みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
mtc
mtc

2018年10月18日

準備


当社の宮崎のお店があった橘通り

お隣にあったお菓子屋さん、角にあった薬屋さんが無くなり、売却した元当社の建物の側面を初めて見ました

何かがスタートするのでしょうが、宮崎に泊まると毎回この道を通るので懐かしい記憶を思い出します

そもそも宮崎に戻る事を決めたのは都城に戻る為ではなく宮崎市内で仕事をしたかったから

都城に戻って30年経過してもこの想いが消えないのは自分の中に強い願望が残ってるからなんだと思います



宮崎に泊まった翌日宮崎のまちなかを1時間ほど歩き回るのは、新しいお店や賑わうエリアの確認

都城でリノベーションの実行委員の役目を受けた背景にあるのは、本業の社長を受けた後、経験を背景に宮崎に事務所を立ち上げたいから

ビジネスはどこにどんな可能性が秘められているのか未知数なので、とにかく色んな事を出来るだけ柔らかい脳内イメージで構築できるように常に準備万端で構えてます

仕入の経験、販売の経験、組織作りの経験、資金繰りの経験、雑務の経験、指導の経験、イベント企画の経験、営業の経験、祭りの経験、飲食店の経験、等々、全てのツールは60歳以降宮崎での主力生活の準備の為

都城での様々な関わりは基本基盤なんで週の半分は都城に居ますが半分は宮崎のまちなかにいたい
と思ってます

公民館の館長を12年継続した場合の年齢は65歳、
通常ならその年齢から引き受ける役目でもあるんで、一度引き受けていれば、スムーズに生活環境を変えられる為のこれも準備の一環といえます

もしかしたらその間に公民館の統合や編成等もありえると考えているので、実行委員の組織に名を連ねられればそれが最高の展開だとは想定してます

先を見透す力とその準備は連動する意識だと取り組んできてるんで、何事でも無駄にする事は好きではありません

準備不足や露呈した甘さから大変な転換期になってしまった40代

50代のリセット期間はここまでは災いも最低レベルに収まってるので、このペースをとにかく維持したいものです


最近見つけた最強のダレヤミのお店

都城はこれだけ魅力的なお店でも来客が乏しい残念な街の現実

厳しさと向き合い、凌ぎを削り進んできたオーバルの経験はこういうお店のサービスの現実に直面するとほってはおけません

頑張ってもらう為に沢山の人を連れて行きたいと思います

藤間議長でした

とりあえず、その他のメニューのcheck

準備を意識する性質は色んな事を考えてしまいます 笑



 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
準備
    コメント(0)