人戦と12月の盆地大会に向けて高専バスケの指導も再開しました


3年間のサンズ中心だった期間からのある意味新鮮な新たなる6ヶ月のスタートです


今年の年末や正月はどんな年越しを向かえるのか、不安でもありますが、色んな意味で楽しみでもあります


日中テナントスペース作りに日々取り組んでいると、懐かしい写真が沢山でてきます (^^ゞ


今年は中学時代の同窓会があるそうで都城に久しぶり帰ってくる奴には街並みがカルチャーショックな事でしょうね


藤間議長でした


精神的にキチンとしたリセットボタンを押せる日がきて良かったと思っています




  

Posted by mtc at 21:07Comments(0)

2013年10月18日

雇用の覚悟

アビスパ福岡が経営状況が危機的状況である事を発表した


このままの状況だと12月度の選手・スタッフの給与の支払いが困難だとの内容である


プロスポーツの運営責任者として納得して思うのは大分トリニータも、過去には鳥栖もそうであったあったが堂々と状況を公表して、何とか維持する為の手段としてスポンサーの獲得やサポーターへの支援を呼びかけている


宮崎シャイニングサンズの場合様々な事を公表する時期には無いと自分で判断して黙視を現在継続しているが、自分が2年目のスタート時点で役員を受けなかった場合サンズの歴史は初年度で全て終演していた現実だけは間違いない


とにかく自腹を貫いてきて運営会社に支払いをお願いした事は一度もない


加えて関わりあいになるメンバーになるならば、収入においてはそれなりの覚悟が必要だし、いつでも引く覚悟が必要だと周りには助言してきた


労働基準の義務を行使しただけなので意見はしないが、正直迷惑がかかる事がわかっていて有休を行使したスタッフもいれば、営業には行かずただ出社するだけのスタッフもいた


自分も本業経営者なんで、情けない採用基準だし管理監督体制には呆れ、自分ならこんな運用はしないとは思ってきたし、雇用創出事業で補助金を得ていた落とし穴はとにかく様々な問題を次から次へと逆に創出されている感覚のように自分にはみえていた

運営資金の獲得にはやはりスクラムとか犠牲とか情報とか、とにかく色んなサポート体制が必要で、とても運営スタッフのネットワークのみで成果は出せない事はわかりきっていた現実であった


3年目のスタート前、代表は常に約束のように当時のスタッフとの良い関係を口にしていたし、会長からの売上確保をこぶする発言においてもスタッフをかばい守っていて、自分にはその光景がちょっと不思議な光景には正直感じていた


悪い事ではないのだが、助けあいだけの関係では信頼関係はうまれない


自分の意見が通りやすい環境作りは結果的に全ての悪循環につながっているように自分には思えていた


届いた通知書は自分にとって当然迷惑な話であるが、結論メンバーの皆さんの心情は言われたとうりの事を言われるままに自分達はやってきたのに、このような状況は納得出来ないという感情が強いのだろうと察している


スタッフ各位もこれまでの選手達も自分が運営会社にどれだけの犠牲を払ってきたのか知っているし、どれだけボランティア精神で協力や活動をしてきたのか知っている上での行使だと思っている


その背景において、自分にはその犠牲的精神をどこまで理解しているのか?


自らの犠牲のみを他のメンバーの未払金を楯にして、代表をとにかく追い込むまで追い込む精神を強く望んでいる方が、何となくだが数名いるような気がする


あくまでも個人的仮定や想像のみであるが、よほどの感情論を感じずにはいられない


雇用する覚悟が甘かった運営の責任は一番避けられないと思うが雇用される側にも状況がわかっていたと思うだけに何故支払いが出来ない可能性は高いのに契約を破棄しないで出社していたりしたのか・・・、なんか恨みめいた怖さも感じる

そのような個人的感情論だとすれば、お互い同士でなければわからない複雑な部分が強くあり、どちらかの側にたって話や相談を聞くわけにはいかない


自分は残念ながら、そんなお人好しな性格ではない


とにかくもつれた糸は簡単にほどけない事だけは間違いない





藤間議長でした


お互いの覚悟に理解力の歩みよりがない限り解決策は中々みえないのではないのだろうか


アビスパ福岡の運営会社にも必ず給与に関しては色々あるだろうが、とにかく頑張ってほしい思いである


福岡からJリーグの火が消えてほしくはないものだ



  

Posted by mtc at 15:01Comments(0)

2013年10月17日

ちょっと残念

今日の毎日新聞に掲載されていた科学の話題


数週間前のボイジャー1号が太陽圏を出た話題が詳しく掲載されていた


それによると、冷静に考えてスゴい話ではあるが、現在判明しているオールト星雲までたどり着く事は原子力電池が切れる為、人類へ判明の情報がたどり着く事はないそうだ


ちょっと残念である





藤間議長でした


実は今日ゴルフ中ちょっと未確認飛行物体らしき物体を見つけて、同じラウンドしているメンバーにあれ変な飛び方だと言っても見えないと言われた


はっきり見えていたので不思議な感覚だったが、突然パッと消えた


何だったんだろう・・・



  

Posted by mtc at 19:15Comments(0)

2013年10月16日

ななつ星

停車中のななつ星を今日昼見に行きました

いゃー、スゴい豪華


都城駅のプラットホームとかなりミスマッチですが、(笑)


乗務員も皆芸能人みたい


一般見学人と乗務員、そして選ばれしセレブなツアーの皆様


格差社会の現実をひしひし感じました(笑)


羨ましい話です




藤間議長でした





贅沢できるお金があるってやっぱスゴいですね〜







  

Posted by mtc at 19:07Comments(0)

2013年10月15日

もぐりファン

プレイオフ、広島カープが明日から巨人と対戦する


本拠地広島で戦うには巨人を倒して日本シリーズに進出するしかない


バスケ総合選手権の会場で広島が勝った情報を聞いて喜んでいたあるバスケット関係者がいた





よっしゃ、ジャイアンツも倒して下剋上じゃ !


おいおい、オレ、ジャイアンツファンだけど、今のまとまりを感じない阪神には勝てても巨人にはアドバンテージもあるし、絶対無理だと思うよ


2本柱の一角が折れたら1勝も厳しいかもよ、・・・というと


イヤイヤ金持ち球団には負けませんよ


こいつ何言ってんだ?


資金力の話ならジャイアンツは資金を使っているチーム、広島は資金を節約して活用しているチームだと思う


広島は好きなチームなのでスポーツ興行のビジネス論において当然情報も知るし学ぶところが多いチームである





カチンときたのでちょっと意地悪な質問をしてみた


広島は市民球団、広島東洋カープの東洋って何のことだよ?


場所ですよ!
東洋の魔女とか言われていたでしょう

(^Q^)/^


お前もぐりだろ、そんな事知らないで他の球団批判して恥ずかしいぞ


じゃあ何ですか・・・


哀れな若者じゃのー、ジャイアンツファンに自分のチームの事聞くなんて !


お願いだから教えて下さい

チッ
しょうがねーの


広島の筆頭株主誰だよ?

マツダさんです


マツダは昔東洋工業っていう社名だったの!


嘘、スゲー、物知り


馬鹿か、大学まで出て知らないお前が情けないよ





加えて言わせてもらうが、マツダは筆頭株主ではあっても親会社ではないので、運営の資金援助は基本的にやってないと言われている

ただ株主に松田一族が名を連ねているから同族経営とも推測されている、結論、ケチ球団だって事・・・!

マツダ、ケチっすね


何だお前、マツダ無しには広島東洋カープ存在しないんだからカープファン自称すんならマツダに乗れ


オレ今マツダだけど・・・

有難うございます!


でお前は・・・、


プリウスです


(笑)





何かジャイアンツなら負けても仕方ないと思ってきました〜


お前出世するよ・・・(笑)

本音、広島はレギュラーシーズン負け越しのチーム
シーズンの対戦も大きく勝ち越している

ジャイアンツ側に妙なプレッシャーがかからない事を願います





藤間議長でした


巨人vs楽天の試合をオレは見たい


  

Posted by mtc at 14:16Comments(0)

2013年10月15日

試み

オーバルで12月に開催される都城初のストリートフットサル大会のイベント


とりあえずやってみようと承諾しました


ストリートフットサルのみならず音楽とパフォーマンスも加えて更に盛り上がるクリスマスイベントにしたいものです


現在の中央商店街は駐車場が足りない、少ないと言われていた時代が懐かしいほど駐車場スペースが増えました


旧大丸エリアの再開発を含め街づくり委員会の会合はスタートしているみたいですが、自分はどこで何をやるのか、意見はいきつくところ宮崎市内の街市のようなイベントスタイルに落ち着く可能性が高いと思っています


オーバルは代表が街づくり委員会には参加してますが自分は自分なりにこのフィールドでオーバル独特の様々な方々やエリアとコラボレーションした企画をスタートして、将来の競争に備え魅力的なエリア作りに従事したいと思っています


誰かが全く違う事を考えて動く事も大事だし、活用可能なスペースを既に持つ差別化的魅力がオーバルにはあります

今年自分が動きやすくなった事はオーバルにとってはかなりプラスにならなければ自分の存在価値が問題になります


サンズスタート当初ある事があって、サンズとはオーバル各店舗中々スクラムが残念ながら組めなくなった経緯は公表されていませんが、当店が自分なりにサポートを継続したのは結果的には可能性への挑戦です


自分は初年度大事な貯金を切り崩してまで、運営会社の役員になって運営スタッフの上にたつ理想はゼロでした


バスケに関する内容の事で残念ながら語り合った事はなく、勢いと異性に対する欲求しか感じてなかったので、異性間に関して狭い街だし、自分は一番不利だと思ってました


そんな事はまぁいいのですが、10年ほど前フットサルの都城協会設立にあわせてフリースタイルのパフォーマンスイベントを自己資金で開催した事を今回の事で思い出しました


パフォーマンスの男の子達とスタッフと盛り上がった夜、素晴らしい思い出です

最近、嫌な思い出よりもオーバルでのいい思い出が蘇る流れを感じています


そろそろサイクルも好転して、新しい良い流れの展開が再開されようとしているのかもしれません





藤間議長でした


悪い影響ばかりは続かないと信じたいものです





  

Posted by mtc at 07:04Comments(0)

2013年10月13日

予想外

昼から佐土原体育館へ!、バスケ宮崎県総合選手権、一番面白いと予想したベスト8

延学を敗ったのは延学先輩クラブチーム軍団

我が高専を下しベスト8に進んだ強豪クラブチームのマジックを敗ったのは選抜宮崎代表となった小林高校

午後から突然届いた前園選手逮捕を知らせるメール


個人的には予想外ではなかったけど、ある意味勝ち越しの2位なのに情けない敗退をすると思っていた阪神がホント負けた


今日は色んな予想外を感じた1日だったけど…、一番予想外だった事は総合選手権試合会場の観客数





サイコーに面白く最後までハラハラでドキドキの試合ばかりだったから、ホンネ沢山の方々に宮崎のバスケレベルにもっともっと興味をもってほしい


宮崎バスケ頂上決戦対決が話題として盛り上がらないのだから、プロバスケット興行の動員も厳しくて当たり前だったのかもなぁーとちょっと実感した


順番として、この部分からしっかり盛り上げなければ再開もなんて不可能


強く強く今日感じた!








藤間議長でした




日曜劇場安堂ロイド、予想外に面白そう・・・(笑)



  

Posted by mtc at 21:51Comments(0)

2013年10月12日

トウギャザーと本音

小売りは大変な時代が続きアベノミクス効果なんて、田舎ではほとんど感じない

大企業で働く方々の所得があがっても小売りへの恩恵はいつになる事か・・・


そんな期待ばかり考えていても前を向く為に色んな事を考えながらサポート活動してきたサンズでの関わり

地元のチームの応援にと、サポートしていただいた沢山のスポンサーの皆様


チケット販売は厳しかったが、応援して下さるスポンサーの皆様はホント感謝を言い尽くせぬぐらいに沢山のスポンサーがおられた


沢山のスポンサーに選手を活用したお返しが中々出来なかったことは誰の責任なのかわからないが、心から残念で残念でならない


スポンサーなしには3年目の興行はとても成り立たない状況に初期段階で突入した不安の的中したプロバスケットチームであった






結果的に自分のアイデアも業務提携費の支払いの見透しが無い以上提案する事もなく現在の最悪な事態に至る


アイデアとか発想力という思想は生命線なのでボランティア提供という訳にはさすがにいかない


プロバスケット興行は残念の連続だったという思い出ばかり沢山蘇る。


その内の1つに自己資金で何とか開催する事が出来たトウギャザーという第一回イベントがあったがトウギャザーは交流イベントのみを意味する企画ではなく、コラボレーションを意味する企画であった


第一回目のトウギャザーは街とプロバスケットのコラボレーションイベントとして企画した事はテレビの取材企画も何故か突然消滅して伝達される事はなかった

その真相に対してだけは、自分には大きな疑問が強く残っているので、いつか真相を確かめたい

プロデューサーのある方に連絡をすればすぐわかる事なので、あえて聞かないのは強く悔しい思いを内に内に大きな塊にする為でもある




まぁ、そんな感情はおいておいて


約1年が経過してトウギャザーの再チャレンジの思いが数ヶ月前から沸いてきた

企画はプロバスケットチームが無ければ出来ない事ではなく、チームにとってはイメージアップにつながったり観客動員につながった可能性があった企画だったというだけで、自分の自己資金で運用したのも、そんな背景があり、そもそも運営会社の強いサポート事態も期待してなかった


過去の経験値とは強い(笑)

今回のトウギャザーへの思いが早くなった背景には東京オリンピック決定がある

ブラジルではフットサルが先ずはサッカーの入口のように、アメリカでのバスケットの入口はストリートボール3対3、1対1である


その3on3は先々にオリンピック種目となる可能性が高く、男子の場合通常バスケよりも強化が高くなる可能性はある


いち早く地域の文化に3on3を盛り上がりイベントとして成立させておく事は自分に出来る可能性だと思っている


田舎では立派な体育館を借りる事は無理だと思うが、悪循環でやればこそに技術力は必ず向上する


ストリートフットサルも含め自分がスポーツと様々なイベントを融合するコラボレーションの橋渡しになりたい


それがトウギャザーの本音である


藤間議長でした




既に車はあって、キーもある


ドライブに行く日も数回は決まった


快適なドライブを成立させていくには、確実なナビゲーションとガソリン、そしてドライブを盛り上げる同乗者が大事だと思っている



  

Posted by mtc at 17:31Comments(0)

2013年10月11日

目覚め

開幕したbjリーグ


今年から純粋にbjリーグのゲームを、bjTVのライブ放送をとうして好きな選手達を応援する目線で楽しめる

元々、チームが出来る為に一生懸命頑張ったのは、プロスポーツチームの存在する地域の魅力とその試合を観戦する為に頑張った、!運営準備にはほとんど関わる事はなかったので、初年度から自分は試合を楽しむ側の立場のはずであった

その試合を観戦するのに、地元出身の今まで無名のヒーローは絶対必要だと思い、ある男の背中を押した事だけが唯一自分が起こしたアクションである




彼の背中を押した背景には都城代表チームと関わりを持った背景が大きかった


自分も都城代表チームのエースに使命した米澤翼、


彼とはある一般社会人バスケットクラブチームの練習で初めて会った


小林高・延岡学園を卒業してもバスケットはまだまだマイナーで一般競技者はバスケットプレイヤー個人に興味を持つ事も持たれる事も無い時代、都城地区は代表チームで県民大会に臨む流れを自分は常に進言していた


これまで沢山の若いプレイヤーをみてきたが、自分は彼のプレイをみて、一瞬で目を疑った


彼のスピード、瞬発力、ジャンプ力、今まで見たことのない才能に、もったいない・・・正直にそう感じた

都城代表チームが代表チームとして初優勝した時最後にドライブシュートに挑み決定的な得点をあげた彼は都城代表チームの人気者になった


都城の一般バスケットの世界は既に顔見知りばかりたが、米澤翼を都城から出す事になった経緯を自分も背中を押した事ぐらいしか、自分は今まで公表していない


米澤翼のみならず選手移籍のその裏に実はとにかく色んな事がある


自分が新チームへの変化を推奨した経緯にはとにかく沢山の理由がある


運営会社がこの先どのような形になるのか、全く情報はないが、サンズ暴露小説にはその辺の真相は是非とも記載したい


米澤翼の件も当然彼に承認を得てからの話である





藤間議長でした





彼は教職課程を大学時代取得しているので、納得いくまでプレーして、プロバスケット選手の引退後に宮崎のバスケット界に是非貢献してほしいと自分は心から望んでいる


  

Posted by mtc at 14:34Comments(0)

2013年10月10日

水面下

昨夜はよく喋ゃべる自分がいた


心の中で業界の現状に対して


言いたい事が沢山ある自分に改めて気付いた


自分はとにかく様々に、オーバル開店前からこうなる可能性に対し、先に手をうってきたと思っている


2004年バスケット世界選手権に社員全員で社員旅行に行った時、夜の会食の席で皆に最後の晩餐の可能性を告げた


危機感に対し、それぞれ受け取り方は違ったかもしれないが、同業者Hスポーツの都城出店による売上減少は、自分にとって大型店の都城出店の場合の影響の分かりやすい指数となった


いくらリスクをはり品揃えにこだわっても都城市場での厳しさの分岐点になった年であった


あれから10年、スタッフはバラバラとなり現在に至る




他のエリアでは大型店出店後もまだまだ踏ん張っているスポーツ店もあるが、宮崎の花ケ島近くに最近開店した大型スポーツ店の影響は近隣のスポーツ店の売上を10分の1にまで落としたと聞かされた


市場キャパは変わらないので必ず売上は減少する


都城でも、噂ではヒマラヤ都城店の近くに大型スポーツ店が出店する噂だけはある


聞かされてないので、今回はデマだと思うが、現在のヒマラヤの売上を考えるとスポーツデポかスポーツオーソリティーあたりは都城市場をやはり狙いそうだ


宮崎市内で高い売上を誇るゼビオの都城進出は県庁所在地でないので、無いとは思うが現在スタートしている外商部隊は必ず乗り込んでくると思う


噂で聞いただけだが、都城の外商の販売をしている各スポーツ店のあるメンバー達が、現在ある方の号令で集まり会合を開催していると聞かされた


談合にあたる可能性があるので各スポーツ店オーナー了解の話だとは思えない


各スポーツ店を辞め各自が独立してスクラムを考えている可能性もある


水面下で色々引き起こりそうである




藤間議長でした




自分と同じような発想力の方はとりあえずおられないみたいで、部活をベースにした厳しい価格競争は過熱しそうである
  

Posted by mtc at 12:19Comments(0)

2013年10月09日

ありがた迷惑

事件が発生した現場をみるとあの学生時代の事件を思い出す


詳細を書き込むのはやめておくが、ありがた迷惑な話から忘れられない嫌な記憶となっている


あれ以来ありがた迷惑な行為をする人に過敏で、その性格が、かいまみえると自分はその方との人間関係を作る経緯ではっきりと線引きをする


ありがた迷惑な行為をする人は自分なりに最高のお返しやおもてなしをする事が自己満足であって、大変な勘違いの強い方が多い


結婚時代このありがた迷惑な方の存在と嫁さんとの関係や影響力が不安で給料全額は渡さず、定額の生活費を毎月渡す決めごとにしていた


生活費以外のお金のほとんどは貯金していたので、自分は基本自分が無駄と判断する贅沢な買い物はしない

嫁さんはパート代と生活費を合わせると、それなりの自由なお金はあったと思う

不自由はさせたくはなかったので、そのお金の使い道がどうこう言った事は絶対なかったが、心の中では無駄遣いばかりしてあの方達と鹿児島しか行かないのに、自分達夫婦の事を最優先に考えないお金の使い道にはストレスがたまっていた

ありがた迷惑な拉致状態だったと自分は思っているし結論離婚のきっかけもそこから発生したので、完全略奪されたな、という思いもある


ただ今となればであるが、逆にちょっと感謝してる感覚も無いわけでなく、彼女自身があの方との関係を選択したので、しこりの残る夫婦生活の終演となっていない


お店も環境も数年で大きく変化して自分は彼女に満足な生活を与えられなかった事だろう


彼女が部屋にかみきれ伝言1つ残しある物だけを持って出て行ってから、電話では何回か話をしたが、2年ぐらい会ってはいない


何の価値にもならなかった家具の処分にお金がかかりありがた迷惑に蓄積された沢山の陶器の自分の知らなかった皿や器の数だけが結婚生活12年間の歴史を残した


結局もったいないので処分出来ないし、未使用が多くもしかしたら売れるかもと思い一応全部大事に保存している(笑)


それにしても、ありがた迷惑な影響は残念な労働条件で働かされ夫婦生活には何のプラスにもなっていなかったので、自分の感情はあの方に対し蓄積された思いは一生残り続ける事だろう




ある日、娘が都城を離れた後、嫁さんにあてた手紙を読んで、オーバルでのお店の運営の責任の全てが当店や理事長や組合メンバーにあると書かれていた内容に責任転嫁の感覚がぞっとよぎった

現在のあのお店があった場所の店舗は素晴らしい実績を残されているし、オーバルの核店舗の存在になっている


やり方の問題提議は何度となく自分も言っていたし、様々な方も言われていたので結果的には人や他の飲食店の批判ばかりしているからこうなる


ありがた迷惑な意見を当店に対しても言われた事があるが、先ずは自分の店なのではないのか・・・と常に思っていた


自分達の理想的な形で現在も継続されているし、オーバルからは土地の借地料はオーバル各店舗の賦課金から毎月支払われている


ただオーバルの組合が将来解散となれば、賦課金の徴収は自らでされなければならなくなるし、残された者は当時の現実も伝達される

シビアな伝達を誰かがせねばならない


ありがた迷惑な事を残してほしくは無いなぁと最近思う





藤間議長でした


昨夜別れた嫁さんが夢に出てきてある言葉を自分に発した今日、色んな思いが頭を巡る


ありがた迷惑な夢である








  

Posted by mtc at 14:02Comments(0)