みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
mtc
mtc

2018年05月11日

情けない話



都城市役所の地下食堂のメニューにある黄金丼

この黄金丼にヒントを得て、改良し提案メニューとして考案した桜きゃのん丼

おかげさまに桜きゃのん亭で人気メニューとなって定番メニュー化した事、自分は本当にうれしいと思っている

自分は桜きゃのん亭の方向性が定食だったり、丼等のメニューを強化した方が高城エリアのニーズにあっていると思っていたので、自分なりの方向性を持っていたけど、結果的には一人上手だった背景を最近振り返る事で情けなく思う

まだまだあった自分の中での挑戦メニューの展開まで勝手な希望を断絶する結果は、先々に自分の甘さを再確認する事になるんだろうけど、自分の飲食的提案の感覚はそんなにズレてない事を確信できて良かったとは思っている

飲食に関する分野を先々スタートする目標において、あるコラボレーションを考えていて、それはやはりまちなか的な環境に限定された可能性の話であって夜のビジネスが厳しい高城エリアのような環境での話ではない

その部分に関して自分の中ではかなり地域的格差に近い勝手な決めつけた思考を持っていたので、
その自分なりの思考がこのような結果を招いた基点にあると自分は思っていて、実は相当にこのような事態になってしまった結果も割りきれている

情けない事は様々な事態を割りきって寡黙を貫いていれば良い事を、黙っておけないよくわからない正義感的部分がどこからか顔をだす

振り返ってあの日あの時の自分の内面にあった思案や感情的な部分を思い出すとよくわからない正義感的邪魔くさい感覚が記憶に残る

後悔は無い思いのはずが、黄金丼を久しぶりに食べただけで思い出す

やりたい事がまだまだあった後悔が顔をだす、本当に情けない話だ

これまでの人生の中の様々な挑戦の現実の中では比較的突然降ってわいたような今回のパートという立場での挑戦だったけど、オーバルのスタートの頃の飲食店の挑戦を思い出し、自分でパスタを作るようになったきっかけを思い出す事ができた

オーバルの飲食店は7年継続出来た事を振り返る事もできて本当に色々あった事を回想するきっかけになった

人の使いで仕事をするのか、自分の為に仕事をするのかと問われたら、楽な方を選択できない情けない判断力かもしれないけれど、先々を考える基準が染み付いていて、自分にとって自分らしく仕事ができる方を自然に優先する

どれだけ情けないと言われようが、自分優先の感覚はこれだけは様々な経験をしての結果だから多分一生ブレる事はない

桜きゃのん亭に関する日記は何らかが自分に降りかからない限り今回で最後の記録になると思うけど、情けない1ページとして記憶には永遠に残る

二度と自分が情けなくなるような関わりはゴメンだ

藤間議長でした

複雑な人間関係の感情論は巻き込まれてしまうと本当に疲れる・・・







 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
情けない話
    コメント(0)